とりせん 宇都宮。 【閉店】とりでん 宇都宮平松店

栃木県売場一覧

とりせん 宇都宮

株 とりせん 群馬県館林市、前原宏之社長 は、3月4日(水)、栃木県宇都宮市のショッピングセンター「アクロスプラザ宝木」内の核店舗として売場面積574坪の「とりせん宝木店」をオープンする。 同店は宇都宮環状線沿いに位置していて、広域からのアクセスが良い。 また、環状線内側に位置するため、市街地からの集客も可能な立地となっている。 宝木店は、店舗内装および外装を一新した「新コンセプト店」だ。 2019年9月にオープンした栃木店(栃木県栃木市)に次ぐ9号店となる。 各売場の特徴として、精肉売場は、「おいしいお肉はやっぱりとりせん」をモットーに、全国の産地からこだわりの肉を提供する。 地元宇都宮市のブランド和牛「宇都宮牛」を取り扱う。 鮮魚売場は、全国の有名漁港で水揚げした海の幸を提供する。 魚はお客の注文に応じた調理を行う。 青果売場では、近郊・周辺地区の生産者が育てた地場野菜コーナーを設置する。 惣菜売場は、素材を吟味した惣菜や、地域の食材を使用した弁当や惣菜を提供する。 生鮮食品売場では、時短調理や中食需要の高まりにあわせたレンジコーナーを設置している。 健康志向の高まりにあわせて、「減塩」や「低カロリー」、「脂質・糖質OFF」、「無添加」、「美容」、「特定保健用食品・機能性表示食品」といった 食と健康を基軸とした商品を各コーナーに取り揃える。 そのほか、各コーナーで「地元の味」と題した、地場商品や宇都宮市に工場のあるメーカーの商品を積極的に販売して、地域に根差したスーパーマーケットを目指す。 また、店内には「おもいやり駐車場」「授乳室・ベビーシート」「AED」 を配備している。 店内照明および駐車場外灯にはLED照明を使用し、空調は高効率の設備を導入し、 地球温暖化対策を行う。 古紙・段ボールやペットボトル、牛乳パック、アルミ缶などの回収リサイクルステーションを設置し、環境にやさしい店づくりを進める。 毎日無料で持ち帰ることができるピュアウォーターと有料のミネラルウォーターが用途に合わせて選べる自動販売機を設置。 店内には無料Wi-Fiを備えたイートインコーナーを配置する。 また、料理教室や食育教室などのイベントも行う。 同店の開店で、とりせん店舗数は群馬県28店舗、栃木県19店舗、茨城県10店舗、埼玉県3店舗の合計60店舗となる。 宇都宮環状線の外側にある「とりせん細谷店」と宝木店で、宇都宮市のドミナント強化を図る。 そのためのドミナント強化店舗と位置づけられている。

次の

新型コロナウイルス感染症|宇都宮市公式Webサイト

とりせん 宇都宮

とりせんは3月4日、栃木県宇都宮市の「アクロスプラザ宝木」内に「とりせん宝木(たからぎ)店」をオープンした。 <とりせん宝木店> 宇都宮環状線(通称:宮環)沿いに位置し、広域からのアクセスも良好な上、環状線内側に位置する、市街地からの集客も可能な立地。 アクロスプラザ(商業集積)への出店となるため、生活必需品をより便利に買物できる。 宇都宮環状線の外側にある「とりせん細谷店」と今回出店する宝木店により、宇都宮市のドミナント強化に資する店舗として位置付けている。 「宝木店」は、顧客との「信頼感の醸成」をコンセプトに、店舗内装及び外装を一新した新コンセプト店として、昨年9月にオープンした栃木店(栃木県栃木市)に次ぐ9号店。 「おもいやり駐車場」、「授乳室・ベビーシート」、「AED」、「LED照明」、「回収リサイクルステーション」を配備し、人と環境にやさしい店づくりを行った。 精肉売場では、「おいしいお肉はやっぱりとりせん」をモットーに、全国の産地からこだわりの肉を提供。 地元宇都宮市が誇る良質のブランド和牛「宇都宮牛」を取り扱う。 鮮魚売場は、全国の有名漁港から鮮度抜群の水揚げされた新鮮な海の幸を用意。 魚は注文に応じた調理に対応する。 青果売場では、近郊・周辺地区の生産者が育てた地場野菜コーナーを設置した。 惣菜売場は、素材を吟味し、味にこだわった自慢の惣菜の他、地域の食材を使用した弁当や惣菜を提供する。 生鮮食品売場では、時短調理や中食需要の高まりにあわせたレンジコーナーを設置。 健康志向の高まりにあわせ、「減塩」、「低カロリー」、「脂質・糖質OFF」、「無添加」、「美容」、「特定保健用食品・機能性表示食品」といった食と健康を基軸とした商品を各コーナーに取り揃えた。 各コーナーで、「地元の味」と題し、地場商品や宇都宮市に工場のあるメーカーの商品を積極的に販売し、地域に根差したスーパーマーケットを目指す。 案内所には、銘菓ギフトコーナーを設置。 店内には無料Wi-Fiを備えたイートインコーナーを設けた。 地域住民が気軽に参加できる料理教室や食育教室などのイベントを行っていく。 同店の開店により、とりせん店舗数は群馬県28店舗、栃木県19店舗、茨城県10店舗、埼玉県3店舗の合計60店舗となる。

次の

とりせん/宇都宮市「アクロスプラザ宝木」新コンセプト店9号店出店

とりせん 宇都宮

とりせんは3月4日、栃木県宇都宮市の「アクロスプラザ宝木」内に「とりせん宝木(たからぎ)店」をオープンした。 <とりせん宝木店> 宇都宮環状線(通称:宮環)沿いに位置し、広域からのアクセスも良好な上、環状線内側に位置する、市街地からの集客も可能な立地。 アクロスプラザ(商業集積)への出店となるため、生活必需品をより便利に買物できる。 宇都宮環状線の外側にある「とりせん細谷店」と今回出店する宝木店により、宇都宮市のドミナント強化に資する店舗として位置付けている。 「宝木店」は、顧客との「信頼感の醸成」をコンセプトに、店舗内装及び外装を一新した新コンセプト店として、昨年9月にオープンした栃木店(栃木県栃木市)に次ぐ9号店。 「おもいやり駐車場」、「授乳室・ベビーシート」、「AED」、「LED照明」、「回収リサイクルステーション」を配備し、人と環境にやさしい店づくりを行った。 精肉売場では、「おいしいお肉はやっぱりとりせん」をモットーに、全国の産地からこだわりの肉を提供。 地元宇都宮市が誇る良質のブランド和牛「宇都宮牛」を取り扱う。 鮮魚売場は、全国の有名漁港から鮮度抜群の水揚げされた新鮮な海の幸を用意。 魚は注文に応じた調理に対応する。 青果売場では、近郊・周辺地区の生産者が育てた地場野菜コーナーを設置した。 惣菜売場は、素材を吟味し、味にこだわった自慢の惣菜の他、地域の食材を使用した弁当や惣菜を提供する。 生鮮食品売場では、時短調理や中食需要の高まりにあわせたレンジコーナーを設置。 健康志向の高まりにあわせ、「減塩」、「低カロリー」、「脂質・糖質OFF」、「無添加」、「美容」、「特定保健用食品・機能性表示食品」といった食と健康を基軸とした商品を各コーナーに取り揃えた。 各コーナーで、「地元の味」と題し、地場商品や宇都宮市に工場のあるメーカーの商品を積極的に販売し、地域に根差したスーパーマーケットを目指す。 案内所には、銘菓ギフトコーナーを設置。 店内には無料Wi-Fiを備えたイートインコーナーを設けた。 地域住民が気軽に参加できる料理教室や食育教室などのイベントを行っていく。 同店の開店により、とりせん店舗数は群馬県28店舗、栃木県19店舗、茨城県10店舗、埼玉県3店舗の合計60店舗となる。

次の