シマノ リール 3000。 シマノの3000番のリールにPEを巻きたいのですが下糸をどれぐらいにす...

フォースマスター 3000XP/3000[ForceMaster 3000XP/3000]|電動リール|リール|製品情報|シマノ

シマノ リール 3000

S社3000番は、今現在ではC3000(2500番ボディで3000番の糸巻量)です。 このラインキャパですとPE1号400m、PE1. 2号325m、PE1. 5号270mです。 そこから巻きたい150mを各々差し引いくと次に様になります。 2号325m-150m(巻きたいm数)=PE1. それと下巻き用のラインは安価な物で良いんです。 悪魔でも対比計算での算出ですので、完璧を追及されるのでしたら、最初にラインを本命リールに巻いて、巻き終わったらそこに下巻きラインを結んでエッジの1ミリ程度内側くらいになるまで巻きます。 今度は、そのラインを別の空スプールに巻き取ります。 さらに別の空スプールに巻き取ると下巻きラインが上になります。 それを本命リールに巻き取るとOKです。 あと、C3000(2500番ボディで3000番の糸巻量)は、同機種の2000、2000S、2500、2500Sのスプールと殆ど互換性があるので、そちらのスプールに付け替え事によって下巻き量をもう少し減らしたり、ラインや量によっては下巻き不要になる場合もあるので参考までに!.

次の

シマノ スピニングリール 3000の通販・価格比較

シマノ リール 3000

シマノリールを購入する前に リールの種類、サイズ、どんな釣り場で使うかなど リールサイズ別まとめ シマノリールの場合、普通の釣り場で使われるサイズは 1000番~4000番(5000番も)まで それ以上の番手サイズは「 SW 」シリーズとなっています。 番手の後ろにあるアルファベットは S シャロースプール仕様 同番手の製品と比較して、スプールが浅溝になっており、 糸巻き量が少なくなる。 下巻き無しでラインを巻けるので経済的。 細いラインを使用するような釣りに スプール外径まで巻くことでキャスト時の飛距離を出せるし ラインの太さに伴せてスプールを選ぶと ライン性能をフルに発揮させやすくなります。 シマノリールの場合、 一部を除き1000~2500まで全てS(シャロースプール仕様)となっている。 よくシャロースプール仕様は軽いと言われますが、 実は1000~2000番までは同自重です! SS スーパーシャロースプール仕様 シャロースプールよりも更に浅溝になっており糸巻き量が少なくなる。 C コンパクトボディ 同番手のリールと比較してボディサイズが小さくなる。 1000~2000番までは Cサイズでも自重は同じ。 2500番より上のサイズから自重が軽くなる! Cモデルはライン巻き量、ハンドル1回転最大巻き上げ長は少なくなるが ドラグ力は番手サイズのパワーを出せる。 ライトタックルでの小型魚狙いから不意の大物まで対応できる。 SDH シャロースプール&ダブルハンドル仕様 シャロースプールでさらにハンドルの持ち手部分がダブルハンドル。 1回転での巻き取り量が多いために、 サーフ、磯の荒波時や強風時にも糸ふけ回収が早いし ショアジギング等、に最適です! よく言われる、ノーマルギアでハイギアの巻きは出来ないが ハイギアでノーマルギアの巻きに 近付けることは出来る・・・。 手返し良く、このポイントダメなら 次のポイントへキャストなどの回収時の巻取り量を活かした 速いテンポの釣りに向いています。 しかしデメリットと言うほどオーバーでは有りませんが・・・・ 巻き始めがノーマルギアに比べ重い! 魚とのファイトも重いので疲れます。 自転車の変速機と同じで、 リール1回転での巻き取る量が多くなればなるほど 重くなるので、 HG、XGを使わずにあえてノーマルギアやパワーギアを使う人もいます。 簡単にまとめるとゆっくり巻くのはどうにでもなるけど、 早く巻くのはノーマルギアでは限界がある為に ハイギア・エクストラハイギアが有るわけです。 感度の面でもノーマルギアに比べて ハイギア・エクストラハイギアは高感度。 PG パワーギア 同番手の製品と比較して巻き取り量は短くなり巻き上げる力は強くなる ハイギアの真逆です、 リール1回転での巻き取り量は短くなるが巻き上げる力は強いので 大型の魚とのファイトが容易になる。 シンペンを使うようなゆっくりゆっくり巻くスローな釣りに適している。 スローリトリーブがかなり楽です。 バイブレーションのような 引き抵抗の強いルアーを使うときにも巻き取りパワーが生きる! HG・XGに比べ巻も軽く 自転車の1速がまさにPGで5速がHG、更に上の6か7速がXG。 楽天で購入 色んなタックルを所持している人に聞くと 皆さん応えるのがロッドとのバランス・・・・・・ 例えると10㌳のロッドに2000番サイズのリールを付ける人や 逆にアジングロッドに 4000番サイズのリールを付ける人もいないように 対象魚ごとに使い分けるのが一番良いのですが、 5台も6台も揃えるのは金銭的に厳しいので まずは一番釣りたい魚に対してのリールを準備するのが良いでしょう。 番手が決まれば次にどこでどんな釣りをしたいのか?を考え あまりオーバースペックになるような タックルを揃えると、重くて疲れやすくなったり 取り回しが悪くなりストレスになったりもします。 PGがダメだとかHGだからダメということはなく、 「 どの点に重点を置くか?」で選ぶと良いですね! 例えば、いつも強風が吹くサーフでは 4000PGなどはデメリットのほうが大きいので 4000HGや4000XGの購入を考えてください。 番手が決まったら何に特化するかを選ぶのが 一番失敗しないリール選びだと思いますよ! また大型番手になればなるほど、不意な大型が釣れて以降 ゴリ音が発生したり、ガタが出たりするのは リールが歪むから起きる。 その歪みさえも最低限に抑えたリールこそが ステラSWであり、 一部樹脂が使われているツインパワーSWとの大きな価格の差は 性能の差ではなく、ボディ本体の歪みの少なさ!と 思ってください。

次の

なんかシマノリールの3000番の定義が変わったみたい

シマノ リール 3000

リール番手は2500番〜4000番 PE1〜1. 5号を150m以上巻けること• 1回転辺りの巻き糸量が多い「ハイギア」モデル• 1日中釣り続けても破損しない最低限の剛性 リール番手の選び方:3000番〜4000番が最適 スピニングリール選びで最も重要となるのが「番手」の選び方です!ライトショアジギングの場合は、対象魚種やポイントに合わせて2500〜4000番を使用すればOK。 番手が上がるほどサイズも大型になるので、 剛性・ラインキャパシティ・ドラグ性能全てが向上します。 ただし重量も増すので、せっかくの気軽さがなくなってしまうデメリットも。 といっても4000番以下の番手なら300g以下のリールが大半ですし、あまり考えなくても大丈夫。 それよりも、対象魚種に合わせて選ぶことのほうがよほど重要です。 普段は他の釣り、たまに青物を狙う:2500番• 小型青物中心・エギングなどと併用:〜3000番• 一回転辺りの巻き糸量が多ければ、それだけ 素早く回収できるため釣れるチャンスが広がるんです!疲労軽減のためにもハイギアモデル推奨です。 PG パワーギア ・・・一回転辺りの巻取り量が少ない代わりパワーが強い• HG ハイギア ・・・巻取り量が多いがややパワー不足• XG エキストラギア ・・・非常に巻取り量が多いが、ハンドルも重い 唯一の欠点は、 ハイギアモデルを選ぶと万が一大物が掛かったときに巻き糸量が多い分、ハンドルを回せずやり取りに苦戦すること。 最初から大型青物を狙うなら、100g以上のジグを投げれる「ショアジギング用タックル」を揃えたほうがいいので、ライトショアジギング用に購入するなら「ハイギアモデル」がおすすめ。 これからライトショアジギングを始める人におすすめしたいのが「シマノ ナスキー」。 実売価格1万円前後で性能も申し分なく、小型青物中心なら全く問題なく使えます! 必要最低限の性能・剛性を備え、安価ながら軽量仕様なので長時間使っていても疲労しにくいです。 最近は低価格帯のリールでも性能の良い製品が多数発売されています。 唯一、一部パーツに致命的な欠点があるものの、青物狙いなら問題なし。 実売価格1万5千円前後と安価ながら、優秀な機能を搭載している「ダイワ EMMS」。 自身はこのリールを使って数々の青物を釣り上げてきました。 最大の特徴は「ザイオン」という軽量素材を使用しているため、他機種と比べて〜50g程度軽量なこと。 「どれだけ投げ続けられるかで釣果が決まってくる」ので、軽量性は重要! 基礎性能はストラディックのほうが上ですが、使っていて不満に感じたことは一切ありません。 耐久性は多少落ちるものの、1年以上使用しても故障するようなトラブルはなし。 基礎性能の高さが特徴の「シマノ ストラディック」。 ドラグ性能・巻き心地・飛距離などリールに必要な機能は全て上位機種並みで、実売価格2万円以下を実現している夢のようなリール! 剛性を重視して作られていて、少し自重はありますが簡単には破損しません。 防水性能も高く、仮に潮を被ってしまっても問題なし。 安物のリールだと使っているうちに「あれが必要、これが必要」などと欠点が見えてきますが、少なくともこのランクのリールを購入しておけば不満が生まれることはないですね。 おわりに というわけで、以上「ライトショアジギングに必要なリールの性能とおすすめ製品」を解説してみました!全て1年以上の実釣経験から必要な機能などを判断し、記事を作ってみました。 下手なリールを使った結果、大物を掛けてリールがぶっ壊れた・・・!という声も実際に聞くので、慎重に選ぶことをおすすめします。 一度購入すれば他の釣りにも使いまわせるので、満足いく性能のリールを購入したいところ。 もしこれから大型青物を本格的を狙いたい!という場合は専用リールの紹介もしているので、そちらもチェックしてみてください。

次の