牛乳 ケーキ。 牛乳パックをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

牛乳パックをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

牛乳 ケーキ

スポンサードリンク スポンジケーキを作るために最低限必要な材料は、 小麦粉と 卵と 砂糖です。 牛乳は、必須の材料ではありません。 でも、スポンジケーキのレシピには、 いろいろなものが入ってますよね。 小麦粉・卵・砂糖以外の材料には、 風味を良くしたり、 保存性を高めたり、 生地をしっとりさせるなど、 様々な役割があります。 このうち牛乳の果たす役割は、 生地をしっとりさせることです。 のパティシエさんのブログで紹介されている レシピには、牛乳は入っていません。 しっとりさせたい場合の応用として、 牛乳を加えることが書かれています。 つまり、 「牛乳がなくてもおいしいスポンジケーキは作れる。 もし 豆乳があるなら、 豆乳を牛乳の代用に使うことができます。 でも、豆乳もなかったら? しっとりさせるのが目的なら、 いっそ水でもいいのでは・・・!? スポンサードリンク ちょっと待ってください! スポンジケーキは、 水分量と油脂量の 絶妙なバランスで膨らみます。 そのため、油脂分がない水を使うと、 膨らみが落ちる可能性があるので、 あまりおすすめできません。 水分量と油脂量のバランスを考えるなら、 バターと牛乳を足した分量を、 生クリームに換えるという方法がいいでしょう。 ただ、生クリームには油脂分が多いので、 牛乳の代わりにするのは向きません。 ですが、バターと牛乳の両方を合わせた分を代用するなら、 水分量と油脂量のバランスが保てるので、おすすめです。 生クリームは、デコレーションに使うから余分はない? それなら、…コーヒーに入れる「クリープ」や「ブライト」 などの 粉末ミルクはないでしょうか。 粉末ミルクを溶かしたものなら、牛乳の代用にできます。 粉末ミルク大さじ2に対し、 同量のお湯を加えて溶かします。 そこへ、お水70ml程度加えて混ぜます。 できあがるミルク量は100ml程度が目安です。 これを牛乳の代わりにすれば、 牛乳とほぼ変わらない仕上がりになりますよ。 粉末ミルクで作った代用ミルクは、 レシピの牛乳の量と同じだけ使うようにしてくださいね。 このように様々な方法がありますから、 牛乳がないという理由だけで スポンジケーキ作りをあきらめないでくださいね! まとめ スポンジケーキは、 牛乳がなくてもおいしく作ることができるんですね~ 牛乳はないけど、生地をしっとり仕上げたい。 そんな時は、今回ご紹介した代用法で、 ぜひ試してみてくださいね。 おいしいスポンジケーキができるのが楽しみですね!.

次の

牛乳パックをケーキ型の代わりに使いたいけど…オーブンで焼いても大丈夫?注意点はある?

牛乳 ケーキ

スポンサードリンク スポンジケーキを作るために最低限必要な材料は、 小麦粉と 卵と 砂糖です。 牛乳は、必須の材料ではありません。 でも、スポンジケーキのレシピには、 いろいろなものが入ってますよね。 小麦粉・卵・砂糖以外の材料には、 風味を良くしたり、 保存性を高めたり、 生地をしっとりさせるなど、 様々な役割があります。 このうち牛乳の果たす役割は、 生地をしっとりさせることです。 のパティシエさんのブログで紹介されている レシピには、牛乳は入っていません。 しっとりさせたい場合の応用として、 牛乳を加えることが書かれています。 つまり、 「牛乳がなくてもおいしいスポンジケーキは作れる。 もし 豆乳があるなら、 豆乳を牛乳の代用に使うことができます。 でも、豆乳もなかったら? しっとりさせるのが目的なら、 いっそ水でもいいのでは・・・!? スポンサードリンク ちょっと待ってください! スポンジケーキは、 水分量と油脂量の 絶妙なバランスで膨らみます。 そのため、油脂分がない水を使うと、 膨らみが落ちる可能性があるので、 あまりおすすめできません。 水分量と油脂量のバランスを考えるなら、 バターと牛乳を足した分量を、 生クリームに換えるという方法がいいでしょう。 ただ、生クリームには油脂分が多いので、 牛乳の代わりにするのは向きません。 ですが、バターと牛乳の両方を合わせた分を代用するなら、 水分量と油脂量のバランスが保てるので、おすすめです。 生クリームは、デコレーションに使うから余分はない? それなら、…コーヒーに入れる「クリープ」や「ブライト」 などの 粉末ミルクはないでしょうか。 粉末ミルクを溶かしたものなら、牛乳の代用にできます。 粉末ミルク大さじ2に対し、 同量のお湯を加えて溶かします。 そこへ、お水70ml程度加えて混ぜます。 できあがるミルク量は100ml程度が目安です。 これを牛乳の代わりにすれば、 牛乳とほぼ変わらない仕上がりになりますよ。 粉末ミルクで作った代用ミルクは、 レシピの牛乳の量と同じだけ使うようにしてくださいね。 このように様々な方法がありますから、 牛乳がないという理由だけで スポンジケーキ作りをあきらめないでくださいね! まとめ スポンジケーキは、 牛乳がなくてもおいしく作ることができるんですね~ 牛乳はないけど、生地をしっとり仕上げたい。 そんな時は、今回ご紹介した代用法で、 ぜひ試してみてくださいね。 おいしいスポンジケーキができるのが楽しみですね!.

次の

牛乳を使ったレシピ

牛乳 ケーキ

牛乳パックをケーキ型にしてオーブンで焼いても大丈夫? 牛乳パックって紙でできていますし、オーブンで焼いたら焦げたり燃えたりしないかって心配になりますね。 まず、その心配はいりません! 牛乳パックを型にしてケーキを焼くことはできるんですよ。 だったらわざわざ型を買わなくても家にある牛乳パックで作ったらいいわね~ということになります。 でも、牛乳パックをケーキ型にすることでデメリットもあるんです。 そこで、次にそのデメリットと対策についてお伝えしていきましょう。 牛乳パックをケーキ型に使ったときのデメリットとその対策 牛乳パックは紙でできていて、その内側はポリエチレンでコーティングされています。 牛乳という食品を入れているのですから、特に人体に害のあるものではありませんね。 しかし、熱を加えることで、そのコーティングが溶けてしまう可能性があると、牛乳メーカーさんの発表もありました。 このポリエチレンは110度から溶け始めると言われてます。 ケーキを焼くときのオーブンの温度は180度などかなり高温ですよね。 内側のコーティングが溶けてしまう可能性は十分にあります。 コーティングが溶けてしまったら、焼けたケーキにもついている可能性が高く、それを食べるということもやはり体には良くないと言えます。 では、牛乳パックは使ってはいけないか?と言えばそういうわけではありません。 きちんと対策をしていれば問題なく使えますよ。 どうしたらいいのでしょう? ケーキなどの生地が直接、牛乳パックに触れないようにすればよいわけです。 具体的に言えば、牛乳パックにオーブンシートやクッキングシートなどを敷いてそこに生地をいれるというわけです。 オーブンシートなどを敷く前に、アルミホイルで包むという人もいます。 スポンサーリンク もちろんこれでも大丈夫です。 しかしアルミホイルで包んだ牛乳パックに生地を入れると、焼きあがった時にはがれにくいという欠点があるので、アルミホイルで包んだあとにもオーブンシートやクッキングシートを使うようにしましょう。 ほかに注意する点は? 牛乳パックをケーキ型の代わりにするときに、他に注意する点はあるでしょうか? 牛乳パックも頑丈だといえば頑丈なのですが、パウンドケーキなどの生地を入れると横に広がって、形が崩れる場合があります。 焼いている過程で崩れることもあるのです。 それを防止するには牛乳パックを2重にすると良いですよ。 また、牛乳パックをオーブンに入れるときには天板の上におくわけですが、牛乳パックの外側のコーティングも溶けるという可能性がでてきます。 外側のコーティングが溶けるとどうなるか? 牛乳パックが天板にくっついてしまったり、とれたとしても、その溶けたコーティングや色などが天板についてしまう可能性があります。 それを防ぐためには、天板にアルミホイルを敷いてその上に牛乳パックを置くと大丈夫です。 もしくは、牛乳パック全体をアルミホイルで包んでしまっても良いですね。 その際には内側にはオーブンシートを敷くことをお忘れなく。 ケーキ型の代わりに使えるものって他にある? 牛乳はどの家庭でも良く飲むものなので、牛乳パックを再利用してケーキを焼くというのはとても良いと思うのですが、牛乳パックがないという家庭もありますね。 または、内側のコーティングが溶けるなどという話を聞くと、どうしても気が進まないということもあります。 さらにキレイな形に仕上がらなかったらという心配もあったりします。 他にケーキの型になるようなものはないのでしょうか? ティッシュの空き箱でも良いというのですが、少し弱い感じがしますね。 お土産でもらうようなお菓子の空き箱なども利用できるかと思います。 また、クッキーやおせんべいを食べたあとの空き缶も十分に使えます。 ケーキの形を考えながら型を選んでみるとよいでしょう。 家に何もない!という時には、100均ショップでもケーキの型は売ってますよ。 使い捨てというわけでもないですし、気に入ったものを選んでみましょう。 100均なので、初心者でも負担なく購入できそうです。 さいごに 牛乳パックはキッチンでもまたはお子さんの工作などでも、いろんなところに活躍できる廃品ですね。 ケーキを焼くときにも、特にパウンドケーキを焼くときに形がちょうどいいので重宝します。 しかし、オーブンで焼くには注意が必要だということを覚えておいてくださいね。 内側も外側も溶ける可能性がありますので、両方対策が必要です。 ケーキ型がないときのお助けマンとしては十分に役を果たしてくれるはずです。 おいしいケーキを焼いてくださいね。

次の