艦これ ss 嫌われ 辞める - 【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

嫌われ 艦これ 辞める ss 【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

嫌われ 艦これ 辞める ss 提督「裏切られても、信じたかった」

【加賀・金剛】提督「女性だらけの縦社会」SS

嫌われ 艦これ 辞める ss 【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル

嫌われ 艦これ 辞める ss 提督「…辞めて欲しい?」

[B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】 : あやめ速報

嫌われ 艦これ 辞める ss 【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル

嫌われ 艦これ 辞める ss 妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

嫌われ 艦これ 辞める ss [B!] 提督「そろそろ辞めたいし辞める前に何かしよう」【安価】

嫌われ 艦これ 辞める ss 提督「…辞めて欲しい?」

嫌われ 艦これ 辞める ss 提督「裏切られても、信じたかった」

嫌われ 艦これ 辞める ss 提督「裏切られても、信じたかった」

[B!] 提督「提督辞めようとした結果www」 : あやめ速報

139• 嘘だったんですか?」 提督「何がだ?」 大淀「今までの提督は、嘘だったっ�. 退会はしない 辞めると言っても退会までするつもりはないです。

  • それが我々、軍人だ」 大佐「. 提督「ふうー・・・」 提督「(執務室の前まで来たが・・・どうやら明かりはついてないみたいだな・・・)」 提督「(ゆっくりドアを開けてみよう)」 カチャ. 」 どうやらとても集中しているようだ。

  • せめて遺品は…」 煙も大分晴れたが、提督は跡形もなく消し飛んでいた 天津風「あ…ああ…」ポロポロ 提督「天津風! 提督「」 提督「(し、しまったー!手を払ったら卵焼きに・・・)」アセアセ 瑞鳳「・・・」ウルウル 瑞鳳「・・・・・・ぐすっ」ポロ 瑞鳳「ひ、ひどい・・・・・・私一生懸命つくったのに・・・一生懸命つくったのにっ!」ポロボロ 瑞鳳「うえーーーん、うえええぇぇぇーん!」号泣 提督「(や、やばい、やり過ぎた・・・こ、ここは謝るべきか!?)」 提督「(いやでも今謝ったら結局卵焼きを食べるはめに・・・そしたら瑞鳳に冷たくした意味がなくなってしまう・・・)」 提督「(こ、こうなったら・・・!)」 スタスタスタ 提督「(早々に立ち去ろう・・・)」 瑞鳳「いかないでえぇぇぇぇ、卵焼き食べてよぉぉー!うええぇぇーん!」シクシク 提督「・・・」スタスタ スタスタスタ. そろそろ終わりにしましょう」• 新規スタート時に、駆逐艦の中から初期艦を選択するのですが、その艦は既にいません……。

  • 【かつての鎮守府に戻りたい者】 【見捨てた仲間に復讐をする者】 【意味もなく、ただ闘う者】 あなたはどの部類かしら?」 離島棲鬼はフフッと怪しく笑った 離島棲鬼「これからあなたには、沖ノ島海域の防衛に努めてもらいます。

【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

卯月「ぴょ・・・ん・・・」ジワ 卯月「ぴょええええぇぇぇぇーーーん!!!」ポロポロ 提督「ふうー、ここらでごはんにするか!」ザッ 提督「外で食べる飯は格別だからな!さて、おにぎりおにぎり」ガサガサ パクッ 提督「うまうま」モグモグ パクパクモグモグ. 大和と武蔵を除けばここまで全てレベル99ですから、レベル99内では艦種毎に並べられていますね。

  • 1期オリョクル、2期バシクルなら案外道中を持ちこたえてくれます。

  • 艦娘たちを振り返る 最後に艦娘たちを振り返りましょう。

  • さすがに全てを辞めるつもりはありませんけど、時間をもっと削りたい場合は両方とも辞めることになるかもしれません。

提督「艦娘の目の前で死ね。と?」

深夜とはいえ霞や加賀が執務室で待ち構えているかもしれない・・・!ここは慎重に・・・」スッ スッスッ. 腹が減っては戦はできぬ!わははは!うん?あれは・・・」 曙「!」 曙「こっち見んな!クソ提督!」 提督「(また似たような奴が・・・まあ腹が減っている俺はそれどころではない。

  • 304• レベルソートの2ページは戦艦系と空母系、重巡洋艦、重雷装巡洋艦が並びます。

  • 今日は時間がたくさんあるぞ、フヒヒwww」テクテク ダダダダダダ 提督「ご飯を食べたら外でひなたぼっことかいいかもしれないな!わはははは!」テクテク ダダダダダダ ドカッ 提督「ぐわっ!?」ズテッ 島風「提督おっそーい!」 島風「そんなに遅く歩いてると島風がぶつかっちゃいますよーだ」ニヒヒ 島風「ばいばーい」ダダダダダ 提督「・・・・・・」 提督「・・・」ムクッ 提督「くっ、あのガキ。

  • その事実を受け入れたくない 提督『もう限界』ダッ 青葉『ちょ』• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。

のくす牧場 : SS+ 書庫

ありがとうな時雨」 時雨「ううん。

  • 50 ID:ymAQoNL70 長門「皆で順番に使えば良いんじゃないのか? 順番なんて早いか遅いかの違いじゃないか。

  • )」 霞「辞めるなんて絶対に許さないわよ。

  • トランポリンクス効果でツール回収してアセンブラ二枚でエクシーズ」 龍驤「システムダウンはよ」 漣「なんで一戦目のメインにシステムダウン入ってるんですかねぇ……?」 提督「君ら割と俺の存在無視して続けるよね……いいけどさ、ほい差し入れ」 漣「おっ。

5年以上続けてきた『艦これ』を辞めることにしました

そういえば知ってますか?」 赤城「何をですか?」 瑞鶴「提督さんが辞めたこと」 シーン… 赤城「え?…それは、本当ですか?」 瑞鶴「はい。

  • 最近私達の間で流行ってるそうなので」アセアセ 提督「そうか。

  • 反映に時間掛かるのか…… 赤城「か、加賀、さん?」 加賀「……」カオマッカ 瑞鶴「あれは最初にまず恥ずしさが来てるパターンだ……」 榛名「正直さっきのテンションは榛名も引きました……ザマァみろですね」 瑞鶴「え?」 龍田「あら〜? 天龍ちゃんこんなに高かったの? 良かったじゃない」 天龍「龍田、いまは、今言うのは……」チラ 加賀「な、何で? 私は提督が好き、だから提督も私が好き。

  • . ……んぐっ……あ、好きな味ですね」 提督「そかそか。

【艦これSS】失って気付いた大切な人(side darkness):艦隊コラテラル ブロマガ解説

そのかわりいい?あんたはこれからもここで提督を続けていく、分かった?」 霞「分かったのなら返事をなさい」 提督「(こ、怖い. どうせ単純なあいつらのことだ」 提督「卯月にはぴょおーーーんwwwとか言って、瑞鳳にはたべりゅうううwwwとでも言ってればすぐに仲直りできるだろ」 提督「フハハハハハ!チョロすぎwww」 ドアガチャ 提督「うん?ノックもせずに誰だ?」クルッ 瑞鳳「・・・・・・」 提督「(瑞鳳か・・・もう普通に話すか・・・)」 提督「こんな時間にどうしたんだ?」 瑞鳳「・・・」スタスタ 瑞鳳「・・・・・・」ゴトッ 提督「・・・・・・」 提督「えっと・・・机に置いたそれは・・・なんだ?」 瑞鳳「卵焼き・・・今日のは特別だから・・・私だけの特別な・・・特別な・・・」 提督「す、すまないが、こんな時間にそんなものはいらない・・・のだが・・・」 瑞鳳「そん・・・な・・・もの・・・?」フルフル 瑞鳳「」ガクガク 瑞鳳「」ブルブル 提督「ず、瑞鳳?寒いのか?」 瑞鳳「」ピタ 瑞鳳「・・・・・・」 提督「・・・・・・」 瑞鳳「あはははははははははははははっ!あっははははははははははは!楽しい!凄く楽しい!あはははははははははははははははははははははははははははははははははははは!!!」 提督「え!?」ビクッ 瑞鳳「えへ、えへへ、これだけ頑張ったのにまた「いらない」っか。

  • 提督「お、俺のサンマがあああー!?」ガ-ン 提督「うう・・・・・・久しぶりのサンマ・・・楽しみにしていたのに・・・ひどい・・・」ウルウル アハハハハハハ! 39 ID:DPHmKhZpo 龍田「んぐっ、んぐ」 提督「あ、飲んだ?」 川内「んー、微妙。

  • 別に提督が私にどれだけの好意を持っているのかが知りたい訳ではなくあくまで皆さんが使う前に私が危険が無いか確かめるだけであって決して変な理由があるわけではないですので、では」ダッ 金剛「ちょっとマテ」ガシッ 加賀「な、何ですか? 肩の手を離してください」ギロ 金剛「独り占めはずるいネー! 最初は戦艦のワタシが使うデス!」 加賀「チッ」 翔鶴「お二人共落ち着いて下さい。

  • 」 大佐「少将、激辛の店ばかり選ぶんだ」 運転手「あの人、結構激辛好きですからね. バタン 提督「・・・・・・」 提督「うう、心が痛い」 提督「だが分かってくれ、づほたん・・・俺がここで提督を続けていくためなんだ・・・」 提督「しかし瑞鳳の泣き顔・・・嗜虐心をくすぐられたというか・・・少し興奮したぞ、グヘヘwww」 提督「はっ!?いかんいかん、こんな邪な考えを持っては!これは俺の仕事を和らげるためにしてることだからな・・・うん」 提督「・・・・・・」 提督「ま、この調子で冷たく接してれば俺に話しかけてくる艦娘も減るだろう。

[B!] 提督「提督辞めようとした結果www」 : あやめ速報

艦娘の怖さを生身で感じた俺は軍とは一切関わりを絶ち手紙で大本営に辞めるという旨だけ伝えた。

  • スクショを撮るために今朝早くログインしました。

  • あんたは私がいないと何もできやしないんだから」 霞「あんたがここを辞めたらあんたに残るものなんてなにもないわ」 霞「あんたには私が必要なのよ。

  • 売らないですけど。

5年以上続けてきた『艦これ』を辞めることにしました

まったくもう……んぐんぐ」 提督「両手でリスみたいにもって飲むぼのやん可愛い」 曙「ぶはっ! げほ……ちょ、変な事言わないでよ!」 提督「あっはっはー。

  • 40425• あとは鈴谷と熊野の用事を終わらせて辞表をとりそのまま夜逃げするだけ・・・」 提督「ふう、しかしこの鎮守府とも今日でお別れか・・・そう考えると感慨深いな」 提督「いままでいろいろなことがあったもんなあー」シミジミ 提督「正直苦労だけだった気もするが・・・まあみんな個性強くなかなか楽しい奴らだったってもんだ」ウンウン 提督「辞めてしばらくしたら手紙くらいはみんなに出してやるとするか・・・ふはは!優しすぎワロタw」 コンコンコン 提督「おっ!戻ってきたな」 ドアガチャ 川内「提督、お弁当買ってきたよ!」 提督「よし、よくやった!」 提督「うむ、それでは好きなだけ夜戦に行ってきたまえ」 川内「うん!でも提督、せっかく会ったんだからお話ししようよ」 提督「(お話?なに言ってるんだ?これから飯を食べようというのに)」 提督「すまないが川内、いまから俺は待ちに待ったご飯の時間なんだ」 提督「お前と与太話をしている時間はないんだ、また今度にしてくれ」 提督「とりあえずさっさと夜戦に行く準備でもして「ねえ・・・」 提督「え?」 川内「・・・・・・」 川内「提督ってさ・・・最近すごく冷たいよね・・・」 提督「へ?」 川内「昔はさ・・・もっとみんなを可愛がってくれたし、なんていうか・・・提督自身も楽しそうだったよ・・・」 提督「・・・」 川内「昔私が大破して轟沈寸前の状態で帰ってきた時なんかは必死な顔で走ってきて心配してくれたもんね・・・」 川内「・・・でも最近は私たちとほとんど会話しなくなって・・・駆逐艦の子たちも同じこと言ってたよ?」 提督「そ、そうか・・・」 川内「うん・・・」 川内「・・・ごめん、私のキャラじゃないよね・・・私もう行くね・・・」スッ 提督「ま、待て川内!」グイッ 提督「・・・」ダキッ 川内「!」 提督「お、お前らに心配をかけたのなら悪かった」 提督「だが俺にとってお前らはかけがえのない大切な存在だ。

  • でもその冗談はひどくつまらないわよ、提督」 鈴谷「さすがの鈴谷相手でもその冗談はきついって」 提督「す、すまん」アセッ 熊野「・・・」 鈴谷「・・・」 提督「・・・(うう、なんとか誤魔化せたものの空気が悪くなった・・・)」 鈴谷「ま、とりあえず飲もうよ」ゴクゴク 提督「あ、ああ。

  • 誰にも言えない秘密を暴いて、 その後なにも知らずに生活してる相手を見ながらニヤニヤしたりはできません」 提督「お前、そんな使い方を想定して作ったのかよ……罰だな」 明石「ち、違いますよ! それに使うのは提督ですし!」 提督「つまりお前は俺がそういう使い方をすると思ってたんだな、罰だ」 明石「ん~! どっちにしても~! 提督「そんでその薬ってのはどこだ?」 明石「これです。




2021 cdn.snowboardermag.com