冷凍ささみ 電子レンジ。 常備したい!ささみの冷凍保存術・レシピ【プロ監修】 | ガジェット通信 GetNews

ささみの茹で方、ゆで時間は?冷凍保存も便利!筋の取り方は簡単!?

冷凍ささみ 電子レンジ

ポイント2 「解凍ボタン」「手動ボタン(レンジ弱加熱)」を使い分ける 肉や魚を調理するために全解凍する場合は「解凍ボタン」を使います。 調理済の食品や、分量が少ないものの解凍、溶けかけている食品、または、切りやすいように半解凍する場合は、100W~200Wのレンジ弱加熱で、短めの時間に設定し加熱すると上手に解凍できます。 ポイント3 肉や魚はラップを外してクッキングペーパーを活用しよう 肉や魚を解凍する時は、発泡スチロール製トレイにのったものは、ラップを外しそのまま解凍します。 ラップで包んで冷凍したものは、ラップを外し、クッキングペーパーを敷いた器にのせ解凍します。 電子レンジは、食品の水分子を振動させその摩擦熱で加熱するので、解凍時にでた余分なドリップを吸いとることで、溶け出したドリップの加熱による加熱ムラがなくなり、おいしく仕上がります。 ポイント4 お刺身や切ってから調理したいものは「半解凍」が便利 「半解凍」とは、完全に解凍するのではなく、中心部分だけ凍っているような状態です。 「半解凍」状態で切るとサクッと切れるので、扱いやすくなります。 また、肉や魚などは全解凍してしまうとうまみ成分がドリップとして外に出てしまいます。 「半解凍ボタン」または、100W~200Wのレンジ弱加熱で、短めの時間に設定し加熱すると上手に半解凍できます。 〇肉や魚介類の冷凍と解凍の基本は、 電子レンジでの「肉類」の解凍方法 全解凍にするか、半解凍にするかは、料理によって異なります。 加熱をするものや、火が入りにくいものは全解凍、生の状態で包丁を入れる場合は、半解凍にしてください。 クッキングペーパーで刺し身を包んで加熱し、半解凍にします。 わずかに凍っている状態で切りましょう。 食卓で食べごろになります。 <加熱時間の目安> 100gで約1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 切り身魚 クッキングペーパーで切り身魚を包んで加熱し、解凍にします。 身割れしやすいやわらかい魚は、半解凍で調理すれば身が締まり身割れを防ぐことができます。 <加熱時間の目安> 100gで約1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 エビ ペーパータオルの上に重ならないように並べて、そのまま加熱し半解凍にします。 <加熱時間の目安> 100gで1分(レンジ弱150W)、または解凍ボタンを使用します。 〇魚介類の冷凍保存の方法は 電子レンジでの「野菜」の解凍方法 「野菜」の場合は、基本的にはゆでるなどの下ごしらえをしてから冷凍するものがほとんどです。 解凍のしかたは、野菜の種類や下ごしらえのしかたによって、電子レンジで半解凍する、凍ったまま調理するなど様々です。 〇野菜の冷蔵・冷凍保存の方法は、 電子レンジでの「冷凍ご飯」の解凍方法 ラップをしたままの状態で加熱し、あたためます。 <加熱時間の目安> 1膳分(約150g)で2分~2分30秒(500W)、または1分50秒~2分(600W) 電子レンジでの「煮物、カレー・シチュー」の解凍方法 冷凍保存バッグなどを使って冷凍保存したものは、耐熱ボウルなどに移し替え、加熱時間を短めにし、様子を見ながら少しずつ解凍してください。 調理済食材を解凍する時は、解凍ムラができやすいので、途中でかき混ぜるなどすると均一に解凍することができます。

次の

冷凍した食品を電子レンジで上手に「解凍」する方法

冷凍ささみ 電子レンジ

もくじ• 穴を開けまくったりふたを工夫したりしても根本解決にならず ささみを電子レンジにかけると爆発するのは、筋膜が付いているから。 筋取りをして、穴を開けまくっても、爆発するときはします。 レンジの中が汚れるのが嫌なので、容器のふたの方を二重にしてみたり、工夫しても、やっぱり大爆発になると汚れます。 もっと丁寧に下処理をすれば良いのかもしれませんが、私が電子レンジでささみを調理するのは、一人ごはん(=手間をかけずにサッと準備したい)のときなのです。 さくっと食事を済ませるための〈電子レンジ&ささみ〉なのに、処理に手間暇をかけるのは、何か違う気がします。 どうしたものかしら、と思っていました。 大量で安い() これ、試しに買ってみたら、良かったです。 冷凍のまま、何の下処理もせずに、電子レンジに入れても、まったく爆発しません。 そして、結構おいしい。 冷凍で安いからといって、妙な臭みがあるわけでも、パサパサなわけでもありません。 スーパーで売っている普通のささみに比べたら、こちらの方が、おいしいです。 1本あたり2分〜3分(600w)チンすると、冷凍から火が通るところまで、一直線で完了。 しっとり、程よく仕上がります。 チンする前に、黒コショウを振ったり、マヨネーズをかけたり、チーズをかけたりすると、美味。 1000gの大容量で、1本ずつバラバラになっているので、使いやすいのもポイント。 開封したら、イージージッパータイプのジップロックに移して、便利に使っています。

次の

冷凍した食品を電子レンジで上手に「解凍」する方法

冷凍ささみ 電子レンジ

スポンサーリンク ささみの下ごしらえ!筋を取る方法は? ささみは下ごしらえで筋を取る必要があります。 筋とは、ささみの片側についてる白くて長い紐状の肉ですね。 筋を取ったあとに、電子レンジで加熱する流れとなります。 筋を取る手順は次のとおりです。 ささみの片側の先端に、 筋に沿った切れ目を3~4cm入れる• 筋があるほうを下側にして、切れ目に沿って包丁の背を使い、筋を取る 次の動画を参考にすると、わかりやすいですよ。 筋が残っていると、口当たりの悪い食感が残ってしまいます。 しっかり取りましょう。 スポンサーリンク ささみを電子レンジで加熱する方法は? ささみを電子レンジで蒸す方法は、次のとおりです。 材料 ささみ:2本 酒:大さじ1• 耐熱容器に筋を取ったささみを入れ、酒をかける• ラップをゆるくかけて、 電子レンジ600Wで1分20秒加熱する• 電子レンジから出し、粗熱が取れるまで待つ• ほぐしたりして料理に使う 非常に簡単ですね! 加熱時間は、もしささみ 3本なら600Wで2分 になります。 お好みで塩コショウをかけてもいいですよ。 ポイントは、加熱後に粗熱が取れるまで待ち、 余熱で中まで火を通すことです。 また、加熱しすぎると身が固くなりやすいですが、 酒をかけて加熱することでやわらかくなります。 ちなみにラップを厳重にかけて密封すると、卵のように爆発する可能性があります。 注意しましょう! 電子レンジで加熱するメリットは、手間と時間がかからないことです。 忙しいときにオススメの方法ですね。 レンジで蒸したささみを冷蔵・冷凍保存する方法は? レンジで蒸したあとのささみを、まずほぐします。 その後、 チンしたときに出た汁と一緒にジップロックなどで冷蔵保存するとよいです。 こうするとあまり身がパサパサしません。 冷蔵庫での保存期間は、 3~4日です。 加熱したとはいえ、なるべく早めに食べたほうがいいですね。 冷凍保存するときは、ほぐしたささみをジップロックなどに平たく入れて冷凍してください。 使うときに一塊になりにくいです。 また、 チンしたときに出た汁も一緒に冷凍してください。 解凍方法は、時間があるときには冷蔵庫内に置いて解凍しましょう。 ただ、急ぎのときには電子レンジでもOKです。 冷凍の場合の保存期間は、 3~4週間です。 多めにささみを蒸して冷凍しておけば、便利に使えます! どちらもコツは、チンしたときに出た汁と一緒に保存することです。 身がパサパサしにくくなります。 まとめ ささみを電子レンジで加熱する方法は、 筋を取ってから酒をかけ、余熱で中まで火を通す方法がおすすめです! 電子レンジを使うと手間が減るので、忙しいときに役に立ちます。 冷凍・冷蔵保存するときには、電子レンジで加熱したときに出た汁も一緒に保存すると、身がパサパサしにくいです。 電子レンジで蒸す方法は、茹でるより楽なのでぜひ試してみてください。 ささみのカロリーや栄養が気になるときは、次の記事を参考にどうぞ。 参考: スポンサーリンク•

次の