支那 人 と は - 支那人が嫌がることをせよ ! / 有害民族の駆逐がお勧め 中川隆

人 と は 支那 シナ(支那)を「中国」と呼んではいけない三つの理由

中国(支那)の公開処刑

人 と は 支那 支那人の卑史朝鮮人の痴史 /

人 と は 支那 支那(シナ)が差別語ならば、「中華」はどうなる?

人 と は 支那 支那とは

人 と は 支那 シナ(支那)を「中国」と呼んではいけない三つの理由

人 と は 支那 紹介:A.H.スミス 『

人 と は 支那 シナ(支那)を「中国」と呼んではいけない三つの理由

シナ(支那)を「中国」と呼んではいけない三つの理由

人 と は 支那 支那とは

人 と は 支那 中国人の嫌いな「支那(シナ)」。日本での使用例やNGの理由

支那人の卑史朝鮮人の痴史 / 黒木 頼景【著】

人 と は 支那 自民党幹部はどれもこれも支那人か朝鮮人の手下 中川隆

支那(シナ)が差別語ならば、「中華」はどうなる?

また、国語辞典「大辞林」によると外国人が中国を呼んだ称。

  • そのとき 百姓たちは、国民党の徴税吏(ちょうぜいり)と蒋介石軍の徴発吏たちが収穫以上の穀物を要求するために、祖先の田地を立ち去ったのだとわたしに話してくれた。

  • 「督戦隊」も登場。

  • 2人の息子を絞殺して食べたために告発されたという件もある。

自民党幹部はどれもこれも支那人か朝鮮人の手下 中川隆

日本人の新聞記者や政治家がこぞって騙されたのも無理はない。

  • いずれにしろ、被害の程度については諸説あり、はっきりしたことは分かりません。

  • 支那人をよく理會する爲には、表裏二面より彼等を觀察する必要がある。

  • われわれが記事にしようとした件はどれもこれも、それが弁解の手であった。

支那の食人の歴史

「武宣県では、食人事件が流行にさえなった。

  • 時空を超越した「大中国」という意味すら持つ支那という言葉であるが、差別語であるとの指摘を受け、最近、ほとんど使われない。

  • 支那人とは支那の地域に定住する人間と言った程度の形而上的概念であり、日本では明治期以降、とくに清朝の崩壊が明らかになった19世紀末ころからこの地域全体を総称する概念、あるいは民族概念として学術的に使用されるようになった。

  • 日本軍が入城する前日、12月12日のヴォートリンの記述にはこうあります。

支那人科学者、謎の急死?去年2月に新型コロナワクチンの特許出願

そういうことをしても、何も悪いことが起こらなかったので、愚直な農民は罠(わな)にかかった。

  • 例えば、「日中友好議連」の西村康稔や逢沢一郎、小池晃も忘れてはならないが、こうした日本の「友人」は適当に褒めてやれば、黙っていても附いてくるし、「お前の破廉恥写真をバラまくぞ! 例えば、共産党の指示で本名の「斉守福」から「孫平化」に変身した知日派工作員は、遼寧省の西三村に住む斉献令の長男として生まれた。

  • 差別用語であるとする人々は、言葉の意味に関わらず、差別的文脈で使用されることがほとんどであり、当の中国人が忌避しているなどの理由を根拠とする。

  • これにヴォートリンが述べた南京とその周辺を含めると、 被害地域は上海から南京までおよそ300キロ、日本で言えば東京から豊橋までぐらいの区間に散在していました。

桑原隲藏 支那人の食人肉風習

ところがいつの問にか少年の姿が見えない。

  • 村山富市、河野洋平の罪は重い。

  • 農工商は荒廃し、長安城中の米は一斗三〇貫にも値上がりした。

  • 後は客家のような大富豪になって財閥を築けばシメたもの。

自民党幹部はどれもこれも支那人か朝鮮人の手下 中川隆

台湾での事例 [編集 ] 近年台湾では中華民国からの脱却を志向する層(独立派・台独派)の間で、中華人民共和国の国民を 中国人ではなくあえて 支那人と呼ぶべきであるという論が見られるようになってきた。

  • 差別用語ではないとする人々は、主に支那という語の原義や由来を重視する立場から、差別用語でないとする主張する。

  • この為、戦前に中国人と婚姻関係などが結ばれた家系では、彼らの間には政治的意味合いがないため、慣用句として用いられていることがあり、親戚関係にある両者の間で受け入れられている。

  • つまり、 これは、腹を裂き、心臓をえぐり取る技術がすでに存在していたことがわかる。

支那(シナ)が差別語ならば、「中華」はどうなる?

もし、我々が「日本らしい日本」を守ろうと欲するなら、いかがわしい手段で帰化した支那人から国籍を剥奪すべきで、支那系国民に対してはポリグラフ 嘘発見器 を使ってもいいから、国家や皇室にタイする忠誠心を検査すべきである。

  • 「中華思想の父」と呼ぶべき司馬光は歴史家であると同時に、宰相にまで登り詰めた大物政治家でもあった。

  • 調べてみると、農夫の小屋の傍の大きなかめの中から少年の骨が出てきた。

  • 中華思想に染まった支那人というのは、傲慢の100乗を絵にしたような人間である。




2021 cdn.snowboardermag.com