デロイトトーマツコンサルティング 派遣。 デロイト トーマツ グループへのお問い合わせ

デロイト トーマツ タレントプラットフォーム株式会社|会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

コンサルティングファームにおいても、ビジネスモデルや、コンサルタントのキャリア形成の在り方が大きく変化していくことが予想されており、「今まさにコンサル新時代が訪れようとしている」とデロイト トーマツ コンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏は語る。 では、そんな激動の時代に、次世代コンサルタントにはどんな成長が求められているのか?佐瀬氏および同社人事、現場社員へのインタビューから「新時代のコンサルタント像」を探る。 不確実性が増す世の中で、ゼロからビジネスを創る力を育む デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)に限らず、今コンサルティング業界は大きく変わろうとしており、まさに「新時代」が訪れようとしています。 中でもインパクトがあるのは、グローバル化とテクノロジーの進化によるクライアントニーズの変化です。 ここ数年、グローバル化に関するクライアントニーズは欧米や中国へのマーケット拡大が優先されていました。 しかし、それらの市場の成長が徐々に鈍化してきたことにより、その他のマーケットを含めた海外戦略のポートフォリオをつくることが求められるようになったのです。 日本企業がグローバル進出をする上で、マーケティングの手法や組織づくりなどは、単純に横展開していけばいいというものではありませんから、コンサルティングファームにはより一層幅広い知識と対応力が求められるようになりました。 またテクノロジー分野では、5Gをはじめとする新たな技術がどんどん生まれてくる一方で、陳腐化も早く、取り残されないための企業戦略や研究開発が急務となります。 そして、それらを活用するコンサルタントの知識も常にアップデートすることが求められるようになったのです。 このような外部環境の変化を受けて、これからのコンサルティングファームには何が求められるのか。 われわれはもはや「正しい戦略づくり」だけでは足りないと考えています。 今までのコンサルティングファームは、事業を構想することでクライアントに価値を提供していましたが、これだけ変化の激しい時代、不確実性の中で構想しただけの成果物では意味を成しません。 その際に、DTCがこれからもクライアントの真のパートナーとして選ばれる理由は二つあると考えています。 一つはDTCのコンサルタントはプロフェッショナルとしてあらゆる事業領域を網羅しており、世界各国のデロイト トーマツ グループが有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーなどの強みを生かしてグローバル規模の案件をカバーできること。 さらにもう一つは、課題解決のスピード力です。 クライアントが実現したいビジネスの検証と実行を、社内のリソースを使ってスピーディーに実践していけます。 例えば数年前であれば、1年かけてビジネスの計画や企画を精査し、次の1年で試験的にプロジェクトを実施。 足かけ2年で、やっとサービスリリースが確定する、といったスピード感が一般的でした。 しかし外部環境の変化が激しい今の時代は、ビジネスを3カ月で企画し3カ月で実証、と計6カ月でリリースするようなスピード感が求められています。 なぜDTCが他社に比べて、広範囲な領域でスピーディーなコンサルティングを手掛けられるかというと、DTCのコンサルタントは新卒の時から、複数の業種・業態のコンサルティング案件にアサインされ、幅広い領域をカバーできるスキルを身に付けているから。 現在2700名を超える社員それぞれが、幅広い領域でプロフェッショナルといえるコンサルタントであることに加え、グループの総合力と国際力を生かせるDTCだからこそ、これからのクライアントニーズにもスピーディーに応えていけると確信しています。 経験値や制約にとらわれない 若手ならではの発想が重要 先述したクライアントニーズの変化を受けて、若手コンサルタントが担当する仕事内容も変わっていくと思います。 なぜなら、あらゆる産業で変革が求められている昨今、若手コンサルタントを中心にゼロスタートのビジネスを立ち上げる機会が増えているからです。 新規ビジネスを立ち上げる機会が増えることによって、DTCでは若手のうちから、「ゼロから無限大の可能性をつくる」という醍醐味を体験でき、経営者視点を持ちながらビジネスを展開していくことができます。 それらの経験が、自分自身でビジネスを運用するアントレプレナーシップ(企業家精神)を醸成します。 するとコンサルタント自身のキャリアやスキルに厚みが出るだけではなく、より一層高い視座を持ったビジネスパーソンへと成長することにつながるのです。 今までであれば、コンサルタントには担当する領域に関する知識など、ある程度の経験値を要するスキルが求められていました。 しかしこれからは、答えのない問題を解く力や、過去の成功体験や業界の制約などに縛られないフレッシュで柔軟な発想力が求められるようになると思います。 もちろん、従来と変わらず「自分はこの分野のプロフェッショナルである」といった得意領域を持つことも重要ですが、これからどうなっていくのか、未来のことが予想しづらくなってきた世の中では、データや経験値の範囲に収まらない提案こそがコンサルタントには必須になってくるはず。 だからこそ、われわれはこれから入社する若手社員に一層の期待を持っているのです。 中でも特徴的なのは、新卒入社直後に実施される約2カ月間の『BA(ビジネス・アナリスト) ブートキャンプ』と呼ばれる研修です。 プロジェクトに配属されてすぐに役立つスキルセットのトレーニングや、チームワークを学ぶためのプログラムを用意しています。 その中でもユニークなのは、研修の中で合宿や運動会などを実施すること。 コンサルタントは一匹狼のように仕事をすると思われがちですが、その仕事の本質は「チームワーク」です。 他者を気遣い、切磋琢磨することの重要性を実践的に学びます。 基礎研修を終えた後、新人はプールと呼ばれる組織に所属し、複数のプロジェクトにアサインされます。 複数の業種・業態のコンサルティングに携わることで、早い段階で自分の強みを見つけたり、自分が価値を出せる分野は何なのかを考えたりすることができるのです。 また、必ず先輩社員がそばに付いて並走してくれることで、先述した新人らしいフレッシュで柔軟な提案を行いやすくなるでしょう。 このように、DTCには会社の同僚や上司との距離が近く手厚い研修がある日系企業的な側面と、実力主義で幅広い仕事を任せていくという外資系企業的な側面があります。 そういった社風の中で、自分の専門領域を探しながら、アントレプレナーシップを育んでいくというのは、ファーストキャリアとして非常に有効だと、私は思います。 若手のうちからビジネスの現場に飛び込み、実践で使えるスキルを伸ばしながら「骨太なコンサルタント」になりたい人にとって、今のDTCほど良い環境は他にないでしょう。 これから入社を考えている人には、DTCで「新時代のコンサルタント」として成長してくれることを期待しています。 「次世代コンサルタント」に求められる3つの力とは? 1. 答えのない問題を柔軟に解く力 顧客に貢献できるビジネスは数多くありますが、お互いの利益が一致するビジネスはそう多くありません。 自分自身の努力がお客様のためになる。 また、顧客利益を追求し続けることが仕事の成果につながるという点は、まさに私が求めていた、本当の意味で顧客に貢献することができる仕事でした 2. 制約にとらわれないフレッシュな発想 過去の成功体験や業界の制約などにとらわれていては、斬新な課題解決策は生まれてこない。 若手ならではのフレッシュな発想や、「当たり前を疑う」能力は、時にプロジェクトに大きなブレイクスルーを生み出す 3. 「自分ならでは」と言える専門的なスキル・能力 クライアントニーズの難易度がより一層高まる今、平凡な提案には価値がない。 DTCの新入社員は入社後に約2カ月間の研修『BA(ビジネスアナリスト)ブートキャンプ』でビジネスパーソンとしての素地をつくった後、実際のプロジェクトに参画し、現場で経験を積んでいく。 「入社後数年は、数カ月単位のサイクルでさまざまな領域のプロジェクトにアサインされます。 専門性の高い各分野のプロフェッショナルたちの下で働くことで、コンサルタントとしての基礎スキルを身に付けるとともに、各業界や分野について学ぶことができます。 そしてさまざまな領域を経験した後、適性や将来を考え自分の専門領域を絞り込み、更にスキルを積み重ねていく成長モデルです」 その後は各プロジェクトのマネジャー、プロジェクト全体を取り仕切るパートナーへとキャリアパスを歩んでいく。 「代表の佐瀬をはじめ、社内では次世代の活躍に対する期待が最高潮に達しています。 コンサルタントとしての総合力・実践力だけではなく、高い専門性を持つプロフェッショナルに育ち、これから先のDTCをつくっていってほしい。 そう考えるマネジャーやパートナーが多く、若手の方々が挑戦できる機会も豊富に用意されています」 若手の成長を大きく促す仕組みと組織風土が、今後必要とされるコンサルタントへの成長を加速させる。 取材・文/ワードストライク 佐藤大介 撮影/大島哲二 合わせて読みたいこの企業の記事.

次の

【穴場の転職先?】デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の年収・転職すべき人

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

トーマツはプロフェッショナルファームなので、中途採用で重視しているのはリスクアドバイザリーのサービスに必要な専門性や強みを持っていることです。 ただ、サービスは時代のニーズとともに移り変わるため、過去に得た専門性だけではクライアントへ付加価値の高いサービスを提供できなくなります。 そのため、現時点で専門性を持っていると同時に、常に知識をアップデートして、新しい領域にチャレンジするという意欲を持っていることも必要です。 そしてもうひとつ、必ず持っていてほしいのが、経済社会の発展に貢献するという思いです。 デロイト トーマツ グループには、"Fairness to society(経済社会の公正を守り率先してその発展に貢献する)"、"Innovation for clients(クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する)"、"Talent of people(各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創りだす)"という経営理念があります。 つまり、クライアントの成長を通して、経済社会の発展に寄与することを目指しています。 私たちトーマツには監査業務を通じて資本市場を守るというミッションがありますが、リスクアドバイザリー事業本部は企業の経営管理の高度化を支えつつ、企業価値を向上させて経済社会の発展を促すという役割を担っています。 高い専門性を持ちつつ、こうした経営理念に共感してくれる人とぜひ一緒に働きたいですね。 トーマツにはパートナー、ディレクター、シニアマネジャー、マネジャー、シニアスタッフ、スタッフ、そしてジュニアスタッフというキャリア(職能ランク)があり、おおよそ何年でステップアップしていくかという年数の目安を設けているため、目指すキャリアは見えやすいと思います。 しかし、どのような経験を積めば次のキャリアへ進めるのかが不明確だと、そうしたキャリアパスもまったく意味がありません。 そこでトーマツを含め、デロイト トーマツ グループでは専門サービス領域毎及び職能ランク毎に、求められる能力と専門性が定められています。 これは「タレントスタンダード」と呼ばれており、全世界のデロイトで共通のものとなっています。 ですから、次のキャリアに進むためにすべきことがイメージしやすいと言えます。 また、デロイト トーマツ グループや他国のデロイトへの派遣制度も充実しており、特に日本企業のグローバル化に伴い促進している海外派遣プログラムでは、派遣者はグローバル視点で物事を考える経験とグローバルな人的ネットワークを作ることができ、人材育成上も魅力的なプログラムになっています。 デロイト トーマツ グループの強みはクライアントに対してシームレスにサービスを提供できることです。 つまりリスクアドバイザリー事業本部に所属しながらも、デロイト トーマツ グループの各専門家と連携したり、一緒に仕事をしたりするので、自分自身の知見や経験も広がっていきます。 そうした経験をグローバルな規模で行えることは、大きな魅力ですね。 また、経営理念にも繋がりますが、企業の経営管理の高度化を支援し、経済社会の発展に貢献できるという点も大きな魅力の一つと思います。 トーマツでは、プロジェクト毎にチーム編成され、上長が変わるのも特徴です。 一般の事業会社から転職される方からすれば、自分の成長をずっと見てくれる人がおらず、不安になるかもしれません。 しかし、多くの上司や同僚と仕事ができ、人事評価面では特定の上司による偏りがなくなり、多面的に評価されるというメリットがあります。 人事評価の枠組みはデロイト トーマツ グループで共通であり、また全世界のデロイトで同じ枠組みを導入しつつあります。 作業時間ではなく成果や貢献度によって各人のパフォーマンスを評価する点が特徴です。 これはプロフェッショナルとしてのやりがいや達成感を促すには欠かせない視点であり、こうした評価目線を持たせ、業務を任せることで労働生産性も上がり、ワークライフバランスにも良い影響が出ると考えています。 各プロジェクトでは業務開始前に上司との間で期待役割の擦り合わせが行われ、業務の進捗状況等についての多頻度のコミュニケーションも行われます。 その上でプロジェクト単位で評価が実施され、その累積的評価結果に基づいて年度の人事評価が決定します。 また、デロイト トーマツ グループでは人材育成を大事にしており、コーチと呼ばれる担当者が1人に対して、必ず1人ついています。 コーチは年間を通じて自分を客観的に見てくれる存在で、業務やキャリアで悩んでいることに対しコーチが相談に乗り、的確なアドバイスをする仕組みになっています。 コーチは人事評価会議の場にも参加しますから、中期的なキャリア目線をも踏まえた人事評価ができる枠組みになっています。 私たちが今、積極的に取り組んでいるのが女性の活躍促進です。 パートナー・ディレクターや管理職における女性職員の比率など女性の活躍に係る目標を定め組織として取り組むと同時に、ステップアップする意識を強く持っていただくようシニアスタッフ層の女性に対するリーダーシップ研修などを行っています。 同時に育児や介護等を必要とする職員へのサポートも充実させています。 育児休暇などの申請があった場合には最優先に配慮するほか、休職や業務の軽減、業務時間の軽減などを申請できるFWP制度(フレキシブル・ワーキング・プログラム)、ベビーシッター・病児保育シッターの利用支援制度や育児コンシェルジュサービスなども用意しています。 また、在宅勤務についても、これまでFWP制度で認めていたものから対象を広げて適用できるように社内でテストを行い、正式導入に向けて動き出しています。 また、出産後は待機児童問題や、保育園の送り迎えのために業務を制約せざるを得ない場合も少なくありません。 そうした状況を少しでも改善しようと、2018年4月にはトーマツ保育園を作りました。 こうした取り組みで、働きやすさはずいぶん改善されたと思いますし、外国籍職員への配慮を含め、さまざまな状況、価値観を持った仲間が十分に能力を発揮できる環境を構築するための改善は今後も続けていきます。 私たちリスクアドバイザリーは、企業の経営管理の高度化を支えるベースとなる専門性を押さえた上で、新しいものを取り入れていく必要があります。 トーマツには専門家を育てる人材育成の仕組みがあり、特に新卒の職員に対しては、専門知識を一つ一つ習得しながら、いろいろな分野の業務経験を通して自分の適性に合う業務を探すことができる仕組みがあります。 トーマツに入社してから専門的なことは習得できるので、学生のうちから、専門的な勉強だけをしてきて欲しいとは思っていません。 それよりも、何か新しいものを得よう、それに対して努力をしようという姿勢が大事ですから、学生のうちは、学生時代にしかできないことも含めて、いろいろなことにチャレンジして欲しいですね。 日本の企業は回り道した人をあまり受け入れない風潮がありますが、回り道をした人ほど人間性と幅が出てくるものです。 回り道も含めて、さまざまな経験を積んだ人とぜひ一緒に働きたいですね。 For information, contact Deloitte Touche Tohmatsu LLC. 著作権ならびにその他の利用規定については、 利用規定をご覧ください。 DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。 Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は「 」をご覧ください。

次の

【穴場の転職先?】デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の年収・転職すべき人

デロイトトーマツコンサルティング 派遣

新規事業の立ち上げを通じ 第三創業の実現へ 世界のスタートアップの企業情報やテクノロジー情報を一元的に検索し、分析できるプラットホーム「TechHarbor」を開発。 これにより、企業が有する技術トレンド分析や市場モニタリングが可能となり、先端テクノロジーのトレンドを迅速に把握し、企業のExponential な成長を支援している トップ企業の経営層と同じ目線で世界を見据え高く広い視座に立つ コンサルティングファームを志す学生の中には、ビジネスパーソンとして成長するだけでなく、社会に対してインパクトのある仕事を手掛けることに期待して就職先を選択する人も多いのではないでしょうか。 私は総合系のコンサルティングファームの中でも、幅広いサービスを提供しているDTCへ新卒で入社しました。 私が思うDTCの特徴は、世界中に広く事業展開しているクライアントを支援するというスケールの大きさです。 特に、業界トップクラスの企業に向けたさらなるグローバル化やビジネスモデル革新などの支援を強みとし、多くのナレッジと、グローバルに展開するグループ拠点との連携力を有します。 DTCは、企業の組織、機能、目的に対応して特有の課題を解決する「オファリング」サービスと、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識・経験を有するプロフェッショナルによる「インダストリー」サービスと呼ばれる二つのサービス軸に分かれており、私はライフサイエンス領域に特化したインダストリーユニットに所属しています。 製薬や医療機器を中心とした企業を担当しており、新たなビジネスモデルの策定や、産官学の垣根を越えた提言の実施などを支援してきました。 中でも、大手製薬企業2社の合弁による新規事業会社の設立は、製薬業界においてのモデルケースとも呼べる程の成功を収めました。 設立当時にニュースとして取り上げられた新聞記事の切り抜きは、自分自身が働いた証しとして今でも保管してあります。 ライフサイエンス領域に限らず、複数企業がそれぞれの強みを持ち寄り、会社の枠組みや垣根を越えて連携しなければ、グローバルでは生き残れません。 今後は、業界全体や社会全体における新たなルール策定など、利害が絡み合うプレーヤー同士をつなぎ合わせ、合意形成を実現する必要のある案件がさらに増えていくでしょう。 若手が長年働ける環境において積極的な姿勢が求められる職場 DTCでは、新卒で入社するコンサルタントに対して「ファーストステップ支援」と「独り立ち支援」の二つを提供しています。 入社後は質の高いコンサルティングスキルやマインドの研修を経て、コンサルタントとしての土台を整えます。 研修後は、Pool Unitと呼ばれる組織に配属され、専門領域を定める前に多様な案件を経験します。 プロジェクトにアサインされて気が付くのは、経験年数を問わず難易度の高いプロジェクトに参画することと、どんな若手でもコンサルタントは積極的にバリューを出さなければいけないということです。 特に後者のバリューについては、配属後すぐに部門のトップや経営者と議論する場に出向くことも少なくありません。 新人としてではなく、DTCのコンサルタントとして見られているということを忘れてはいけません。 自主的に専門性を高める努力をしながら、現場で貪欲に知識を吸収することで、早くからの独り立ちを期待されています。 そして、コンサルタントとして経験を積んだ3年目くらいからは、自身がトレーナーとなる立場へ。 育てられたら、育てるという文化が根付いています。 志望する業界において自身の専門領域をつくって深めたいという人にはDTCは最適な環境です。 実力があればハードだけれども自身の早期成長や社会へのインパクト創出につながる案件に向き合えます。 これからのコンサルタントは、フレームワークを活用して成果物を作る能力以上に、新しいものを会社や人と共に創造する力や先見性が求められると思います。 DTCで働くことは、単にキャリアが得られるだけでなく、コンサルタントとして深く多角的に考える思考力を身に付け、やりがいのある仕事と向き合えるということです。 自分自身を試し、より成長してみたい人は、ぜひ挑戦してみてください。 Interview Report.

次の