オリオン通り 居酒屋。 東武宇都宮 居酒屋の予約・クーポン

歩く食べる遊ぶ商店街オリオン通り

オリオン通り 居酒屋

はじめに 栃木県宇都宮市、東武宇都宮駅前の馬車道通りから宇都宮二荒山神社前の馬場通りアーケードが伸びる商店街のことをオリオン通りという。 昭和23年12月に発足し、昭和42年に全長280メートルの全蓋アーケードを設置している。 に載っているだけでも50件以上の店舗がある。 カフェやレストランや定食屋や居酒屋などの飲食店、海苔専門店や茶葉専門店などの食料品店、衣料品店、下駄・靴屋、楽器屋、本屋、薬局、ゲームセンターなどなど多岐にわたる店店が並ぶ。 東端には PARCO やMEGAドン・キホーテ、西端には東武百貨店が居を構え商店街と併用して利用する客が多い。 中央広場としてオリオンスクエアが2006年11月に設置され、イベントを開催し娯楽もある商店街となっている。 駅周辺のみに偏っておらず商店街に沿って事業所がかたまっていることからオリオン通りは宇都宮市の経済の中核を担っているといえる。 地理院地図オリオン通り 地理院地図より 経済センサスエリアをオリオン通りの範囲で囲んだ図 上の地図上のエリアから経済センサスの業種別の第三次産業の事業所数を抜き出したところ下記の表のようになった。 オリオン通りの経済センサスリッチレポート jstat map より 経済センサスリッチレポート 平成26年第三次産業事業所数 卸売業・小売業の数が最も多く43あり、宿泊業・飲食サービス業が36あり、三番目に生活関連サービス業・娯楽業が13となっている。 従業者規模は1~4人の事業所数が71店舗と最も多く自営業等の小さな商店が集まり商店街を支えているというのが推測できる。 商店街であるため買い物を中心に商店が設立されているとともに飲食業と娯楽業が次に多く、食べる遊ぶ商店街としての一面も見受けられる。 このオリオン通りの見どころの一部を紹介する。 歩く商店街 東側の東武百貨店方面から入ると「オリオン通り」と全蓋に飾られた文字が出迎える。 半透明の天井であるアーケードから垂れ下がる大きな連なる幕が目をひく。 この幕は栃木県のスポーツチームである栃木SCやリンク栃木ブレックスなどの試合開催の告知やオリオンスクエアで行われるイベントの垂れ幕がかかったり、「」とのもとフラッグアートを開催し一般募集したアートを飾る。 季節によっては七夕の短冊やイルミネーションを吊るし常に商店街を彩り鮮やかなものにしている。 アーケードの下はタイルが敷き詰められていて日中は歩行者と自転車が通る道となり疲れたときに休むためにと黄色い椅子が各所に設置されている。 イベントのない平日の午後1時30分~午後4時30分にオリオンカフェとして、テーブルとイスを出していて買い物客への配慮がなされている。 食べる商店街 地理院地図より焼きそば屋上空 商店の一つにやきそば屋と呼ばれる焼きそば専門店がある。 名前の通りやきそばのみ売っており、メニューも並・大・特大とサイズの変化だけである。 具材もキャベツと麺のみで味付けは後味ひくソース味。 お好みで各テーブルに置かれている酸味の効いたソースをかけて味を調整できる。 値段はサイズの順に250円・300円・350円と安く、学生の頃は足繁く通った。 店自体は大きくないため大人数で行くことは推奨しない。 創業60年の老舗で地元生まれ地元育ちの店長が跡を継いでいて女将さんに話しかけるとおすすめの店や近日開催される広場でのイベントのことを教えてくれる。 遊ぶ商店街 栃木県宇都宮市の商店街オリオン通りの広場のオリオンスクエアの前。 (画像は2017年のもの) ほぼ毎週の土日にオリオンスクエアにてイベントが開かれる。 イベントの内容はにてイベントカレンダーとして詳細が書かれている。 ゴールデンウィークの最中であったこともありアニメのキャラクターのコスプレをして商店街を歩く一般参加者も多く見受けられ広場前は人混みで歩けないほどに集まった。 まとめ 少なくとも20年以上前にオリオン通りも廃れていたことがある。 オリオンスクエアがイベントを行う広場となり「」として開設したのは10年ほど前のことである。 宇都宮に在住する知人から聞いた話によれば店が立ち退きシャッターが多く降ろされ、黒い噂が絶えない時期もあったようだ。 フラッグを使いアーケード内を彩り、60年近く続く店で食事をとり、毎週土日にイベントを行い人を集める商店街は続いていくのだろう。

次の

オリオン横丁

オリオン通り 居酒屋

国際通りから松山に向かって伸びる一銀通りにある居酒屋で、ガラス越しに見える店内からはにぎやかな声が聞こえてくる人気の居酒屋。 いつも店内は気持ちよくお酒を飲んでいる客でにぎわっていて、外から見ても繁盛店だとわかる。 人気の理由、それは 「いつでもオリオンビールが100円」 これである。 普通なら倍以上のお金を払って飲むビールが、いつでも100円とあって、ここではビール以外の注文は損をした気分になるほどのお得感。 ちなみにソフトドリンクは280円だから、飲めない人と一緒だと逆に損をしてしまう。 ちなみに焼き鳥は、県産・国産のものを使っていて備長炭で焼かれているので、とってもジューシー。 おすすめはやっぱり、ぼんじりですね。 100円で沖縄の味、オリオンビールを時間気にせず楽しむことができるお店です。 最近では外国人観光客も多い国際通りは、異国の言葉も交じりながらとっても賑やか。 オリオンビールが100円、アサヒスーパードライも190円とビール党にはたまらないお店です。 また、沖縄のお酒といえば泡盛。 この泡盛がなんと一人当たり600円で飲み放題!これはうれしい。 料理はというと、水産厳選海の幸が自慢で、刺身や握りずし、沖縄ではおなじみのグルクンのから揚げなどが人気。 沖縄の珍味である島らっきょうやトーフヨウ、ジーマミー豆腐など普段味わえないものもビールのお供に楽しめます。 名前の通り明け方5時まであいている居酒屋で、ここもオリオンビールが100円、アサヒスーパードライが190円と格別にビールが安い! 場所は国際通りすぐ近くの那覇グランドホテルのB1にあり、観光で利用する居酒屋としては立地が最高。 このお店、飲み放題プランもあるが、オリオンビールだけでよいという超ビール党ならば飲み放題にせず、ビール1本で行くのをおすすめします。 食事はというと、朝まで屋名物「メガ盛り」のロングピザや肉盛り、パティーフライ盛りなど、グループで楽しめるメニューや、オール500円のビザやプチフォンディなどがオススメ。 ビールによく合う特選豚焼と赤もつ鉄板。 ジューシーな名物豚焼と濃いお味の鉄板もつでビールがグイグイ進む。 この2つのメニューだけでビール4杯は軽く行けます。 また、ふわふわ卵チーズ焼きそばと豚マーボーも絶品なのでおすすめしたい。 どちらも複数人で行っても分けて食べられる品なので、人気のメニュー。 ここも飲み放題プランがあるけど、ビール党だけで行くならビールオンリーで攻めたいお店である。 ここもビールが100円と驚愕の安さのお店。 すぐ隣には、ほかのビール100円のお店もあり国際通りで格安居酒屋に行くならこの辺りでお店を決めるのがオススメ。 100円ビールを格安で楽しみ、食事は新鮮な魚介類、これぞ沖縄格安居酒屋の定番。 安くおいしく楽しめます。 あまりいないとは思いますが、ドリンクだけで注文をすると高くつきますのでご注意。 フードと一緒に注文をしてお得に100円ビールを楽しみましょう。 スポット名 琉球食King Eilly エイリー 住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1-1-4 営業時間 17:30~翌1:00 金~日・祝前日・祝日 17:30~翌2:00 定休日 年末年始は要お問い合わせ.

次の

歩く食べる遊ぶ商店街オリオン通り

オリオン通り 居酒屋

はじめに 栃木県宇都宮市、東武宇都宮駅前の馬車道通りから宇都宮二荒山神社前の馬場通りアーケードが伸びる商店街のことをオリオン通りという。 昭和23年12月に発足し、昭和42年に全長280メートルの全蓋アーケードを設置している。 に載っているだけでも50件以上の店舗がある。 カフェやレストランや定食屋や居酒屋などの飲食店、海苔専門店や茶葉専門店などの食料品店、衣料品店、下駄・靴屋、楽器屋、本屋、薬局、ゲームセンターなどなど多岐にわたる店店が並ぶ。 東端には PARCO やMEGAドン・キホーテ、西端には東武百貨店が居を構え商店街と併用して利用する客が多い。 中央広場としてオリオンスクエアが2006年11月に設置され、イベントを開催し娯楽もある商店街となっている。 駅周辺のみに偏っておらず商店街に沿って事業所がかたまっていることからオリオン通りは宇都宮市の経済の中核を担っているといえる。 地理院地図オリオン通り 地理院地図より 経済センサスエリアをオリオン通りの範囲で囲んだ図 上の地図上のエリアから経済センサスの業種別の第三次産業の事業所数を抜き出したところ下記の表のようになった。 オリオン通りの経済センサスリッチレポート jstat map より 経済センサスリッチレポート 平成26年第三次産業事業所数 卸売業・小売業の数が最も多く43あり、宿泊業・飲食サービス業が36あり、三番目に生活関連サービス業・娯楽業が13となっている。 従業者規模は1~4人の事業所数が71店舗と最も多く自営業等の小さな商店が集まり商店街を支えているというのが推測できる。 商店街であるため買い物を中心に商店が設立されているとともに飲食業と娯楽業が次に多く、食べる遊ぶ商店街としての一面も見受けられる。 このオリオン通りの見どころの一部を紹介する。 歩く商店街 東側の東武百貨店方面から入ると「オリオン通り」と全蓋に飾られた文字が出迎える。 半透明の天井であるアーケードから垂れ下がる大きな連なる幕が目をひく。 この幕は栃木県のスポーツチームである栃木SCやリンク栃木ブレックスなどの試合開催の告知やオリオンスクエアで行われるイベントの垂れ幕がかかったり、「」とのもとフラッグアートを開催し一般募集したアートを飾る。 季節によっては七夕の短冊やイルミネーションを吊るし常に商店街を彩り鮮やかなものにしている。 アーケードの下はタイルが敷き詰められていて日中は歩行者と自転車が通る道となり疲れたときに休むためにと黄色い椅子が各所に設置されている。 イベントのない平日の午後1時30分~午後4時30分にオリオンカフェとして、テーブルとイスを出していて買い物客への配慮がなされている。 食べる商店街 地理院地図より焼きそば屋上空 商店の一つにやきそば屋と呼ばれる焼きそば専門店がある。 名前の通りやきそばのみ売っており、メニューも並・大・特大とサイズの変化だけである。 具材もキャベツと麺のみで味付けは後味ひくソース味。 お好みで各テーブルに置かれている酸味の効いたソースをかけて味を調整できる。 値段はサイズの順に250円・300円・350円と安く、学生の頃は足繁く通った。 店自体は大きくないため大人数で行くことは推奨しない。 創業60年の老舗で地元生まれ地元育ちの店長が跡を継いでいて女将さんに話しかけるとおすすめの店や近日開催される広場でのイベントのことを教えてくれる。 遊ぶ商店街 栃木県宇都宮市の商店街オリオン通りの広場のオリオンスクエアの前。 (画像は2017年のもの) ほぼ毎週の土日にオリオンスクエアにてイベントが開かれる。 イベントの内容はにてイベントカレンダーとして詳細が書かれている。 ゴールデンウィークの最中であったこともありアニメのキャラクターのコスプレをして商店街を歩く一般参加者も多く見受けられ広場前は人混みで歩けないほどに集まった。 まとめ 少なくとも20年以上前にオリオン通りも廃れていたことがある。 オリオンスクエアがイベントを行う広場となり「」として開設したのは10年ほど前のことである。 宇都宮に在住する知人から聞いた話によれば店が立ち退きシャッターが多く降ろされ、黒い噂が絶えない時期もあったようだ。 フラッグを使いアーケード内を彩り、60年近く続く店で食事をとり、毎週土日にイベントを行い人を集める商店街は続いていくのだろう。

次の