パソコンからアイフォン 写真。 パソコン(Windows)の画像をiPhoneの写真アプリに取り込む方法。

パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

パソコンからアイフォン 写真

2015年02月26日 Mika Itoh/更新:2015. 26 iPhoneの写真を同期すると、順番もフォルダ名もバラバラ!新しい写真から並べる方法 アップデート後にiPhoneの写真をパソコンで取り込もうとしたとき、大量にDCIMから始まるフォルダが生成されていて、最新の写真がどこにあるのか見つけられない! DCIMから始まるフォルダ名には規則性はなく、順番もバラバラで、最近撮った写真がどのフォルダにあるのか?を見つけ出すには1つずつフォルダを開いていくしかなく、とにかく一苦労。 DCIMフォルダを日付順に並べ替えようとしても、なぜか全部同じ日になっているし…。 なんだこりゃ。 どうすれば最近撮った写真を新しい順番で並べて、パソコンで簡単に取り出せるのか?これに悩まされている方は結構いらっしゃるようです。 Pictureアプリ側では設定で並べ替えることが出来ないのですが、パソコンで取り込んだ時に以下の方法を使えば最新の写真を見つけることが出来るので、是非試してみてください。 sponserd link iphoneの写真をPCで順番に並べる方法! まず、iPhoneをパソコンと繋ぎます(同期させます)。 この時点では、写真をコピーしたり切り取ったりすることが出来ないため、ここから取り出したい最新の写真を右クリックして「ファイルの場所を開く」をクリック。 すると、その写真が入った該当フォルダ(最新の写真が入ったフォルダが開き)中身が表示されます。 ここまで開くと、パソコンに取り込んだり切り取ったりすることが可能。 分かってみればとても簡単なんですが、知らなきゃ絶対たどり着かない方法なので、本当に苦労しました。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の

iPhoneに同期されたPCの写真が削除できない時解決法

パソコンからアイフォン 写真

パソコンとiPhoneを繋いでデータをやり取りする際、iTunesを使って音楽、写真の転送というのが一番使われている方法ではないでしょうか。 他のWindows10パソコンからiPhoneにデータを送る時は、音楽や写真以外のデータも扱えれば利便性が増すというものです。 しかし、これを行うにはいくつかの方法があり、どれが一番良い方法なのかを知っていただければと思います。 パソコンからiPhoneデータを転送する一般方法の紹介 iTunesを使った方法 お手持ちのパソコンにiTunesがインストールされていれば基本的にデータのやり取りは可能です。 その方法を説明しましょう。 ・ iTunesの準備と起動 iTunesを起動した後、USBケーブルでパソコンにつなぎます。 繋いだ時にパソコンは、「フォト」というプログラムを自動的に起動させます。 同時にiPhone側画面に繋いだパソコンが信頼できるマシンかどうかを聞いてくる画面が出て来る時があります。 これは「信頼する」、または「許可する」を選んでください。 ここでiTunesの左上にスマホのマークと左側のデバイスにiPhoneの名前が表示されれば準備終了です。 ・ パソコンからiPhoneデータ転送する方法 1. iTunesの左上にあるスマホマークをクリックすると表示がそのiPhoneの概要を説明したものに切り替わります。 左側メニュー「ファイル共有」をクリックします。 画面中央部分に共有するアプリデータの種類を選ぶメニューが出てきますので、ここではメニュー下方にある「ファイルマネージャ」を選択します。 右側の画面が切り替わり右下の「ファイルを追加」ボタンをクリックし、パソコンの中にあるファイルデータを選びます。 データを選択し、「開く」をクリックすると右画面にファイル名が追加されました。 右下の「終了」ボタンをクリックします。 最後にiPhone側の「ファイルマネージャ」を開くとコピーされたデータを確認する事ができます。 USBケーブルを抜く際はデバイスのiPhone名にマウスを置くと「三角印」が表示されますので、ここをクリックしてから抜いてください。 使いのパソコンにインストールしてお試しください。 Wondershare「」でパソコンからiPhoneにデータを転送する手順を紹介します。 先に手持ちのパソコンからiPhoneへのデータ転送を説明しましたが、少し複雑で操作を間違えやすいという欠点があります。 そこで使っていただきたいアプリがWondershare製「dr. fone」(ドクターフォン)です。 「」は無料体験が可能です。 まずは以下ダウンロードボタンをクリックして、お使いのパソコンにインストールしてお試しください。 ・ 「dr. fone」の仕組み 「dr. fone」はパソコンとスマホ間のデータ管理を分かりやすく操作する「橋渡し」的な機能を持ったプログラムです。 お互いのマシンにdr. foneをインストールする事によってOSの垣根を取り払い、自由で手軽なファイル管理をする事が可能です。 他の機能も沢山あるのですが、今度は「」を使ったパソコンからiPhoneへのデータ転送を説明します。 まずパソコンにはWindows版の「dr. fone」をインストールしましょう。 ステップ1. 「dr. fone」をインストール後、USBケーブルでiPhoneを繋ぐと機器認証の画面からiPhone側にphoto trance(フォトトランス)アプリのインストールを促す画面がパソコンに表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。 ステップ2. iPhone側の「設定」メニューの中に「プロファイルとデバイス管理」がありますのでタップして進みます。 ステップ3. 「エンタープライズAPP」下の「GOLD,APP」をタップすると青文字で「GOLD,APPを信頼」と出てきますのでタップします。 ステップ4. 赤文字の「信頼」をタップしたらパソコン側でiPhone中のファイルを操作する準備が終わります。 ・ 「dr. fone」のファイル操作 iPhoneの接続が成功すると、パソコン側「dr. fone」の画面に端末の名前が表示されます。 また画面上部の青い帯には、これから操作するファイルの項目を選択できるようになります。 パソコンに保存してある写真をiPhoneに転送する方法 ステップ1.「」を起動したら、メイン画面にある「スマホ管理」を選択して下さい。 ステップ2.青い帯に「写真」と書かれた印をクリックするとiPhoneに保存された写真が撮影した年月毎に表示されます。 ステップ3.「ホーム」と書かれた下に右矢印が書かれたボタンが2つ並んでいますので、左の「追加」ボタンをクリックします。 「ファイル」と「フォルダ」の文字の「ファイル」をクリックします。 ステップ4.「OK」をクリックすれば写真ファイルはiPhoneの写真に転送されます。 ステップ5.iPhone側に「アクセス許可を求めています」と表示されますので「許可」をタップしましょう。 まとめ iPhone側の「写真」をタップするとアルバム内に転送された写真が確認できます。 写真の他、ビデオ動画や音楽ファイルを転送することもできます。 体験版ですと使用制限が付いて10回までの操作しか出来ませんが、iTunesに比べ「」でファイル転送が分かりやすくなっていますので何度か試してご購入していただければと思います。

次の

iPhoneに同期されたPCの写真が削除できない時解決法

パソコンからアイフォン 写真

Windows版iCloudから共有アルバムを操作しよう 家族や友達とスマートフォンで写真を共有している人は多いでしょう。 みんなiPhoneユまたはMacユーザーなら、iCloudの共有アルバムで非常に手軽に共有できます。 しかし、誰かがAndroidに乗り換えてしまうと、iCloudによる共有はできません。 とはいえ全員でほかのサービスに乗り換えるのも面倒です。 そこで、WindowsのiCloudを通じて、iPhoneユーザーと写真を共有してみましょう。 WindowsにiCloudをインストールすると、エクスプローラーに近い操作で共有アルバムに写真をアップロード/ダウンロードできるようになります。 iPhoneを持っていなくとも、パソコンからiPhoneユーザーの家族や友達と簡単に写真を共有できます。 iCloudを設定する WindowsパソコンにiCloudをインストールしてApple IDでサインインしたら、まずは共有アルバムを利用するための初期設定を行います。 次に[写真]のオプションをタップします。 2写真共有を有効にする [写真オプション]が表示されたら、すべての項目にチェックマークを付けて[終了]をタップします。 以上の設定が終わると、[ピクチャ]フォルダーの中に[iCloud Photos]フォルダーが作られ、iCloudにアップロードされている写真を同期します。 ただし 「同期中」を知らせる表示(プログレスバーなど)が何もないことに注意してください。 設定直後に「フォルダーが作られたけど写真がない」状態なのは、まだ同期が完了していないためだと考えられ、不具合ではありません。 しばらく(回線速度と写真の量によりますが、数分~数十分程度)待ちましょう。 ここでは新規に共有アルバムを作成するため[新規共有アルバム]をタップします。 上記の画面の[ダウンロード][アップロード][共有]はそれぞれフォルダーになっていて、[ダウンロード]からはiCloud上の写真を見ることができます。 [アップロード]に画像ファイルをコピーすると、iCloudにアップロードされます。 また[共有]をタップすると共有アルバムを見ることができます。 2共有相手と名前を設定する [新規共有アルバム]の画面が表示されました。 [宛先]に共有する相手のApple ID(メールアドレス)、[名前]に共有アルバムの名前を入力して、[次へ]をクリックします。 3共有したい写真を選ぶ ["(共有アルバム名)"に写真またはビデオを追加]の画面に切り替わりました。 画像ファイルをドラッグすると一覧に表示され、共有されます。 すべての写真をドラッグしたら[終了]をクリックします。 4写真がアップロードされ、共有される 以上で共有アルバムの作成は完了です。 [iCloudフォト]の画面から[共有]をダブルクリックして開くと、このように共有アルバムの一覧が表示されます(この画面ではまだアップロード中のため、アイコンが雲になっています) 5共有アルバムを見る アップロードが完了すると、共有アルバムの内容を見られます。 [写真またはビデオを追加]をタップして、新しく写真や動画を追加することも可能です。 iPhoneから共有アルバムを見る iPhoneユーザーが共有を承諾すると、[写真]アプリ上に共有アルバムのひとつとして表示されます。 同期待ちの時間に注意が必要 WindowsからiCloudアプリで写真を共有操作は、以上のように簡単です。 ただし、アップロード/ダウンロード中を知らせる表示が何もないため、慣れていないと操作がただちに反映されず、戸惑うことが多々あります。 設定直後や写真を共有した直後はしばらく待たつ必要があることを意識して、活用しましょう。 close 閉じる.

次の