ねネフライト。 ネフライト

Nephrite【ネフライト】の最新動画|YouTubeランキング

ねネフライト

18 上の写真はビルマ産ネフライト原石。 7kg。 日本には滅多に入ってこない。 日本で購入できる緑色のネフライトの大部分はカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州産で、 産地にちなんでBCジェードとよばれる。 下の写真は姫川産のホワイト・ネフライト。 5kg。 糸魚川市のホッサマグナ・ミュージアムで鑑別済みと聞いている。 白いネフライトが北陸に産するというのは世界中に誇ってもいいことがらと思う。 翡翠とよく似た宝石の筆頭はネフライト(軟玉翡翠)、次にコスモクロア(マウシッシ)、 色合いの似た石に日高翡翠とか長崎翡翠というのもある。 北陸のヒスイ海岸ではロジン岩やアルビタイト(曹長岩)がしばしば翡翠原石と間違われる。 薄紅色をして愛らしいピンクヒスイ(桃簾石)はロジン岩の仲間だ。 緑色凝灰岩(グリーンタフ)はさほど珍しくないが、古代史的に貴重だ。 ヒスイ海岸でネフライトを採集できることを知ったときは嬉しかった。 きれいな石をやみくもに拾ってきて、あとでそこに黒いネフライトらしき石を 見つけたときはさらに嬉しかった。 日本のヒスイ・ハンターは「翡翠」という言葉に幻惑されていて、 翡翠以外の鉱物・岩石に興味を示さない人が多いようだ。 金銭価値からすればネフライトは低品位の翡翠原石程度なのだが、 鉱物の魅力としては翡翠と肩を並べて十分すぎるほどの価値がある。 知っている範囲でいえば、海岸でネフライト原石が採集できるのは、 アメリカの西海岸に一か所あるきりで、この小さな標本は、 スペイン産のダブルポイント状のヘマタイトクォーツや、 アメリカ産の球状天然黒曜石であるアパッチティアーズ、 結晶形の美麗な各種ガーネットの結晶、などと並んで サムネールボックス・コレクションのアイドル的存在になっている。 (海岸で入場規制もなく、誰もが気軽に翡翠を採集できるのは 世界中で北陸のヒスイ海岸だけ。 奇跡のような出来事だ。 ) サムネールは親指の爪の意味。 親指の爪ほどに小さな鉱物標本を 専用の透明プラスチックボックスに入れてコレクションする。 このサイズの標本はA4サイズのレターケースに収められて、 たくさん集めても場所をとらない利点がある。 ネフライトは世界史的にみるなら、ラピスラズリやターコイス、カーネリアンより はるかに古くから活用されてきた鉱物で、先史時代のヨーロッパでは磨製石斧に加工された。 ニュージーラント、台湾、カナダなどの主要産地でも、 パワーストーン・霊石の扱いを受けて、石器、護符の類いが作られた。 周・秦・漢などの古代中国で最高の「玉(ぎょく)」とされたのは、 獣の脂身のように純白で半透明、幼児の肌のようにきめこまやかな石肌の 白玉(はくぎょく・ホワイトネフライト)だった。 中国では18世紀にビルマから翡翠が輸入されるようになって、 乾隆帝 1711-1799)や西太后 1835-1908)の愛玩によって大流行するまでは、 宝玉(ほうぎょく)といえばネフライトを指した。 (天然石・宝石に関心のない人たちの知識・思考に目くじら立てることはないが、 現代の日本では翡翠と「玉(ぎょく)」が区分けされないままになっていて、 玉を全部翡翠と思いこんでいる。 教科書的・世の中的には玉製品はすべからく翡翠と記載されているが、 隋・唐・宋・元など古い時代の中国には翡翠(硬玉)はなかった。 ) このネフライトが北陸の産地では継子(ままこ)扱いを受けていて、 ヒスイ・ハンターたちが「ネフ」などと呼び捨てにするのは尋常じゃないことに思えた。 ヒスイ輝石が輝石グループに属しているのに対して、ネフライトは角閃石グループに属している。 硬度の違いというか、職人たちが加工するときの感触の違いから、 前者は硬玉、後者は軟玉とよびならわされてきた。 輝石も角閃石も造岩鉱物としてはありふれた存在で、変成岩におおく含まれている。 以前に紹介したように、地球型惑星を構成する6大元素、 酸素・ケイ素・アルミニウム・マグネシウム・カルシウムを 適宜結び付けると輝石の類いが析出する。 雑な表現ではこれに水酸基(水)を結合させれば角閃石ができる。 角閃石グループの白色をしたものがトレモライト(透閃石)、 緑色の代表がアクチノライト(陽起石、透緑閃石、近ごろは緑閃石ともいうようだ)。 濃紺色のものがリーベック閃石。 これらの結晶の極微なものの緻密な凝集体がネフライトで、濃緑色だけではなく、 白・緑・青・黒・黄など、いろいろな色合いがある。 北陸のヒスイ海岸では濃緑色の一般的色合いのほかに、 緑と白のまだら模様や、黒色のものを採集できる。 理屈上は白色ネフライトもあって当然なのだが、 黒色ネフライトが黒翡翠と区分けしにくいのと同様、 白色ネフライトは白翡翠と見分けにくい。 ケイ灰石関係の岩石と近似のこともある。 金銭的価値で問うなら純白のネフライトは白い翡翠が及びもつかないほど高価なのだが、 これを知って、白いネフライトを探すヒスイハンターはいないようだ。

次の

ネフライトの意味・石言葉・効果・色の種類【12月13日誕生石】

ねネフライト

誕生石としてのネフライト ネフライトは 12月13日の誕生石です。 12月13日は他にも、下記の「モノ」に縁があります。 モノ名称 モノコトバ 誕生花 チランジア 不屈 誕生鳥 ウミアイサ おしゃれ 誕生酒 ティフィンモヒート 人生の道を登り極める女性 誕生色 洗朱 移り気・優しさ・人間関係 ネフライトの浄化方法・お手入れの仕方 ネフライトの浄化には、以下のような方法があります。 太陽による浄化• 月光による浄化• クリスタルクラスターによる浄化• 水による浄化• 塩による浄化• スマッジングによる浄化• エッセンスによる浄化• 煙による浄化• お香(セージ)による浄化 参考サイト:.

次の

翡翠(ネフライト・軟玉)の意味・効果

ねネフライト

広告 神コラボや本物?とか絶対に見るとか。 ヒカキンさん見るたびにどんどん上手くなってるとか 反応もかなり良いです。 【Fortnite】 さんから — HIKAKIN😎ヒカキン 【YouTuber】 hikakin ネフライトさんがヒカキンさんにレクチャーする動画 ネフライトさんが作ったエイム練習場でレクチャー。 自分もよく的当てとボット撃ちで使わさせていただいてます。 ここでヒカキンさんがプロ相手にショットガンの練習をします。 さてどちらが勝つのか!? 詳しくは動画を確認ください。 2人でデュオする動画 先ほども言いましたがこの動画が面白かったです。 なんかネフライトさんとヒカキンさんって結構うまが合いそうです。 特にヒカキンさんがネフライトさんのモノマネする所が面白い。 一番の見所はヘビースナイパーでヒカキンさんがヤグラを破壊した後にネフライトさんがヘビースナイパーで相手に命中させるところがやばい! かなり息が合ってる感じです。 まあ詳しくは動画をみてくださいね。 この動画、今後も続けて欲しいです。 個人的にヒカキンさんが上手くなって年末にネフライトさんとタイマンする企画が見てみたい。 弟子が師匠を超えるみたいな。。 もしくは、ネフライトさんが毎回お題を出してヒカキンさんがクリアーしていく動画も面白いですよね。 ゴルキンショット健在! デュオでもヒカキンさんがゴルキンショットを連発しています。 なんかいつもより当ててます。 まとめ 今回、本当にびっくりしました。 まさかヒカキンさんがネフライトさんと一緒にプレイするなんて。 それに動画自体も面白いし楽しませてもらいました。 是非今後も続けて欲しいです。 まだ観てない方は是非観てください!•

次の