グルテン フリー。 小麦粉の代わりになるグルテンフリーの粉

グルテンフリーが体にもたらす影響とは

グルテン フリー

グルテンフリーとは 2000年ほど前からお米を食べていた私たち日本人の食文化は、戦後から欧米化され、朝食にパンを食べる家庭が半数を占めるようになりました。 しかし、昔から小麦を大量生産・輸出してきたアメリカでは、グルテンフリーを意識して小麦商品の摂取を控えることがブームになっているのてす。 「グルテンフリー」とはグルテンを摂取しない食事方法、もしくはグルテンを含まない食品のことです。 そもそもグルテンフリーは、グルテンの入ったものを口にすると アレルギー症状の出る人たちの体質改善が目的の食事療法でした。 しかし、海外のアスリートやモデル達がグルテンフリーの食生活を実践したところ、健康になり成績が上がった、美しく痩せたと話題になったことから、グルテンにアレルギーのない人たちにも拡がりました。 モデルのミランダ・カーやテニスのノバク・ジョコビッチが有名ですね。 食事療法から食事方法となり、欧米ではグルテンフリーのレストランがオープンするなど一般に定着しつつあります。 グルテンって何? ラテン語のglue(接着)が語源のグルテン(gluten)は、「小麦」「大麦」「ライ麦」などの穀物の表皮の中にある、胚芽と胚乳の部分から生成される タンパク質の一種です。 穀物のタンパク質の中で大半を占める「グリアジン」と「グリテニン」が水を加えることで結びつき、グルテンになります。 うどんのコシや、パンやお菓子などを作るときに生地がまとまるのもグルテンの作用です。 グルテンは日本語で 「麩質」と表され、乾燥したものはお味噌汁の具材、生のものは麩まんじゅうなど、私たちの身近でよく目にしていますよね。 また、食品以外でも歯磨き粉や整髪料などの増粘剤としても使用されています。 グルテンフリーの効果 グルテンを含まない、グルテンフリーの食事に切り替えたところ、腹痛、便秘、下痢、頭痛、不眠、めまい、生理痛、生理不順、疲労感、肌荒れなどが改善されたという声があります。 体質が変わり体重が減少するなど、ダイエット効果があったという人も。 しかし、そもそもグルテンにアレルギーがない人に対して、 グルテンフリーの食生活が健康に与える影響は、まだ 医学的には証明されていないようです。 グルテンフリーではない食品 グルテンフリーと聞くと、「パンを食べないでおこう」と考える人が多いのではないでしょうか?しかし、 パン以外にもグルテンを含む穀物は多くの食品に使われています。 一例として、• パスタ• うどん• ラーメン• 餃子、ワンタン、中華まんの皮• お好み焼き、たこ焼き• 揚げ物の衣• シリアル• カレーやシチューのルー• ケーキなどお菓子類• 麦焼酎、ビール、発泡酒 上記以外にも、グルテンフリーを実践する上で注意が必要な食材があります。 十割蕎麦以外の蕎麦• 麦味噌、あわせ味噌• 醸造酢 他にも様々なものに使われている場合があるので、 アレルギーの方は常に原材料をチェックしてください。 なお、醤油については、厚生労働科学研究班の「食物アレルギーの栄養指導の手引き2011」で以下のように記載されています。 「醤油の原材料に利用される小麦は、醤油を作る過程で小麦のタンパク質が完全に分解され、完成した醤油には残存していない。 このため、原材料に小麦の表示があっても、醤油を除去する必要は基本的にない。 」 それでも気になる方は、たまり醤油などの原材料に小麦を使用していないタイプを選ぶと、安心してグルテンフリーの食事ができますね。 もしかしたらグルテンアレルギーかも? グルテンアレルギーの症状は多岐にわたるため、実は アレルギーを持っている人でも自覚がないことが多いようです。 「疲れやすい」「すぐにイライラする」「やる気が出ない」などの症状のある人は、2週間グルテンフリーの食事を試してみることで不快な症状が改善されるかもしれません。 グルテンアレルギーは 腸内環境のバランスが乱れていることが原因の場合もあります。 加工食品、パンや焼き菓子やピザなどの小麦製品、動物性食品、精白糖の摂りすぎに気をつけることも改善に繋がっていきます。 食べれない…ではなく、置き換える! 最近では小麦の代わりに米粉を使用したパスタやパンなど、グルテンフリーをうたう代替商品も増えてきました。 また、代替商品ではなく、身近なもので置き換えることも可能です。 例えば、ラーメン・焼きそば・パスタなどは、フォー・ビーフン・しらたきへ。 朝食には米粉パンやお餅を焼いてみたり、おやつには和菓子、お煎餅、ゼリーなど。 ぜひ皆さんも色々なグルテンフリー食材を試してみてくださいね。 Vegewelでレストラン検索 Vegewelは、ベジタリアン・オーガニック・グルテンフリーなど、あなたの食のライフスタイルに合わせてレストランを検索できるWebサイトです。 食の制限に関係なく、みんなで楽しく食事を囲める環境を日本に創るために、サービスを運営しています。 日本語と英語に対応、ヘルシーなレストランが1000店以上掲載されていますので、ぜひご利用ください!.

次の

グルテンフリーの基礎知識 ~小麦・添加物フリーでも美味しく豊かな食生活~|楽しく読む|プレミアムマルシェ

グルテン フリー

Contents:• グルテンとは グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの食物に含まれている 「タンパク質」の一種です。 グリアジンとグルテニンという2種類のタンパク質が混ざり、水でこねることで生成されます。 グルテンは 弾力があって伸びやすい性質があり、この性質をいかしてもちもちのパンやパスタなどに使われています。 ちなみに、グリアジンとグルテニンはそれぞれ異なった性質を持ち、グリアジンは「弾力があるけど伸びにくい」、グルテニンは「弾力は弱いが粘着力が強く伸びやすい」という性質があります。 グルテンは何に含まれているか グルテンの持つ粘りと弾力性を活かした食品は、数多くあります。 例えばもちもちのパンやうどん、パスタ、ピザ、クッキーなどの見た目からして 小麦!とわかる食品の他、カレーのルー、天ぷら粉、醤油などの調味料、さらに加工肉のつなぎや安い食品の水増しとしても利用されています。 お菓子などの加工品の原材料として含まれていることの多い乳化剤、結着剤、防腐剤などの添加物もグルテンは含まれています。 また、 化粧品や サプリメントに使われていることもあるため、パンやパスタなどを普段食べない、という人でも知らず知らずの間にグルテンを摂取しているかもしれません。 グルテンの身体への影響 グルテンを日頃から摂取していても、特に身体の不調は感じない、という人はいらっしゃるかもしれませんが、実際には小麦は個人差がありながらも多少は私達の身体に影響を及ぼします。 つまり、物心がついた頃からパンやケーキ、うどん、そうめんなどの小麦食品を頻繁に口にしている人にとっては、グルテンが引き起こす身体の不調に 気づいていない、あるいは 慣れてしまっている可能性もあります。 小麦アレルギーとは別物 まず、これから説明する「グルテンが原因となり得る身体の不調」は 小麦アレルギーとは別物です。 小麦アレルギーとは、小麦に含まれるタンパク質に対するアレルギー症状で、体中に発疹ができたり、顔が腫れたりします。 小麦アレルギーの方が小麦を摂取すると、アナフィラキシーショックという命を落としかねない状況になることもあるため、そういった方々は医師の指導の元、米粉などの代替食品や少しずつ食べて身体に小麦を慣れさせる治療法などを行います。 その身体の不調、もしかして原因はグルテンかも さて、小麦アレルギーではない人でも、グルテンによってで以下のような症状を引き起こす可能性があります。 集中力の低下• 頭痛、偏頭痛、めまい• 気分の変調• 下痢・便秘• 消化器系トラブル• 発疹・湿疹• 膝や腰などの関節の痛み これらの症状は、 ストレスや環境の変化、天気など他の原因によっても引き起こされる可能性があるため、上述した症状があるからと言ってすぐに「私の身体にグルテンは合っていない!」と判断することはできません。 そのため、自分自身にグルテン耐性があるかどうかを調べるためには、 2~3週間グルテンを抜いた食事にしてみるという方法があります。 とはいえ、グルテンは現在様々な食品に含まれているため、グルテンフリーの食生活を実践するのはなかなか難しいのが現実です。 そのような方は、例えば パンやパスタを我慢してお米(和食)中心にする、 お菓子はクッキー・ケーキではなくドライフルーツやせんべい、和菓子などにする、といったようにグルテンをなるべき摂らない生活を実践してみると良いでしょう。 SPONSORED LINK グルテンフリーの食品とは もともとグルテンフリー=小麦アレルギーの方向けという位置づけだったのですが、ハリウッドセレブやアスリートなどが「小麦は良くない」といったグルテンフリーの食生活を実践・発信することで一般的に広がっていきました。 多くの食品にグルテンが含まれていることは確かですが、食品を選択することでグルテンフリーの食生活を実行することは可能です。 例えば• パスタやうどんの代わりに十割蕎麦、フォーなどのお米の麺、こんにゃく麺• ケーキやクッキー、パンは米粉、そば粉を使う など、その気になれば代替食品はあります。 最近ではグルテンが含まれていない醤油も売られています。 私は一度 そば粉を使ったケーキを食べましたが、小麦粉を使ったケーキと変わらずに美味しかったです! グルテンフリーの概念をダイエットに応用する グルテンフリーへのモチベーションが沸かない人は、 ダイエットと結びつけるという方法もあります。 グルテンを消化しづらいグルテン不耐症の人がそれらを摂取すると、小腸の粘膜に炎症が生じ、必要な栄養素が十分に吸収されなかったり、不要な毒素が体内に取り込まれたりすることになります。 せっかく食材にこだわって栄養を気にした食生活を送っていても、食べたものがちゃんと吸収されていないと勿体無いですね。 一方で、グルテンを控えることでそれらの炎症が収まり、体に必要な栄養素を取り込む能力も改善し、肌や髪、体調によい変化が見られるかもしれません。 また、「小麦を食べない」と一度決心してみると スーパーやコンビニで食べられるものが極端に減ります。 私は一部の添加物を摂取しないことを決めているので、コンビニでランチを買えと言われると食べられるものがほとんどなくてとても困ります。 結果的に自炊中心の生活になります。 まとめ ラクトースフリー、グルテンフリー、糖質制限、ベジタリアン、Vegan・・・といった何かを食べない食生活が広まっていることについて考えていると、今まで人間が あれも食べれる!これも食べれる!これが美味しい! と積極的に広めてきた食文化の風呂敷が、段々と畳まれていっていくようなイメージを持ちます。 個人的には、玄米・お味噌汁・漬物プラス何か野菜を使ったおかず一品といった和食をやっていて、結果的に小麦をあまり摂取していない生活を続けていますが、現時点で特に「変わった!」といった感覚はありません。 たまにパンやパスタを食べているからかもしれないので、Veganチャレンジと同じく、グルテン抜き生活もどこかのタイミングでちゃんとやりたいなと思います。

次の

小麦粉の代わりになるグルテンフリーの粉

グルテン フリー

「グルテンフリー中でもお酒を楽しみたい」 「普段はお酒を飲まないからいいんだけど、飲み会に参加するときくらい飲まないわけにはいかない。 どのお酒なら大丈夫なの?」 こういった疑問に答えます。 グルテンフリーのお酒の選び方 この記事を書いてる僕は普段お酒を一切飲みません。 でもたまに、飲み会に誘われていくこともあるので(基本飲み会は好きではないのでほぼ行きませんが・・・)、そのときのために、飲めるお酒を自分のためにもまとめておきたいと思いました。 それに、もしグルテンフリーでも美味しいお酒があるのなら、たまには一人で晩酌するのも悪くないと思うので。 本記事では、『グルテンフリーをしている人でも飲めるお酒を紹介してその選び方』を解説します。 1.お酒の基本情報「お酒の種類と主な原料」 はじめに、可能な限りのお酒の種類と原料をまとめておきます。 お酒の種類 主な原料 ビール 麦芽、ホップ、米、とうもろこし、でんぷん、糖類など ワイン ブドウのみ カクテル リキュール+何種類かの果汁 焼酎 米焼酎 お米 麦焼酎 大麦 芋焼酎 芋 日本酒 お米 ウイスキー ウイスキー 大麦、ライ麦、トウモロコシ、麦芽など モルトウイスキー 大麦麦芽(モルト) グレーンウイスキー 穀物(トウモロコシ、ライ麦、小麦など) ブレンデッドウイスキー モルトウイスキー+グレーンウイスキー ブランデー コニャック 果物(主にブドウ) ハイボール(カクテルの一種) ウイスキー+ソーダ+氷 サワー・チューハイ 蒸留酒(スピリッツ)+果汁+炭酸 ジン 大麦、ライ麦、じゃがいもなど ウォッカ 大麦、ライ麦、じゃがいもなど ラム サトウキビ テキーラ 竜舌蘭(植物の一種) スパークリングワイン シャンパン ブドウのみ 次に、お酒に関する用語集です。 原料やお酒の種類など名前だけ聞いてもイメージしずらいものをまとめておきます。 用語集 用語の説明 麦芽 二条大麦からつくられる ホップ 多年生、雌雄異株のつる性の植物 リキュール 蒸留酒(スピリッツ)をベースにして、そこにいろいろな香味成分を配合した甘い酒 蒸留酒(スピリッツ) 醸造酒を蒸留させてつくったもの 醸造酒 穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させてつくったもの 参考にしたサイトです。 もう少しお酒について知りたい!雑学なんかも知りたいという人は読んでみると面白いと思います。 2.グルテンが入っているお酒はこれだ! それではここからが本題のグルテンが入っているお酒についてです。 2.1 グルテンが入っている原材料やベースとなるお酒 まず、以下の表に書かれてあるものが商品ラベルに書かれている場合、グルテンが入っていると考えてください(必ずというわけではないんですが・・・) グルテンが入っている(もしくは入っている可能性の高い)原材料やベースとなるお酒• ライ麦• 糖類(必ずではないが、グルテンが入っている可能性があります)• 2.2 グルテンが入っているお酒一覧 こちらがグルテンが入っているお酒の一覧です。 グルテンフリーをやってる人は飲めないお酒たちです。 これとは別に、第三のビールと呼ばれているものがあります。 第三のビールは、麦芽をまったく使用せず、代わりにエンドウ豆、大豆、トウモロコシなどからつくられています。 キリンから発売されている「のどこし生」は、第三のビールです。 原料は「ホップ」「糖類」「大豆たんぱく」「酵母エキス」で、麦芽の代わりに大豆を使用しているので、グルテンフリービールです。 もともとグルテンフリーのビールとして販売されているものではなく、つくったあとになって、「よく考えたらこれってグルテンフリーのビールなんじゃね?」ということみたいですw まとめ グルテンフリーを実践していると、飲めるお酒は相当限られてしまいます。 でもたまには一人で飲んで酔いたいときや、飲み会に参加することもあります。 そんなときにこの記事が参考になれば幸いです。 ワイン• 焼酎(米焼酎、芋焼酎)• 日本酒• ブランデー(コニャック)• テキーラ• スパークリングワイン(シャンパン)• グルテンフリーのビール(キリン「のどごし生」、Omission(オミッション)) こんな感じです。 ちなみに僕はほとんどお酒を飲みません(一緒に飲む相手がいないってのもありますが・・・) この中でいうとシャンパンは名前の響き的に何となくおいしそうなんで飲んでみたいです。 あとグルテンフリーがちゃんと証明されているビールのOmissionとか・・・興味がある方はぜひ試してみてください。 【関連記事】グルテンフリーの調味料の選び方を説明した記事のまとめです。

次の