そこで 類語。 ビジネス文書の定番ワード「つきましては」の意味と使い方 例文20選

「それで」「そこで」「そして」「それから」「だから」の違いと使い分け

そこで 類語

「折り紙をつける」の意味 「折り紙をつける」とは、 人や物の価値が確かであることを保証することを意味します。 価値があることを表現する際、ただ、「すごい」とか「間違いない」と言っても、なかなか信憑性が伝わらない時ってありますよね。 そういった時、「折り紙をつける」と言うことによって、書面による保証も付けられるというニュアンスが加わり、保証することの意味が強まります。 また、そういった価値が保証できるものを「折り紙付き」と言い、「その実力は折り紙付き」という表現が使われたりします。 「折り紙をつける」の語源・由来 「折り紙をつける」と聞くと、「なぜ、折り紙なんだろう」と思う方も多いかと思います。 しかし、ここでの「折り紙」は私達が普段、 日本の伝統的な遊びで使う折り紙とは別のものです。 正しくは、 紙を半分に折った文書のことを指し、元々は、平安時代の末期から、公式文書や贈呈品の目録として使われていました。 そして、江戸時代になると、美術品や刀剣などの鑑定書として使われるようになり、確かな物であることを保証する書き付けとして折って保存されたのです。 そこから転じて、人や物の価値を保証することを折り紙をつけると表現するようになりました。 この絵は、最高級の名画であると 折り紙をつけられた作品である。 家の中にある壺を鑑定士に観てもらったところ、1千万円の価値があると、 折り紙をつけてもらった。 彼の身体能力の高さは、私が 折り紙をつけます。 「折り紙をつける」の類語 「折り紙をつける」には以下のような類語があります。 「太鼓判を押す」 「太鼓判を押す」にも、 人や物の質が絶対に良いことを保証するという意味があります。 太鼓判とは、元々、戦国時代の武将、武田氏が鋳造した「甲州金」の一分金 いちぶきん を指し、太鼓判のような大きな印判を押すことによって、価値を保証するという意味が生まれました。 語源は違いますが、「折り紙をつける」も「太鼓判も押す」も同じような意味で使えます。 「お墨付きを与える」 「お墨付きを与える」は、 権力や権威のある人が、保証を与えることを意味します。 元々は、室町時代や江戸時代に、将軍や大名から臣下に与えられた領地の保証を行うための文書を作成する際、署名の代わりに使用された花押 かおう が墨で記されていたことが由来となった慣用句です。 「お墨付きを与える場合は、品質や価値を保証するという意味とは若干異なり、信頼性を保証する際によく使われます.

次の

「諸々」の意味と使い方!失礼?敬語表現?ビジネスメールでの例文や類語まで!

そこで 類語

「折り紙をつける」の意味 「折り紙をつける」とは、 人や物の価値が確かであることを保証することを意味します。 価値があることを表現する際、ただ、「すごい」とか「間違いない」と言っても、なかなか信憑性が伝わらない時ってありますよね。 そういった時、「折り紙をつける」と言うことによって、書面による保証も付けられるというニュアンスが加わり、保証することの意味が強まります。 また、そういった価値が保証できるものを「折り紙付き」と言い、「その実力は折り紙付き」という表現が使われたりします。 「折り紙をつける」の語源・由来 「折り紙をつける」と聞くと、「なぜ、折り紙なんだろう」と思う方も多いかと思います。 しかし、ここでの「折り紙」は私達が普段、 日本の伝統的な遊びで使う折り紙とは別のものです。 正しくは、 紙を半分に折った文書のことを指し、元々は、平安時代の末期から、公式文書や贈呈品の目録として使われていました。 そして、江戸時代になると、美術品や刀剣などの鑑定書として使われるようになり、確かな物であることを保証する書き付けとして折って保存されたのです。 そこから転じて、人や物の価値を保証することを折り紙をつけると表現するようになりました。 この絵は、最高級の名画であると 折り紙をつけられた作品である。 家の中にある壺を鑑定士に観てもらったところ、1千万円の価値があると、 折り紙をつけてもらった。 彼の身体能力の高さは、私が 折り紙をつけます。 「折り紙をつける」の類語 「折り紙をつける」には以下のような類語があります。 「太鼓判を押す」 「太鼓判を押す」にも、 人や物の質が絶対に良いことを保証するという意味があります。 太鼓判とは、元々、戦国時代の武将、武田氏が鋳造した「甲州金」の一分金 いちぶきん を指し、太鼓判のような大きな印判を押すことによって、価値を保証するという意味が生まれました。 語源は違いますが、「折り紙をつける」も「太鼓判も押す」も同じような意味で使えます。 「お墨付きを与える」 「お墨付きを与える」は、 権力や権威のある人が、保証を与えることを意味します。 元々は、室町時代や江戸時代に、将軍や大名から臣下に与えられた領地の保証を行うための文書を作成する際、署名の代わりに使用された花押 かおう が墨で記されていたことが由来となった慣用句です。 「お墨付きを与える場合は、品質や価値を保証するという意味とは若干異なり、信頼性を保証する際によく使われます.

次の

折り紙をつけるの意味・例文・類語!なぜ折り紙で保証ができるの?

そこで 類語

「そこで」という言葉のそもそもの意味合いは「それまでの話題にしたがう形で意見を新たに続けること」を言い、それまでの文意にしたがう形で「新たな発想や意見」を相手に伝える、やや話の転換を表します。 さて、今後のプランにおきまして ・ミス表記がございました。 このことにより ・報告書を作成いたしました。 ご存知のこととお伺いしますが このように文脈の流れにしたがう形で、その次の進展や新しく意見を言うときなどに「そこで」が用いられ、その際には「そこで」という言葉をそのまま表現するのではなく、上記のように別の言葉に置き換えられて表現します。 敬語の種類 日本語の敬語には主に3種類の敬語表現があります。 1つ目は尊敬語で、「相手が目上の人や立場が上位にある人に対し、話者が敬意を示して主張する敬語表現」を意味し、たいていはビジネス上の場面で一般的に見られます。 2つ目は謙譲語で、「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的に立場や姿勢を低めた上で、相手に敬意を示す敬語表現」を指し、これはビジネス上でもプライベートでも多くの場面で見られる敬語になります。 3つ目は丁寧語で、「不特定多数の人に公示する敬意を示した敬語表現」を意味し、敬語の中では最もポピュラーな敬語表現と言ってよいでしょう。 「そこで」の敬語表現の使い方 先述しました3種類の敬語表現の基本的な用途にしたがって、この「そこで」の敬語表現もいろいろな場面で使い分けられます。 この場合、「そこで」の敬語表現であれば尊敬語、謙譲語、丁寧語のどの場合においても、それほど大きな差異はないと理解してもらってかまいません。 1つの言葉を覚える際には「その言葉を使って覚える」という実践的な学習が最も効果的で、「そこで」の敬語表現を覚える際でも、この実践的な学習にしたがい、自分で例文を作って覚えていくという方法がベターになるでしょう。 ・先日お渡ししました資料にご変更がございます。 つきましては、こちらの新しい配布資料をご覧下さい。 ・研究発表に誤りがございました。 つきましては、こちらの正誤表をご確認下さい。 ・わが社の新しい営業方針を発表いたしました。 さて、今後の事業計画におきまして ・自然災害にまつわる重要事項をご説明いたします。 まずご存知のこととお伺いしますが このように「そこで」の敬語表現をする際でも、「前述の内容を受けて意見を述べる」という基本的な姿勢がうかがえます。 「そこで」の別の敬語表現例 先のご説明でも少し触れましたが、「そこで」の類義語は実に多くあります。 話の転換を図る言葉はまずこの「そこで」の類義語に認められるものが多く、さらには言い方・表現のあり方一つで、「そこで」の意味合いと同じ意味合いの言葉になる場合があります。 ・そんな訳で ・そうした理由によって ・したがって ・ですから ・であるからして ・そのため ・このため ・それで ・このことにより ・したがいまして ・したがって ・以上により ・以上において ・続きまして ・引き続きましては ・それゆえに ・結果的に まだ多くの「そこで」と同じ意味合いを示す言葉や言い換えはありますが、一般的に使われる言葉としては上記の言葉群が認められます。 「そこで」以外の接続詞の敬語 日本語文法において、普通語と敬語の表現を正確に分類することはむずかしいことで、敬語に認められない言葉や表現でも「場合によっては敬語として扱われる・認められる」ということが普通に見られます。 ・と言うようなわけで ・さて ・なので ・これにより ・したがいまして ・したがって ・このような理由で ・そうした訳で ・これにつきまして ・以上におきまして ・考えられますことは ・想定できますことには ・そのため ・このため ・ところで だいたいこれらの言葉が並びますが、どの言葉でも文脈やそれまでの文意のあり方、またそれぞれの言葉が使われる場面によっては、「さて」や「したがって」、また「これにつきまして」という普通語に認められる表現でも、敬語表現として扱われることがあります。 「そこで」の英語表記と意味 先述でご紹介しました「そこで」の英語(英単語)を活用し、いくつかの英語での「そこで」の例文をご紹介します。 英語では、文脈に沿って敬語表現がなされるため、特に敬語表現そのものへの形容はありません。 ・This computer is bad, so I had changed a new one. 「このコンピューターは状態がよくないです。 そこで新しい物と交換しました。 」 ・He had introduced it, therefore, we willing to get new information. 「彼はそれを紹介しました。 そのため、皆は新しい情報を取得できました。 」 ・I made a draft. Therefore, it is explanation about the business plan. 「起案書を作成しました。 つきましては、事業計画についての説明です。 」 いかがでしたか。 今回は「そこで」の敬語表現・そこでの使い方と例文・別の敬語表現例と題して、「そこで」という言葉の正しい使い方や敬語表現、さまざまな場面において使われる「そこで」の活用法についてご紹介しました。 「そこで」というのは文字どおり接続詞ですので、「その敬語表現は何」と聞かれても、なかなか即答するのはむずかしいでしょう。 しかし、実際には多くの接続詞でもきちんと敬語表現が用意されており、特にビジネス上のやり取りにおいては、その接続詞の敬語でもきちんと使い分けなければなりません。 せっかく日本人として生まれてきたのですから、「正しい日本語の表記・使い方」をきちんとマスターしておき、日本語のエキスパートを目指してみましょう。

次の