ベニ タイラン チョウ。 個人的博物館

タイランチョウ小目とは

ベニ タイラン チョウ

系統と分類 [編集 ] 古くは ・ ・ の3科に分けられていたが、いくつかの属が互いの間を移され、さらに が新設され4科となった。 ハグロドリ科から 、タイランチョウ科からマルハシタイランチョウ科 Rhynchocyclidae を分離する説もある。 はこの系統全体にタイランチョウ科1科のみを置き、5亜科に分けた。 マルハシタイランチョウ科に相当する群は(が含まれなかったため) Pipromorphinae とされていた。 この系統のはさまざまに変化する。 上位から順に、次のようになる。 タイランチョウ亜目。 亜鳴禽類を3亜目に分ける。 ただし亜鳴禽類全体をタイランチョウ亜目とすることが多い。 タイランチョウ下目。 タイランチョウ亜目(亜鳴禽類)を3下目に分ける。 ただし亜鳴禽類を2下目に分け、新世界亜鳴禽類全体をタイランチョウ下目とすることがある。 タイランチョウ小目。 タイランチョウ亜目(亜鳴禽類)を2下目に分け、そのうちの1つタイランチョウ下目(新世界亜鳴禽類)を2小目に分ける。 タイランチョウ上科。 伝統的な分類階級である。 は Tello et al. 2009 による。 タイランチョウ小目(狭義のタイランチョウ下目)は同じく米州に住むカマドドリ下目 Furnariides と姉妹群で、合わせて新世界亜鳴禽類をなす。 旧世界亜鳴禽類 ヒロハシ下目 新世界亜鳴禽類 タイランチョウ小目 マルハシタイランチョウ科 Rhynchocyclidae 狭義のタイランチョウ科 狭義のハグロドリ科 カマドドリ下目 Furnariides 属 [編集 ] IOC より。 タイランチョウ科 [編集 ]• ズグロマイコドリ属• コタイランチョウ属• ヒメタイランチョウ属• キクイタダキモドキ属• シラギクタイランチョウ属• タンビコタイランチョウ属• メグロハエトリ属• スイリリハエトリ属• フタスジタイランチョウ属• カラタイランチョウ属• カトリタイランチョウ属• ネズミハエトリ属• キイロコバシハエトリ属• カンムリタイランチョウ属• ココスタイランチョウ属• ムシクイタイランチョウ属• コバシハエトリモドキ属• タヒバリタイランチョウ属• コビトハエトリ属• シロキクイタダキモドキ属• セキレイタイランチョウ属• マユコタイランチョウ属• ヒゲハエトリ属• コバシハエトリ属• オリーブハエトリ属• ハシボソハエトリ属• ヤブハエトリ属• マメタイランチョウ属• フタスジハエトリ属• キゴシタイランチョウ属• ゴシキタイランチョウ属• ハリオタイランチョウ属• コビトドリモドキ属• コビトタイランチョウ属• カマハシタイランチョウ属• カンムリハエトリ属• コバネハエトリ属• ハシナガハエトリ属• アカガオタイランチョウ属• ハシナガタイランチョウ属• チャイロタイランチョウ属• マルハシタイランチョウ属• ヒラハシハエトリ属• ヒラハシタイランチョウ属• ニッケイマイコドリ属• ニッケイハエトリ属• ツバメタイランチョウ属• キスジメジロハエトリ属• ハシグロハエトリ属• チャイロハエトリ属• ツキヒメハエトリ属• フサボウシハエトリ属• モリタイランチョウ属• メジロハエトリ属• セアカタイランチョウ属• クロタイランチョウ属• メガネタイランチョウ属• スナイロヒタキタイランチョウ属• キマユタイランチョウ属• イワタイランチョウ属• モズタイランチョウ属• シロタイランチョウ属• オグロシロタイランチョウ属• ヤブタイランチョウ属• コシアカヤブタイランチョウ属• シロハラヤブタイランチョウ属• アカハラタイランチョウ属• フキナガシタイランチョウ属• ハサミオタイランチョウ属• マダラタイランチョウ属• シロガシラタイランチョウ属• オンドリタイランチョウ属• ペルータイランチョウ属• ヒタキタイランチョウ属• パタゴニアヒタキタイランチョウ属• シラガフタオタイランチョウ属• アシナガタイランチョウ属• ウシタイランチョウ属• ホオジロタイランチョウ属• ノドジロハチマキヒタキモドキ属• キバラヒタキモドキ属• キバラタイランチョウ属• ブチタイランチョウ属• オオハシタイランチョウ属• コガタタイランチョウ属• キカムリタイランチョウ属• ハイイロキカムリタイランチョウ属• タイランチョウ属• ナゲキタイランチョウ属• フエフキタイランチョウ属• カシアタイランチョウ属• オオヒタキモドキ属• コバシタイランチョウ属• オオヒラハシハエトリ属• カギハシタイランチョウ属 カザリドリ科 [編集 ]• カンムリカザリドリ属• ホオジロカザリドリ属• チャバラカザリドリ属• クサカリドリ属• ズグロカザリドリ属• ミドリカザリドリ属• ウロコカザリドリ属• イワドリ属• アカクロカザリドリ属• カザリドリ属• スズドリ属• キンクロカザリドリ属• ムジカザリドリ属• カオグロカザリドリ属• ハシブトカザリドリ属• ムラサキカザリドリ属• ハゲクビカザリドリ属• マエカケカザリドリ属• ベニカザリドリ属• アカフサカザリドリ属• ハゲガオカザリドリ属• カサドリ属 マイコドリ科 [編集 ]• キビタイマイコドリ属• コビトマイコドリ属• トゲオマイコドリ属• キンカムリマイコドリ属• ノドジロマイコドリ属• ヒメマイコドリ属• シロクロマイコドリ属• ヘルメットマイコドリ属• クロマイコドリ属• マルオマイコドリ属• マイコドリ属• ハグロドリ科 [編集 ]• オウギタイランチョウ属• キゴシハエトリ属• チビタイランチョウ属• ハグロドリ属• モンキタイランチョウ属• ワキムラサキカザリドリ属• モズカザリドリ属• シロエリタイランチョウ属• カザリドリモドキ属 Incertae Sedis [編集 ]• ツバメカザリドリ属• キクイタダキカザリドリ属 出典 [編集 ]• Tello, Jose G. ; Moyle, Robert G. ; et al. ; Donsker, David, eds. 2010 , , IOC World Bird Names, version 2. 5, の2012年3月31日時点によるアーカイブ。 , 外部リンク [編集 ]•

次の

ヤイロチョウ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ベニ タイラン チョウ

rubinus• : ベニタイランチョウ Pyrocephalus rubinus は、スズメ目の小形の鳥であり、ベニタイランチョウ属 Pyrocephalus 唯一の種である。 アメリカ南西部、中央アメリカ、南アメリカ北中部からアルゼンチン中部まで見られる。 またガラパゴス諸島にも生息する。 全長は約15cmで[1]、雌雄異色。 雄は鮮やかな赤色で、翼羽は暗褐色。 雌は淡色の腹に、上面は濃灰色であり、チャイロツキヒメハエトリ Sayornis saya に少し似る。 タイランチョウ科の鳥は、主にハエやバッタ、甲虫などの昆虫を食べる。 通常、止まり木から瞬発的に追いかけて飛翔し、空中で昆虫を捕らえる。 大きな公園で沢山の草木や2つの池があり、いろいろな鳥類が住んでいる。 池の周辺は虫が多いためか水辺の杭に止って虫をねらっているベニタイランチョウを見かけた。 It is a large park with many plants, two ponds and various birds are living. I saw a Vermillion flycatcher perching on a pole at the pond aiming at insects probably because there were many insects around there. 成熟したベニタイランチョウのオスだ。 Feathers are almost vermillion except for the back. It is a mature male Vermillion Flycatcher. 人が近づくと彼は飛び去るがしばらくするとまた戻ってくる。 バーミリオン君の虫を追う空中ハンティングは華麗だ。 This pile seems to be a favorite of Mr. Vermillion. He flies away when a person approaches, but comes back again after a while. Aerial hunting chasing insects of Mr. Vermillion is brilliant. 電線に飛ぶ虫を追う小鳥がいる。 写真に撮ってみると羽毛の赤くないベニタイランチョウだ。 若いオスかメスか分からない。 June 21, 2014, I went to a large park a little farther from downtown Asuncion. A small bird is perching on electric wire and chasing flying insect. It is Vermillion Flycatcher with no red feather after the photo confirmation. I do not know whether it is a young male or female. 写真で見ると羽毛の一部が赤い。 若いオスのようだ。 I saw another individual in another place. Part of the feather is red when I looked at it in photos. It seems the young male. そうか、バーミリオンはツバメと違い飛ぶ虫をくちばしで摘んで捕るのか。 器用な小鳥だ。 キバラオオタイランチョウも近くにいる。 同じ科の鳥だが大きさが随分違う。 I could not see by naked eyes but one figure caught his figure just after he caught the fly. Really, Vermillion Flycatcher catches flying insect by picking it by his bill different from the manner of swallow. He is really deft at catching insects. Great Kiskadee is also near by. It is a bird of the same family, but it is much bigger.

次の

ベニタイランチョウ/鳥類動画図鑑

ベニ タイラン チョウ

三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、444頁。 de A. BirdLife International 2004年. Version 2006. 2006年5月12日閲覧。 Database entry includes justification for why this species is of least concern• de A. 2005 : Foraging behavior of tyrant flycatchers Aves, Tyrannidae in Brazil. Revista Brasileira de Zoologia 22 4 : 1072—1077. Wildlife Fact File WFF 1996 : Vermilion Flycatcher. Group 2 Birds. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 on the Internet Bird Collection• - Cornell Lab of Ornithology• - USGS Patuxent Bird Identification InfoCenter• - South Dakota Birds and Birding• ; borderland-tours•

次の