セカンドパートナー 40代。 【40代からのセカンドキャリア】注意点やオススメの資格などをご紹介

セカンドパートナーとは?体の関係はない友達以上不倫未満の意味を解説!

セカンドパートナー 40代

みなさんセカンドパートナーの意味はご存知ですか?40代から50代の方に増えている、このセカンドパートナー。 何故このようなセカンドパートナーをもつ人が増えているのか・・・。 また配偶者はどんな気持ちなのか・・・。 よく聞く、「友達以上恋人未満」とは全く違います。 既婚者の女性が配偶者以外のパートナーをもつ事です。 ここで重要なのは、「友達以上不倫未満」のセカンドパートナーは、肉体関係はNGという事です。 肉体関係を持ってしまうと、不倫になってしまいます。 ここからはセカンドパートナーがいる方々にアンケートしてきました。 旦那さんとは最近うまくいっていなくて・・・私の話しを親身になって聞いてくれる人が欲しかったので。 セカンドパートナーを作りました。 (35歳・女性・会社員)• 自分の事を認めてくれる相手が欲しかったですね。 だから相談とかは全部セカンドパートナーに話すようにしています。 (38歳・女性・専業主婦)• 肉体的な関係は持たなくていいので、友達みたいなものですね。 友達以上恋人未満。 一緒にいて安心できます。 (40歳・女性・パート)• 心に余裕ができました。 いつも1人で悩んで困っていたので、セカンドパートナーが出来てからは、心にゆとりができましたね。 (40歳・女性・パート)• 女はいつまでも恋をしていたいものです。 だからセカンドパートナーは絶対に必要ですね。 旦那さんが嫌いなわけではないけど・・・(39歳・女性・専業主婦)• 趣味が同じ人を見つけたかったから、セカンドパートナーを作りました。 旦那さんは、私の趣味に全く興味を示してくれないので。 同じ趣味って、結構大事だと思いますよ。 (50歳・女性・パート) みなさんそれぞれ理由があるようですが、女性のみなさんがセカンドパートナーを作る理由は• 話を聞いてほしい• 恋をしていたい• 自分を理解してほしい ということが分かりましたね。 旦那さんには話せない事も、話せるという点がいいですね。 次に配偶者の方に質問しました。 最初はセカンドパートナーって意味が分からなかったけど、説明されて理解できました。 妻が美しいままでいられるなら、僕は賛成ですね。 (40歳・男性・公務員)• 正直僕は心配で仕方がありません。 肉体的な関係はないとしても・・・・絶対にそういう時がくると、僕は思うんです。 もちろん妻を信じていないわけではないですよ。 でも心配だから、こんな悩みも出てきてしまうんですよ・・・(45歳・男性・会社員)• セカンドパートナーに嫉妬していますよ(笑)友達以上恋人未満って・・・。 妻を取られた気分です。 でも僕が仕事ばかりしてきて、妻にはたくさん迷惑をかけてきたので、仕方がないと思います。 寂しい思いをしている妻を支えてあげられなかった、僕の責任です。 (43歳・男性・IT関係勤務)• 俺は少し悲しい。 最初はもちろん反対でしたから。 でもよく妻の話しを聞いたら、俺にも悪いところがあったから、何も言えなくなってしまいました。 (39歳・男性・会社員) 配偶者がセカンドパートナーをもつ男性は、• 奥さんが心配• セカンドパートナーに嫉妬している• 悲しい気持ちになる と考えている事がわかりましたね。 ですから40代になっても、50代になっても、好きな男性を求めてしまうものなのです。 配偶者の理解さえ得てしまえば、セカンドパートナーを作っても問題はないでしょう。 02、セカンドパートナーのメリット:不倫よりもいい セカンドパートナーは不倫にはなりません。 ですから、安心してお付き合いができるという訳です。 ですが、配偶者が不倫と言ったら、不倫になってしまうかもしれないので、注意してくださいね。 03、セカンドパートナーのメリット:話を聞いてもらえる 配偶者には話せないような事も、きっとあるでしょう。 その時に話せるのが、セカンドパートナーですね。 旦那さんに話せない事も相談できる人がいれば、心にゆとりが出てきて、安心できそうです。 最後に いかがでしたか? 夫婦間の問題などで、海外でも今はセカンドパートナーをもつ人が増えています。 これが日本でもっともっと認められていけば、もっともっと増えてくるような気がしますね。 私はまず、夫婦間の問題を直した方がいいと思いますが・・・ 考えはそれぞれありますから、お互い話し合って、いい関係が築けるようにしていきましょう。 もちろん離婚なんてことにならないようにしてくださいね!!.

次の

40代,50代〜の出会いマッチングサイト|Happy Soul

セカンドパートナー 40代

40~50代に急増中!?不倫ギリギリラインの「セカンドパートナー」ってどんな関係? 1:49 pm, 29 5月 2020 皆さんは 「セカンドパートナー」という言葉をご存知でしょうか。 言葉からどういう関係か何となく予想できるものの、実際の意味は知らないという人が多いでしょう。 セカンドパートナーと不倫関係を同じようにとらえる人もいますが、実はこの二つは明確に分けることができるのです。 いま、40代~50代を中心にして、セカンドパートナーが急増しています。 家庭の外に安息を求める人が増えているのです。 今回は、セカンドパートナーがどういう関係なのか、また、セカンドパートナーを見つけるにはどうしたらいいのかということについて解説していきます。 不倫ギリギリラインを保つ「セカンドパートナー」とは? 最近耳にするセカンドパートナーというフレーズ。 家庭以外にもつ二番目のパートナーのことを指しています。 ファーストはもちろん夫や妻のことで、その次に大切な人としてセカンドパートナーが存在します。 不倫との違いなどまとめてみました。 セカンドパートナーには体の関係がない 一般的に不倫関係というと、 体の関係も含まれることがほとんどです。 不倫に陥る理由として多くあるのが、配偶者とのセックスレスで、異性としてみられなくなった寂しさから始まるので体の関係も起こります。 セカンドパートナーの場合は、 体の関係が起こらない関係性を言います。 いわゆる友達以上恋人未満の関係をイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。 体の関係を持たないことが不倫との一番の違いと言えます。 とは言え、単なる友達ではなく、非常に特別な存在と言えるのです。 セカンドパートナーと会う頻度は? セカンドパートナーとは言え、やはり感情が伴いますので、できるだけたくさん会いたくなるものです。 しかし、あまりにも感情任せに会う頻度を高めてしまうと、配偶者にバレてしまったり、疑いを持たれてしまったりということもあります。 会う頻度としては、週に1度とか、月に3回などセカンドパートナーとルールを決めておくといいでしょう。 セカンドパートナーは心のオアシスようなもの セカンドパートナーの一番重要な役割は、精神的に満たされる相手であるということです。 その名の通り、「セカンド」ということですから、まずは互いの家族を大切にするというのが大きなルールとなります。 家庭ではなかなか得ることができない精神的な癒しを、セカンドパートナーに求めるのです。 枯れてしまった心に泉が湧くようなオアシスとして存在してくれる大切な人となります。 セカンドパートナーがいてくれることで、男性性、女性性が再びきらめき始め、リフレッシュをすることができるので、家庭に全てをぶつけることなく、関わる人たちが幸せになるようなことも望めます。 体の関係ではなく、心のオアシスを求めている人にとっては、必要な存在ではないでしょうか。 40~50代に増えるセカンドパートナーを求める人々 実はセカンドパートナーを求めている年代として多いのが、40〜50代なのです。 以外にも20代などといった若い人たちではないというわけです。 長年連れ添ったパートナーに不満が湧き、セカンドパートナーを求めるのは何故なのでしょうか。 若い頃のようなときめきを求めて すっかり慣れ親しんだパートナーにはなかなかときめきを求められないものです。 とは言え、女性として、男性として、若い頃のような心躍るような関係は憧れます。 そんな時に、セカンドパートナーを作って、異性としてのときめきを楽しむということが起こるのです。 フレッシュな関係として、 生活に活力をくれるセカンドパートナーを求めるのは当然の流れかもしれません。 無くした自信を取り戻したい 40〜50代にもなると、パートナーから「綺麗だね」とか「素敵ね」といった言葉を投げかけられることもなくなり、中には昔のイメージと比べて衰えたとまで言われることもあるでしょう。 そうなってくると、 男性として、女性としての自信は失われていきます。 そんな時、セカンドパートナーという存在は、一人の異性として大切に扱ってくれるものです。 無くしていた自信を取り戻させてくれるのもセカンドパートナーの魅力です。 男性と女性の心理の違い セカンドパートナーを求める心理として、男性と女性には差があることもあります。 女性は純粋に精神的な支えを求めていることが多い反面、男性の中には、最終的には体の関係を持つこともイメージしてその過程を楽しんでいるという人もあります。 また、体の関係を持つことで後々面倒くさいことにならずに、恋愛のときめきを楽しみたいといのも男性心理の一つです。 女性の心理として多いのは、やはり「母」や「奥さん」ではなく女性としてみられたいという気持ちです。 パートナーが持つ許せない気持ち セカンドパートナーという存在は理解できても、実際のパートナーの気持ちとしては「許せない」という場合もあります。 いくら体の関係がないとしても、精神的に深いつながりがあると、それは不倫と変わらないのではないかという理由から「 許せない」という気持ちが起こるのです。 きっかけと作り方 セカンドパートナーはどんなきっかけで出会えるのか、作り方はどうするのかと想う人も多いでしょう。 よくあるのが、職場での出会いです。 理由としては、1日のうちで過ごす時間が一番多かったり、苦楽を共にしたりと、信頼関係を深めることが起こりやすいためです。 また、運命的な出会いとして、一人でふらりと訪れたバーなどで、隣に座った異性との会話がきっかけになることもあります。 そのほか、を通して出会う人々も多くあります。 セカンドパートナーの相手が独身だったらアリ? セカンドパートナーといえば互いに既婚者であることが多いですが、片方が独身だとセカンドパートナーとしてアリなのか知りたい人も多いのではないでしょうか。 その理由をまとめてみました。 バランスがとれなくなる よくある理由として、片方が独身でしかも恋人もいないフリーな立場だと、セカンドとしてのバランスが崩れてしまい、片方がセカンドでも相手はファーストということになってしまうことです。 セカンド同士だから、穏やかな付き合いを続けることができますが、独身者と付き合うと、 独身の身軽さゆえ独占したくなるというリスクが上がるからです。 こちらだけ失うものがある うまくセカンドパートナーとして付き合いが始まったとしても、もしも配偶者にバレた場合に離婚という選択が起こる可能性があります。 それは、独身者には背負うことのないリスクとなり、喧嘩になった時に、「こちらはリスクを負っているのに」という不公平な気持ちになり、 バランスの良い付き合いができなくなる可能性があります。 秘密を守ってもらえないかも 不倫とは違い、ドロドロしていない付き合いがセカンドパートナーの魅力です。 互いに既婚者でなければ、既婚者ゆえの事情が伝わりきらず、秘密にしたいことを守ってもらえないという可能性も出てきます。 セカンドパートナーを求めるならば、やはり既婚者がいいと言えるでしょう。 セカンドパートナーブログの紹介 セカンドパートナーとの日々をまとめたブログをいくつかご紹介します。 皆さんのセカンドパートナーライフの参考になるでしょう。 sakiさんのブログ W不倫をまとめているsakiさんのブログには、セカンドパートナーとして互いに認め合った頃の記事も書かれていてとても参考になります。 彩香さんのブログ メールでのやり取りを中心とした、精神的な男女の支えをまとめたセカンドパートナーブログ。 セカンドパートナーにもいろんな形があることを知ることができます。 koharuさんのブログ セカンドパートナーとしての婚外恋愛、そして失恋。 そしてまた婚外失恋を乗り越えて新たなセカンドパートナーを見つけられたkoharuさんの記事は、結婚していても恋愛を十分に楽しめることが伝わるブログです。 セカンドパートナーを見つけたいならアプリで探すのもオススメ セカンドパートナーと出会いたくで、職場やスポーツジム、バーなど自分の行動範囲で探してみたけれど、なかなか出会いがないという人にオススメなのが、アプリやサイトを使って探すという方法です。 最近は、も多くみられるようになりました。 マッチングアプリだと、そもそもセカンドパートナーを求めている人も多く登録しているため、話が早く、理想のパートナーに出会える可能性が高くなります。 こちらのページに、オススメのマッチングアプリを比較していますから、ぜひご覧になってください。 関連する記事• 2019. 18 皆さんは夫や妻以外の人と不倫したいと思ったことはあるでしょうか。 実は今不倫したいと思っているという人もいれば、興味はあるけど躊躇しているというような人[…]• 2020. 22 最近巷でよく耳にする「既婚者合コン」や「既婚者サークル」 気になるけれど実際に参加するのはちょっと怖い・・・。 そんな方にオススメできるのは、今までは[…]• 2020. 01 不倫に関する報道は、最近もニュースに多く取り上げられていますが、実は、江戸時代だって不倫は起きており、なんと日本の離婚率はその時代から30%を維持して[…].

次の

40代 50代 中高年からはじめるネットビジネス

セカンドパートナー 40代

みんな、今日もいい出会いしてるかしら? 出会いマスターのナナです。 配偶者とは別に肉体関係を持たない相手と恋愛をする、新しい男女の関係として話題になっているのが「セカンドパートナー」。 セカンドパートナーがいることで精神的余裕ができて家庭円満にもなると、セカンドパートナーを欲しがる人も最近増えてきているわ。 特に結婚してある程度時間がたった30代、40代、50代の人達がセカンドパートナーを欲しがる傾向にあるんだけど、「セカンドパートナーの作り方がわからない!」と相談されることも多いのよ。 そこで今回は、特に需要の多い30代40代50代のセカンドパートナーの作り方を世代別に紹介していくわね。 そもそもセカンドパートナーとは何のこと? 誤解していると大変だから、念のためもう一度セカンドパートナーとは何かをおさらいしておくわね。 結婚している人が配偶者以外の異性と親密になること、またその相手のこと。 相手に恋愛感情を抱いている• 配偶者に言えない話や悩みを言うことができる• 配偶者とはできないようなデートを楽しめる• 肉体関係は持たない(セックスなし)• 手を繋ぐ、ハグなどのスキンシップはあり という感じかしらね。 「肉体関係を持たない」というのがセカンドパートナーの最大の特徴。 セックスをする関係だと浮気や不倫と同じになってしまうから、法的に裁かれたり慰謝料を請求されるリスクがあるのよね。 リスクを最小限におさえて、楽しさやトキメキを感じながら精神的なよりどころを手に入れられるのがセカンドパートナーなの。 30代・40代・50代のセカンドパートナーの作り方を世代別に解説! セカンドパートナーを作ろうとする人は最近増えてきているけど、セカンドパートナーという特殊な関係をどうやって作ればいいか作り方が分からない、という人も多いみたいね。 特に世代によってセカンドパートナーと出会える場所や作り方は違ってくるから、自分の年齢によって見つけ方も変わってくるわ。 なのでここからは、30代・40代・50代のそれぞれの世代ごとにセカンドパートナーのおすすめの作り方を紹介していくから、是非参考にしてみてね。 30代のセカンドパートナーの作り方 セカンドパートナーという存在を欲しいと思う最初の時期が30代。 セカンドパートナーは配偶者との関係や家庭の中で孤独を感じることで必要になる存在だから、結婚してすぐではなくてある程度年月が経った頃に欲しくなるもの。 最近では結婚する年齢が遅くなっていて20代後半や30代で結婚するのは普通だから、セカンドパートナーを欲しいと思い始めるのは早い人で30代から、という傾向になっているわ。 昔と違って今の30代はまだまだ若者。 好奇心も体力も有り余っていて見た目も若くてきれい。 ある程度仕事ができるようになっているからお金もあるし、色んな事を吸収してきたから新しい事を楽しむ余裕もある。 そんな楽しいことしかない時期に、配偶者に構われずにデートすることもときめくこともない、家庭での役割をこなすだけの毎日を送るなんてもったいない。 そう思ってプラトニックでもときめくことができる相手や、いろんな事を話したり遊んだりする相手が欲しいと考えてしまうことは仕方がない事とも言えるわ。 事実、30代でセカンドパートナーを欲しがっている人はかなり多いのよ。 そんな30代のセカンドパートナーの作り方としては、色んな方法があるわ。 飲み屋やバーで出会う、同窓会や元カノ・元カレ、職場や旅先など、行動範囲が広い30代ならどこででも候補になる人は見つかるはず。 だけど、これらの場所で見つけようとすると、運まかせになったり、すごく時間がかかったり、周囲にバレやすいなどのデメリットがついてまわるのも事実。 仕事や家事、育児もバリバリこなさないといけない30代は、セカンドパートナー探しに時間も手間もかけていられないだろうから、同じ目的の人が多く集まっている出会い系サイトを利用するのがおすすめ。 出会い系サイトの中でも特に検索機能が充実していて登録者数も多いのが。 セカンドパートナーを作るならが断然おすすめよ。 40代のセカンドパートナーの作り方 実を言うと、いま40代が一番セカンドパートナーを欲しがっている人が多い世代なの。 少し前は20代で結婚していた人が多いから、その人達が結婚して10年以上たって夫婦の関係は空気のようになってしまっている、というパターンね。 結婚して10年以上経過していると子供もそろそろ手がかからなくなってきて、そうなるとつい自分の存在意義を考えてしまう。 子供に使っていた時間とエネルギーが余って手持ち無沙汰だけど、配偶者とはもはや男女の関係とは言えない…。 一昔前は40代と言えばもう恋愛をするのもおかしい、完全なるオジサン・オバサンと言われていたけれど、今の40代はそうじゃない。 見た目も若いし体力もあるし、使えるお金も充分にある。 そんな状態で楽しい事もときめく事もなく時間だけが過ぎていくのはむなしい、と思ってしまうのは当然よね。 だから40代でセカンドパートナーを探そうと考える人が増えているようね。 そんな40代がセカンドパートナーを探す場としてよく利用されているのは、元カレ・元カノ、同窓会、職場、習い事あたり。 どの作り方でも相手の人となりが分かっているから安心は安心だけど、上手く動かないとセカンドパートナーを探していることがすぐに周囲にバレてしまうというリスクもあるわ。 家庭も仕事もきっちり守りたい40代におすすめなのは、出会い系サイトを利用するという作り方。 匿名でできるから周囲にバレる心配もないし、プロフィールや掲示板などでセカンドパートナーを欲しがっている人を見つけやすいなどのメリットがあるの。 出会い系サイトの中でも安全かつ検索機能も充実していて、登録者数も多くておすすめなのが。 40代でセカンドパートナーを作るなら、まずはに登録してみるのがおすすめよ。 50代のセカンドパートナーの作り方 ここにきて急増しているのが、セカンドパートナーを欲しいという50代。 「熟年離婚」という言葉がすっかり定着したように、50代以上になると夫婦の間にはもう男女の意識はなく、惰性で一緒にいるという事も少なくないものね。 50代ともなると子育ては終了しているから時間もあり余っているし、家庭内の生活リズムもすっかり分かって落ち着いているから、良くも悪くもマンネリ状態。 だけど最近の50代はまだまだ体力も好奇心もあるから、「この先ずっと同じ生活が続くなんて考えただけでもゾッとする」という人もけっこう多いのよね。 「そんなマンネリな毎日を変えたいけど、離婚をするほどではない」「少しだけときめくことができて、楽しい時間を過ごせればいい」と考える、安定志向の50代が求めるのがセカンドパートナー。 だからここ最近は50代でセカンドパートナーを探している人が増えているの。 50代のセカンドパートナーの作り方で多いのは、習い事、同窓会、ボランティア活動、職場などで探す方法があるけれど、どれも探している過程で周囲に漏れやすいし、そこから家族や職場にバレるという大きなリスクがある。 頑張ってここまで築いてきた安定した生活を全て失うことになりかねないから、50代はできるだけ周囲にバレにくい方法でセカンドパートナーを探すのがおすすめ。 そこで私がおすすめしたいのが出会い系サイトを利用する方法。 出会い系サイトは危ないという人もいるけど、今の出会い系サイトは安全性も高くなって使いやすくなっているから、多くの人が出会いを求めて気軽に登録しているの。 出会い系サイトだったら匿名で利用できるから周囲にバレることもないし、同じようにセカンドパートナーを欲しがっている人も多くいるから、比較的簡単にセカンドパートナーを作ることができるのよ。 出会い系サイトの中でも私の一番のおすすめは。 安全性が高くてサポートもしっかりしている、老舗の優良出会い系サイトなの。 シンプルな画面で見やすくて使いやすいのに細かく検索ができる点もポイントが高いわ。 だからセカンドパートナーを作るならが断然おすすめ。 無料で簡単に登録できるから、試しに一度セカンドパートナー候補たちを見てみてね。

次の