岐阜 市 ホームレス。 わずかな収入、捨て猫の餌代に 死亡のホームレス男性

ホームレス殺害!!少年ら5人の名前や顔画像,facebookは?大学生もいた‼犯行動機は楽しかったから?岐阜市河渡橋

岐阜 市 ホームレス

岐阜市寺田の路上で3月25日、ホームレスの男性が襲撃され死亡した事件で、亡くなった渡邉哲哉さん=当時(81)=は約20年間、現場近くの河渡橋の下で暮らしていた。 住宅地と堤防で隔てられた河川敷でどんな生活をしていたのか。 渡邉さんは収集したアルミ缶を売り、生計を立てていた。 買い取り額は千円前後。 年中真っ黒に日焼けしていたという。 得たお金は猫の4、5日分の餌代で消えた。 春になると橋の近くには猫が捨てられ、多くが一冬を越せずに死ぬ。 渡邉さんは放っておけずに保護していた。 事件で渡邉さんと一緒に襲われた女性(68)とは20年近く同じ橋の下で暮らし、その前は岐阜市内の別の橋を転々として住む場所を探していたらしい。 2018年の西日本豪雨では川が増水して居住場所が水没し、命の危機にさらされた。 行政や警察からアパートに入居し生活保護を受けるよう勧められていたが「猫がいるから」と断っていたという。 近隣住民と衝突することもあった一方、橋の下には孤独を抱える人たちが話し相手を求めてやって来た。 読書が趣味だった渡邉さんは豊かな知識でどんな話にも応じ「おじさんと話していると勉強になる」と驚かせたこともあった。 河川敷には今も渡邉さんを悼む人が訪れ、花を手向けている。 カテゴリ:.

次の

【岐阜・ホームレス殺害事件】どこにも報道されていない「生き証人」の証言《後編》

岐阜 市 ホームレス

ホームレス殺人事件概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 岐阜市の河渡(ごうど)橋付近で3月、住所不定無職の渡辺哲哉さん(当時81)が襲われ死亡した事件で、岐阜県警が19歳の少年5人を殺人や傷害致死の疑いで逮捕して、30日で1週間となる。 5人は渡辺さんに石を投げるなどの暴行を加えたとされており、県警は動機について捜査を進めている。 県警は23日、会社員の少年1人と無職の少年2人を殺人容疑で、朝日大学(同県瑞穂市)の男子大学生2人を傷害致死容疑で逮捕。 25日に岐阜地検に送検した。 県警は認否を明らかにしていない。 県警によると、5人は3月25日未明、岐阜市河渡の河渡橋西詰めから同市寺田の路上までの間、渡辺さんに石を投げつけるなど暴行し、死亡させた疑い。 このうち殺人容疑で逮捕された3人は約1キロにわたって渡辺さんを執拗(しつよう)に追い回し、後頭部に強い打撃を加えて殺害した疑い。 捜査関係者によると、5人は事件当日、渡辺さんを襲うために車に乗り合わせて現場に向かったとみられ、追いかけた少年らは渡辺さんの顔をライトで照らし、進路を妨害したとみられる。 渡辺さんと一緒に生活し、事件当時現場にいた知人女性(68)は取材に、「逃げる際、正面に回り込んで逃げ道を阻まれた」と証言している。 現場は、JR岐阜駅から西へ約4キロの長良川と伊自良(いじら)川の合流地点付近。 渡辺さんは河渡橋の下で約20年間生活。 空き缶を集めて生計をたて、収入のほとんどは猫のえさ代にあてていたという。 3月半ばから何者かに石を投げられるなどの暴行が続き、警察に4回、相談や通報をしていた。 知人女性は「暴行は次第にエスカレートしていたように思う。 怖くて眠れない日々が続いていた」と振り返る。 県警は、逮捕された5人がこれらの暴行にも一部関与していたとみている。 5人以外にも複数の若者が暴行に関わっていたという。 計画性をもって5人は共謀したと見られていて、逮捕された少年の住まいや経歴は 安八町の会社員少年、大垣市の無職少年、瑞穂市の無職少年として報道されています。 殺人犯人は誰? 【犯人速報】 内藤啓太 岐阜城北高校 出身 河瀬大輝 大垣商業高校 出身 鈴木貴大 東能美実業高校 出身 犯人らが猫虐待を楽しむ中ホームレスに止められ一回目に暴行を受けた時、犯人たちが落とした学生証を警察に届け、2人が退部。 その報復行為に10名 — 実名報道 1a9b887c34f6463 御嵩町立向陽中学 東濃実業高校 朝日大学 鈴木貴大くん — こばひろ天皇陛下様🌾 kobahilo1923 【犯人速報】• 内藤啓太 岐阜城北高校 出身• 河瀬大輝 大垣商業高校 出身• 鈴木貴大 東能美実業高校 出身 犯人らが猫虐待を楽しむ中ホームレスに止められ一回目に暴行を受けた時、犯人たちが落とした学生証を警察に届け、2人が退部。 その報復行為に10名 他にも関与が判明している犯人を見ていきます 野球だけやって来た結果が殺人 こちらの人物も関与が強く疑われている人物です 名前:伊藤蓮 関与が強く疑われている人物になります 市立岐阜商業高校出身、朝日大学野球部の内野手だった模様。 必死に野球練習に明け暮れて野球バカ親も一緒になって頑張って来た野球人生。 持ち前のチームプレーで集団暴行殺人事件。 バカ親達もどんな汚い手段でも、勝てば正義みたいな事を指導してきのだろう。 肩を鍛えた人間がチームで投石して、故意にホームレスを殺傷するなんて野球史上最悪の汚点ではないだいろうか。 猫を愛してくれた心優しいホームレスの方を、顔の形が無くなるまで暴行を加える悪人。 18歳から選挙権もあるし立派な大人として認められている年齢になります。 いたずらにもほどが有ります、殺人を犯している集団です。 国民の怒りは収まらず、絶対に許さない、世の中からバッシングを受けるべきだとの声も上がっている 声明文の検索逃れ疑惑で物議 少年2人が通う朝日大学の広報対応がツイッターなどで物議を醸しています。 朝日大は公式ホームページ(HP)で被害者への哀悼や、2人が所属する硬式野球部の無期限活動休止を明らかにしたが、HPに掲載した声明文がインターネ ットで検索しても引っかからないようにしたため、「検索逃れではないか」との批判が出た。 朝日大は「サーバーのダウンを防ぐためで、隠すつもりは毛頭ない」と釈明するが、専門家は「発信方法に問題があった」と指摘している。 朝日大学のHPが学生逮捕に関するの声明文を検索で見つからない用に隠蔽工作 — shimushimu shimu2x 名前が書ければ入学できる朝日大学… 塾講師やっとたとき講師間で噂になっていたが どうやら本当らしい 岐阜県人が語るには 朝日大学 朝日大学硬式野球部.

次の

【岐阜・ホームレス殺害事件】どこにも報道されていない「生き証人」の証言《後編》

岐阜 市 ホームレス

【岐阜・ホームレス殺害事件】どこにも報道されていない「生き証人」の証言《後編》 Aさんは女性刑事に、「あのとき、あなた方(警察)が、私にこれを渡してくれていたなら、渡邉さんは死なずにすんだのではないですか? 」と、問いつめたという。 すると、「まあまあ、そんな責めんといてよ」と傍らにいた男性刑事が笑い、女性刑事は「あれこれ理屈をこねて言い訳するだけだった」と、Aさんは吐き捨てるように言った。 「今度のことで、警察でも検察でもいろんな人に会った。 さらに言うなら、「人として」の痛みへの感性、共感力が欠落した「人間音痴」かもしれない、と私は思った。 略 逮捕の決め手になったのが防犯カメラ。 でもそれも、渡邉さんが亡くなる以前、4度の襲撃の夜も作動していたはずだ。 渡邉さんが死んでからではなく、少年たちが尊い命を奪ってしまう前に、通報を受けた時点ですぐに本気で防犯カメラを確認し、捜査していたら、エスカレートする暴行も食い止められたのではないか。 なぜ死人が出てからでないと、真剣に動かないのか。 遅すぎた警察の対応に、責任はないのだろうか。 警察側は「対応は適切だった。 落ち度はない」という。 しかし、疑念はさらに深まる。 少年の家族に警察関係者がいる可能性 実は、事件の日、襲ってきた少年の1人が、こんな不可解なことを渡邉さんに言ったのを、Aさんは聞いている。 「わたなべ〜、アパート入るらしいなあ〜? ここ出ていくらしいなあ〜」 と。 Aさんは、いったい何を言っているのだろうと不思議でならなかったという。 その謎が解けたのが、事件後、Aさんが生活保護の手続きのために、役所を訪ねたときだった。 対応した生活福祉課の担当者が「実は、渡邉さんにもアパートをご用意していたんですよ。 ですが、まさかこんなことになるとは、残念でした。 もっと早く入っていただけたらよかったのに……」と言うのを聞いて、Aさんはそのとき初めて、合点がいった。 「(犯人と)いたちごっこになるから、ここを出て行け」と言っていた警察もしくは行政関係者が、渡邉さんをアパートへ入居させるための手筈を、本人も知らない間に水面下で進めていたのだと、と思い至った。 「でも、渡邉さん本人も私も知らないことを、なんであのとき、犯人たちが知っていたのか? いくら考えてもおかしい」と、Aさんは首をひねる。 もしAさんが聞き間違えたのではなければ、逮捕された少年の誰かが、警察もしくは行政関係者の動きを事前に知っていたことになる。 そしてその日は、特に「今日はババアに用事がある!」と執拗にAさんを追いかけ回したのも、2人がアパートへ入居すれば最後の襲撃になると思っていたからなのか? と疑念もわいてくる。 私と渡邉さんに言ったのか、仲間に言ったのかは、わからないけど、たしかに、そう言っていた」という。 渡邉さんが亡くなる事件前の一連の襲撃には、男女10人ほどが関わっていたとされる。 そのため、逮捕された5人以外の発言かもしれないが、もしそれが事実であれば、犯行グループの中に警察関係者の家族がいることになる。 少年らが在籍していた朝日大学には、実際「警察OB」が少なくないことも気になる。 事件後、取材に訪れるマスコミ、記者たちに、Aさんは同じことを伝えている。 が、警察からは「記者にいろいろ話すな」と言われ、記者には「その件は裏が取れない、書けない」と言われたという。 確かに私も「裏は取れない」。 逮捕された時点で未成年であった少年たちは、20歳となって成人同様に起訴された被疑者も含め、氏名も明かされず、詳細は不明である。 真偽はまだわからないし、審理を待つしかない。 でも、だからといって被害者のAさんの「証言」がこのまま闇に消されてしまってはならないと思う。 Aさん自身は、こう主張している、という事実を、せめて私は伝えたいと思う。 抜粋 社会事件 週間女性 PRIME 死ぬ前に誰が被害者の移動情報を漏洩したのか? 被害者自身たちは移動することも知らされておらず、本人たちが決めたことではない事情を、一体誰が朗詠したのか? 犯人に、襲撃を早めさせ、殺害を誘引した(エスカレーションさせた)のは誰?.

次の