ウイイレ2020 ガチャ 当たり。 【ウイイレアプリ2020:3月30日CSクラブセレクション(バルセロナ・マンチェスターU)】闇ガチャ確定!もう飽きたよバルセロナ!マンチェスターUももういいでしょ!

TOP

ウイイレ2020 ガチャ 当たり

UPDATES• Official Account• No reproduction is allowed without the prior written approval of UEFA. adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. Milan Official product manufactured and distributed by KONAMI under licence granted by A. Roma S. A and Soccer s. di Brand Management S. Producto Oficial.

次の

【ウイイレアプリ2020】リセマラ当たりランキング【最新版】|ゲームエイト

ウイイレ2020 ガチャ 当たり

スピ瞬が90越えと非常に足が速く、ラインブレイカー泣かせの選手です。 スキルも 「マンマーク」「インターセプト」持ちでガチスカに入っていてもおかしくない選手です。 ボディコントロールも93、フィジカルコントクトも88と当たり負けはそうそうしない選手です。 プレースタイルが ビルドアップなのが少し残念ですが、それを差し引いても今回一番の当たりになります。 一線級で活躍できるパス能力の持ち主ですね。 逆足頻度と精度も3と非常に高く、利き足を意識せずにパスを送り出せる嬉しい設定となりました。 万能型が多いボックストゥボックスの選手なので他の能力も軒並み高いです。 スピ瞬ともに90に迫る数値になっており足の早さもまた魅力的。 コンディション安定度も7と大きく調子を崩すことは少ないですね。 現在活躍するCF選手のほとんどがラインブレイカーであることがプラス査定、 ボディコンとフィジコンも最低限高い部類に入りボールコントロールにつなげられます。 決定力が94と得点圏で力を発揮できるだけの能力があります。 スキルも 「アクロバティックシュート」「ワンタッチシュート」「コントロールカーブ」「ミドルシュート」「ドロップシュート」「ライジングシュート」と徹底したストライカースキルが魅力です。 逆足頻度3、逆足精度4とサイドを選ばずにゴールを習えます。 多くの優秀なCFがいる中ではありますが、十分に通用すると思われます。 一般的に言われる攻撃的ポジションは何でもこなせます。 CFはできませんが、そのほかのポジションは何でもこなせます。 ゲームを代表する プレースキッカーになります。 プレースキックがカンスト、カーブが98と能力が高く、キック力も91と高めなので壁超え、弾丸シュートと多彩です。 逆足頻度と精度の高さも魅力的ですね。 他の能力も高めです。 守備性能とジャンプ以外は何でもできると思ってよいと思われます。 フィジカルコンタクト、ボディコントロールも84、85とハイスペックな選手が多い中でも通用する能力になっていますね。 コンディンション安定度7もおいしいです。 何よりも素晴らしいのはこの スピードです。 スピード89、瞬発力87とSBとして必要な能力がありますね。 スタミナも準カンストの98とスタミナ切れをあまり心配しなくてよさげです。 ピンポイントクロスを持っているので攻撃時に活用したい選手です。 左であれば、 LSBを適正MAX、LMF、LWGもポジショントレーニングで適正値MAXにできます。 左サイドのスペシャリストになりますね。 サイドを担当する選手に必要である スピ瞬が非常に高く、これだけで有能といってもよい選手になりますね。 ボディコントロールも92と高くあたり負けしにくいのもうれしいですね。 ピンポイントクロスで多くアシストしてくれそうです。 スタミナが92とSBとしては少なめです。 システムによってはスタミナ切れに注意する必要があるかもしれません。 近年のはやりである守備的CMFとして活躍できる選手です。 スキルは一転して 「ピンポイントクロス」「スルーパス」と攻撃的なスキルを有しているのも嬉しい選手です。 前述した通り守備能力に秀でており、 アグレッシブネスがカンスト。 ディフェンスネス94、ボール奪取93と優秀さが光りますね。 パススキル系から見て取れる通り グラウンダーパス、フライパスともに90越えと攻守両立タイプになります。 プレースタイルがハードプレスであれば、もっと上位にいたかもしれない選手ですね。 GKセンス、クリアリング、ディフレクティングがいずれも95越えと優秀。 低弾道パントキック持ちなのもうれしいですね。 残念なのはすでに優秀なGKが多数輩出されていること、 身長185cmとGKとしては高身長とは言えないのがなんとも言えません。 選出されるタイミングが悪かったかなと思われますが、他に優秀なGKがいない人であれば、何が何でも獲得してほしい選手になります。 CS:マルセイユ 次回FP選手を徹底予想! 今回初めてのCS選出となったマルセイユ。 非常に優秀な選手が多く在籍し、有能な選手としてパワーアップを果たしています。 日本人プレイヤー酒井宏樹選手もノミネートされました。 昔から多くの優秀な選手を欧州各国のビッククラブに送り出してきた若手選手の登竜門です。 今後のCS選出が非常に楽しみなチームですね。 予想選手1:ブマカル・カマラ 今後に期待が寄せられる! フランス待望の若手CB! オリンピックマルセイユ所属の20歳の若手CBになります。 2015年に世代別のフランス代表に選出されて以降、U17、U18、U19、U20、U21と着実にステップアップしていますね。 前述の通り、 オリンピックマルセイユは選手育成に評判があるチームなので、5、10年後にはフランスを代表するCBになっているかもしれません。 能力 数値予想 オフェンスセンス 80 コントロール 93 ドリブル 90 キープ 87 グラウンダーパス 91 フライパス 90 決定力 72 ヘディング 94 フリーキック 75 カーブ 77 スピード 94 瞬発力 93 キック力 91 ジャンプ 99 フィジカル 90 ボディコントロール 95 スタミナ 95 DFセンス 99 ボール奪取 96 アグレッシブネス 94 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 3 コンディション安定度 6 怪我耐性 2 2回目CS導入でアイコニック級に! 今回のCSでは最も評判が高い選手なだけに、 2回目の導入があればその力はアイコニック選手と比べても劣りません。 スキルも マンマークとインターセプトがつくとますますゲームバランス崩壊をさせてしまうかもしれない選手になります。 ジャンプとディフェンスセンスがカンストしているので、セットプレーでも力を発揮。 スピ瞬も高いので、裏抜けにも十分対応できる能力になってしまいます。 2回目のCSが来てほしくないような、来てほしいような複雑な気持ちにさせてくれる非常に優秀な選手になります。 予想選手2:フロリアン・トヴァン 圧巻のスピード! ついたあだ名はフランスのロッペン! フランスサッカーのファンであれば、知らない人はいない選手かと思います。 ドリブル、シュート、そして圧倒的なスピードでカットインを図る形はまさにロッペンのようです。 日本人にとってもなじみ深い選手であると思います。 酒井宏樹選手との連携は抜群で、リーグ屈指の連携をみせています。 今回のCSで選出されなかったのは不思議な選手であると感じています。 能力 数値予想 オフェンスセンス 88 コントロール 93 ドリブル 95 キープ 94 グラウンダーパス 88 フライパス 90 決定力 88 ヘディング 78 フリーキック 81 カーブ 88 スピード 91 瞬発力 94 キック力 88 ジャンプ 76 フィジカル 85 ボディコントロール 90 スタミナ 91 DFセンス 56 ボール奪取 54 アグレッシブネス 66 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 2 コンディション安定度 6 怪我耐性 2 万能系ウイングストライカー! 通常でもオリンピックマルセイユ内では能力値が最も高い選手になります。 これまでの経歴、CS能力を予想するとこれでも少ないくらいかもしれません。 能力は守備以外はなんでもこなせる万能系のWGになりそうです。 特筆すべきはドリブル値の95!! ボールキープ時にも力を発揮してくれそうですね。 能力値はグリーズマンを彷彿とさせてくれますね。 コンディション安定度6もうれしいですね。 これだけの能力になると、どんな場面でも活躍してくれそうです。 クロスにカットイン、多彩なプレーで沸かせてくれると思います。 予想選手3:酒井宏樹 日本が世界に誇るSB! 言わずともしれた日本を代表するSBです。 これまで多くの日本人SBが海外挑戦をしており、激戦区を勝ち抜いてきたSBになります。 その守備の貢献度は 名門オリンピックマルセイユでも評価されており、欧州で一番力が認められている選手になりますね。 年齢も29歳とサッカー選手として最も脂がのっている時期になっています! 能力 数値予想 オフェンスセンス 80 コントロール 85 ドリブル 82 キープ 78 グラウンダーパス 84 フライパス 86 決定力 70 ヘディング 77 フリーキック 72 カーブ 84 スピード 91 瞬発力 89 キック力 86 ジャンプ 87 フィジカル 86 ボディコントロール 87 スタミナ 99 DFセンス 87 ボール奪取 89 アグレッシブネス 92 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 3 逆足精度 3 コンディション安定度 3 怪我耐性 7 今回CSから微増! タフさが目立つSBに! 全体的に微増する形で予想しましたが、ますます一線級に近づく結果となりました。 上下動が激しいSBとして考えると、スタミナ99がなによりもありがたいです。 元々のバランスが良い選手になるので、その力は微増するだけで化けますね。 ディフェンス性能も全てが90に近づいています。 攻撃時には前述したトヴァンとの連携に期待大です。 ピンポイントクロス持ちのクロスはやはり脅威的です。 レベマ時、 ディフェンスセンスがカンストし、ボール奪取94、アグレッシブネス92という高数値に加え、 スピ瞬が高い俊足のCBカマラや、 最大総合値97、グラウンダーパス96、フライパス95と高数値のパス能力を有するサンソンなど、 期待の若手からベテランまで層が厚く、日本代表の酒井宏樹も所属しているのが、リーグ・アンの名門クラブ 「オリンピック・マルセイユ」です。

次の

【ウイイレアプリ2020】インテルIMの能力値と当たりランキング|LarkaGamesの目指せウイイレ日本一

ウイイレ2020 ガチャ 当たり

スピ瞬が90越えと非常に足が速く、ラインブレイカー泣かせの選手です。 スキルも 「マンマーク」「インターセプト」持ちでガチスカに入っていてもおかしくない選手です。 ボディコントロールも93、フィジカルコントクトも88と当たり負けはそうそうしない選手です。 プレースタイルが ビルドアップなのが少し残念ですが、それを差し引いても今回一番の当たりになります。 一線級で活躍できるパス能力の持ち主ですね。 逆足頻度と精度も3と非常に高く、利き足を意識せずにパスを送り出せる嬉しい設定となりました。 万能型が多いボックストゥボックスの選手なので他の能力も軒並み高いです。 スピ瞬ともに90に迫る数値になっており足の早さもまた魅力的。 コンディション安定度も7と大きく調子を崩すことは少ないですね。 現在活躍するCF選手のほとんどがラインブレイカーであることがプラス査定、 ボディコンとフィジコンも最低限高い部類に入りボールコントロールにつなげられます。 決定力が94と得点圏で力を発揮できるだけの能力があります。 スキルも 「アクロバティックシュート」「ワンタッチシュート」「コントロールカーブ」「ミドルシュート」「ドロップシュート」「ライジングシュート」と徹底したストライカースキルが魅力です。 逆足頻度3、逆足精度4とサイドを選ばずにゴールを習えます。 多くの優秀なCFがいる中ではありますが、十分に通用すると思われます。 一般的に言われる攻撃的ポジションは何でもこなせます。 CFはできませんが、そのほかのポジションは何でもこなせます。 ゲームを代表する プレースキッカーになります。 プレースキックがカンスト、カーブが98と能力が高く、キック力も91と高めなので壁超え、弾丸シュートと多彩です。 逆足頻度と精度の高さも魅力的ですね。 他の能力も高めです。 守備性能とジャンプ以外は何でもできると思ってよいと思われます。 フィジカルコンタクト、ボディコントロールも84、85とハイスペックな選手が多い中でも通用する能力になっていますね。 コンディンション安定度7もおいしいです。 何よりも素晴らしいのはこの スピードです。 スピード89、瞬発力87とSBとして必要な能力がありますね。 スタミナも準カンストの98とスタミナ切れをあまり心配しなくてよさげです。 ピンポイントクロスを持っているので攻撃時に活用したい選手です。 左であれば、 LSBを適正MAX、LMF、LWGもポジショントレーニングで適正値MAXにできます。 左サイドのスペシャリストになりますね。 サイドを担当する選手に必要である スピ瞬が非常に高く、これだけで有能といってもよい選手になりますね。 ボディコントロールも92と高くあたり負けしにくいのもうれしいですね。 ピンポイントクロスで多くアシストしてくれそうです。 スタミナが92とSBとしては少なめです。 システムによってはスタミナ切れに注意する必要があるかもしれません。 近年のはやりである守備的CMFとして活躍できる選手です。 スキルは一転して 「ピンポイントクロス」「スルーパス」と攻撃的なスキルを有しているのも嬉しい選手です。 前述した通り守備能力に秀でており、 アグレッシブネスがカンスト。 ディフェンスネス94、ボール奪取93と優秀さが光りますね。 パススキル系から見て取れる通り グラウンダーパス、フライパスともに90越えと攻守両立タイプになります。 プレースタイルがハードプレスであれば、もっと上位にいたかもしれない選手ですね。 GKセンス、クリアリング、ディフレクティングがいずれも95越えと優秀。 低弾道パントキック持ちなのもうれしいですね。 残念なのはすでに優秀なGKが多数輩出されていること、 身長185cmとGKとしては高身長とは言えないのがなんとも言えません。 選出されるタイミングが悪かったかなと思われますが、他に優秀なGKがいない人であれば、何が何でも獲得してほしい選手になります。 CS:マルセイユ 次回FP選手を徹底予想! 今回初めてのCS選出となったマルセイユ。 非常に優秀な選手が多く在籍し、有能な選手としてパワーアップを果たしています。 日本人プレイヤー酒井宏樹選手もノミネートされました。 昔から多くの優秀な選手を欧州各国のビッククラブに送り出してきた若手選手の登竜門です。 今後のCS選出が非常に楽しみなチームですね。 予想選手1:ブマカル・カマラ 今後に期待が寄せられる! フランス待望の若手CB! オリンピックマルセイユ所属の20歳の若手CBになります。 2015年に世代別のフランス代表に選出されて以降、U17、U18、U19、U20、U21と着実にステップアップしていますね。 前述の通り、 オリンピックマルセイユは選手育成に評判があるチームなので、5、10年後にはフランスを代表するCBになっているかもしれません。 能力 数値予想 オフェンスセンス 80 コントロール 93 ドリブル 90 キープ 87 グラウンダーパス 91 フライパス 90 決定力 72 ヘディング 94 フリーキック 75 カーブ 77 スピード 94 瞬発力 93 キック力 91 ジャンプ 99 フィジカル 90 ボディコントロール 95 スタミナ 95 DFセンス 99 ボール奪取 96 アグレッシブネス 94 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 3 コンディション安定度 6 怪我耐性 2 2回目CS導入でアイコニック級に! 今回のCSでは最も評判が高い選手なだけに、 2回目の導入があればその力はアイコニック選手と比べても劣りません。 スキルも マンマークとインターセプトがつくとますますゲームバランス崩壊をさせてしまうかもしれない選手になります。 ジャンプとディフェンスセンスがカンストしているので、セットプレーでも力を発揮。 スピ瞬も高いので、裏抜けにも十分対応できる能力になってしまいます。 2回目のCSが来てほしくないような、来てほしいような複雑な気持ちにさせてくれる非常に優秀な選手になります。 予想選手2:フロリアン・トヴァン 圧巻のスピード! ついたあだ名はフランスのロッペン! フランスサッカーのファンであれば、知らない人はいない選手かと思います。 ドリブル、シュート、そして圧倒的なスピードでカットインを図る形はまさにロッペンのようです。 日本人にとってもなじみ深い選手であると思います。 酒井宏樹選手との連携は抜群で、リーグ屈指の連携をみせています。 今回のCSで選出されなかったのは不思議な選手であると感じています。 能力 数値予想 オフェンスセンス 88 コントロール 93 ドリブル 95 キープ 94 グラウンダーパス 88 フライパス 90 決定力 88 ヘディング 78 フリーキック 81 カーブ 88 スピード 91 瞬発力 94 キック力 88 ジャンプ 76 フィジカル 85 ボディコントロール 90 スタミナ 91 DFセンス 56 ボール奪取 54 アグレッシブネス 66 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 2 逆足精度 2 コンディション安定度 6 怪我耐性 2 万能系ウイングストライカー! 通常でもオリンピックマルセイユ内では能力値が最も高い選手になります。 これまでの経歴、CS能力を予想するとこれでも少ないくらいかもしれません。 能力は守備以外はなんでもこなせる万能系のWGになりそうです。 特筆すべきはドリブル値の95!! ボールキープ時にも力を発揮してくれそうですね。 能力値はグリーズマンを彷彿とさせてくれますね。 コンディション安定度6もうれしいですね。 これだけの能力になると、どんな場面でも活躍してくれそうです。 クロスにカットイン、多彩なプレーで沸かせてくれると思います。 予想選手3:酒井宏樹 日本が世界に誇るSB! 言わずともしれた日本を代表するSBです。 これまで多くの日本人SBが海外挑戦をしており、激戦区を勝ち抜いてきたSBになります。 その守備の貢献度は 名門オリンピックマルセイユでも評価されており、欧州で一番力が認められている選手になりますね。 年齢も29歳とサッカー選手として最も脂がのっている時期になっています! 能力 数値予想 オフェンスセンス 80 コントロール 85 ドリブル 82 キープ 78 グラウンダーパス 84 フライパス 86 決定力 70 ヘディング 77 フリーキック 72 カーブ 84 スピード 91 瞬発力 89 キック力 86 ジャンプ 87 フィジカル 86 ボディコントロール 87 スタミナ 99 DFセンス 87 ボール奪取 89 アグレッシブネス 92 GKセンス 40 キャッチング 40 クリアリング 40 コラプシング 40 ディフレクティング 40 逆足頻度 3 逆足精度 3 コンディション安定度 3 怪我耐性 7 今回CSから微増! タフさが目立つSBに! 全体的に微増する形で予想しましたが、ますます一線級に近づく結果となりました。 上下動が激しいSBとして考えると、スタミナ99がなによりもありがたいです。 元々のバランスが良い選手になるので、その力は微増するだけで化けますね。 ディフェンス性能も全てが90に近づいています。 攻撃時には前述したトヴァンとの連携に期待大です。 ピンポイントクロス持ちのクロスはやはり脅威的です。 レベマ時、 ディフェンスセンスがカンストし、ボール奪取94、アグレッシブネス92という高数値に加え、 スピ瞬が高い俊足のCBカマラや、 最大総合値97、グラウンダーパス96、フライパス95と高数値のパス能力を有するサンソンなど、 期待の若手からベテランまで層が厚く、日本代表の酒井宏樹も所属しているのが、リーグ・アンの名門クラブ 「オリンピック・マルセイユ」です。

次の