クロ カタ ゾウムシ。 クロカタゾウムシは世界一硬い虫!?硬すぎて天敵も弱点もない!?

防御力だけでは最強?クロカタゾウムシ

クロ カタ ゾウムシ

多くの種類が森林や草地に多くの種類が生息し、夜間に灯火へ飛来する種類も多くいます。 成虫の体長は数㎜から数㎝くらいで丸みを帯びた体表は硬くて頑丈な外骨格に覆われています。 頭部から吻が長くのび、その先に口を持つ種類が多く、和名のゾウムシはここからきています。 口吻は植物組織に穿孔して産卵するのに適応した期間ですが二次的にこうした産卵習性を失って興奮が短く退化したものも存在します。 動きは比較的鈍いですが頑丈が外骨格で身を守り、敵にあると擬死をすることも多いです。 一部のゾウムシは外骨格の形成に必要なチロシンを体内の共生細菌ナルドネラに生産させています。 幼虫・成虫ともすべての種類が植物食で食部とする部位は葉や随、花、樹液、果実、朽木、種子など種類によって異なります。 成虫が植物組織に口吻で尖った孔に産み付けられた卵から孵化した幼虫がそのまま穿孔生活に写るものが多く、中には虫こぶを形成するものもあります。 クロカタゾウムシの特徴と生態 クロカタゾウムシはゾウムシ科の昆虫で八重山諸島に生息しているゾウムシ。 ちなみにカタゾウムシ類はニューギニアやフィリピンを分布の中心に約420種類が知られ、八重山列島はカタゾウムシ類の分布の北限に当たります。 外骨格はゾウムシの中で外骨格の硬さが最強と言われ、通常2~4層で構成されているところが7層もあり、標本用昆虫針の一番太い5号針が貫通しないほどだそう。 更にこの異常なまでの硬さはゾウムシ類が体内で1億年以上前から共生しているナルドネラという細菌の働きによるとされています。 鳥類などは硬すぎる外骨格を消化できないので捕食せず、硬い外骨格はクロカタゾウムシの最大の防御力になっています。 翅は退化し、動きは緩慢ですが他のコクゾウムシに比べると若干機敏な動きをし、アリ程度の速度で動き回ることができます。 エサはスダジイ、リュウキュウエノキなどの葉ですがマンゴー畑で木の幹や根を食い荒らした被害の報告がある害虫でもあります。 ゾウムシの害虫対策 ゾウムシはその外骨格の硬さから農薬などが効きにくいとされ、その対策が困難な害虫のひとつです。 近年の研究では外骨格を形成するタンパク質とキチン質から成、ナルドネラの作るチロシンはこの2つの物質を結合する役割を担うとされています。 クロカタゾウムシの幼虫に抗生物質を投与してナルドネラを減らす実験を行ったところ、体液中のチロシン濃度が大きく減少し、その後成虫になったものの黒い四季を葉失われ赤色に変化、また外骨格が硬くならずに柔らかいフニャフニャの体になりました。 このことから、幼虫段階でナルドネラ菌を死滅させればクロカタゾウムシをはじめ、多くのゾウムシ類の駆除も可能になると考えられています。 更に、昆虫類1~2割が成長を共生細菌に依存していてゴキブリやシロアリ、シラミ、アブラムシ、ウンカ、ヨコバイ、カイガラムシ等も同じ方法で駆除することができるのではないかとされています。 ライター ナオ.

次の

クロカタゾウムシ

クロ カタ ゾウムシ

昆虫綱甲虫目ゾウムシ科のカタゾウムシ属 Pachyrrhynehusおよびその近縁の一群の昆虫。 フィリピンに多数の種が産し、ニューギニアなどにも一部が分布している。 台湾南端の蘭嶼 らんしょ (紅頭嶼)には数種、八重山 やえやま 列島にクロカタゾウ P. infernalis1種がいる。 10~15ミリメートルぐらいの種が多く、ひょうたん形で黒、青、緑、黄、白などの鱗片 りんぺん による斑紋 はんもん をもつものが多く、赤い膨らんだ点紋をもつ種もある。 外皮はきわめて堅く、上ばねは左右癒着 ゆちゃく して開かない。 蘭嶼の原住民(中国語圏では、「先住民」に「今は存在しない」という意味があるため、「原住民」が用いられる)は指の力試しにこの虫を用いるという。 また、青、緑の斑紋のある種は美しいので、アクセサリーなど装飾に使用されることがある。 なお、ニセカタゾウカミキリのようにカタゾウに似た甲虫も知られている。 [中根猛彦] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

最強の硬さを持つ虫

クロ カタ ゾウムシ

今日もカタゾウムシの話です。 どんだけ好きなんだ。 限定ですが、日本にもクロカタゾウムシという種がいます。 とに生息しており、全身真っ黒の地味なやつです。 このクロカタゾウムシ成虫の飼育はけっこう簡単で、切ったニンジンやサンゴジュの葉などで飼うことができます。 ペアで入れておくと勝手に交尾して適当な場所に卵を産みます。 幼虫は本来生木の材に穿孔するのですが、各地の昆虫館ではの実を餌として累代飼育がなされているようです。 我が家でも何年か前から成虫を飼っていて、累代もしてみたいと思っていました。 の実を使って試したこともあります。 しかし、湿度の管理が下手だったのか、どんぐりがカビに侵されたり、ものすごい数のダニが発生したりして失敗していたのでした。 どんぐりでうまくいかないのなら、何か代わりになるものを…と考えていたところ、ひよこまめがふと言い出しました。 「サツマイモでもいけるんじゃないかな」 やってみました。 \ やあ / うまくいきました! めでたしめでたし。 …いくらなんでも端折りすぎですね。 順を追って説明します。 まずは大きめのサツマイモの表面に、千枚通しで小さな穴をあけます。 ゾウムシの卵が入るくらいの直径で、深さは5ミリほどの穴です。 そこに卵をそっと入れます。 孵化してしまった初令幼虫がいたら、頭から先に押し込んでやります。 なにぶん小さなものなので、先の細いピンセットが必要です。 うっかりつぶしてしまわないよう注意しましょう。 なんとなく「接種」なんて言葉が脳裏をよぎりますが、もちろんこういう作業を指す表現ではありません。 卵か幼虫が穴に入ったら、ごはん粒から糊っぽいところを少しだけとって、それで穴をふさぎます。 脱出と乾燥防止のためですが、これが果たして必要な作業なのかは不明です。 ま、念のため…といったところです。 あとはサツマイモが傷まないように管理します(放置に近い)。 我が家では新聞紙にくるんで、洗濯物ネットに入れて室内に吊るしておきました。 できるだけ温度の変わらない場所がよいでしょう。 しばらくするとイモから芽がでてくるので、時々「芽かき」をします。 これを忘れるとイモがすぐに萎びてしまうので、一週間に一度くらいは確認します。 我が家では5月上旬からこの「接種」を始め、一つのイモ(長さ20センチくらい)に十数匹の卵や幼虫を仕込みました。 7月に入り、イモに耳をあてると中でゴソゴソと音がするのに気がつきました。 「う、動いてる!」 この時はちょっと感動しました。 お腹に手をあてて、「あ、動いたわ」とほほ笑む妊婦さんのような気持ち…とはちょっと違いますかそうですか。 そして8月も下旬のこと、ついに新成虫確認! ゾウムシが自力で出てくるのを待ちきれず、蛹室を暴いてしまった図。 イモの表面に少しくぼんで柔らかくなったところがあり、ここが蛹室だろうと踏んで開けてみたのでした。 蛹室はイモの削りかすや糞を固めてつくってありました。 出てきました。 イモの表面をぺたぺたと歩きます。 可愛いよ~。 このイモからはその後もぽつぽつと成虫が出て、計3匹の成虫が得られました。 成虫になるまでにおおよそ3~4か月ほどかかったことになります。 何となくですが、卵よりも孵化した幼虫を入れるほうが成が高い気がします。 色々と調べてみましたが、サツマイモでの飼育例はこれまでに発表されていないようです。 それとも、過去に誰かが試しているのでしょうか。 考えてみたら、カタゾウムシの幼虫は本来木の根や材部に食い入って成長するわけで、サツマイモでうまくいくのも当然といえば当然と言えます。 ともあれ、いかにサツマイモを腐らせずに保管するかがキモだと思います。 簡単に増やせることはわかりましたが、あとはうっかり野外に逸出しないよう、きちんと管理しなければなりません。 食性を考えれば、本土でも容易に定着する可能性を秘めています。 飼育個体が逃げ出して、として問題になることのないよう、しっかりと蓋のできる容器で飼いましょう。 参考 hakubutsudo.

次の