カワサキ プラザ。 カワサキプラザ?カワサキのバイクはどこで買えるの?大型バイクが買えるのはここだけ|バイクに乗るクマ物語

カワサキプラザの(店員や下取りの)口コミ・評判は?値引きは?

カワサキ プラザ

電車・バスでお越しの場合 郡山駅前バス乗り場、郡山駅前7番ポールより、さくら循環山根回りに乗車、4つ目の停留所「栄町」で下車、停留所目の前が当店となります。 モーターサイクル・お車でお越しの場合 郡山駅方面より県道17号線を白河・須賀川方面へ向かい直進、約1. 8km先左手。 東北道「郡山IC」出口を降り国道49号線を左折、いわき方面へ向かって直進。 県道17号線郡山警察署交差点を左折、福島方面へ向かって約3km先右手。 東北道「郡山南IC」出口を降り県道47号線を左折、そのまま直進。 県道17号線安積1丁目交差点を左折、福島方面へ向かって約5km先右手。 磐越道「郡山東IC」出口を降り国道288号線(郡山東バイパス)を右折、そのまま直進。 1つ目の信号右折、そのまま直進、県道73号線信号左折、そのまま直進。 国道288号線(三春街道)交差点を右折、そのまま直進。 県道17号線三春街道交差点左折、郡山駅、白河、須賀川方面へ向かいそのまま直進約4km先左手。

次の

カワサキプラザが続々と新店オープン〜Kawasakiの販売網再編〜

カワサキ プラザ

千代田線馬橋駅より徒歩7分。 大好きな事を仕事にしてみませんか。 冷暖房完備のサービス工場。 千葉運輸局長指定工場。 「五感で楽しめる空間」をコンセプトとするショールーム。 大好きな事を仕事にしてみませんか。 豊富な知識・技術を持つ先輩が、あなたをプロへとしっかり育て上げます! 大好きなバイクについて、新たな知識が得られる毎日は新鮮で、ワクワクがいっぱいです! 長年の歴史で培われた信頼ある当社で、新たなバイク人生を始めてみませんか。 整備経験のある方はもちろん歓迎しますが、 整備資格をお持ちの方でも未経験という方も心からご応募もお待ちしております。 ---------------------------- 弊社はカワサキモータースジャパンの専売ディーラーです。 母体は千葉県・東京都に5店舗を展開する国内4メーカーの正規代理店で 創業98年の株式会社ビーフリーとなります。 企業名 株式会社 ビーフリー 仕事内容 店内での接客を中心に、バイク用品の販売・整備となります。 カワサキ専門ディーラーとしてお客様のバイクライフをサポートしていくお仕事です。 仕事を通して成長していきたい方なら問題ありません。 バイクの知識が無くても販売には自身があるなど、他業種からの転職も歓迎します。

次の

カワサキプラザネットワーク、2020年3月・4月『カワサキ プラザ』京都・山梨・鹿児島・群馬・愛知・宮崎に6店舗オープン 企業リリース

カワサキ プラザ

カワサキの進めるプラザ展開により、2020年からプラザ店でなければ401cc以上のビックバイクの取り扱いができなくなるので、 TRICK STARはカワサキ車の車両販売を辞めるそうです。 しかし、TRICK STARのHPに掲載されている業務内容変更のお知らせを読むと、別地域でカワサキプラザ店を新設する準備を進めていると記載されています。 いつ頃、別地域でカワサキプラザ店になった新店舗オープンするか解りませんが、エヴァンゲリオンカラーの10Rが見れるのが今年が最後にならないように祈ります。 カワサキの進めるプラザ展開とはどの様なものなのか注目していきたいと思います。 メーカーリリースによると、2017年度から2019年度にかけて 国内販売モデルのすべてを取り扱う 「カワサキ専門店」 と、 排気量400ccまでの製品を取り扱う 「カワサキ正規取扱店」 の2系統の国内販売網を構築するとのことです。 そうする事により、「他社と一線を画した生涯顧客の獲得拡大を目指すブランド戦略を一層推進するため」としています。 これまでの販売網は、カワサキ直営の「カワサキ専門店」と、カワサキ製品と他社製品の両方を扱う「カワサキ正規取扱店」で構成されており、いずれの販売店でもすべてのモデルを取り扱ってきましたが、今回の再編では両者の取り扱いモデルを明確にするとともに、「カワサキ専門店」をカワサキ直営店以外の販売店も加え、現状の6店舗 から120店舗程度に拡大する予定です。 また、お客様との積極的なコミュニケーションを通じて、モーターサイクルライフのパートナーとしてご指名いただけるよう取り組んでいきます。 との事です。 この動画はカワサキが作ったカワサキプラザの宣伝動画なのですが、 動画の0:45から女性がしゃべるセリフの「酷いです。 酷いですよそれ!!ちょっと酷過ぎますよ・・・メールでも十分やり取りしたじゃないですか。 カワサキ以外の国産メーカーとしては、ホンダは「ドリーム」、ヤマハは「YSP」、スズキは「スズキワールド」などの専門店や直営店がに全国にあります。 これに対し、カワサキは直営店である「カワサキプラザ」が全国6カ所 仙台、東京、静岡、大阪、岡山、福岡 に点在するのみだったので、他のメーカーと比べてブランド力が弱いなとカワサキが思うのも納得がいきます。 最近は、ninjya250等がヒットし、派生となるZ250や小型自動二輪のZ125等、小排気量モデルもラインナップを増やしているカワサキですが、 「カワサキ プラザネットワーク」の推進により、 "大型で高性能なバイクkawasaki" というイメージの定着と、ブランド力の強化を図るのが狙いだと思います。 しかし、設立から主にkawasakiの車両でレースをして来て、今ではkawasakiの名門チームとも言えるTRICK STARが外れるのは予想外でした・・・ HPには代表の の名前で業務内容変更のお知らせが掲載されています。

次の