光 の お父さん ネタバレ。 【ネタバレ感想】光のお父さん第6話|お父さんの本当の気持ちに涙

🐤【光のお父さん】最終話感想※ネタバレ【もずとはゃにぇ】

光 の お父さん ネタバレ

第6話「光のお父さんはすべてを打ち明けた。 」ネタバレ 光生(千葉雄大)は、ゲームのキャラクターを通して父・博太郎(大杉漣)から病気であることを告げられます。 しかし、事実を確認したくても面と向かって尋ねることができません。 父が出かけた隙に、健康診断の結果を探して父の部屋を物色する光生。 机の引き出しに入っていたのは、ブックカバーを裏返しにしたゲームの攻略本でした。 すべてのページに付箋が貼られ、父が熱心に書き込みをしているのを見て、嬉しくなる光生。 ゲームの中でもいつも通りの父を見て、光生は「やはり冗談だったんだ」と安堵します。 会社の先輩・袴田(袴田吉彦)がニューヨークに行くことになり、光生は担当を引き継ぐことに。 袴田と一緒に取引先に行くと、そこは父の学生時代の友人・大野肇(長谷川初範)が経営する会社でした。 光生は大野から父が病気であることを聞かされ、ショックを受けます。 自宅に電話するも父は電話に出ません。 会社で残業を頼まれた光生は、誰もいない職場でパソコンを開きます。 ゲームの中で、光生は父=インディと共にモンスターと戦いますが、後悔が押し寄せます。 「僕はいったい何をしていたんだ。 ゲームなんてしてる場合じゃなかったんだ。 もっと、もっとほかに、一緒にやるべきことがあったはずだ」 光生はゲームのキャラクターを通して、父に「大丈夫なのですか?」と尋ねます。 父は医者に手術を勧められたこと、しかし仕事だけが生きがいだった自分には手術が無意味に思えたことを語ります。 しかし、今は違うと父は告げます。 一緒に冒険をした数か月、世の中にはまだまだ楽しいことがあると知り、ようやく病気と闘う勇気が湧いたと。 感謝の気持ちを伝える父に、光生は涙が止まりません。 帰宅すると、父から病気を告白された母・貴美子(石野真子)が、光生にその事実を伝えます。 父はこれまでたくさんの敵を倒してきた。 第6話の感想 お父さんが、本心を打ち明けてくれました。 何を考えているのかわからなかった、お父さんの本当の気持ちです。 まさか、こんな泣ける展開になるとは。 親が子供に説経したり怒ったりすることは当たり前のようにあるけど、感謝の気持ちを言葉にすることって、あまりないですよね。 子供はいつも親と対等にありたいと思っているけれど、親の立場からしたら、そうはいかない。 しかも弱ってる自分に勇気をくれたなんて、なかなか子供に言えることではありません(同性だと特にね……)。 キャラクターの姿を借りたゲームの中では、お父さんと光生は対等になれた。 親子ではなく友達になれた。 だから、聞けた言葉なんですよね。 まだ、お父さんの病名はわかりませんが、手術が成功するといいですね。 次回はとうとう最終回。 すべてがうまくいきますように!! そして今回も稲葉家の夕食はカレーでした。

次の

【ネタバレ感想】光のお父さん第6話|お父さんの本当の気持ちに涙

光 の お父さん ネタバレ

どうも 妹の岩本美樹です 実際に映画を観てみるまでは期待と不安が半々だったんですけれど、いざ本編が始まってみると、この妹がめちゃくちゃいい仕事してるんですよ。 妹がアキオ(坂口健太郎)とお父さん(吉田鋼太郎)の間にさりげなく入ることによって、アキオとお父さんの二人の間に流れる独特のぎこちなさが際立つ際立つ。 お互いに直接しゃべらず、妹を経由して会話するシーンなんて、ほんとうに「あるある」と思ったし、ときにツッコミ、ときに弄り、ときに親子の絆を見せるなど、この妹さんがいると本当にいろいろ捗る捗る。 違和感も全然なかったし、実際「マイディーさん、実は妹いるんじゃね?」と思うくらいしっくりくるものがありました。 妹の彼氏イベントで泣いたわ 妹・美樹は年頃の娘ということで、年頃の娘といえば避けて通れないのが「彼氏を家につれてくる」イベント。 しかも連れてきた相手が軽い感じの売れないお笑い芸人。 これはマイディーさんが元芸人ということで追加したんでしょうか。 家を守るのが自分の役目、という思いが強い光のお父さんは、この彼氏のことが気に入らなくて、説教した挙げ句に追い出してしまうんですね。 ブチ切れた妹も一緒に出てってしまうんですけど、そんな状況の中、エオルゼアの世界に現実逃避しようとするお父さんの行動がリアルすぎて笑えなかった(笑ったけど)。 その後マイディーの助言を受けて、お父さんは彼氏のお笑いライブをお忍びで見に行くんですけど、そのときの彼氏君の一生懸命さを見て考えを改めるシーンは、普通にじんわり泣けた。 ただ申し訳ないんですけど、ゲーム内でマイディーに相談するお父さんの苦悩シーンはただただ面白かったです。 まさかの同僚(女の子だ)もFFXIV参戦 アキオに今は亡き飼い犬の姿を重ね、思いを寄せる同じ会社の同僚・井出里美(佐久間由衣)。 彼女もまたブログでは登場しないオリジナルの人物なんですけど、今回はドラマ版と違って、彼女もFFXIVの世界へと参戦し、ともに冒険するんですね。 きっかけはアキオとお近づきになりたいという「下心」からくるものだったんですけど、いざFFXIVをプレイすると「まるで映画みたい」と驚き、気がつくとすっかりハマってた、というこの流れ。 それにしても井出さん役の佐久間由衣 めちゃくちゃ可愛かったな… 小さな幸せを運ぶ、涙の「お茶漬け」プレゼン リアルパートにて今回新たに追加されたのが「お茶漬け」のプレゼンシーン。 絶対に落とす訳にはいかない広告コンペの件で苦悩したアキオは、マイディーとしてインディ(お父さん)に相談するんですけど、この時のインディの助言がマイディーにクリティカルヒットするんですね。 FFXIVでの会話を通じてお父さんがどんな人なのかが徐々にわかってくるんですけど、特にこの助言シーンは大手企業の会社役員にまで上り詰めた男の風格を感じさせるものがありました。 また、父との「お茶漬け」にまつわる懐かしい思い出を、プレゼン相手の人たちに話すシーンのときに、相手の責任者が熱心に聞き入って、目頭を熱くする演出がたまりませんでしたね。 これは2時間という枠がある映画の中だからこそできた演出だったように思います。 まとめ 劇場版「FINAL FANTAXY XIV 光のお父さん」を観た感想について書きました。 今回、私が観に行った映画館では以外なことに若いお母さんと子連れという組み合わせのお客さんがけっこう多かったんですね。 お父さんが「 いのうえ」と名付けようとするシーンや、「ファイナルファンタ ズィー」というシーンではあちこちからゲラゲラと笑い声が聞こえ、ときにはすすり泣きの声が聞こえるなど、妙に心地よい空間ができあがっていたのがとても印象的でした。 今回の劇場版「光のお父さん」は冒険的なアレンジが功を奏し、ドラマ版とはまた一味違った笑いと感動を堪能できる素晴らしい作品となっていました。 個人的には「光のお父さん」の中でも特に好きなのが、インディ(お父さん)がマイディー(アキオ)の前で膝をつくシーン。 今回はブログやドラマ版とは違った趣向を凝らしているんですけど、これがまた最高にいいんですよ。 (泣くよ?) ブログ、ドラマ、映画、それぞれ違った魅力と面白さがあるので、「光のお父さん」をまだ知らない人はぜひとも全てチェックして欲しいですね! そして最終的にはFFXIVをプレイ。 以上、劇場版「FINAL FANTASY XIV 光のお父さん」の感想でした!.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

光 の お父さん ネタバレ

『光のお父さん』あらすじ この物語は、ファイナルファンタジー14のプレイヤーであり、ブログの管理人でもある「マイディー」さんが、自分の父親がプレステ4をプレゼントされたことを知り、ファイナルファンタジー14をプレゼントしてこっそりフレンドとして一緒に遊び、最終的に公表したらどんな反応になるのか?という「壮大な親孝行計画」のお話。 ちなみに、どうして「光のお父さん」なのかというと、代々、ファイナルファンタジーのキャラクターは「光の戦士」と呼ばれており、それをもじって「光のお父さん」とマイディーさんが命名したことが理由です。 大体のあらすじとしては、 マイディーさんのお父さんが、誕生日にプレステ4をプレゼントされる。 お父さんはもともとゲーマーであり、ゲームをすることに抵抗はなかった。 それを知った息子(マイディーさん)が、自分がプレイしている「FF14」をお父さんにプレゼントし、身分を隠しつつ一緒に遊んだら楽しいだろうと思ったのがこの物語のきっかけ。 このゲームはいわゆる「オンラインゲーム」というやつで、ネットでつながったフレンドと一緒にプレイができるゲーム。 一人では攻略できない要素もあったりするため、フレンドは大事な存在。 怪しまれないように近づき、頃合いを見てお父さんと仲良くなろうとしても、オンラインゲームに慣れていないお父さんとなかなかフレンドになれなかったり、マイディーさんのチームのメンバーに協力してもらいながら少しずつ距離を縮めていく様子がもどかしくて、ほんわかした気持ちになれます。 ブログの文章や、実際のゲームの画面を使ったブログなので、読んでいてもなかなか楽しいですし、もともとあった記事をブログにて短くまとめてくれてあるので、読みやすくなっています。 興味のある方は読んでみてください。 なかなか面白いです。 光のお父さん まとめ読み 『光のお父さん』ネタバレ。 以下にネタバレ要素を含みますので、ご注意ください。 まあ、「ネタバレ」と呼ぶべきものがあるかというとそれほどないのですが、試行錯誤の結果、無事お父さんとフレンドになれたマイディーさん、そこから数々の試練を経て成長していくお父さん。 ゲーム内で、テキストのチャットもできるオンラインゲームですが、そもそもキーボードもなかったお父さん、最初はちゃんともできなかったのに、最終的には冗談も飛ばせるようになり、どんどんファイナルファンタジー14の魅力にはまっていくお父さん。 もともとこの計画、マイディーさんがお父さんとフレンドになり、強大なボス「「ツインタニア」を倒した後に、自分が息子であることを公表するという計画でした。 順調に物語は進み、最後の目的地に着き「ツインタニア」を倒すために試行錯誤。 しかし、相手は強力な敵、初挑戦から3か月も経っているのに、なかなか倒すことができないでいたマイディーさんとお父さんとチームメンバーさんたち。 このままずるずると時だけが経過していくのかと危惧していた矢先、チームメンバーである「きりんちゃん」が引っ越しのため、一か月ほどゲームに来られなくなることに。 このゲームでは、ボスを倒すためにはそれぞれに役割があり、きりんちゃんがいなくなるということは、きりんちゃんの勤めていた役割を誰かに代わってもらわなくてはならなくなります。 3か月、確かに成長はしているけれど、だらだら、ずるずると緊張感が失われていたことも事実。 しかもあと少しで、ファイナルファンタジーの追加ディスク(オンラインゲームでは、バージョンアップ版のソフトが定期的に発売されます)の発売もあり、みんなで集まることが困難になる。 マイディーさんは、「今回負けたら、自分たちの負け!」と宣言し、最後の戦いに挑みます。 今までの経験を総動員し、最終的にボス『ツインタニア』に勝利するマイディーさんたち。 そして、自分が息子であることを、ついに告白したのでした。 この、最後の「ツインタニア戦」の文章が泣けます。 ドラマでもきっとクライマックスになるであろうこの部分ですが、ドラマではどんなふうにここを再現してくれるのか、そのあたりがかなり楽しみです。 結局、お父さんに自分の正体を告白したのですが、この辺りはやはり「ドラマみたいにはいかないのねw」といった雰囲気で、逆にほのぼのしていい感じでした。 お父さんのリアルで普通な反応が、リアルでしか出せない雰囲気を醸し出していましたよ。 『光のお父さん』原作ブログの感想。 筆者もゲームが好きでして、『ファイナルファンタジー14』はやっていませんが、同じくオンラインゲームである『ドラゴンクエスト10』はまだプレイしております。 会社の同僚の勧めで実際にやってみたのですが、人生初のオンラインゲームにドキドキしながら、知らない人に協力してもらって強いボスを倒したり、アイテムを手に入れるためにひたすらモンスター倒し続けたり、一緒にレベル上げをしたりと、「オンラインゲーム」でしか味わえない感覚を味わいました。 正直、オンラインゲームはゲームの世界に「他人」が存在しているので、一人でひたすらコツコツ頑張るゲームとは違ってハードルが高く感じました。 人と協力するときにはマナーも必要ですし、ボスに挑戦する前には、ある程度予習しておかないと周りの人の足を引っ張ってしまうことにもなります。 しかし、仲間と協力して強いボスを倒した時の感動は、まさに「オンラインゲーム」でしか味わえない感動だなと思いました。 実際に協力して「敵を倒す」なんて経験、現実ではなかなかできませんからね。 『光のお父さん』では、お父さんももともとゲーマーだったみたいですし、ブログ管理人のマイディーさん自身が今までゲーム内で初心者支援を沢山経験していたおかげもあり、非常に幸福な結末を迎えられたわけですが、マイディーさんのように、信頼のおける仲間がいて、挑戦することに情熱を持つ気持ちを持ち続けていなかったら、きっとこんな素晴らしい結末にはならなかったと思います。 ブログの中でマイディーさんは、オンラインゲームは悪いところばかりではなく、素晴らしいこともたくさんあるんだという趣旨のことを言っておられますが、このブログを読んで、どんなことに対しても、情熱を傾けて胸腺することが、何事においても大事なことなんだろうことを学ばせてもらいました。 そしてその情熱が、まさかドラマ化までされてしまうとは・・・。 おそらく、マイディーさんが最後のツインタニア戦で妥協してあきらめていたら、きっとドラマ化の話もなかったんでしょうから、人生、何があるか本当にわからないものですね。 お父さんとの冒険を描いた「光のお父さん」シリーズのほかにも、ブログが実際にドラマ化されるまでの物語「光のぴぃさん」シリーズもすごく面白いです。 ゲームより、むしろドラマティックな展開や、ドラマ化ってこんなに大変なんだなあと、ドラマ制作の裏側も垣間見ることができるので、おすすめですよ。

次の