吹田 市 健康 診断。 吹田市の企業向け健康診断/集団検診を実施している病院(大阪府) 28件 【病院なび】

【2019年度】吹田市で健康診断を実施するクリニック・病院をご紹介

吹田 市 健康 診断

提出先(保険会社など)の指定用紙がある場合は、申請書に添付してください。 複数科の文書作成については、各診療科単位での作成となります。 入院中の方は、退院時の申し込みとなります。 (ただし、入院中に作成できるものもあるので、窓口でご相談ください。 受付が済み次第、預り証を発行します。 申請及び交付時には身分証明の確認が必要となります。 本人又は同居親族以外の方が申し込む場合は、委任状の提出が必要となります。 郵送や電子メールでの申請は受け付けません。 診断書等の交付及び支払い• 診断書等の作成期間は、おおむね2週間となります。 診断書等が作成でき次第、申込書の連絡先にご連絡いたします。 診断書等の交付は、業務時間内(土日祝日を除く、平日の午前8時30分から午後5時まで)となりますので、ご注意ください。 申込書等• 文書料のご案内 種類 金額(税別) 明細書 自賠法に関する診療費明細書 3,000 診断書 自賠法に関する診断書 5,000 精神障がい者・身体障がい者手帳申請用診断書 5,000 後遺症障害認定関係診断書 5,000 年金給付関係診断書 5,000 (前号に該当するものを除く)損保・生保・共済・かんぽ等診断書 3,000 特定疾患臨床調査個人票 1,500 (精神)自立支援医療用診断書 1,500 死亡診断書(死体検案書) 1,500 事故届け警察提出用診断書 1,500 進学・就職等健康診断書 1,500 欠勤・欠席等健康診断書 1,500 吹田市交通災害共済用診断書 1,500 その他、病院所定の様式による診断書 1,500 証明書 出産・出生証明書 1,500 妊娠証明書 1,500 死産証明書 1,500 入院・通院証明書 1,500 領収証明書 1,500 オムツ証明書 1,500.

次の

医療法人ダイワ会 大和病院(大阪府吹田市)

吹田 市 健康 診断

はじめに(がん検診のことで知っておいてほしいこと) みなさん、定期的にがん検診を受診されていますか。 忙しいなどの理由でつい自分の健康のことは後回しになりがちですが、ご自身の健康管理はとても大切です。 現在、国民の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。 がんは、時間をかけて進行し、自覚症状がないことも多くあります。 早期に発見・治療すれば、治せる可能性も高くなり、治療も軽くすむことが多くなります。 早期に発見するためにも、がん検診を定期的に受診しましょう。 定期的にがん検診を受けるためには、誕生月に受診する習慣をつけることがおすすめです。 精密検査が必要な場合は、がんを含む疾患の場合がありますので、すみやかに受診しましょう。 がん検診の技術はめざましく進歩していますが、いまだすべてのがんを発見できるわけではありません。 また、精密検査が必要な場合でも、がんでない場合もあります。 各種がん検診(個別) 吹田市内ので、個別に受診できる検診です。 受診の前に御確認下さい• 受診方法や詳しい説明は以下の表及び、各検診ページをご覧ください。 検診の実施内容や実施日・時間帯、予約が必要かどうかはによって異なります。 受診の前に、へお問い合わせください。 すみやかに医療機関を受診してください。 喀痰検査・体部細胞診のみの受診はできません。

次の

健康診断(個人)

吹田 市 健康 診断

本市は、この理念達成のため、市民の理解と参加を得て、健康づくり都市の実現に向けてとりくむことをここに宣言する。 昭和58年(1983年)10月11日 吹田市 詳しくは、をご覧ください。 健康すいた21(第2次) 生活習慣病の予防などによる早世(早死)の減少や、認知症や寝たきりにならない状態で生活できる健康寿命の延伸を目指して、吹田市は、平成18年(2006年)3月に「健康すいた21」を策定しました。 計画期間は、10年間(平成18年度(2006年度)から27年度(2015年度)まで)で、平成22年度(2010年度)に中間見直しを行いました。 その後、平成27年度(2015年度)に計画の見直しを行い、平成28年(2016年)3月には「健康すいた21(第2次)」を策定しました。 詳しくは、をご覧ください。 吹田市「健康・医療のまちづくり」基本方針 事業名 対象者 内容 子どもの 生活習慣病 予防検診 小学5年生及び中学2年生等 調査票によりスクリーニングされた人に、協力医療機関にて個別検診(血圧・検尿・身体計測・血液検査等)。 事後指導として集団栄養指導。 30~39歳の市民 協力医療機関にて個別健診(血圧・検尿・身体計測・血液検査等)。 (特定健診) 40~74歳の国民健康保険被保険者 協力医療機関にて個別健診(血圧・検尿・身体計測・血液検査等)。 健康長寿健診 75歳以上の市民 協力医療機関にて個別健診(貧血・生化学・心電図検査)。 後期高齢者医療健康診査受診者に追加項目として実施。 市民 胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん検診を実施。 市民 結核検診、ペプシノゲン胃検診、B型・C型肝炎ウィルス検診、骨粗しょう症検診、聴力検診、成人歯科健診など。 保健指導 事業名 対象者 内容 市民 生活習慣病やがん、女性の健康等をテーマに専門の講師が講演形式で開催します。 ロコモティブ シンドローム 予防教室 市民(概ね65歳未満) ロコモティブシンドロームを予防するための食事や運動等の工夫について、医師や栄養士、体育指導員等による指導と実技。 循環器病 予防講演会 (健康講演会) 市民 国立循環器病研究センター等の医師による循環器病等をテーマに講演会を開催。 出前講座 (出張健康 相談含む) 市民(概ね65歳未満) 地域の要望に応じて地域に出向き、保健師、管理栄養士、歯科衛生士等が健康教育、健康相談。 市民 禁煙や生活習慣病予防等の相談に対して、保健師等が必要な助言、指導等。 運動指導 事業名 対象者 内容 各種スポーツ 教室事業 幼児から高齢者まで 市民体育館、スポーツグラウンドなどで健康の維持増進を目的とし、それぞれのライフスタイルに応じた教室やイベントや教室等を開催。 介護予防事業 事業名 対象者 内容 認知症予防 講演会 65歳以上の市民 医師、体育指導員等による生活習慣の見直しなどによる認知症の予防や、早期対応の方法について講演会を開催 口腔機能 向上講演会 65歳以上の市民 いつまでもおいしく安全に食事をとっていただき、健康を保てるよう歯科医師、歯科衛生士等による口腔機能向上のための話と、「健口体操」を実施。 栄養改善 講演会 65歳以上の市民 バランスのよい食事をし、元気に過ごすための管理栄養士、保健師等による話と、「健口体操」を実施。 笑いと介護予防 65歳以上の市民 医師等による「健康づくりと笑い」を楽しく話し、「笑いヨガ(ラフターヨガ)」を実施。 介護予防 推進員養成講座 市民 保健師、管理栄養士、歯科衛生士、体育指導員等により、「介護予防」の考え方や実践方法について、また、地域に介護予防を広めていく活動について、講義や実技、グループ学習を通して介護予防推進員を養成。

次の