イオン モバイル mnp。 イオンモバイルの解約方法やSIM返却について徹底解説!注意点は4つ

イオンモバイルから楽天モバイルへMNPで乗り換える手順と注意点!

イオン モバイル mnp

契約中のキャリアでMNP予約番号を発行する まずは契約中のキャリアでMNP予約番号を発行します。 ドコモ、au、ソフトバンクでは、ネット、電話、店舗のいずれかの方法で、MNP予約番号が発行できます。 3,000円のMNP転出手数料以外にも、更新月以外の解約だと、別途、契約解除料が発生する場合もあります。 下記の表に、キャリア別のMNP転出手数料や解約金をまとめてあるので参考にしてください。 イオンモバイルの契約方法は、店舗に直接来店するか、ネット申し込みです。 ネット申し込みのやり方は以下の通りです。 SIMのみ購入か、端末とセットかを選ぶ• NTTドコモ回線、au回線のいずれかを選ぶ• SIMの種類(音声SIM、データSIM、SMS付データSIM)を選ぶ• SIMのサイズを選ぶ• イオンスクエアメンバーに登録またはログイン• クレジットカードの登録• プラン、オプションを選択• 本人確認書類のアップロードで申し込み完了 ネットで申し込むときは、MNP予約番号の有効期限が 10日以上必要です。 予約番号の期限が切れてしまった場合は、再発行する必要があるので注意しましょう。 ネット申し込みの場合は、通常 3日~7日ほどでSIMカード・スマホが到着します。 すぐにイオンモバイルに乗り換えたい人は、店舗契約がおすすめです。 即日お渡し店舗で契約すれば、即日MNPの手続きが完了して、当日中にスマホを持ち帰れます。 イオンモバイルの店舗契約する場合の手順や詳細については、下記の記事を見てください。 APN設定をする 最後にAPN設定をすれば、イオンモバイルへのMNP転入完了です。 イオンモバイルはネットで申し込む場合、SIMカードが届いたら自分でSIMカードを取り替えて、 APN設定と呼ばれる初期設定をします。 APN設定のやり方はiPhoneとAndroidで少し異なります。 iPhoneは、機種ごとに適切な構成プロファイルをダウンロードするだけです。 Androidでは、機種によって、自分でAPN設定情報を入力します。 SIMカードに付属している取扱説明書にAPN設定情報が記載されているので、やり方に沿って設定をすれば問題ありいません。 イオンモバイルのAPN設定方法の詳細については、下記の記事で詳しく説明しています。 イオンモバイルのMNPに関する注意点 イオンモバイルへMNP転入するとき、イオンモバイルからMNP転出するときに注意してほしいことがあります。 これから紹介する注意点を参考にして、ぜひスムーズなMNP転入・転出をしてください。 新規契約のMNP転出料が高い イオンモバイルには、最低利用期間や解約金はありません。 ただし、イオンモバイルで新規契約した電話番号で、契約から90日以内に転出する場合、 15,000円 税抜 のMNP転出手数料がかかるので注意しましょう。 ドコモ、au、ソフトバンクや他の格安SIMからMNP乗り換えでイオンモバイルに契約した人は、契約期間に関わらずMNP転出料は3,000円 税抜 です。 即日MNP転入するなら店舗で契約する イオンモバイルはネットでMNP転入すると、商品が自宅に届くまで1週間ほどかかります。 イオンモバイル側でMNP回線切替が行われるため、 手持ちのスマホでデータ通信や通話ができなくなる不通期間が発生します。 Wi-Fi接続時は使用可能です。 スマホの不通期間を避けたい人は、ネットではなく、イオンモバイルの即日お渡し店舗で契約しましょう。 受付時間以内に来店すれば、即日MNPで商品を持ち帰ることができます。 即日MNPで契約したい人は、以下のページから即日お渡し店舗を探してください。 参照: まとめ 本記事では、イオンモバイルからMNP転出する方法と、イオンモバイルへ転入する方法について、手数料や注意点なども含めて紹介しました。 イオンモバイルからMNP転出する際は、ネットでも電話でも数日かかります。 MNP転入はネットでも可能ですが、急いでいる場合は即日お渡し店舗で申し込むことがポイントです。 イオンモバイルのMNP転出入の際は、時間に余裕をもって申し込み・手続きするのがおすすめです。 最後に、本記事のおさらいをしましょう。

次の

イオンモバイルのMNP転出・転入方法を紹介!MNP予約番号・手数料

イオン モバイル mnp

イオンモバイルを解約する方法は2つ イオンモバイルは「お客様さまセンター」と「ご契約即日お渡し店舗」の2つの方法で解約が可能です。 他社格安SIMではWeb解約が可能な場合もありますが、イオンモバイルではこれに対応していません。 イオンモバイルならではの方法を知り、まずは解約のやり方から把握していきましょう。 イオンモバイルお客さまセンターでの解約 電話での解約では、「イオンモバイルお客さまセンター」に問い合わせを行います。 電話番号は「0120-025-260」であり、フリーダイヤルです。 解約時には本人確認情報と解約する回線のICCIDが必要であり、それぞれ事前に用意しておきましょう。 本人確認情報としては、次のものがあげられます。 生年月日• 契約電話番号• 連絡先電話番号 ICCIDはSIMカードの識別番号であり、SIMカード本体や付属していた台紙、契約書類やマイページなどから確認できます。 即日お渡し店舗での解約 イオンモバイルには契約して即日端末を渡してもらえる店舗があり、ここでも解約手続きが可能です。 ご契約即日お渡し店舗で解約する場合は、解約する回線のICCIDと本人確認情報、さらに本人確認書類の3つが必要です。 本人確認書類に該当するものとしては、次があげられます。 書類 必要なページ マイナンバーカード 表面 必須 運転免許証• 表面 必須• 裏面 変更の記載がある場合 日本国パスポート• 顔写真入りページ 必須• 所持人記入欄 必須 住民基本台帳カード• 表面 必須• 表面 必須• 裏面 必須 また、健康保険証も本人確認書類として使用できますが、これを使う場合は次のいずれかの補助書類とあわせて提出しなければなりません。 公共料金領収書 電気・都市ガス・水道の料金領収書• 住民票• 戸籍謄本 それぞれ申し込み者の氏名と現住所が記載されており、かつ発行から3ヶ月以内のもののみ使用できます。 これらを持参して店舗に行き、窓口にて解約したい旨を申し出ましょう。 いつ解約しても違約金は0円 契約期間の定めがないイオンモバイルでは、いつ解約しても違約金はかかりません。 他社のように数年の契約期間の縛りや最低利用期間などの設定もなく、いつ解約しても違約金が0円なのは大きな魅力です。 他社では解約時の違約金は数千円から高いと10,000円以上かかることもあるため、比較するとイオンモバイルの解約時のコストは他社よりも低いといえます。 MNP予約番号はWebか電話で発行 イオンモバイルを解約して他社に乗り換える際に、使用していた電話番号を引き継ぐにはMNP予約番号の発行が必要です。 MNP予約番号の発行は解約手続きとは異なり、Webと電話の2つの方法で行えます。 解約手順と共通する部分もありますが、詳細な手続きは違うため、MNP予約番号発行ならではの操作を確認しましょう。 Webはイオンモバイルのマイページから MNPの予約番号をマイページから発行する際の手順は、次の通りです。 イオンモバイルのマイページにログインする• トップページ下部の電話番号を選択する• 新規発行可能の転出申込みを選択する• 手数料などの必要事項を確認する• MNP予約番号を申し込むを選択する• 申込み完了の画面が出たら手続き完了 この手順で予約番号を発行すると、MNP転出の準備は完了です。 電話はイオンモバイルお客さまセンターへ 電話でMNP予約番号を発行する場合は、解約のときと同じでイオンモバイルお客さまセンターに問い合わせをします。 電話番号:0120-025-260• 営業時間:10時30分~19時30分• 営業日:年中無休 電話でMNP予約番号を発行する際には、本人確認情報と乗り換える端末のICCIDを用意します。 MNP予約番号の発行にかかる手数料 MNP予約番号を発行するには手数料がかかり、いつの時点でイオンモバイルと契約したか、また契約からどれくらいの期間が経過しているかによって異なります。 契約した時期 契約日から90日以内の転出手数料 契約から91日以降の転出手数料 2018年7月1日 日 以降に契約 15,000円 3,000円 2018年6月30日 土 までに契約 8,000円 3,000円 MNP転出にかかる手数料は、基本的には3,000円です。 契約してからすぐの解約だと、費用が高くなってしまいます。 91日以降経過しているなら、どの時点で転出しても手数料は同じであるため、90日を超えそうな場合は少し待ってからMNP転出をしたほうがよいでしょう。 MNP予約番号の発行日と確認方法 MNP予約番号は、申請してから発行されるまでに4~5日程度の時間がかかります。 発行が完了すると、イオンモバイルのマイページにお知らせが届くため、こまめに確認しておきましょう。 申請をしてもすぐに発行されるわけではないため、素早く乗り換えをするには早めに行動することをおすすめします。 MNP予約番号を発行するときの注意点 イオンモバイルでMNP予約番号を発行する際には、次の3つの注意点を把握しておきましょう。 MNP予約番号には有効期限がある• 月初めにMNP予約番号の発行は損• 月末が近づくと電話がつながりにくい これらのポイントを知っておくことで、よりスムーズにMNP転出ができます。 MNP予約番号には有効期限がある MNP予約番号は有効期限があり、発行から15日以内のみ使用できます。 有効期限を超過すると利用できなくなるため、再発行が必要です。 また、MNP予約番号の有効期限は15日ですが、キャリアや格安SIMによっては別途期限を設けていることもあります。 乗り換え先によっては、1週間から10日以上期間の余裕がないと、手続きができない場合があるため注意しましょう。 月初めにMNP予約番号の発行は損 MNP予約番号の発行自体はいつでもできますが、月初に発行してすぐに乗り換えると、損をしてしまいます。 イオンモバイルは解約時の月額料金が日割り計算されず、1ヶ月分丸々請求されます。 そのため、できるだけ月末に乗り換えをしたほうが、料金の損が少なくなってよいでしょう。 また、月末にあわせて解約することがおすすめですが、月末最終日は解約手続きができません。 最終日の解約はできないため、31日まである月なら、30日までには手続きを完了させておきましょう。 月末が近づくと電話がつながりにくい イオンモバイルは月末に解約したほうがお得であるため、月の後半になると問い合わせの電話が集中しやすいです。 そのため、月末ぎりぎりに問い合わせをすると、電話がつながらずにMNP予約番号の発行や解約ができない可能性があります。 乗り換え先によって有効期限の余裕がどれくらい必要かは異なりますが、できるだけ早めに予約番号を発行しておいたほうが、乗り換えはスムーズに行えるでしょう。 また、電話での問い合わせが混雑している場合は、Webから申し込んで予約番号を発行することがおすすめです。 イオンモバイルの解約でよくある疑問 スムーズにイオンモバイルからMNP転出をするには、次の疑問についても知っておきましょう。 使っていたSIMカードは返却するのか• MNP予約番号は再発行できるのか 疑問を解決してから乗り換えを行うことで、MNP転出はしやすくなります。 使っていたSIMカードは返却するのか イオンモバイルでは解約やMNP転出をしても、SIMカードの返却は不要です。 そのため自分で保管しておくか、破棄しても構いません。 ただしSIMカードは契約が切れていても他人の手に渡ると悪用される可能性があるため、ハサミを入れるなどして使用できなくしてから、破棄したほうがよいでしょう。 保管していても使い道はないため、悪用を防ぐためにも厳重に処理して破棄することをおすすめします。 MNP予約番号は再発行できるのか MNP予約番号は15日の有効期限があり、この期間を超過すると失効します。 失効後も再発行は可能であり、期間超過から2~3日以上経過すると、再発行できます。 期限切れから2~3日間は、抑止期間が定められているため、この間は待ちましょう。 また、再発行ができるのは有効期限を超過してからなので、期限が残っている最中に再発行して期間することはできません。 MNPで転入するおすすめ格安SIM3選 イオンモバイルからMNPで転入するなら、次の3つの格安SIMがおすすめです。 ワイモバイル• BIGLOBEモバイル• UQモバイル これらは割引を適用することで、イオンモバイルよりも安価で利用できます。 また、データ容量も3GB以上使えて、モバイル通信の少ない人なら不便なく利用しやすい点も魅力でしょう。 また格安SIMについて、もっと詳しく知りたいという方はで20社を様々な観点から比較しているので、ぜひ参考にしてください。 BIGLOBEモバイル 出典: 月額料金の安さを求めるなら、初月無料で使えるBIGLOBEモバイルがおすすめです。 月々に使用できるデータ容量によって月額料金は異なりますが、どれも初月は無料です。 また光回線とセットにすることで、月額500円の割引も受けられます。 余ったデータ容量は翌月に繰り越せるため、無駄なく使える点も魅力でしょう。 MNP予約番号の有効期限が12日以上残っていないとMNP転入できない点には注意が必要であり、乗り換えるなら早めに手続きを行うようにしましょう。 月額料金の安さを追求するなら、初月無料で使えるBIGLOBEモバイルがおすすめです。 データ容量ごとにわけられたプランが豊富にありますが、どれも初月は無料で使えます。 またデータ容量が余ってしまった場合も、翌月に繰り越して利用できます。 データ容量を無駄にせず使えるため、月によって通信量が変動しやすい人にもおすすめです。 MNP予約番号の有効期限が短い点に注意が必要であり、期限が12日以上残っていないと乗り換えができないため、手続きは早めに行いましょう。 UQモバイル 出典: 割引を適用すると月額1,480円から利用でき、料金の変動もない点がUQモバイルの特徴です。 通話オプションをつけることで、月々に使用できるデータ容量が最大3GB増える点も、魅力といえるでしょう。 Lプランなら月に14GBまでの通信が可能であり、プランによっては大容量通信を行う人にもおすすめできます。

次の

イオンモバイルのMNP転出・転入方法を紹介!MNP予約番号・手数料

イオン モバイル mnp

の格安SIMを解約しました! イオンモバイルは、イオン店舗に行って気軽に申し込みができ、料金プランも端末ラインナップも豊富ですが、総合的な魅力としては、UQモバイル、マイネオ(mineo)、ラインモバイル、楽天モバイルなどのMVNOの方が上です。 いつもイオンで買い物をしてるって方はイオンカードやイオンポイントの兼ね合いもあってイオンモバイルを使い続けるのが良いですが、イオンの利用頻度が少ない方は 解約または MNP転出がおすすめです。 イオンモバイル解約の注意点• 解約・MNP予約番号の発行は 電話または店舗受付のみ。 月末は電話が込み合って繋がりにくいです(汗)• 解約予約はできない。 解約した日以降は使えない。 日割り計算ではない。 SMS送受信の料金は 2か月後に請求されます。 月末最終日は解約できない。 解約対象SIMの 電話番号と ICCIDが必要。 一度解約申し込みをしたらキャンセルはできません。 MNP予約番号発行は、手続き後4・5日後確認できます。 解約先電話番号: 0120-025-260 イオンモバイルの解約は、解約手数料の無いデータSIMでも電話や店舗でしか解約できません。 マイページでさくっとできないのが面倒(汗) 音声自動案内がやたら長い(笑) 当記事では、 イオンモバイルの格安SIMの 解約・MNP乗り換え方法を紹介します。 合わせて、おすすめのMVNOもご紹介! スポンサーリンク 解約前に契約内容の確認を忘れず! イオンモバイルの解約・MNP乗り換えを決心したら契約内容の確認をしましょう! プランとか支払ってきた料金とか。 契約内容はイオンモバイル公式サイトの マイページで確認できます。 マイページでは、以下の確認・設定ができます。 お知らせの確認• 高速データ通信容量追加• プラン変更・取り消し• SIMカード・ ICCID情報の確認• 料金明細の確認• 契約情報の確認• マイページ登録情報の確認・変更• 050かけ放題申込書のご請求 残念ながら マイページで解約・MNP乗り換えの手続きはできません。 プランとこれまで支払ってきた料金を確認してください。 一覧の 明細をタップすれば明細を確認できます。 消費税とユニバーサル料を足して、 月額料金1,211円です。 契約内容を確認してから解約・MNP乗り換えを進めていきましょう。 イオンモバイルの解約方法 それでは、イオンモバイルの解約をしたので、解約方法を紹介します。 前述した通り、イオンモバイルの解約・MNP乗り換えの手続きは、 電話または店舗受付のみです。 マイページでは手続きはできません。 お客さまセンター 0120-025-260 電話でも親切に対応してくれます。 わからない方は近くのイオン(店舗)で直接手続きをしましょう。 ICCIDの確認方法 なお、解約・MNP乗り換えには、 ICCIDが必要です。 クリックできる場所と判断するには難しいUIですが、準備しておきましょう。 ICCIDはSIMカードがはまっていたプラスチックにも記載されています。 保管していたら確認してください。 MNP乗り換え MNP乗り換えは、解約・MNP乗り換えの電話手続きが終われば、 4~5日程でマイページで確認できるようになります。 MNP乗り換えするには、 タイムラグがあるので注意しましょう。 SIMカード返却先 解約手続きが済んだSIMカードは、返却する必要はありません。 自分で破棄しましょう。 記念に取っとく? 以上が イオンモバイルの解約・MNP乗り換え方法になります。 他のおすすめMVNOに乗り換えよう! 最後に、 イオンモバイルの解約・MNP乗り換えを検討中の方に、私のおすすめ・を紹介します。 楽天モバイル は 契約回線数No. 1のMVNOです。 ドコモ回線と au回線の格安SIMを選べ、スマホのラインナップも豊富です。 楽天スーパーポイントを貯められるし、支払いにも使えます。 1のMVNOです。 ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の格安SIMを販売してるのが大きな特徴! 「」というファンサイト(コミュニティ)が老若男女に支持されています。 契約プランより多く、データ容量が使える楽しいサービスがいくつもあります。 イオンモバイルより安くたくさんデータ通信ができますよ! ラインモバイル は、 契約回線数伸び盛りのMVNOです。 ドコモ回線と ソフトバンク回線の格安SIMを販売しています。 プランによって、「」やfacebook・twitter・Instagramなどを カウントフリー(通信し放題)で使えます。 また、をカウントフリーで使えるプランも! LINEをしている方は、写真や動画など、データ容量を気にせず通信をしていけます! LINEで 本人確認や ID検索ができるのも魅力です。 UQモバイル は、auのサブブランド的MVNOです。 携帯キャリア並みの通信速度に定評があります。 au回線対応スマホを持っていれば、のみ買うこともできます。 月額1,980円から。 があり、2回線目以降は 月額500円引きになるので、家族みんなで安く使うことができます。 通信側の安定さと速さを求めるならUQモバイルがおすすめです! 以上4つがイオンモバイルからの乗り換え先としておすすめのMVNOになります。 叔母が長い事イオンモバイルの音声通話SIMを使っているので、そろそろMNP乗り換えの提案でもしようかなw 関連 参照 UQモバイルは、 キャッシュバックキャンペーンで安く導入できるので、他社よりもコスパが良い印象です。

次の