多勢 に 無勢 と は - 「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

無勢 と に は 多勢 【慣用句】「多勢に無勢」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

無勢 と に は 多勢 「多勢に無勢」の意味とは?類語や反対語と一緒に英語も紹介

多勢に無勢 (たぜいにぶぜい)とは【ピクシブ百科事典】

無勢 と に は 多勢 「多勢に無勢」とは?意味や使い方をご紹介

「多勢に無勢」とは?意味や使い方をご紹介

無勢 と に は 多勢 ことわざ「多勢に無勢」の意味と使い方:例文付き

無勢 と に は 多勢 【慣用句】「多勢に無勢」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「おおぜい」の表記は?

無勢 と に は 多勢 ことわざ「多勢に無勢」の意味と使い方:例文付き

「おおぜい」の表記は?

無勢 と に は 多勢 「おおぜい」の表記は?

無勢 と に は 多勢 「多勢に無勢」の意味とは?類語や反対語と一緒に英語も紹介

無勢 と に は 多勢 絶対に許さない

「おおぜい」の表記は?

無勢 と に は 多勢 「多勢に無勢」とは?意味や使い方をご紹介

ことわざ「多勢に無勢」の意味と使い方:例文付き

「多勢に無勢」とは?意味や使い方をご紹介

この場合、なぜ「大勢」が正しい書き方なのか、それぞれの関連語を含めて意味の上で互いに反対の関係にあることば(対語・対義語)の読みと表記を考えれば理解できます。

  • 多人数」の意味を表す「おおぜい」は、つい「多」という漢字の訓読みと意味につられて「多勢」と誤って書いてしまう場合もあるのですが、正しい表記は「大勢」です。

  • しかし、「勢力」という言葉があるように、数を表す用法もあります。

  • 「だってさ、こいつ俺の事睨んできたんだぞ?そんな奴と遊んでられないよな……だからさっさとしてくんない?謝罪」 「…………は」 ただ見ていただけなのに、いつの間にか睨んだことにされてしまった。

【慣用句】「多勢に無勢」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

人数が多い方が勝ちという原則で動いている以上、選挙や国会では、少数派は弱い立場に立たされていると言わざるを得ません。

  • ここで弱って手を引かれても後味が悪いのは確かだ。

  • また、少数派のセリフで代表的なのは「We are outnumbered(人数で負けている)」です。

  • 「多くの人。

「おおぜい」の表記は?

それは、選挙や国会の審議でも同じことが言えますよね。

  • メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄. 「多勢に無勢」の反対語は「寡を以て衆を制す」 一方、「多勢に無勢」の対義語となる言葉は「寡を持って集を制す」です。

  • 俺しか知らない片桐。

  • 一方で、人数差がかなり開いている場合はどうでしょうか。

絶対に許さない

しかし、その前の話し合いで、反対派が賛成派の数人を説得できれば、元々数の劣っていた反対派にも勝ち目は十分にあります。

  • ある戦 いくさ において、大人数に対して、武士の精鋭たち数人で挑んだ。

  • 周りは気にせず返事をして、一目散に周りに集まっている。

  • Look! 多数決で結果を決める際や、ビジネス戦略で明らかに相手の足元にも及ばないような人数で戦う時に「勝ち目はない…」という感情を持って使われます。

【慣用句】「多勢に無勢」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

そういう濡れ衣は日常茶飯事だが、謝れと言われたのは初めての気がする。

  • 「無」という感じが使われているので「ゼロ」だとも捉えられますが、ここでは、相手より人数が少ないということをになります。

  • 慣用句「多勢に無勢」とは? 最初に「多勢に無勢」の読み方や意味について解説します。

  • 戦いに負けた後に、「相手の方が人数が多く、ずるかった」「相手は人数多いから勝って当たり前だ」といった感じです。

「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「多勢に無勢」の類義語 「多勢に無勢」には以下のような類義語があります。

  • 多勢に無勢でとうとう戦意喪失してしまった 多勢に無勢はややあきらめも混じった状況で使うことが多い言い回しです。

  • 「無勢」は居場所がなくなっていくばかりか、誹謗中傷や仲間外しのターゲットにすらされてしまいます。

  • このように、人数差が極端な場合、少数派が勝つ確率というのは非常に低いというのが、あらゆる場面で共通です。

「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

SNSを通じてのいじめを考察すると、「多勢に無勢力」の状況が強く影響した結果と言えます。

  • 「……いや、別に」 「はぁ?じゃあただ見つめてただけ?キモいんだけど」 いつもならここで目を逸らすところだが、この時ばかりはそうすることができなかった。

  • 少しの差ではなく、数を見るだけで「戦っても負ける」と思うほどまでに圧倒的なリードを相手に許している状態を意味します。

  • 一方、少数の勢力でも、能力やスキルなどの観点から、多勢である相手を打ち負かすことができそうな場合は「多勢に無勢」を使うのは適切ではないと言えます。




2021 cdn.snowboardermag.com