混沌 魔 龍 カオス ルーラー。 ライロアンデで混沌魔龍 カオス・ルーラー

遊戯王カード考察:《混沌魔龍(こんとんまりゅう) カオス・ルーラー》シンクロ召喚するだけでとっても墓地が肥える!

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

《 混沌魔竜カオス・ルーラー》……良き力だ……。 今回は、カオス・ルーラーを採用した カオスドラゴンメイド デッキの紹介です。 公式より• デッキコンセプト 「 ドラゴンメイド」デッキにおいて、墓地肥やしができることはかなり大きなアドバンテージとなります。 加えて、新規トラップである《 ドラゴンメイドのお片づけ》の墓地効果が強いことと、チェイムへのアクセスが重要視されることから、 カオスルーラーを用いて墓地を肥やそうというのが今回のコンセプト。 それに際して、ゴーキンを採用せず、様々な召喚法のエクストラモンスターを採用してみようというのも今回の狙いです。 デッキレシピ メインデッキ Deck Makerにて作成 標準的な 「ドラゴンメイド」の採用に加え、レベル8シンクロを立てるギミックとして《 サイキック・リフレクター》を用いています。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 自分の手札・墓地から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで守備表示でする。 この効果でしたモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。 1ターンにいずれか一つの効果しか使えませんが、墓地へ落ちても使えるのは非常に便利です。 墓地肥やしとも噛み合っているため相性が良いですね。 加えて、 レベル制限もないのは強すぎる……。 レベル8シンクロギミック 《 混沌魔竜カオスルーラー》を出すために必要なギミックです。 最小限の消費で出せるよう《 サイキック・リフレクター》と《 バスター・ビースト》のセットを採用しました。 サイキック族であるため、《 緊急テレポート》でででき、自身が闇属性であるため、《 混沌魔竜カオスルーラー》のサーチ対象でもあります。 状況に応じて、レベル7シンクロも行えるのが便利。 カオスルーラーサーチ対象 最優先で手札に加えたい《 ドラゴンメイド・チェイム》が 闇属性であるため、カオスルーラーのサーチ対象となります。 加えてサーチ対象として以下を採用しています。 ドラゴンなんでも手札or墓地からの《レッドアイズ・ダークネスメラゴン》• シュトラールの融合素材かつレベル7シンクロ製造機デストルド• 名称ターン1のない手札誘発でありレベル1チューナーである《エフェクト・ヴェーラー》• 通常召喚からレベル5〜9のシンクロができる《サイキック・リフレクター》 《エフェクト・ヴェーラー》は手札から切りやすく、カオスルーラーの蘇生コストを賄いやすいという利点もあります。 フリー用のデッキですが、相手がリンクを多用するデッキの場合、サイドデッキとして《 幻創龍ファンタズメイ》を用意しておくのも良いと思います。 ファンタズメイも《 ドラゴンメイド・シュトラール》の素材となり得、闇属性であるため、非常に有用です。 バージェストマ・ディノミスクスの採用 一度回り始めるとリソースが切れることなく維持できる「 ドラゴンメイド」において、以前から相性が良いとされていた《 バージェストマ・ディノミスクス》ですが、 強力な罠の新規が出たことにより、さらに有用性が増しました。 リンク素材にもなりますし、破壊以外の除去であるため、ハスキーで除去できないモンスターやバックに触ることができます。 エクストラ Deck Makerにて作成 《 強欲で金満な壺》を採用していないため、バリエーション豊かに採用できました。 融合シンクロエクシーズリンクの4つの召喚法を操れます。 ドラゴンメイド融合体 採用枚数は• ハスキー3• シュトラール2 です。 シュトラールはに戻る関係上2で良いと判断しました。 ハスキーはシュトラール効果で出せるものの、 正規召喚ではないため、一度隙を見て 正規召喚しておいた方が良いです。 シュトラールからでるのが2枚、正規召喚する分が1枚といった感じ。 シンクロ とりあえず《 混沌魔竜カオスルーラー》を立てるところから始まります。 蘇生もしやすいためスやシュトラールの融合の素材となります。 スの素材とすることで、除外デメリットを回避できます。 《 ドラゴンメイド のお片づけ》は 通常罠であるため、墓地効果も相手ターンに使うことができ、ドローフェイズに使っておき、スタンバイに墓地へ戻すなど、色々便利です。 単純に「 ドラゴンメイド」と相性の良い 《 仁王立ち》を採用する場合は、さらに輝くカードです。 《 サイバース・クアンタム・ドラゴン》はライフを一気に取りたい際や対象耐性、破壊耐性持ちに対応するためのカードです。 残念ながらドラゴン族ではありませんが…。 チューナー蘇生のために《 幽鬼うさぎ》を採用するのもあり。 カオスルーラーの蘇生コスト、サーチ対象となります。 エクシーズ 安定と信頼のスを採用しています。 カオスルーラーとレベル8ドラゴンメイドで作ることができ、比較的容易にエクシーズできます。 対象を取らない墓地送りという最上級の除去を行え、 破壊耐性も得られるため、非常に有用です。 基本的にハスキーで割れないカードを割りに行きます。 リンク リンクは比較的オーソドックスです。 クロシープ• トロイメア・フェニックス• ヴァレルロード・ドラゴン やはり《 天球の聖刻印》は強く、破壊以外の除去と《 ドラゴンメイド・チェイム》へのアクセスを兼ねます。 相手ターン限定とはいえ、 対象を取らないバウンスというのがあまりにも強く、 先行ではこれを立てることを意識します。 (リリースを介するため、墓穴の指名者で無効にされてしまう点はネックですが……) 《クロシープ》は語るまでもないですね。 「 ドラゴンメイド」は融合テーマであり、 レベル4以下ドラゴンメイドモンスターは全て時の効果を持っているため、 それらを誘発できるクロシープはかなり相性が良いです。 ヴァレルロードは対象を取らない除去、フェニックスはバック除去と《 ドラゴンメイド ・ハスキー》 で 対処できない範囲をカバーするカードです。 カオスドラゴンメイド デッキの回し方 基本的には普通の「 ドラゴンメイド」の回し方を意識します。 純ドラゴンメイド にも言えることですが、とにかく《 ドラゴンメイド・チェイム》にアクセスするのが最優先です。 ドラゴンメイド魔法罠は強力なものが多く、初手で足りないカードにアクセスしに行くためにもいち早く《 ドラゴンメイド・チェイム》にアクセスすることを求められます。 チェイムは融合モンスターを含む最上級ドラゴンメイド全てに変身可能なため、 毎ターン出力することを意識します。 最初は《 ドラゴンメイドのお心づくし》で展開と墓地肥やしを行い、隙を見て《 ドラゴンメイドのお召し替え》をサーチしてドラゴンメイド 融合体を立てます。 除去は基本的に下級ドラゴンメイドの変身効果に合わせてトリガーする《 ドラゴンメイド・ハスキー》の効果で行います。 ハスキーはモンスターに対する破壊しか除去手段を持ち合わせていないため、これで対応できないカードに対しては 各種エクストラモンスターで対応していくといった流れです。 《 ドラゴンメイド・シュトラール》は緩い融合素材の割りになんでも無効効果を持つため妨害が行え、その処理の一環として《 ドラゴンメイド・ハスキー》を出力できるのは非常に強いです。 積極的に出していきます。 スタンバイフェイズの蘇生効果はハスキーと違い、単体で機能するため、融合を通せばそのまま条件を満たせます。 《 ドラゴンメイド・シュトラール》の効果で出た《 ドラゴンメイド・ハスキー》は 蘇生制限を満たしていないため、シュトラールの蘇生対象としてはもちろん、チェイムの変身先としても用意するため、《 ドラゴンメイド・ハスキー》は一度正規召喚しておくべきです。 このデッキでは、《 混沌魔竜カオス・ルーラー》を立てて墓地肥やしをすることがコンセプトとなっていますが、カオスルーラーの墓地肥やしとサーチには運が絡みます。 とはいえ、そこもまた一興と考えるのも面白いかと。 一度カオスルーラーのシンクロが通れば、各種素材として使いやすくなります。 墓地も肥えるはずなので、それによって ドラゴンメイドは後半召喚権が余るため、そこで《 サイキック・リフレクター》を通常召喚し、シンクロを狙います。 採用を考えたカード 仁王立ち 自分で場から離れることができる「 ドラゴンメイド」ととても相性が良いカードです。 月華竜ブラック・ローズ 破壊以外の除去をもつレベル7シンクロ枠。 光属性ドラゴン族でもあるため、相性は良いです。 シュトラールの素材にもなれる。 戦闘を介するとはいえ、対象を取らずに除去できるクアンタムを優先したため不採用。 迷い風等 端的にいえば、ヴェーラーと役割がかぶるため不採用。 このデッキはあまり打点には困らないため、戦闘補助はあまり必要はないと考えます。 とはいえ魅力的なカードではあるので採用はありだと思います。 墓地肥やしをもっと振り切ってエルドリッチとか採用するのも面白いかもですね。 さいごに 今回は《 サイキック・リフレクター》ギミックを利用し《 混沌魔竜カオス・ルーラー》を採用した 「カオスドラゴンメイド 」デッキの紹介でした。 あまり特別なことをやるデッキではないですが、 基本的な動きはオーソドックスなドラゴンメイドに添いながら、それに加えてシンクロ体の強力な効果で押していくデッキです。 ドラゴンメイドはかなり強いデッキですが、今回は割り切ってフリー用として組んでみました。 様々な召喚法を使えるため非常に楽しいですよ〜。

次の

《混沌魔龍カオス・ルーラー》をリゾネーターで使ってみた感想|アビス展開が捗る捗る!

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは墓地へ送る。 2 :このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、自分の手札・墓地から除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 そもそも書いてあることが異常すぎる…(良いぞ!もっとやれ!) 単純にカードパワーが高いのに、更にそれが噛み合ったらとんでもない事になる良い例。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果を発動するターン、自分はドラゴン族・闇属性Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のレベル1の「リゾネーター」モンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスター2体を特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《混沌魔龍カオス・ルーラー》は、《レッド・ライジング・ドラゴン》からの中継役としては最強と言っても過言ではない存在です(特に先攻)。 今までは《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》等を中継として使う事が多かったですが、そのシーンでハンドアド、墓地アド、3000アタッカーを確保できるようになったって異常すぎます。 勿論、相手の場にモンスターが存在する状況下なら《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》等を展開する旨味もありますが、相手盤面にモンスターがいない先攻ではより顕著な変化と言えます。 デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。 2 :1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・EXデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。 墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。 2 :このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカード7枚を除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 あとは《エフェクト・ヴェーラー》等の汎用光属性を採用すれば問題なく機能するはずです。 非チューナー要員として「トリックスター」を採用する型も多いですが、 《カオス・ルーラー》から《トリックスター・リリーベル》を手札に加えたら特殊召喚できるというシナジーが追加されているので、そちらも見所アリと考えています。 打点の底上げとして純粋に強く、キル力が上がりました ルーラー3000、アビス3200、シラユキ1850の合計8050! スーパーノヴァ盤面を返された斬り返しとしてこの盤面が安定し易いのはとっても強力! 墓地リソースだけで出てくる3000打点は流石に強いですわ…。 シンクローン・リゾネーター1枚からアビスが立つのはやっぱり強い! シンクローン1枚からアビスが立つのはやっぱり強い! 《クリムゾン・リゾネーター》で展開が補強されたとは言っても、やはりチューナーと非チューナーの噛み合い問題は健在ですし、その片方を墓地リソースのみで賄える《混沌魔龍カオス・ルーラー》は強力です。

次の

「混沌魔龍 カオス・ルーラー」の効果考察!相性の良いカード・デッキと評価を紹介!!

混沌 魔 龍 カオス ルーラー

自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは墓地へ送る。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚されたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 闇属性ドラゴン族のレベル8シンクロモンスターです。 黒を基調に紫色の大きな翼を持つ全身棘だらけのドラゴンです。 観音のような背中の輪やニコル・ボーラスみたいなポーズがどことなく神々しさを出しています。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは墓地へ送る。 この手のめくったカードに該当カードがあれば手札に加える効果というのはよく見かけますが そういった効果の大半は残りはデッキに戻すのに対しこの効果はなんと墓地へ送ります。 その為サーチ効果としてだけでなく墓地肥やしとしても非常に優秀です。 仮に属するモンスターがなくとも 針虫の巣窟のような感覚で活用する事も可能です。 墓地を肥やしたいデッキに 名前や効果から考えても【カオス】で使うのを想定したカードだと言えるでしょう。 とにかく墓地を肥やしたいカオスにとってサーチしつつ墓地肥やし出来るのは実にありがたく、 また カオス・ソルジャー -開闢の使者-あたりと一緒に並べる事で ランク8のエクシーズ召喚にも繋げられます。 この際、各種ギャラクシーアイズのエクシーズ召喚に繋げる事で 光属性限定ですが重ねて出す事で除外した分の墓地の損失も補いやすいです。 ただEXデッキの消耗は激しくなるので 大欲な壺など除外ゾーンからEXデッキに戻す手段も確保しておくとより使いまわせるでしょう。 【カオス】以外ではライトロードあたりにもオススメです。 ライトロード・アーチャー フェリス などのチューナーもいるのでシンクロ召喚も狙いやすいでしょう。 それ以外のデッキでもとにかく墓地を肥やしたいというデッキであれば 汎用のレベル8シンクロの選択肢として入ってくるでしょう。

次の