ツイッター 誹謗 中傷。 木村花を誹謗中傷してた奴らが晒されまくる!ツイッターのアカウント削除しても手遅れ

Twitterで悪口と誹謗中傷!名誉毀損ツイート削除と犯人特定方法

ツイッター 誹謗 中傷

Contents• 三浦春馬の死去原因はSNSで誹謗中傷や炎上?ツイッターの投稿とは? 三浦春馬のSNSが誹謗中傷や炎上?は本当でしょうか? どのツイッター投稿かその反応を調べました。 ただし、あくまで噂ですので事実とは限りません。 詳しいことはまだはっきりしていませんが、新しい情報を入手したら更新いたします。 三浦春馬のツイッターが炎上! 三浦春馬さんのツイッターが炎上した過去があります。 それは今年の1月末。 東出さんの出来事へのツイッター投稿 明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。 皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う。 2万いいねの数となっています。 コメントは三浦春馬さんへ否定的な意見ばかりです。 三浦春馬さんはそれに心を痛めていて、この世の中を見限ったことも想像できそうです。 当時のことはニュースになりました。 三浦春馬さん、自殺の原因は誹謗中傷によるものかと推測されている。 また素晴らしい人間がこの世から消えてしまった。 しかし作品はいつまでも残り続ける、後世にも伝えてあげたい、こんなに素晴らしい俳優が居たという事を。 ご冥福お祈り申し上げます。 — 世界の珍事件tweet 801039 さらにそのツイッター投稿には今回の死去についてユーザー同士が誰が誹謗中傷したか犯人探しが始まっており、落ち着かない状況です。 今回の出来事では、三浦春馬さんのクローゼットからがあったのですが、 その中で心を痛めたことをつづっていたかもしれません。 三浦春馬と友人の賀来賢人が意味深なSNS投稿! 三浦春馬さんと友人の賀来賢人さんが意味深なSNS投稿していました。 これは三浦春馬さんが死去したあとにインスタのストーリーに流れていました。 賀来賢人さんのインスタで意味深な投稿があります。 三浦春馬さんの自殺、 またSNSの誹謗中傷が原因では?と勘繰ってしまう…。 そしてYouTubeではアクセス稼ぎに「三浦春馬」をタイトルに入れた動画が多くアップされるんだろうな…。 — もふ Mofu MofuPost 賀来賢人さんは以前から三浦春馬さんが悩んでいたことを知っていた可能性もあります。 このタイミングでこの投稿は意味深としてやはり誹謗中傷があった?と噂されています。 死去原因が誹謗中傷ではなく真相は深い? 三浦春馬さんの死去原因はSNSの誹謗中傷や炎上とはまったく関係ない説もあります。 それは、三浦春馬さんがドラマや舞台などに活躍されている真っただ中であり、警察が詳しい調査をするまえに事故として片付けられている気配があるたmです。 あまりにも不自然な点があることから、じつは事件性があるのでは?ということです。 三浦春馬さんの自殺、不自然に思えてならない。 ・自殺4日前に新作ドラマの意気込みを語っていた ・クローゼットの中で首を吊る ・遺書の内容は公表しない ・警察が自殺と判定するのも早すぎる — 叫びさん koumuinyameru11 もちろん噂に過ぎませんが、情報が少ない中ではまったく可能性がゼロとも言えない状況です。 三浦春馬の原因はSNSで誹謗中傷や炎上?ネットの声 三浦春馬さんの死去原因はSNSで誹謗中傷や炎上?ネットの声についてまとめました。 完璧に見えても人間って完璧じゃない。 ネットにしても物にしても持つ人によって凶器に変わるし良いものに変わったりするし使い方改めたほうが良いと思う。 天国では幸せに生きてほしいし周りに恵まれて自由に過ごしてほしい。 誹謗・中傷があって、そのことで彼が傷つき、自ら命を絶ったのであれば、SNSでの誹謗・中傷はやめてほしい。 人を傷つけることにSNSを利用しないでほしい。 SNSは、誰かと繋がり、みんなで励まし合い、幸せになるために利用してほしい。 — 斗真エイト X9uRbLzTleaFr5w 三浦春馬さんの事で過剰にSNSの誹謗中傷が原因だとか事実ではないのに自分の思い込みでいろいろ決めつけるのだけはやめましょう。 まだ若いしドラマも決まって頑張っていたのに😭三浦春馬自殺って信じたくない。 原因をSNS炎上や誹謗中傷と決めつけもよくないとの意見もあります。 三浦春馬のSNSで誹謗中傷や炎上が原因?ツイッターの投稿がこれ!まとめ 三浦春馬さんの死去原因はSNSで誹謗中傷や炎上が原因?ツイッターの投稿などを調べました。 真相は不明です。 あくまでも噂にすぎないのです。 ただ、三浦春馬さんのツイッターが炎上した過去があります。 そして、三浦春馬さんの友人の賀来賢人さんが意味深なSNS投稿していました。 それは誹謗中傷をやめよう、というメッセージです。 とにかく三浦春馬さんのご冥福をお祈りいたします。 今後は少しでも三浦春馬さんがツイッター投稿した世の中になって欲しいと願わずにはいられません。

次の

ネット誹謗中傷は犯罪!削除と通報について

ツイッター 誹謗 中傷

Twitterの悪口、誹謗中傷ツイートの事例と裁判例 悪口ツイートの例 SNSの一つであるTwitter(ツイッター)では、以下のような悪質な嫌がらせが多発しています。 個人的な意見のツイートに対し必要以上の反論や人格の否定をされた• 個人情報を暴露・晒し上げられた• アカウントが乗っ取られ、それを利用して悪質な行為が行われた• Twitterに個人情報が含まれているプライベートな画像が公開された(訪れた場所や交際相手を特定できる場合など)• Twitterに性的な嫌がらせの画像が公開された• 個人的な画像を載せられて「顔がでかい」「足が短い」などの悪口を言われた Twitterは 匿名で利用することができ、所謂「捨て垢」というサブアカウントも大量に作ることができます。 また、140字という「ひと言」で簡単にツイートでき、 クリックひとつで拡散する機能があるため、誹謗中傷や名誉毀損といったトラブルが起きやすいのです。 今回は特に上記のような嫌がらせをやめさせる方法を解説して参ります。 なお、そもそも「どこから」が誹謗中傷・名誉毀損になるのかは、別途ページで解説してますので併せてご確認ください。 ネットではSNSや掲示板などでは、他人とトラブルになってしまいがちです。 LINEやTwitterで知らない相手と激… 以下では、Twitterの誹謗中傷で損害賠償をさせることに成功した事例や方法をご紹介していきます。 名誉棄損されて損害賠償請求に成功した裁判例(さいたま地裁令和元年7月17日判決) Twitter上で匿名相手から名誉毀損された後、その人の 身元を特定して損害賠償請求に成功した女性の例があります。 その女性は、2017年から2019年にかけて、同一人物からアカウントを変えて何回も名誉毀損となるツイートをされていました。 Twitter社に通報するも「違反していない」として対応してもらえず、最終的に発信者情報開示請求、通信ログの保存請求、警察による本人特定という過程を経て裁判に移行します。 裁判の結果名誉毀損だと判断され、 損害賠償263万8000円が認められています(そのうち慰謝料は200万円)。 また、 謝罪文の交付及び謝罪文が交付されるまで 1日1万円の支払いも命じられました。 この判決は、今まで名誉毀損や誹謗中傷に苦しんでいた人たちが、匿名でも損害賠償請求にたどり着けることを証明する画期的なものであると言えます。 また、裁判官の判断に委ねられている慰謝料の額として、200万円という高額な請求が認められたことも評価されています。 それでは、どうすればこのように相手から賠償を受けることができるのでしょうか。 次からはステップごとに手順を見ていきましょう。 なお、Twitterのリツイートでの損害賠償事例については、下記ページで解説いたします。 リツイートでデマを拡散してしまった場合にどうなるのかを解説します。 損害賠償請求事件の実態と背景、デマ拡散リツートは何… Step1.悪口・誹謗中傷ツイートを削除する 今晒されている誹謗中傷ツイートを削除してもらわなければ、時間が経つにつれて自分の印象が下がるツイートが拡散され続け、もっと被害が大きくなってしまいます。 そこで、まずは該当ツイートを削除する方法を見てみましょう。 Twitter社への通報 誹謗中傷ツイートの削除であれば、 Twitter社に通報することで可能なケースもあります。 Twitterでは以下のようなツイートが禁止されています。 嫌がらせ行為• 身体の安全または健康を脅かす強烈な身体的脅迫• 個人情報または写真の公開• スパムを投稿しているユーザーがいる• 一部の国や地域の人種や民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾患などを誹謗中傷または差別している 誹謗中傷ツイートがこれらの禁止行為にあたっていることを説明して、通報による解決を図ってみましょう。 から削除依頼をしてみてください。 Twitter社が削除しない場合 削除しない理由 Twitter社に通報をしても、削除するかどうかはTwitter社の判断となります。 そのため、先述した事例のように、 「違反していない」と判断されて対応してもらえないケースも多々あります。 というのも、Twitter社にとっては誹謗中傷ユーザーも利用者の1人であり、過度な規制をすることで 利用者を減らしてしまうことを危惧しているからです。 また、この段階で民事訴訟を起こすとしても、通常の民事訴訟では削除請求が認められるまで時間がかかり、拡散を止める意味がなくなってしまいます。 そこで、損害賠償請求の民事訴訟を起こす前に、迅速に法的な削除を行うことができるのが裁判所による 「削除の仮処分」です。 削除の仮処分をする 仮処分とは、正式な裁判の前に、 裁判に勝訴したときと同様の状態を仮に確保することができる手続きです。 つまり、名誉毀損で言えば、• 名誉棄損であること• ツイートが以下のうち1つでも該当すること a. 公共の利害に関する事実ではない b. 公益を図る目的ではない c. 適示された情報が真実ではない ということを主張し、ツイートをプリントアウトやスクショしたものといった証拠を裁判所に提示する必要があります。 申立てから発令までは 大体1~2か月程度かかります。 また、もし削除が認められても相手が削除しなかった場合は強制執行することができます。 尚、この申立てをする際に相手方となるのは匿名相手本人ではなく、 Twitter社となりますので注意してください。 ネット誹謗中傷の書き込み犯人を特定するにあたり、掲示板管理者に、発信者情報開示すると、通常「IPアドレス」が公開され… これらはネット上での「足跡」のようなもので、これがわかることで 投稿者が利用している「プロバイダ」を特定できます。 「プロバイダ」というのは、スマホでいうとドコモやソフトバンクのような通信会社のことです。 発信者情報開示請求は裁判所で申し立てる必要があります。 Twitter社は外国企業なので、発信者情報開示の仮処分は東京地方裁判所で行いましょう。 プロバイダは通常、投稿が行われてから3~6か月程度が経過すると 発信者に関する情報を消去してしまいます。 そうなると、その後に開示命令が出ても「無い情報は開示できない」と言われて、犯人を特定できません。 そのため、 「投稿者に関する情報を削除しないで保存しておく」ことを裁判所から命じておいてもらうことが大切です。 できれば任意で開示を受けたほうが時間的にも費用的にも負担が軽いので、まずはプロバイダに対して任意で投稿者の氏名や住所などの開示してもらえるよう、要求してみましょう。 ただ、多くの場合には「拒絶」されてしまうので、訴訟を起こす必要があります。 拒絶された場合は、プロバイダの本社や営業所のある場所の地方裁判所で 「発信者情報開示請求訴訟」として提起することになります。 サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。 今回は、ネットで誹謗中傷… 判決によって開示が認められると、プロバイダは投稿者に関する以下のような情報を開示してきます。 電話番号• メールアドレス これにより、ようやくツイートの犯人を特定できます。 犯人を特定するために発信者情報開示の仮処分をしてから、実際に投稿者情報の開示を受けるまでの期間としては、半年以上かかることが多いです。 なお、2020年にプロバイダ責任制限法の改正に向けて、総務省が「発信者情報開示の在り方に関する研究会」を立ち上げています。 今後、法改正により、個人情報の開示請求がより簡単になる可能性があります。 併せてご参照ください。 【2020年7月10日更新:「現状における開示請求の問題点と中間とりまとめ」に7月10日に行われた「発信者情報開示の… Step3.責任追及を行う ツイートの投稿者が特定できた場合、以下のような方法で相手に責任追及することができます。 損害賠償(慰謝料)請求訴訟 裁判所に、 名誉毀損による損害賠償請求を提起することで、貴方の名誉やプライバシー権などを侵害したことに対する慰謝料を求めることができます。 こちらもやはり、訴訟となると多額の費用と時間を必要とするため、まずは任意の支払いを求め、投稿者が支払いに応じない場合に損害賠償請求訴訟を起こすようにしましょう。 名誉棄損がされたと裁判官が判断した場合、損害賠償と同時に 謝罪文の交付を命じることができるケースもあります。 堂々と公開されているツイートやコメント、リツイート機能を使って悪口を言われているなら「名誉毀損」になる可能性がありま… 警察署へ被害届を出す、刑事告訴を行う 民事裁判以外でも、投稿者を警察に通報して逮捕してもらったり、 刑事告訴をして刑事罰を与えてもらうことも可能です。 刑事告訴の場合、被害者が被害内容と、それが犯罪の構成要件に該当することを説明した被害届や告訴状を警察署に提出します。 投稿者を厳重に処罰してほしいと言うこともしっかり記載しておきましょう。 また、同時に 証拠も提出しないと警察は動いてくれません。 被害内容は、名誉毀損罪、侮辱罪、業務妨害罪、信用毀損罪などが成立する可能性があります。 警察が情報開示請求する場合、しない場合 情報開示請求を警察がやってくれることはないの?と疑問に感じている人もいるでしょう。 実は、民事裁判を行わずとも、刑事告訴を行うことで 警察が相手の氏名や住所を特定を行ってくれることもあるようです。 前述した事例ではこの方法によって特定をしています。 ただし、警察には 民事不介入の原則があるため、事件性があると判断されないと動いてくれることはありません。 そのため、自分が名誉毀損をされており、悪影響を実際に受けているということを証明することが必要になります。 インターネットを利用していると、いわれのない誹謗中傷を受けることがあります。 名誉毀損の書き込みをされることもありま… 開示請求における注意点 TwitterのIPアドレスの保存期間 Twitterのプライバシーポリシーによると、ログデータの保存期間は 最大18カ月、削除されたアカウントの復活可能期間は 30日間となっています。 しかし、Twitterの捜査機関向けの説明をしているページでは、IPログの保存期間は 「ごく短期間」としか明記されていません。 TwitterのIPアドレスの保存期間が曖昧であり、万が一保存期間が過ぎてしまうと特定がかなり困難になってしまいます。 誹謗中傷をしていたアカウントが削除された場合 誹謗中傷していたアカウントが削除された場合であっても、Twitter及びプロバイダに データが保存されている期間であれば、匿名相手の特定は可能です。 しかし、誹謗中傷されたツイートの証拠を残せなかった場合は裁判所に提示できる証拠がなくなってしまうため、投稿者の特定や損害賠償請求がかなり困難になるでしょう。 もし、少しでも誹謗中傷だと感じた場合は、状況がひどくなる前に一応証拠として アカウントのスクリーンショットをとっておくようにしましょう。 まとめ Twitterの嫌がらせ・誹謗中傷は弁護士に相談 以上がTwitterで悪口の投稿内容を書かれたり、インターネット上で誹謗中傷されたときの対処の方法です。 最近は、テラスハウスの木村花さんのような痛ましい事件も起きてしまいました。 このように、捨て垢で匿名のいじめ書き込みをする相手は特定し、損害賠償をしてもらう必要があります。 これらは一般人が行うことは難しいため、なるべく早めに、弁護士費用を準備し、ネットの嫌がらせ・誹謗中傷対応に力をいれている弁護士に依頼することをお勧めします。

次の

テラスハウス木村花、誹謗中傷した悪質SNSアカウントまとめ一覧!|キャストコ

ツイッター 誹謗 中傷

誹謗中傷とは そもそも誹謗中傷とは、根拠のない悪口を徹底的 に言い、他人の社会的名誉を傷つける行為のことを指します。 例えば、ネット上に書かれる誹謗中傷は、以下のようなものが挙げられます。 誹謗中傷する人の心理 幼い頃、誰もが一度は「いじめは絶対にいけません」「人の悪口を言ってはいけません」と両親や学校の先生から教えられた経験はあるでしょう。 しかし、大人になってもいじめや人の悪口を繰り返す人は少なくありません。 近年では、その行為が実社会のみならず、ネット上でも横行しています。 誹謗中傷する人は、一体どのような心理で誹謗中傷を行っているのでしょうか。 以下7つの心理のいずれかが考えられます。 感情と態度が違うことを示す言葉ですが、匿名で書き込むことが出来るネット上は、本音と建前を使い分ける日本人のストレス発散の場になっていると考えられます。 その傾向から、誹謗中傷をする人は、成功者に嫉妬心を抱いていると考えられます。 「ないものねだり」という言葉がある通り、人は自身が持っていないものを他人が持っていると羨む傾向にあります。 しかし、その羨望が嫉妬に代わるケースも少なくありません。 その嫉妬心を誹謗中傷という行為で、成功者に向けられているのかもしれませ。 ただ、実社会では、立場上、優位に立ったり尊敬される人間関係を構築したりすることは簡単ではないため、思うような優越感は得られないのかもしれません。 そこで、誹謗中傷を行うのです。 誹謗中傷は、相手を貶めて自身を優位に立たせることで手軽に優越感に浸ることが可能なのです。 集団心理は「他の人もやっているから」という仲間意識を生み、他人を傷つける行為に対しては罪悪感を持たなくなる傾向にあります。 そうなると、たとえ温厚な人でも攻撃性にスイッチが入り、誹謗中傷がエスカレートしていく可能性があるのです。 そのようなケースでは、対象者のミスが許せないと考え私的に罰を与える、行き過ぎた正義感を持つ人がいるのです。 この言葉の裏には、被害者が何かに対し根を持っているケースが考えられます。 その腹いせとして、ネット上で侮辱する強い復讐心が働いている可能性があります。 誹謗中傷をする人は、被害者のそういった反応を楽しむ愉快犯的な心理が働いている可能性も考えられます。 実社会に誰かを虐めたりする場合、周囲の目が気になるためハードルが高いでしょう。 しかし、匿名で書き込めるネット上であれば、ハードルは低いです。 そのハードルの低さが、普段温厚な人を冷酷な性格に一遍させ、普段できない誰かへの攻撃を行い、相手の反応を楽しむ愉快犯的な心理が働いているケースがあるのです。 誹謗中傷する人の特徴 以上のような心理になりやすい人には特徴があります。 以下に挙げるような人は、誹謗中傷をする人の心理が働くかもしれません。 その言動はネット上でも行う傾向にあります。 悪い噂を聞いた噂好きの人は、それを格好の餌にして誹謗中傷に走りすいです。 集団行動を好む人は、ネット上で誹謗中傷を見かけると、加担する行動に走りやすいのです。 そのため、誹謗中傷を行いやすいのです。 誹謗中傷の加害者Aさんが経験した最悪シナリオ ネットで誹謗中傷をする人は、ダメだと頭でわかっていても、ついつい他人を揶揄するような言葉を書き込んでしまいます。 但し、それは出来心では済まない最悪の事態に発展する場合もあるのです。 ここからは、誹謗中傷の加害者になったAさんが経験した最悪なシナリオについてお伝えていきたいと思います。 悪口を書き込んだ 休日のA子さんは、時間を持て余していたため、自宅のパソコンで掲示板の5ちゃんねるを見て楽しんでいました。 サイトを見ていると、自身が勤務している会社のスレッドを発見し、読んでみると社内の内情が面白おかしく書き込まれていました。 500万円の慰謝料請求と会社退職 会社の悪口を書き込んだ後もA子さんは、時々その掲示板を覗くように…。 すると、自分の書込みが削除されていることに気づきました。 ですが、A子さんは特に気にすることもなく、さらに月日は流れ、削除されたことで書込みをしたことも忘れていていきました。 そして、ある日突然、契約しているネット回線会社(インターネットプロバイダー)から「発信者情報開示請求の可否について」という書類がA子さんのもとに届きました。 その書類は、掲示板に書込みをしたのは、A子さんの自宅(住所)であることを、書込みをした会社側(A子さんの勤務先)に教えてもよいかという内容でした。 突然、書類が届いたことで驚いたA子さんは、住所など個人情報を提供することを拒否しました。 しかし、その後も相手は個人情報を求めて、裁判に発展…。 結果、ネット回線会社が敗訴したため、A子さんのもとに「慰謝料として500万円を支払うように」という、内容証明郵便が届きました。 裁判を起こされ、悪口をネットに書き込んだことが勤務する会社に知られてしまったA子さん。 会社に居づらくなり、退職しました。 待っていたのは示談金を支払う日々 会社を辞めたA子さんに残ったのは500万円の請求書。 どうしたらよいか分からないAさんは、無料で相談できる弁護士をネットで探し、これまでの経緯を説明しました。 弁護士のアドバイスのおかげで、A子さんは会社とは示談で済むことに。 しかし、現在も月々数万円ずつの示談金を相手に支払う生活が続いています。 匿名の書き込みは開示請求で身元がバレる 以上のAさんの話の中では、突然、ネット回線会社から「発信者情報開示請求の可否について」と題された書類が届いています。 匿名の掲示板に書き込んだはずが、なぜA子さんの住所に書類が届いたのでしょうか。 それは、「開示請求」という法的な手続を採ったためです。 開示請求とは 開示請求とは、相手が持っている情報を提示させる手続のことをいいます。 開示請求は、ネット上で問題の書込みをした人物(犯人)を探し出すための手段として用いられます。 Aさんの身元が特定されるまでの経緯 さて、Aさんは、どのような経緯で身元を特定されたのでしょうか。 まず、会社はコンテンツプロバイダ(サイト運営者の5ちゃんねる)に問題の書込みをした投稿者のIPアドレス(インターネット上の住所)、タイムスタンプ(書込みがされた日時)などの情報を提示させます 次に、インターネットプロバイダ(ネット回線会社:docomoなど)にIPアドレスとタイムスタンプを照会してA子さんの住所に「発信者情報開示請求の可否について」と題した書類を送ったと考えられます。 ネットを利用する人は必ず、インターネットプロバイダと契約し、使用料金を支払っています。 A子さんもインターネットプロバイダと契約を結び、ネットを自宅で利用していました。 契約の際、氏名、住所、電話番号など個人情報を提供していることで、会社側は、A子さんに書類を送ることが可能だったのでしょう。 誹謗中傷で問われる罪 A子さんのケースでお話してきましたが、ここからは悪質な誹謗中傷を繰り返した場合、警察に逮捕されるケースがあることについてお伝えします。 誹謗中傷の被害者が、警察に相談し捜査によって逮捕できると判断されると、加害者は刑事罰を受ける可能性があるのです。 具体的には、以下の罪に問われます。 名誉毀損罪 名誉毀損とは、他人の社会的評価を下げる行為のことを言います。 不特定多数の人が知り得る状況下で名誉棄損を行うと、刑法230条で定められている名誉毀損罪に問われる可能性があります。 名誉棄損罪が成立すると、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科せられます。 【詳細記事】 侮辱罪 侮辱とは、相手を軽んじて、はずかしめたり、見下して名誉を傷つけたりする行為のことを指します。 「バカ」「クズ」「ブス」等、具体的な内容には触れず、漠然とした表現で相手の社会的評価を下げると、刑法231条で定められている侮辱罪に問われる可能性があります。 侮辱罪が成立すると、拘留(1~29日間、刑事施設に収監すること)または科料(刑罰としての一定額の取り立て) に処される可能性があります。 【詳細記事】 脅迫罪 脅迫とは、相手を脅し、恐怖を与える行為のことをいいます。 生命、身体、自由、名誉または財産に対して害を加える旨を告知すると脅迫罪に問われる可能性があります。 例えば以下のような告知を行うと脅迫罪が成立する可能性があります。 「お前を殺すぞ!」 「殴るぞ!」 「娘を誘拐するぞ!」 「世間に公表するぞ!」 「家に火をつけるぞ!」 脅迫罪が成立すると、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。 業務妨害罪 業務妨害罪は、偽計業務妨害罪と威力業務妨害罪の2つに分けられます。 偽計業務妨害罪 偽計業務妨害罪とは、ウソの噂話しを流して人を欺き、業務を妨害する行為に対して成立する罪のことを指します。 過去には、旅行会社に勤務する社員男性が、高校の遠足バスを手配することを忘れたことで、生徒を装って自殺をほのめかす手紙を学校に送りつけ、遠足を中止させようとした事件がありました。 これは、バスの手配を忘れたミスを隠すためにした行為と見なされ、男性社員は偽計業務妨害罪で逮捕されました。 威力業務妨害罪 威力業務妨害罪とは、精神的な圧力をかけて業務を妨害する行為に対して成立する罪のことをいいます。 例えば、「市役所に爆弾をしかけたぞ!」と脅し、市役所の業務を妨げる行為等に威力業務妨害罪が成立する可能性があります。 上記の偽計業務妨害罪と威力業務妨害罪は、いずれも3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。 上記でお伝えした中には、警察に逮捕され、裁判で有罪になれば懲役刑が下される刑もあります。 有名人が誹謗中傷で訴えた事例 ネット上の誹謗中傷に遭いやすい人物として、芸能人やスポーツ選手等の有名人が挙げられます。 表舞台に立つ機会が多い人ほど、見る人から様々な感情を持たれ誹謗中傷のターゲットになりやすいことが考えられます。 民間企業や民間人(一般人)が誹謗中傷を受けて、相手を訴え裁判に発展したケースは、近年増えてきています。 しかし、有名人が誹謗中傷で訴えるケースは少ないです、それは、誹謗中傷で訴えたことでイメージダウンに繋がるのではないか、と懸念しているためです。 そんな中、ネットの匿名掲示板で誹謗中傷されたとして、プロ野球・横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手が、一般女性を訴えた事例があります。 約200万円の慰謝料請求 井納選手の夫人に対し、「嫁がブス」とネット上の匿名掲示板で誹謗中傷したとして、20代の一般女性が訴えられことが、2018年1月に一部週刊誌で伝えられました。 ほんの出来心で書いてしまったという加害者の女性。 突然、発信者情報開示請求書が届き、約200万円の慰謝料を請求され途方にくれている、という内容で報道されました。 有名人が井納を擁護 井納選手が一般人を訴えたニュースは、同じスポーツ選手や芸能人から反響があり、それぞれの考えをツイッターに載せています。 本当悪口ばっかり書いてるアカウントの人いるけど気をつけた方がいいですよー! — ダルビッシュ有 Yu Darvish faridyu 報道されてないだけで、ネットによる人権侵害や訴訟件数は年々増えている。 匿名だから身元はバレない、悪口や中傷も言論の自由の範囲内だと勘違いしている者が普通にいる。 やられた側は本来必要としない費用と時間とストレスを感じた上に全面的に損をする現状を打破したい。 今回、井納選手がいわれなき誹謗中傷に苦しみ、一般人であっても訴えた事例は、今後、「ネットで誹謗中傷したら訴えられるかもしれない」という認識が世間に浸透する大きなきっかけとなるかもしれません。 誹謗中傷する人に効く言葉を3つ そんな中、2020年5月23日、プロレスラーの木村花さんが死去しました。 その背景には、SNSで執拗な誹謗中傷があったと報じられています。 それを受け、大リーガーのダルビッシュ有投手がツイッターで「誹謗中傷する人に効く言葉3選」をつづりました。 誹謗中傷する人に効く言葉3選。 ・おめでとうございます。 ・それは良かったです。 ・あなたが幸せそうで私も幸せです。 基本的に相手の文に関係なく上の3つをランダムに使い続けるだけでクソリプマンたちはいなくなります。 大事なのは相手がAIだと思い、自分もAIになりきること。 お使いください。 — ダルビッシュ有 Yu Darvish faridyu 有名人は各々の対策をしていることがうかがい知れます 誹謗中傷する人へ とはいえ、SNS上には匿名で相手を誹謗中傷し、ストレスを発散している人たちが一定数存在します。 人をむやみに傷つける誹謗中傷は決して許される行為ではありません。 漫画家のスメル・デ・ラ・ロチャさんは、木村花さんの死去を受け、「誹謗中傷する人へ」と題した4コマ漫画をツイッターに公開しています。 誹謗中傷する人へ — スルメ・デ・ラ・ロチャ surumelock ネット上で誹謗中傷している人は、「自分の行いは大したことではない」と思っているかもしれません。 しかし実際は、この4コマ漫画のように相手を殴りつけ、血みどろにするような醜い行為をしているのです。 画面の向こう側にいるのはモノではなく、感情を持った人間です。 その現実を忘れて言葉の暴力を振るうのは、あまりにも身勝手ではないでしょうか。 4コマ漫画を読んだ人からは、「まったくもってその通り!」「すごい共感出来る」といった共感の声が相次いでいます。 木村花さんの死は、ネット社会を大きく変える出来事になっています。 多くの人が画面越しの相手であっても生身の人間であると認識し、正しいコミュニケーションがネット社会になることを願います。 次の記事 2019. 26 関連する記事• 2018. 10 スマートフォンの普及は情報取得を容易にし、多大な利便性をもたらしました。 それは同時に、手軽で安易な情報発信も可能にし、些細な書込みから、『風評被害』 […]• 2018. 12 残酷な殺人や巨額な詐欺など世間を震撼させる事件から、スポーツやエンタメニュースまで…。 日々、さまざまなニュースが報じられ、私たちはそれをテレビや新聞、[…]• 2020. 24 「あなたのやっていることは名誉毀損だ」と恋人に言われたり「名誉毀損で訴えてやる」とネット上で書き込まれたりした経験はありませんか? しかし、それは[…]• 2019. 23 インターネット上でトラブルが起きやすいのが、『権利侵害』です。 しかし、それは法律で定められた権利のうち、どのような権利に該当するのでしょうか。 ここで[…]• 2019. 13 インターネット上で何らかの誹謗中傷を書き込まれたことはありませんか?事実無根の場合、それは実に耐え難いことです。 そこで今回は、IPアドレスを使い、書[…].

次の