エイペック ス 落ちる。 PC版「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」の最低・推奨スペックとおすすめPC!グラボはGTX1660以上

PC版「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」の最低・推奨スペックとおすすめPC!グラボはGTX1660以上

エイペック ス 落ちる

目次 アップデートの最新情報まとめ• 次回のアップデートは恐らく7月下旬にアップデートがある可能性が高そうです。 最新アップデート情報 今年中にモバイル版が配信される可能性が浮上 本日実施されたEAの投資家向けのビデオチャットでCEOでも「Andrew Wilson」氏からモバイル版に関しての報告があったようです。 これにより世界中の様々なプレイヤーと共に戦う事が出来るようになります。 アタッチメントの場合は2倍の量が今までより獲得出来るように変更。 戦術アビリティを使用すると動きを妨げる効果を取り除く• ジャンプパット使用後に空中でダブルジャンプが出来るように変更• 戦術アビリティを使用した場合にパスファインダーのグラップルやレイスのフェイズウォークが使用される前であればキャンセルされるように変更• ミラージュのデコイコントロールや復活、ライフラインの蘇生も止める事が可能に• ドローンの展開速度が上昇2. 5秒にアップ• 戦術アビリティ使用時にワットソンのパイロンで防がれないように変更• ブラックマーケット使用時、弾薬は1スタックしか拾わないように修正• デコイは戦術ボタンを一定時間押してから離すと自動制御するよう変更• デコイが撃たれた場合にセリフを発するように変更• クロークした場合にホロエミッターは5メートル未満の距離にいるプレイヤーには表示されるよう修正• パイロンが90秒間持続するように変更• 一度に3つのパイロンを設置出来るように変更• 虚空へが有効になるまで1. 25秒かかるように変更 以前は0. 虚空へ使用時ボイドにいる間、他のプレイヤーを視認出来るよう変更• 虚空へのクールダウンが35秒から25秒に減少• 地面に触れずにジップラインを再度掴むとクールダウンが適用される• クールダウンはプレイヤーがジップラインを切断して再度つかむたびに増加• バーストの最初のショットで水平方向の反動が大幅に増加• チャンバー時間が1. 6に修正• チームメイトがコースティックのトラップにピンを付けれるように変更• レヴナントのシャドウフォームにいる時に新しいヘルスバーが表示されるよう変更• マップ回転時間がキングスキャニオンとワールズエッジの間で均等に変更 バグの修正内容 一般的なバグについての修正内容• 一部の手すりが登れない問題の修正• レジェンド選択前にチームをミュートに出来ない問題の修正• ブラッドハウンドTTプラウラーに対する悪用可能なスポットの削除• キングスキャニオンとワールズエッジで両方の到達できない場所にアイテムが出現するバグの修正• プレイヤーがダウンしたときに歩行速度で移動できる問題の修正• プラウラーがミラージュのデコイを一回のスワイプで倒せない問題を修正• 忍者コントローラーのレイアウトとデスボックスの問題を修正• ライフラインがクエストアーティファクトの場所にケアパッケージをドロップでき、ユーザーがアーティファクトを拾えなくなってしまう問題の修正• 戦術アビリティ使用時に境界外に到達出来てしまった問題の修正• 射撃場の入口で見えない衝突によって戦術アビリティがブロックされるバグの修正• アルティメットの範囲が正しい表示をしない問題の修正• ブラックマーケットはケアパッケージの武器の正しい弾薬数を表示するように変更• 戦術アビリティが特定の場合に機能しない問題を修正。 特定の条件下でミラージュのデコイが正しくピンを付けれない問題の修正• デコイが特定のエリアをしゃがむ事が出来ない問題の修正• プレイヤーが落下している時に落下アニメーションを再生するデコイの問題を修正• オクタンのジャンプパッドが他のレジェンドの機能を削除する問題を修正• オクタンのジャンプパッドが他のレジェントの戦術アビリティと相互作用すると消えてしまう問題の修正• パスファインダーのグラップルがデプロイに失敗した場合に実行できない問題を修正• デストーテムが200m以上からレンダリングされない問題を修正• ノックダウンした後にポータルを通過すると回復が出来なくなってしまう問題の修正 イベント「失われた財宝」の詳細情報 EA Playで発表されたイベント「失われた財宝」の詳細情報に関して掲載しています。 新モード「危険武装」が開催 危険武装は 「スナイパー」と「ショットガン」だけが使えるモードとなっており、進化アーマーを装備した状態で降下します。 青、紫、金のアーマーは新・危険武装では入手できないので注意しましょう。 より強力な青、紫、赤のアーマーに進化させるべく、戦う必要があるので積極的に戦いアーマーを強化しましょう。 モバイルリスポーンビーコンが新登場 マップからリスポーンビーコンが削除され 「モバイルリスポーンビーコン」と呼ばれる携帯式のリスポーンビーコンを入手する事が出来ます。 このリスポーンビーコンはイベント期間中は危険武装モードのみ使用する事が可能で、イベント終了後には通常のマップでも出現アイテムに追加されるようになります。 限定イベント報酬が追加 以前の類似イベントと同様に1日のチャレンジで最大1000ポイント獲得する事が出来ます。 チャレンジは日替わりで更新されこのチャレンジをクリアする事で、武器スキンやキャラスキンを入手する事が出来ます。 バトルパスチャレンジも並行して進行出来るので、イベントモードをどんどんプレイしましょう。 スペシャルオファーが開始 スペシャルオファーと呼ばれる新要素がこのイベントでは更に追加されています。 このスペシャルオファータブでは7種類のスキンが表示され500Apexコイン以下で購入する事が出来ます。 イベント限定のアイテムとなっているので、欲しい場合は必ず期間中に購入しておきましょう。 ミラージュのスーパーレジェンドスキン入手可 イベント期間中に失われた財宝コレクションパックアイテムを24種類全てアンロックすると ミラージュのスーパーレジェントセットが無料でアンロックされます。 このセットに関してはイベント終了後にも入手が出来ます。 過去のアプデ・パッチノート情報 過去のアップデート情報やパッチノート情報は以下のリンクからそれぞれのシーズンで適用されたパッチノートなど確認する事が出来ます。

次の

PUBGのおすすめパソコンと最低・推奨スペック紹介!グラボはGTX1660以上、液晶は144Hzを

エイペック ス 落ちる

通信エラーと接続切れの対処法 サーバーを切り替える 通信エラーで落とされる時の対処方法として、最初の画面で一旦待ち、データセンター サーバー を変更する方法があります。 PCの場合は「TAB」、PS4の場合は「R3」で変更することができます。 変更する場合はピングの低い、台湾サーバーを選ぶのがおすすめです。 回線が不安定 通信回線が不安定でインターネットから切断されてしまった可能性があります。 ネットワーク環境を確認して、インターネットに接続されているか見てみましょう。 長時間操作しなかった Apex Legendsは長時間操作しないと強制的に切断される仕様になっています。 これに関しては仕様ですので、気にせずに再接続すれば問題ありません。 始まらない原因と対処法 まずは再起動が基本 原因が一時的なものであれば、アプリの再起動で解消する場合があります。 Apex Legendsがなかなか始まらなかったら、まずは再起動してみるとよいでしょう。 ネットワーク環境を確認 Apex Legendsを再起動してもなかなか始まらない場合、回線が原因となっている可能性があるので、ネットワーク環境を確認してみましょう。 確認する点と対処法は以下となります。 確認する点 対処法 「インターネットに接続する」 にチェックが付いているかどうか もしチェックが付いていない場合、PS4はインターネットにつなぐことができません。 Apex Legendsをプレイするにはインターネットに接続する必要がありますので、チェックを付けてインターネットに接続しましょう。 「インターネット接続を診断する」 で接続状況を見てみる IPアドレスが取得できていなかったり、インターネット接続が失敗している場合は、一度インターネット接続を切断し、再度繋ぎなおしてみましょう。 それでも状況が変わらない場合はWi-Fiのルーターの設定やPS4のインターネット設定をもう一度確認してみるとよいです。 サーバーエラー 鯖落ち Apex Legendsのサーバーに同時に多くの人が接続しようとすると、サーバーエラーになる可能性があります。 サーバーエラーに関してはこちらではどうしようもないので、時間をおいて再接続しましょう。 サーバー関連の最新情報については、記事のコメント欄で情報提供をお願いします。 バーションアップやアップデートをしてみる PS4本体のバージョンが古いと起動しない可能性があります。 「設定」から「システムソフトウェアアップデート」を選択して、PS4本体が最新のものになっているか確認をしましょう。

次の

【Apex Legends】アップデートの最新情報まとめ【エーペックス レジェンズ】

エイペック ス 落ちる

Apex Legendsは、EAが満を持して?リリースした無料バトルロイヤルです。 開発はヒット作Titanfallのチーム。 PS4やXBOXワン、そしてPCでもプレイできます。 Apex Legendsとは? Titanfallの開発チームであるRespawnがリリースした無料バトルロイヤルです。 EAといえばバトルロイヤルもののメジャー作品はなかったので、ある意味初のバトロワものといえるかもしれません。 Originからローンチできます。 スペックは? OSは64-bit Windows 10対応。 ダウンロードサイズは12GB、展開後20GB程度。 (仕様では30GB程度) ミニマムは• プロセッサ: Intel Core i3-6300 3. 2 GHz Quad-Core Processor• メモリ: 6GB• GPU RAM: 1 GB 推奨は• プロセッサ: Intel i5 3570K or equivalent• メモリ: 8GB• GPU RAM: 8GB スマホ版は? 関係者の発言をみていると、次はモバイル版をリリースしてクロスプレー(どのプラットフォームからも参加可能)対応させることを考えているようです。 リリースがありましたらまた更新していきたいと思います。 Apex Legendsの始め方 ゲームはOriginクライアントからダウンロードします。 ダウンロード途中でも起動できるようにはなりますが、全部ダウンロードしてからのほうが安心かと思います。 最初はチュートリアルを選択できます。 基本操作はWASDで移動、スペースでジャンプ。 シフトでダッシュ、コントロールで伏せます。 武器アイテムはEでゲットし、マウスクリックで攻撃します。 ApexLegendsの特徴の一つはキャラ選択です。 長所短所のあるキャラから自分のキャラを選択します。 これによって戦略的なバリエーションが増えます。 武器やキャラクターごとの特性については以下サイトをみるとわかりやすいです。 また、ソロはなく3人が1チームとしてプレイに突入します。 PUBGなどのように武器で必殺というわけではないため、チームとしてより協調的に戦う必要があるのは新しい仕組みといえるかもしれません。 PUBGなどではやられてしまえばそれでおしまいです。 しかしApex Legendsでは見方がきて救援してくれれば立ち直ってまた参戦できます。 このようなチームプレイ重視の姿勢は、味方へ合図がすぐ出せるインタフェースなどからもうかがえます。 グラフィックはかなり作りこんであっていい感じです。 ただし、それはそのまま動作にも直結します。 うちのPCのスペック(メモリ8GB、GeForce1050)ではちょっと厳しいです。 グラフィックの品質は結構さげないとスムーズではないです。 VCランタイムは以下よりダウンロードできます。 インストールファイルが破損しているかどうかは、オリジンのランチャーソフトからチェックすることができます。 やり方については以下参照ください。 Easy Anti-Cheatが表示され、ゲームが起動しない あるユーザは、別のフォルダ(Program Files x86ではないところ)へインストールすることで対処できたと報告しています。 参考: CreateTexture2D failed テクスチャの初期化の実行に失敗する場合です。 たいていはグラフィックカードの問題であり、グラフィックカードのドライバを更新することで治るケースがあります。 Resolution unsupported ゲーム画面の解像度がサポート外であるとされるエラー。 あるユーザは画面のリフレッシュレートを変更したら治ったと報告しています。 ただしPCごとにグラフィック設定できる項目は異なります。 すべてのPCが画面設定でリフレッシュレートを変更できるというわけではありません。 r5apex. exe - Application Error. ウィンドウズを更新後に起きたとするユーザがいます。 そのためか、一方ではウィンドウズアップデートの実行によって改善されたとするユーザがいます。 あるユーザはGeForceのドライバーを古いバージョンへ戻したらエラーがなくなったと報告しています。 redistributable package DirectXパッケージのエラー。 「DSETUP. dll」「dsetup32. dll」「DXSETUP. exe」以外のすべての「. rars」ファイルを削除してからインストールしなおしたら無事できたとするユーザさんがいます。 参考: binkawin64. dllエラー? オリジンランチャーのほうで、Apexを選び「修復」を実行すると治ったとするユーザがいます。 opt. starpak あるユーザはファイルをランチャーから「修復」を実行したら治ったとしています。 落ちる・終了する不具合 トレーニングへ行くとクラッシュする 「AMD Phenom」を使っているユーザからは、トレーニングモードへ行くと必ずクラッシュするといった不満の声が結構あがっています。 CPUによる問題であるとすれば、バグ修正を待つしかないかもしれません。 特定のスキンで落ちる 開発途上ということもあって、特定のスキンでクラッシュするも報告されています。 XBoxでバレンタインのスキンで落ちるバグは運営でも把握されており、バグフィックスされる模様です。 Engine Error 111. starpakエラー うちでは途中途中で「111. starpak」のエラーで落ちます。 文字化けなので内容はわかりません。 念のためHDD(ハードディスク)ではなくSSDのほうへインストールしなおしたところ、今のところこのエラーは出ていません。 ディスクからの転送速度によるエラーであったと仮定すれば、SSDへのインストールで回避できるのかもしれません。 an unknown DLL or EXE 「radeon wattman」でカスタムした設定を使っているユーザが、初期状態に設定を戻したらこのエラーが出なくなったと報告しています。 このようにグラフィックドライバやその設定を変更することで、エラーが回避できるかもしれません。 Expected non-null value, found null バージョンアップ(シーズンパスの更新)に伴って報告されることの増加したエラー。 ゲーム自体のバグの可能性が高いため、バグ修正のアナウンスを待って再インストール... というのが現状考えられる対処法となります。 ネットワークの不具合 マッチングできない?途中で友達が落ちる? サーバの稼働が重い場合、マッチできないなどの症状がでます。 最近では特定サーバへDDOS攻撃(たくさんのリクエストを送ってサーバの処理を重くさせるような嫌がらせ)がしかけれれてしまうこともあります。 対策としては、とりあえず利用サーバを変更してみることになります。 東京だったら香港や台湾などのサーバに切り替えてプレイしてみましょう。 Connecting server timeout Unable to connect to EA Servers (0xffffffff) Disconnect EAサーバへの接続がタイムアウトしたエラーです。 WiFiなどで異常がないか• originアプリを管理者権限で実行しているか• UDP443、TCP80、443、8080がブロックされていないか など確認してみましょう。 その他PC接続のはこちら。 また公式ツイッターアカウントは英語ですが、サーバ不具合への対処状況についてつぶやかれている場合があります。 ぜひフォローして確認しましょう。 disconnect persistance read complete for data storage respawn failed 接続エラー?と思われ、プレイするサーバを変更すると治ったとするユーザさんがいます。 エラー100 ネットワーク系のエラーのようで、ネット設定をグーグルのパブリックDNSを利用するように変更することで治る場合があるようです。 優先DNSサーバーを「8. 8」に、代替DNSサーバーを「8. 4」へ設定してからゲームをプレイしてみましょう。 参考: [Apex Legendsの攻略記事]• apicode.

次の