ありおりはべり。 あり、おり、はべり、アプリオリ

あり おり の違いについて。 ①勝手口のドアはいつも施錠してあり、そこ

ありおりはべり

基本の状態動詞 日本語の動詞の殆どは変化動詞です。 状態を表すものではありません。 状態を表す動詞としては• いる があります。 おる も使われますが、若干古い言葉という感じもします。 古文だと• あり、おり、はべり、いまそがり です。 変化動詞の状態表現 変化動詞の状態表現には、「て」を付加した上、 状態動詞「ある」「いる」あるいは その省略表現である「る」を付加します。 例えば• 「持つ」の状態表現は「持っている(持ってる)」• 「食べる」の状態表現は「食べている(食べてる)」 となります。 そして、• 「知る」の状態表現は「知っている(知ってる)」 です。 変化動詞の状態表現の否定形 さて、状態表現の否定形はどうでしょう?• ところが、• 自然な表現では• 「知る」は半状態語である 「知る」は変化動詞なのですが、その形態的否定語• 「知らない」は変化の否定語ではなく、否定状態を表す語 となっているのです。 つまり• 日本語の状態動詞は「ある」「いる」「知らない(否定形のみ 」 があると言えるのです。 「知る」は単体では変化語ですが、その否定「知らない」「知りません」 が「状態語」となる「半状態動詞」なのです。 否定語の時制に関する考察が にも書かれています。 #「知らない」が特殊化した理由 「知らない」が特殊である理由の一つは「知る」という変化が 認識しづらいということがあると思います。 意識的動作と見なし難いこともあります。 「覚える」というのは 「作業」ですが「知る」というのは「作業」とは言いづらい面 があります。 「覚える」ことは否定できても「知る」ことは否定が難しい のです。 「知る?」などという現在形疑問が考え難いというのもそもそも "知る"という概念がかなり特殊なものであることを示しています。 「知らない」は頻度が低いため古い言い方が残った。 例えば 「君知るや南の国・・」という表現では「知る」は状態を 表す言葉です。 # 状態活用(現在進行形連体活用 状態語でない語でも、体言に結びつく場合、現在進行状態 を表す活用ができる場合があります。 例えば• 眠れる森の美女• 迷える子羊 などです。 これらに関する考察を に置きました。 英語ではknowそのものが「特殊」な状態語となっています。 他の言語ではどうなのか興味が沸きます。 ### 余談 タイトルが「ある、いる、知らない」でなくて「あり、おり、知らない」 となっているのはもちろん「あり、おり、はべり、いまそがり」を 連想してもらうためです。 ちょっとわざとらしすぎるかも知れません。 ### ところで 「あり、おり、はべり、いまそがり」というのは妙に語呂が良くて 気にいってるんですが、 「いまそがる」って本当に普通の言葉として使われていたんでしょうか? あんまり見たことが無いように思います。 」というフレーズが有ったような 気もしますが、当時としても特殊な言葉だったとか、 ある特定の著者しか使ったことのない言葉だとかって ことはないのでしょうか? あるいは"流行語"のように一時期のみ使われた 言葉だった。

次の

ラ行変格活用

ありおりはべり

基本の状態動詞 日本語の動詞の殆どは変化動詞です。 状態を表すものではありません。 状態を表す動詞としては• いる があります。 おる も使われますが、若干古い言葉という感じもします。 古文だと• あり、おり、はべり、いまそがり です。 変化動詞の状態表現 変化動詞の状態表現には、「て」を付加した上、 状態動詞「ある」「いる」あるいは その省略表現である「る」を付加します。 例えば• 「持つ」の状態表現は「持っている(持ってる)」• 「食べる」の状態表現は「食べている(食べてる)」 となります。 そして、• 「知る」の状態表現は「知っている(知ってる)」 です。 変化動詞の状態表現の否定形 さて、状態表現の否定形はどうでしょう?• ところが、• 自然な表現では• 「知る」は半状態語である 「知る」は変化動詞なのですが、その形態的否定語• 「知らない」は変化の否定語ではなく、否定状態を表す語 となっているのです。 つまり• 日本語の状態動詞は「ある」「いる」「知らない(否定形のみ 」 があると言えるのです。 「知る」は単体では変化語ですが、その否定「知らない」「知りません」 が「状態語」となる「半状態動詞」なのです。 否定語の時制に関する考察が にも書かれています。 #「知らない」が特殊化した理由 「知らない」が特殊である理由の一つは「知る」という変化が 認識しづらいということがあると思います。 意識的動作と見なし難いこともあります。 「覚える」というのは 「作業」ですが「知る」というのは「作業」とは言いづらい面 があります。 「覚える」ことは否定できても「知る」ことは否定が難しい のです。 「知る?」などという現在形疑問が考え難いというのもそもそも "知る"という概念がかなり特殊なものであることを示しています。 「知らない」は頻度が低いため古い言い方が残った。 例えば 「君知るや南の国・・」という表現では「知る」は状態を 表す言葉です。 # 状態活用(現在進行形連体活用 状態語でない語でも、体言に結びつく場合、現在進行状態 を表す活用ができる場合があります。 例えば• 眠れる森の美女• 迷える子羊 などです。 これらに関する考察を に置きました。 英語ではknowそのものが「特殊」な状態語となっています。 他の言語ではどうなのか興味が沸きます。 ### 余談 タイトルが「ある、いる、知らない」でなくて「あり、おり、知らない」 となっているのはもちろん「あり、おり、はべり、いまそがり」を 連想してもらうためです。 ちょっとわざとらしすぎるかも知れません。 ### ところで 「あり、おり、はべり、いまそがり」というのは妙に語呂が良くて 気にいってるんですが、 「いまそがる」って本当に普通の言葉として使われていたんでしょうか? あんまり見たことが無いように思います。 」というフレーズが有ったような 気もしますが、当時としても特殊な言葉だったとか、 ある特定の著者しか使ったことのない言葉だとかって ことはないのでしょうか? あるいは"流行語"のように一時期のみ使われた 言葉だった。

次の

ラ行変格活用

ありおりはべり

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年7月) 日本語動詞のの種類 文語 口語 ラ行変格活用(ラぎょうへんかくかつよう)とは、の文語文法におけるののひとつである。 活用語尾が、のラ行の音をもとにして、変則的な変化をする。 縮めて「ラ変」とも呼ぶ。 この活用をする動詞は「有り」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いますがり(いまそがり・いましがり etc. ) 」の四語とその複合語である。 「あり」は存在の意味を表すため、他の語と結びついて、指定・措定といった主語と述語を=で結ぶの役割を担っている。 例えば「斯かり」は「このように」という意味の副詞「斯く」と「あり」を複合しているため「このようだ」という意味になる。 また、のカリ活用・・「けり・たり・なり・り・めり」といった助動詞もラ変と同じ活用の仕方をする。 ラ行変格活用の例 [ ] 有り [ ]• -れ ラ行と比べると、終止形がイ段である点が異なっている。 ラ行変格活用動詞の活用 [ ] 基本形 有(あ)り 有 ら り り る れ れ 居(を)り 居 ら り り る れ れ 口語のラ行特別活用動詞 [ ] ござる・為さる(なさる)・下さる(くださる)・いらっしゃる・おっしゃるの五語は「ます」に続く時の連用形が「~い」となる点が通常の五段活用動詞と異なる。 また、「ござる」以外は命令形も「~い」となる。 この五語は口語のラ行特別活用動詞ともいわれることがある。 御座る(ござる)が「ござ」+ありから、おっしゃるが仰せ+ありから来ているとはいえ、文語のラ行変格活用の特徴が終止形が連用形と同じであることなのに対して、ラ行特別活用の特徴は連用形と命令形にあるので、文語のラ行変格活用とは別のものである。

次の