フォローリクエスト やり方。 TwitterのDMの送り方!DM初心者向けに使い方を分かりやすく解説|アプリ村

【Instagram】フォローリクエストを間違えて拒否した!取消できない?

フォローリクエスト やり方

スポンサーリンク 1. Twitterのフォローリクエストとは Twitterのフォローリクエストとは、非公開アカウント(鍵アカウント)設定にしているユーザーに対するフォローの許可依頼のことです。 つまり、 自分にフォローリクエストが届いた場合、誰かが自分をフォローしたいと申請してきているということです。 通常であればフォローの許可依頼は不要ですが、 非公開アカウント(鍵アカウント)設定にしているユーザーに関しては、フォローするために承認が必要となります。 (左:フォロー申請される側の画面 右:フォロー申請する側の画面) フォロー許可が下りるまでフォローは完了しておらず、ツイートやプロフィールを確認することができません。 友達など信頼できる人からのリクエストは承認し、どこの誰かも分からない人からのリクエストは拒否することで、 プライベートなアカウントの閉鎖性を維持すると同時にセキュリティを高めることができます。 フォローリクエストの設定 誰かがこちらのアカウントの「フォロー」ボタンを押すと、こちら宛てに「フォローリクエスト」の通知が届きます。 「フォローリクエスト」があった場合、次のとおり誰からのフォローリクエストか確認し、承認もしくは拒否するという対応を取ることになります。 a)スマホアプリ版Twitterでの確認方法 b)PC版Twitterでの確認方法 a)スマホアプリ版Twitterでの確認方法 スマホで見るウェブブラウザ版のTwitterも同様の方法となります。 フォローリクエスト一覧を確認すると、次のように未承認のリクエストが表示され、誰からリクエストがあったか確認することができます。 b)PC版Twitterでの確認方法 パソコンで見るTwitterでの「フォローリクエスト」の確認方法は次のとおりです。 フォローリクエスト一覧を確認すると、次のように未承認のリクエストが表示され、誰からリクエストがあったか確認することができます。 なお、スマホアプリ版TwitterでもPC版Twitterでも同様のやり方なので、ここではiPhone端末のスマホアプリ版Twitterにてご説明します。 フォローリクエストを拒否したときの反応 「フォローリクエスト」を 拒否したことは相手にバレます。 理由は拒否すると次のような反応になるからです。 1)通知は送られない 2)相手側のボタン表示が変化する 1)通知は送られない 「フォローリクエスト」を拒否したとしても、その旨の 通知が相手に送られることはありません。 したがって、拒否したとしても即座にバレるわけではありません。 仮に承認していたとしても通知は送られず、いつの間にかツイート等が確認できるようになっています。 つまり、「フォローリクエスト」は結果に関する通知は行われないということです。 2)相手側のボタン表示が変化する 「フォローリクエスト」を拒否すると、次のように相手側のフォローボタンの表示に変化が生じます。 【拒否した場合の変化】 「フォロー許可待ち」表示から「フォローする」表示へと、フォローリクエストする前の初期表示に戻ります。 【参考-承認した場合の変化】 仮に承認した場合、「フォロー許可待ち」表示から「フォロー中」表示へと変化します。 上記のように、表示の変化から相手にバレてしまうので、とりあえず スルーしておくという選択もありかと思います。 まとめ 以上、Twitterフォローリクエストとは|設定や確認の方法と拒否の反応についてでした。 プライベートなアカウントの場合には、非公開アカウント(鍵アカウント)設定にしてフォローリクエストを上手にさばくことによって、閉鎖的なアカウントとして利用することができます。 フォローリクエストを拒否したことは相手にバレてしまいますので、スルーをうまく活用しつつTwitterを楽しみましょう!.

次の

インスタでフォローリクエストを「されたorした」時はどうすればいいの?

フォローリクエスト やり方

インスタ フォローリクエスト(フォロリク)とは? Instagramのフォローリクエストとは、あなたが非公開モードでインスタを使っているときに、他のユーザーから「あなたをフォローしたい」という申請をされることです。 公開しているアカウントであれば相手の許可なくフォロワーになれますが、非公開のアカウントの場合は、相手にフォローリクエストを承認してもらわなければフォロワーになれません。 インスタ フォローリクエスト(フォロリク)の確認方法 フォローリクエストを確認する方法は簡単です。 すると、(2)『フォローリクエスト』の部分に、自分に来ているフォローリクエストの数が表示されます。 これで、自分のアカウントに何件のフォローリクエストが来ているのかがわかります。 ユーザーのアイコンをタップすると、そのアカウントのページを見られるようになっています。 自分にリクエストしてきたのがどんな相手なのか確認してから、リクエストの承認か拒否の判断すると良いですよ。 リクエストを承認する場合は、左の『承認』ボタンを押します。 するとフォローリクエストを送った人が自分のフォロワーとして認められ、投稿内容を閲覧できるようになります。 拒否する場合は右の『拒否』ボタンを押します。 この場合は、フォローリクエストの一覧から拒否したユーザーのリクエストが消えます。 相手はあなたのフォロワーにはならず、あなたの投稿を見ることもできません。 相手に「あなたの申請は拒否されました」という内容の通知などもいくことはありませんので、気が進まない相手からのリクエストは拒否しても大丈夫ですよ! 拒否したのに懲りずに何度もフォローリクエストを送ってくる、ちょっと困ったユーザーもいるかもしれませんが、そんな時にはそのユーザーをブロックしてしまうと安心です。 インスタ フォローリクエスト(フォロリク)を放置するとどうなる? Instagram自体をしばらく放置したり、フォローリクエストが来ているのに気づかなかったりして、リクエストをもらってもすぐに承認/拒否の対応ができないこともありますよね。 しかしうっかりフォローリクエストを放置してしまったとしても、自分にも相手にも、Instagram上で特に何かアクションが起こることはありません。 承認待ちの間に、相手がフォローリクエストをキャンセルすることもありますが、その場合も自分あてに通知などは特に来ません。 ずっと「フォローリクエスト」が表示されたままでも、気にならなければ良いですが、早めに「承認」するか「拒否」するか決めてしまえば、スッキリします。 インスタでフォローリクエスト(フォロリク)が表示されないときは? 例えば友達から「あなたにフォローリクエストを送ったから、承認してね!」と言われたのに、そのフォローリクエストが表示されていない!なんてことが起こるかもしれません。 そのような時は、画面に表示されている情報が更新されていない可能性があります。 Instagramを開いたら、アクティビティ画面で上の写真のように、画面を上から下へ引っ張ってみてください。 これで更新が始まり、表示される情報が新しくなります。 または、相手がリクエストを送った後に取り消していた場合も、フォローリクエストには表示されなくなります。

次の

Instagram フォローリクエスト(フォロリク)の確認と承認/拒否をする方法

フォローリクエスト やり方

フォローリクエストを間違って拒否してしまった! 非公開アカウントをフォローしたいと思った場合、「フォローリクエストを送って、それを承認してもらう」という手順が必要になります。 もしも自分が非公開アカウントであれば、自分の事をフォローしたいと思った相手は、まず自分にフォローリクエストを送る事になります。 そして自分がそれを承認する事で、初めてフォロワーになってもらえます。 この様にフォローリクエストが来た場合、これを開くと・・・。 この様にフォローリクエストの中身が表示されます。 で、これ、やってみれば分かるんですが、押した途端に一瞬で拒否や承認が決まってしまうんですよね。 承認を間違ってやる分には「フォロワー」の中に残っているからブロックなどで再対応が可能なんですが、拒否を間違ってしまうと・・・? フォローリクエストの拒否を取消はできない? フォローリクエストが来た時、間違って「拒否」をしてしまうと大変です。 拒否のボタンを押した途端にフォローリクエストは消えて、跡形もなくそのユーザーの姿はなくなってしまうのです。 間違って拒否した!承認したい相手だったのに・・・ と思っても、ユーザー名が分からないとどうしようもないのです。 拒否した相手の一覧がどこかで確認出来る、という事はありません。 フォローリクエストの拒否の取消、という事は出来ません。 フォローリクエストの拒否は、一度選択した時点で完全に決定されてしまいます。 フォローリクエストを出された状況に戻したいのであれば、向こうに頼んでもう一度フォローをしてもらうしかありません。 それか、こちらが向こうをフォローする、というやりかたもありますが、そのときはひとまず一方的なフォローをする事になります。 その後向こうがフォローをしてくれるかは分かりません。 フォローリクエストを拒否するときは、1つ1つ確認をしながらするのが良いと思います。 間違えて拒否をしてしまうと、面倒なことになってしまいますから・・・。

次の