椿 町 ロンリー プラネット 最終 巻。 椿町ロンリープラネット 14巻 完結【コミックの発売日を通知するベルアラート】

椿町ロンリープラネット 最終回 77話 ネタバレ 感想 ふみたちのその後

椿 町 ロンリー プラネット 最終 巻

その髪を受け取ると、アーレフはカルムの死を告げます。 ミーシェ「ありえません。 」 アーレフの言葉を即座に否定しました。 すると、アーレフは「同盟は解消だ」と言葉を残し、ジャルバラに進軍する意志をみせてきます。 さらに、人質以外は殺してもかまわないと非道なことも口にしていました。 その頃、ミーシェの付き人達にもカルム王子の死が知れ渡っています。 これからどうするのか… モルジアナが聞きました。 ミーシェ「城を脱出してみんなでジャルバラに帰ろう」 カルム王子が生きていると信じ…いつ殺されるか分からない今の状況を変えようと、ミーシェは自分を奮い立たせます。 そして、なんとか建物を抜け出せたものの警備の人数が多く外に行けません。 アーレフには妻がいなく後宮の警備が薄いと踏んでいますが、昔地下に奴隷として囚われていたことを思い出し躊躇してしまいました。 そんな中、ミーシェたちが警備員達に見つからないように隠れた先は武器庫。 何個か武器をくすねつつ、警備に見つからないように身をひそめます。 …が、とうとう見つかってしまいました。 アーレフの言葉を思い出したミーシェは自分が囮になり、その他の人たちを逃がします。 捕まってしまったミーシェは、そのまま牢へ連れていかれてしまいました。 奴隷時代のことを思い出したことと、カルム王子に会いに行くこと、2つの理由でミーシェは暴れます。 しかし、それも虚しく見張りの兵が来てしまいました。 見張り兵に向かい、ミーシェは自分の居場所はここではないと泣き叫びます。 すると、その兵がミーシェにキスをしてきました。 呆然とするミーシェ。 見張り兵「約束しただろう。 」 見張り兵としてやってきたのはカルム王子だったのです! 再会を喜ぶのも束の間。 他の兵がやってきて2人は牢から逃げだします。 しかし、大勢の警備兵。 どうやっても逃げられそうにありません。 ですが、カルム王子はどこか余裕そうです。 ミーシェがくすねてきた爆弾があると気づいていたのです。 爆弾を城壁に向かって投げると、ミーシェを抱きかかえ爆風に乗って飛び降ります。 こうして城から脱出しジャルバラへ帰ることになりました。 そんな脱出劇の数か月前。 生前の王とカルム王子が話をしています。 メフライルへの軍事協力を取りやめるようにカルム王子が進言しています。 王は問いました。 「そこまでして成そうとしていることは何なのか」 その問いに「俺の目的は…」と答えるカルム王子…。 そして現在。 脱出したミーシェたちは南州まで来ていました。 が、そこで目を疑うようなものを見てしまいます。 宮殿が焼けていたのです。 街にはメフライルによって、カルム王子の似顔絵がお尋ね者として出回っています。 ミーシェも身元が割れないように、と注意を促されました。 アナトリヤとの戦を止めるため改めて覚悟を決めたミーシェ。 その時、広場では騒ぎが起こっていました。 広場にいくと、アナトリヤ人を見せしめに晒しているところです。 囚われた人たちの中に父親がいたのか、小さな女の子が走っていきます。 すると、南州兵が少女を突き飛ばしました。 その行動に思わず止めに入ろうとしたミーシェでしたが、旅人・ザハールに止められます。 そこで、ザハールからこうなってしまった詳しい話を聞くことにしました。 なんでも、アーレフ王はジャルバラへの進軍をやめて南州に工兵を送り地下水路を止めたとのことです。 砂漠の国・ジャルバラにしてみれば大打撃です。 広場での騒ぎは、見せしめを行いまだ潜んでいるであろう密偵をあぶりだすための行動でした。 ザハールはよくある話だと言ったものの、ミーシェの考えは変わりませんでした。 まず、逃走経路の確保をするため2人は分かれて行動をすることにします。 協力することになったザハールはミーシェと行動を共にします。 その時、ミーシェはどこかで見たことがあるかもしれないとザハールのことを疑問に思いました。 …が、そんな疑問が消えてしまう事態を目にします。 広場で少女が父親を助けようと兵に食って掛かっていたのです。 いてもたってもいられなくなったミーシェは思わず少女を救出。 自分が囚われてしまいそうになるところを、カルム王子に助けてもらいました。 夜になると、アナトリヤ人たちの監視が増えたようです。 広場のことがあったので、監視を増やしたのかもしれません。 ミーシェは自分の行動を反省。 カルム王子は「気にするな」と言ってくれていますが、自分が今まで守ってきた南州がこんなことになってしまいとても苦しそうです。 ミーシェ「王子とか関係なく…私は何度も救われてきたよ。 」 カルム王子を慰めます。 すると、その言葉を聞いたカルム王子は何か思いついたよう。 一方、側近たちは赤の部族のところにやってきていました。 その理由は、アナトリヤ人救出のための仕事を依頼したかったからです。 そして計画実行の夜。 兵たちが見張りをしているものの、カルム王子を含めた砂漠の部族が馬で向かってきました。 その隙に、アナトリヤ人を救出! 救出した人たちは、みんなケガをしていたので、ミーシェは1人1人手当てをしていきます。 ザハール「敵国の人間になぜここまでする?」 ミーシャに聞いてきました。 するとミーシェは「敵国だと思っていません。 」と答えるのです。 無事に作戦は成功。 捕らわれた人たちの救出できました。 そんな中、ある人物の影をみつけたのかカルム王子が走りだします。 突如として現れたメフライル。 ミーシェとカルム王子は間一髪のところで隠れることができましたが、ザハールだけはメフライルと対面しています。 メフライル「こんなところで何をしているのですか?…ザハド王。 」 旅人・ザハードと名乗っていたのはザハド王だったのです。 ザハド王は、メフライルに王妃は軍の進軍を許可したのかどうか聞きます。 メフライル「迷っているようですが、時間の問題でしょう。 」 メフライルは進軍するほうに傾いていると返事をしました。 ザハド王は、隠れていたカルム王子にこっそりと「お前の願い聞き入れた。 」と言葉を残し去っていきます。 その言葉を聞いたカルム王子はミーシェに王妃への伝言を託し、全てを終えた後に会おうと約束をしました。 二日後。 南州校外まで馬を飛ばし、後1日で王妃の所にたどりつくというところです。 ミーシェとモルジアナはカルム王子の伝言を伝えるため急いでいましたが、1本の矢がミーシャの肩に突き刺さりました。 矢を放ったのはメフライル王子の兵です。 ミーシェは急いで姿を隠したものの、モルジアナにこれ以上は無理だと言われてしまいます。 しかし、伝言を伝えられるのは自分だけだとミーシェは言いました。 一方、地下水路で作業をしているカルム王子。 ガルラに王妃に伝えに行くのは、ミーシェでいいのかと聞かれていました。 カルム「俺以外にあの娘しかいない。 」 カルム王子はそう断言します。 その頃、南州では王妃が1つの決断を下そうとしていました。 進軍を許可しようとしていたのです。 すると、そこへ血だらけになったミーシェが現れます! ミーシェ「王妃様、カルム王子にどうか協力を…」 そういったまま、ミーシェは倒れてしまいました。 一方、南州では戦が始まろうとしています。 メフライル王子はアーレフ王子と対峙し、そばにいるザハド王に王妃軍もこちらに向かていると伝えました。 その頃、地下水路にいたカルム王子はギリギリ作戦準備が終了! 無情にも、カルム王子・メフライル王子・カーレフ王の号令が同時に響き渡ってしまいました。 すると、爆風がおこりメフライル王子軍とアーレフ王軍が分断します! カルム王子の作戦です。 そして武器も持たずカルム王子はアーレフ王の目の前に出ていきました。 カルム「兄上を抑えた今、この場におけるジャルバラ代表は俺です。 」 そういうと、アーレフ王にある議題を突き付けます。 すると、アーレフ王は軍に退却命令を出したのです。 カルム王子は部下に話し合いが行われることを王妃に伝えるよう命じると、慌てた様子でヨハネ王子がやってきました。 ヨハネ「すぐに東州に向かった方がいい…」 王妃の元にたどり着いたミーシェでしたが、肩に負った傷のせいで容態が悪化、危篤となっていました。 その報告を聞いたカルム王子はすぐさま向かいます。 ミーシェの所にたどりつき、容態を聞くと峠を越えたとのこと。 カルム王子の声で目を覚ますことができました。 1ヶ月後。 すっかり元気になったミーシェですが、カルム王子はずっと看病を続けてくれています。 …と、思いきや突然イチャイチャが始まり…と思ったところ、王妃が入ってきました。 ミーシェに話があるというのです。 王妃「アナトリヤの信頼を得るためにはコレルを正妻に迎える必要がある」 突然のお願いでした。 今回の一件で、ミーシェの株はあがったもののカルム王子から身を引いてほしいというものです。 国のために決断を迷わせるわけにはいかないと思ったミーシェは、自分から身を引きことに決めました。 カルム王子の元を離れると決めたミーシェ。 後宮を出て就職することにしました。 しかし、そう簡単に就職先は見つかりません。 途方にくれていると、コレルに中庭に行けば答えが見つかるかもしれないと助言されます。 そして、中庭に向かったミーシェを待っていたのはカルム王子です。 2人で話がしたかったと言われましたが、カルム王子の口から正妻の言葉を聞きたくなく、ミーシェはその場を早々に去ってしまいました。 その日の夜。 ザハド王・アーレフ王を迎え3国の休戦会議が行われます。 そこでカルム王子はある提案をしたのです。 今夜の会議で制裁がコラルに決まってしまったこと、カルム王子から離れなければならないこと、たくさんの思い出も溢れ、ミーシェは大泣きしてしまいます。 そこへ、馬に乗ったカルム王子がやってきました。 とっさにミーシェは逃げようとしますが、カルム王子からビックリするような言葉が出てきました。 カルム「コレルは国に帰すことが決まった。 」 話についていけないミーシェ。 すると、カルム王子は跪いてこう告げるのです。 カルム「お前が好きだミーシェ。 正妻として生涯を俺と共に過ごせ」 指輪も渡してきました。 その言葉を聞いたミーシェは「大好き!」と返事をします。 数日後。 無事に戴冠式も終わり、民衆の前にカルム王が姿を現します。 そして、カルム王に続きミーシェも姿を現しました。 ミーシェは自分の居場所はカルムの側であることを確信し、2人はジャルバラの王と正妻として国を支えていくことになりました。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

次の

やまもり三香

椿 町 ロンリー プラネット 最終 巻

略歴 [ ]• - 第2回AM(オールマーガレット)新人まんが大賞にて『君のクチビルから魔法』が第2位を獲得。 デビュー作として『』()に掲載された。 - 『』が主演で実写映画化。 - デビュー後は長年、集英社のマーガレット専属契約という形で漫画を創作し続けてきたが、『椿町ロンリープラネット』の連載終了後からスピカワークスと契約を結び、フリーとなった。 作品リスト [ ] 単行本 [ ] 全て()から刊行されている。 シュガーズ (2008年 - 2011年、全6巻)• 2009年5月25日発売 、『』2008年21号、23号、2009年1号、3号、5・6合併号、7号、• 2009年9月25日発売 、『マーガレット』2009年9号、11号、13号、15号、• シュガーズこぼれ話 灰田君のめがね(描きおろし)• 2010年1月25日発売 、『マーガレット』2009年17号、19号、21号、23号、2010年1号、• 番外編 紫門の場合。 (『ザ マーガレット』2009年11月号)• 2010年6月25日発売 、『マーガレット』2010年3・4合併号、5号、7号、9号、• 番外編 ソルト&ビネガー(『ザ マーガレット』2010年3月号)• 番外編 茶谷町君の非凡な一日(『マーガレット』2010年3・4合併号別冊ふろく『マーガレット SPIN OFF』)• 番外編 ティラミスの君(描きおろし)• 2010年10月25日発売 、『マーガレット』2010年13号、15号、17号、19号、• 番外編 ジェリービーンズ走馬灯(『ザ マーガレット』2010年7月号)• 2011年3月25日発売 、『マーガレット』2010年21号、23号、2011年1号、3・4合併号、7号、• 番外編 ぼくのいもうと。 番外編 山吹恭介(描きおろし)• Non stop days〜シンデレラガール 佐々木希物語〜 2011年1月25日発売 、全1巻、)• (2011年 - 2014年、全13巻)• 椿町ロンリープラネット (2015年 - 2019年、全14巻)• 2015年8月25日発売 、『マーガレット』2015年12号 - 17号、• 2015年11月25日発売 、『マーガレット』2015年18号 - 23号、• 2016年3月25日発売 、『マーガレット』2015年24号 - 2016年6号、• 2016年6月24日発売 、『マーガレット』2016年7号 - 12号、• 2016年9月23日発売 、『マーガレット』2016年13号 - 17号、19号、• 2016年12月22日発売 、『マーガレット』2016年20号 - 2017年1号、• 木曳野 暁 インタビュー(『マーガレット』2016年14号)• 2017年3月24日発売 、『マーガレット』2017年2号 - 3・4合併号、6号 - 7号、• 椿町ロンリープラネット 特別編 暁の一日 (『マーガレット』2017年5号)• ひるなかの流星 番外編 blue (『マーガレット』2017年5号)• 2017年7月25日発売 、『マーガレット』2017年9号 - 10号、13号 - 15号、• ひるなかの流星 番外編 red (『マーガレット』2017年8号)• 2017年11月24日発売 、『マーガレット』2017年16号 - 21号、• 映画 ひるなかの流星 ポスター撮影見学に行ってきたよ! (『マーガレット』2016年24号)• 2018年3月23日発売 、『マーガレット』2017年23号 - 2018年3・4合併号、7号、• 洋ちゃんのアレやコレや。 (描きおろし)• 2018年7月25日発売 、『マーガレット』2018年8号 - 13号、• 誕生日会秘話(描きおろし)• 2018年11月22日発売 、『マーガレット』2018年16号 - 20号、22号、• やまもり三香のへ行ってきました! ルポ(『マーガレット』2018年12号)• 2019年3月25日発売 、『マーガレット』2018年23号 - 2019年5号、• 2019年9月25日発売 、『マーガレット』2019年6号、8号 、• 番外編 Love Hate Like (『マーガレット』2019年12号)• 番外編 僕とみどりちゃん (『マーガレット』2019年14号)• 番外編 this is me! (『マーガレット』2019年16号)• 番外編 エピローグ、未来へ (『マーガレット』2019年18号) 文庫本 [ ] 全てから刊行されている。 『やまもり三香 恋愛Stories シュガーズ』 〈集英社文庫〉、全3巻• 2017年7月18日発売 、『マーガレット』2008年21号、23号、2009年1号、3号、5・6合併号、7号、9号、11号、13号、15号、• シュガーズこぼれ話 灰田君のめがね(描きおろし)• 2017年8月18日発売 、『マーガレット』2009年17号、19号、21号、23号、2010年1号、3・4合併号、5号、7号、9号、• 番外編 紫門の場合。 (『ザ マーガレット』2009年11月号)• 番外編 ソルト&ビネガー(『ザ マーガレット』2010年3月号)• 番外編 茶谷町君の非凡な一日(『マーガレット』2010年3・4合併号別冊ふろく『マーガレット SPIN OFF』)• 番外編 ティラミスの君(描きおろし)• 2017年9月15日発売 、『マーガレット』2010年13号、15号、17号、19号、21号、23号、2011年1号、3・4合併号、7号、• 番外編 ジェリービーンズ走馬灯(『ザ マーガレット』2010年7月号)• 番外編 ぼくのいもうと。 番外編 山吹恭介(描きおろし)• 番外編 小豆原の思うこと (「東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA」収録)• 番外編 彼女の手 (「東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! SORA」収録) アンソロジー [ ]• NOT FRIEND,BUT… (2011年1月25日発売 、、、)• ゆめこいウタ(『マーガレット』2006年9号)• FIRST LOVE,KISS,xxx (2011年1月25日発売 、集英社、マーガレットコミックス、)• cry boy,cry(『マーガレット』2006年14号)• へんのきもち(『マーガレット』2008年16号)• 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA (2011年8月5日発売 、メディアパル、)• シュガーズ〜小豆原の思うこと〜• 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! SORA (2011年8月5日発売 、メディアパル、)• シュガーズ〜彼女の手〜• (2012年7月25日発売 、集英社、マーガレットコミックス、)• 菊池 宏樹(『マーガレット』2012年10号) イラスト [ ]• 原案:、脚本:、著者:、絵:やまもり三香 『ドッグポリス 奇跡の警備犬ものがたり』 〈〉、全1巻• 2011年9月5日発売 、• 著者:、イラスト:やまもり三香 『農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方』 〈〉、全1巻• 2017年10月13日発売 、 小説 [ ]• 原作:やまもり三香、著者:、『映画ノベライズ ひるなかの流星』 〈〉、全1巻• 2017年2月17日発売 、• 原作:やまもり三香、著者:、『映画ノベライズ みらい文庫版 ひるなかの流星』 〈〉、全1巻• 2017年2月24日発売 、 単行本未収録作品 [ ]• 君のクチビルから魔法 (『』2006年1月号、デビュー作) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 3人の作家がエントリーした。 第1位は、第3位は。 2015年7月2日閲覧。 集英社 マーガレット公式サイト. 2013年4月12日時点のよりアーカイブ。 2017年3月5日閲覧。 集英社 マーガレット 公式サイト. 2016年5月6日時点のよりアーカイブ。 2015年7月2日閲覧。 集英社 マーガレット 公式サイト. 2019年2月23日閲覧。 、、、、やまもり三香、による作品。 やまもり三香、、、、による作品。 計36人の作家による作品。 計37人の作家による作品。 原作:、漫画:やまもり三香、、、、による作品。 出典 [ ]• 集英社 マーガレット 公式サイト. 2016年5月2日時点のよりアーカイブ。 2014年8月21日閲覧。 47NEWS. 2013年10月19日. 2015年7月2日閲覧。 、 2015年7月19日閲覧。 、 2015年7月19日閲覧。 Instagram. 2019年8月30日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 コミックナタリー. 2011年1月25日. 2015年7月19日閲覧。 集英社. 2015年9月6日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2015年5月20日. 2015年7月2日閲覧。 集英社. 2016年3月26日閲覧。 集英社. 2016年3月26日閲覧。 集英社. 2016年6月26日閲覧。 集英社. 2016年9月23日閲覧。 集英社. 2016年12月22日閲覧。 集英社. 2017年3月26日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2017年2月3日. 2017年2月4日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年2月3日. 2017年2月4日閲覧。 集英社. 2017年7月29日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年3月18日. 2017年3月18日閲覧。 集英社. 2017年11月24日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2016年11月20日. 2017年11月24日閲覧。 集英社. 2018年3月25日閲覧。 集英社. 2018年7月26日閲覧。 集英社. 2018年12月3日閲覧。 集英社. 2019年3月29日閲覧。 集英社. 2019年9月27日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年9月25日. 2019年9月27日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月20日. 2019年3月21日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月20日. 2019年5月24日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年6月20日. 2019年6月21日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2019年7月20日. 2019年7月21日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2019年8月20日. 2019年8月23日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年8月20日. 2019年9月27日閲覧。 集英社. 2017年7月23日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年7月19日. 2017年7月23日閲覧。 集英社. 2017年8月20日閲覧。 集英社. 2017年9月16日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2011年7月18日. 2017年9月16日閲覧。 2015年7月2日閲覧。 株式会社メディアパル. 2015年7月2日閲覧。 株式会社メディアパル. 2015年7月2日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2012年7月25日. 2015年11月28日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 KADOKAWA. 2017年10月13日閲覧。 集英社. 2017年3月2日閲覧。 集英社. 2017年3月2日閲覧。 2013年12月10日. 2017年7月29日閲覧。 外部リンク [ ]• mikayamamori -• - (2013年2月15日アーカイブ分)• - (2017年2月4日アーカイブ分) この項目は、・に関連した です。

次の

やまもり三香

椿 町 ロンリー プラネット 最終 巻

略歴 [ ]• - 第2回AM(オールマーガレット)新人まんが大賞にて『君のクチビルから魔法』が第2位を獲得。 デビュー作として『』()に掲載された。 - 『』が主演で実写映画化。 - デビュー後は長年、集英社のマーガレット専属契約という形で漫画を創作し続けてきたが、『椿町ロンリープラネット』の連載終了後からスピカワークスと契約を結び、フリーとなった。 作品リスト [ ] 単行本 [ ] 全て()から刊行されている。 シュガーズ (2008年 - 2011年、全6巻)• 2009年5月25日発売 、『』2008年21号、23号、2009年1号、3号、5・6合併号、7号、• 2009年9月25日発売 、『マーガレット』2009年9号、11号、13号、15号、• シュガーズこぼれ話 灰田君のめがね(描きおろし)• 2010年1月25日発売 、『マーガレット』2009年17号、19号、21号、23号、2010年1号、• 番外編 紫門の場合。 (『ザ マーガレット』2009年11月号)• 2010年6月25日発売 、『マーガレット』2010年3・4合併号、5号、7号、9号、• 番外編 ソルト&ビネガー(『ザ マーガレット』2010年3月号)• 番外編 茶谷町君の非凡な一日(『マーガレット』2010年3・4合併号別冊ふろく『マーガレット SPIN OFF』)• 番外編 ティラミスの君(描きおろし)• 2010年10月25日発売 、『マーガレット』2010年13号、15号、17号、19号、• 番外編 ジェリービーンズ走馬灯(『ザ マーガレット』2010年7月号)• 2011年3月25日発売 、『マーガレット』2010年21号、23号、2011年1号、3・4合併号、7号、• 番外編 ぼくのいもうと。 番外編 山吹恭介(描きおろし)• Non stop days〜シンデレラガール 佐々木希物語〜 2011年1月25日発売 、全1巻、)• (2011年 - 2014年、全13巻)• 椿町ロンリープラネット (2015年 - 2019年、全14巻)• 2015年8月25日発売 、『マーガレット』2015年12号 - 17号、• 2015年11月25日発売 、『マーガレット』2015年18号 - 23号、• 2016年3月25日発売 、『マーガレット』2015年24号 - 2016年6号、• 2016年6月24日発売 、『マーガレット』2016年7号 - 12号、• 2016年9月23日発売 、『マーガレット』2016年13号 - 17号、19号、• 2016年12月22日発売 、『マーガレット』2016年20号 - 2017年1号、• 木曳野 暁 インタビュー(『マーガレット』2016年14号)• 2017年3月24日発売 、『マーガレット』2017年2号 - 3・4合併号、6号 - 7号、• 椿町ロンリープラネット 特別編 暁の一日 (『マーガレット』2017年5号)• ひるなかの流星 番外編 blue (『マーガレット』2017年5号)• 2017年7月25日発売 、『マーガレット』2017年9号 - 10号、13号 - 15号、• ひるなかの流星 番外編 red (『マーガレット』2017年8号)• 2017年11月24日発売 、『マーガレット』2017年16号 - 21号、• 映画 ひるなかの流星 ポスター撮影見学に行ってきたよ! (『マーガレット』2016年24号)• 2018年3月23日発売 、『マーガレット』2017年23号 - 2018年3・4合併号、7号、• 洋ちゃんのアレやコレや。 (描きおろし)• 2018年7月25日発売 、『マーガレット』2018年8号 - 13号、• 誕生日会秘話(描きおろし)• 2018年11月22日発売 、『マーガレット』2018年16号 - 20号、22号、• やまもり三香のへ行ってきました! ルポ(『マーガレット』2018年12号)• 2019年3月25日発売 、『マーガレット』2018年23号 - 2019年5号、• 2019年9月25日発売 、『マーガレット』2019年6号、8号 、• 番外編 Love Hate Like (『マーガレット』2019年12号)• 番外編 僕とみどりちゃん (『マーガレット』2019年14号)• 番外編 this is me! (『マーガレット』2019年16号)• 番外編 エピローグ、未来へ (『マーガレット』2019年18号) 文庫本 [ ] 全てから刊行されている。 『やまもり三香 恋愛Stories シュガーズ』 〈集英社文庫〉、全3巻• 2017年7月18日発売 、『マーガレット』2008年21号、23号、2009年1号、3号、5・6合併号、7号、9号、11号、13号、15号、• シュガーズこぼれ話 灰田君のめがね(描きおろし)• 2017年8月18日発売 、『マーガレット』2009年17号、19号、21号、23号、2010年1号、3・4合併号、5号、7号、9号、• 番外編 紫門の場合。 (『ザ マーガレット』2009年11月号)• 番外編 ソルト&ビネガー(『ザ マーガレット』2010年3月号)• 番外編 茶谷町君の非凡な一日(『マーガレット』2010年3・4合併号別冊ふろく『マーガレット SPIN OFF』)• 番外編 ティラミスの君(描きおろし)• 2017年9月15日発売 、『マーガレット』2010年13号、15号、17号、19号、21号、23号、2011年1号、3・4合併号、7号、• 番外編 ジェリービーンズ走馬灯(『ザ マーガレット』2010年7月号)• 番外編 ぼくのいもうと。 番外編 山吹恭介(描きおろし)• 番外編 小豆原の思うこと (「東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA」収録)• 番外編 彼女の手 (「東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! SORA」収録) アンソロジー [ ]• NOT FRIEND,BUT… (2011年1月25日発売 、、、)• ゆめこいウタ(『マーガレット』2006年9号)• FIRST LOVE,KISS,xxx (2011年1月25日発売 、集英社、マーガレットコミックス、)• cry boy,cry(『マーガレット』2006年14号)• へんのきもち(『マーガレット』2008年16号)• 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA (2011年8月5日発売 、メディアパル、)• シュガーズ〜小豆原の思うこと〜• 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! SORA (2011年8月5日発売 、メディアパル、)• シュガーズ〜彼女の手〜• (2012年7月25日発売 、集英社、マーガレットコミックス、)• 菊池 宏樹(『マーガレット』2012年10号) イラスト [ ]• 原案:、脚本:、著者:、絵:やまもり三香 『ドッグポリス 奇跡の警備犬ものがたり』 〈〉、全1巻• 2011年9月5日発売 、• 著者:、イラスト:やまもり三香 『農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方』 〈〉、全1巻• 2017年10月13日発売 、 小説 [ ]• 原作:やまもり三香、著者:、『映画ノベライズ ひるなかの流星』 〈〉、全1巻• 2017年2月17日発売 、• 原作:やまもり三香、著者:、『映画ノベライズ みらい文庫版 ひるなかの流星』 〈〉、全1巻• 2017年2月24日発売 、 単行本未収録作品 [ ]• 君のクチビルから魔法 (『』2006年1月号、デビュー作) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 3人の作家がエントリーした。 第1位は、第3位は。 2015年7月2日閲覧。 集英社 マーガレット公式サイト. 2013年4月12日時点のよりアーカイブ。 2017年3月5日閲覧。 集英社 マーガレット 公式サイト. 2016年5月6日時点のよりアーカイブ。 2015年7月2日閲覧。 集英社 マーガレット 公式サイト. 2019年2月23日閲覧。 、、、、やまもり三香、による作品。 やまもり三香、、、、による作品。 計36人の作家による作品。 計37人の作家による作品。 原作:、漫画:やまもり三香、、、、による作品。 出典 [ ]• 集英社 マーガレット 公式サイト. 2016年5月2日時点のよりアーカイブ。 2014年8月21日閲覧。 47NEWS. 2013年10月19日. 2015年7月2日閲覧。 、 2015年7月19日閲覧。 、 2015年7月19日閲覧。 Instagram. 2019年8月30日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 コミックナタリー. 2011年1月25日. 2015年7月19日閲覧。 集英社. 2015年9月6日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2015年5月20日. 2015年7月2日閲覧。 集英社. 2016年3月26日閲覧。 集英社. 2016年3月26日閲覧。 集英社. 2016年6月26日閲覧。 集英社. 2016年9月23日閲覧。 集英社. 2016年12月22日閲覧。 集英社. 2017年3月26日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2017年2月3日. 2017年2月4日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年2月3日. 2017年2月4日閲覧。 集英社. 2017年7月29日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年3月18日. 2017年3月18日閲覧。 集英社. 2017年11月24日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2016年11月20日. 2017年11月24日閲覧。 集英社. 2018年3月25日閲覧。 集英社. 2018年7月26日閲覧。 集英社. 2018年12月3日閲覧。 集英社. 2019年3月29日閲覧。 集英社. 2019年9月27日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年9月25日. 2019年9月27日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年3月20日. 2019年3月21日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年5月20日. 2019年5月24日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年6月20日. 2019年6月21日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2019年7月20日. 2019年7月21日閲覧。 集英社 マーガレット編集部ブログ 2019年8月20日. 2019年8月23日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年8月20日. 2019年9月27日閲覧。 集英社. 2017年7月23日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2017年7月19日. 2017年7月23日閲覧。 集英社. 2017年8月20日閲覧。 集英社. 2017年9月16日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2011年7月18日. 2017年9月16日閲覧。 2015年7月2日閲覧。 株式会社メディアパル. 2015年7月2日閲覧。 株式会社メディアパル. 2015年7月2日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2012年7月25日. 2015年11月28日閲覧。 集英社. 2014年12月19日閲覧。 KADOKAWA. 2017年10月13日閲覧。 集英社. 2017年3月2日閲覧。 集英社. 2017年3月2日閲覧。 2013年12月10日. 2017年7月29日閲覧。 外部リンク [ ]• mikayamamori -• - (2013年2月15日アーカイブ分)• - (2017年2月4日アーカイブ分) この項目は、・に関連した です。

次の