コメ 収穫 量。 お米の量と田んぼの広さ

お米の量と田んぼの広さ

コメ 収穫 量

都道府県 収穫量 収穫量割合 作付面積 作付面積割合 - 全国 8,439,000 t - 1,575,000 ha - 1 656,900 t 7. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「米」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「米」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「米(こめ,稲)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「米」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「米(こめ,稲)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「米」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「米」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「米」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「米」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「米」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の

「米の生産性」 と 「麦の生産性」の比較

コメ 収穫 量

CARD事務局は2008年10月13日、AGRA内に開局。 写真は当時の平岡専門員。 アフリカでコメの生産量が伸びないのはなぜか——、それは「食味や品質の問題などから国産米が消費者のニーズに合わず、作っても売れないため農家は生産を拡大しようとしないのです」と断言するのは、2008年のCARD立ち上げから4年間、ケニア・ナイロビの事務局でコーディネーターとして奮闘したJICAの平岡洋国際協力専門員です。 CARD対象国の23ヵ国は、稲作に適しているものの活用されていない土地が多い状況で、潜在的にコメを自給できるだけの能力は十分にあります。 その一方で、消費者の嗜好にあった品種の普及に向けた取り組み不足や、収穫後の処理技術の未熟さなどによる品質の低さ 異物混入や割米 のため、多くの国で国産米は需要が低く安値でしか売れません。 そのため「農家は、儲かる確証のないコメ作りのため、肥料や農機の購入、かんがい施設の維持管理などにお金をかけてまで生産量を上げようという意欲がないのです」と平岡専門員は指摘します。 アフリカは、経済成長や都市化などに伴いコメの重要が急速に高まっているものの、そのような理由で生産量が拡大せず、輸入米に頼らざるを得ないのです。 セネガルの行政官と精米業者を視察する里山企画調査員(右から2番目) 現在、CARD事務局でコーディネーターを務めるJICAの里山隆徳企画調査員は、CARDフェーズ2での取り組みに向け「さらなるコメの品質改善や流通システムの整備、マーケティングの強化などが不可欠。 そのためには各国の稲作振興戦略の実施促進を支援し、加えて民間からの投資拡大も積極的に推し進めていきたいです」と意気込みを語ります。 アフリカの持続可能な開発を後押しするアフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)調整庁などとの連携をさらに図り、アフリカ主導で稲作振興を進める取り組みをJICAも後押ししていきます。 来月10月2日から3日間、JICA研究所(東京・市ヶ谷)にて現・新CARD対象国計32ヵ国やCARDに加盟する国際機関の代表らが集まる第7回CARD総会が開催され、これまでの成果の確認やCARDフェーズ2の枠組みなどについて協議されます。 CARD総会での最終合意が得られれば、横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の開催年である2019年よりCARDフェーズ2が始まる予定です。

次の

庭田んぼでお米を作る!:(3) 庭田んぼ1年目のコメ収穫量、公開!

コメ 収穫 量

都道府県 収穫量 収穫量割合 作付面積 作付面積割合 - 全国 8,439,000 t - 1,575,000 ha - 1 656,900 t 7. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「米」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「米」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「米(こめ,稲)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「米」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「米(こめ,稲)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「米」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「米」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「米」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「米」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「米」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の