さびた パーツ。 アルミ部分の白サビ

エレキギターの金属パーツを磨いてサビを落とす方法【ピカールを使う】

さびた パーツ

くすんでも普通の金属磨きを使うのはNG! クルマのグリルや、サイドウインドまわりのフレームなどに高級感を持たせるメッキパーツ。 これは見た目が美しいクロームメッキがほとんど。 クロームメッキは大気中で変色しにくいので、輝きが持続しやすいが、それでも使用しているうちにくすみや汚れが付いてくるのは避けられない。 いつまでも輝きをキープするには、やはり小まめな手入れが必要だ。 とはいえ、決して難しいことはなく、普段は洗車用のシャンプーで優しく洗って、たっぷりの水ですすげばOK。 ただし、メッキの厚みは0. 02~0. 2ミクロンと非常に薄いので、ウエスなどでこすったり拭いたりするのはNG。 しかし、それでも年数が経ってくると、メッキ部に白いウォータースポットが現れて、さらに悪化すると、それが点錆になってくる。 こうなる前に手を打たなければ再メッキしないと輝きが取り戻せなくなるので、早めに対策したい。 基本的にDIYで何とかなるのは、上記のウォータースポットの状態まで。 ボディの手入れに詳しいソフト99によると、メッキパーツのウォータースポットの原因は雨水や水道水に含まれる、ミネラル分の固着とのこと。 これらは通常の洗車では落ちないので、メッキ専用のメッキクリーナーなどでやさしく磨いて、空ぶきで仕上げる。 上記の通りメッキは非常に薄いので、コンパウンドや研磨剤入りのワックスで磨くと、小キズが付いたり下地のニッケルメッキが出てきてしまうこともあるので要注意。 必ずメッキパーツ専用のクリーナーを使用すること。 とくに樹脂製のメッキパーツはデリケートなので、樹脂のメッキにも対応している製品を選ぶこと。 メッキクリーナーの主成分は研磨材、非イオン系界面活性剤、石油系溶剤。 研磨剤も含まれているが、メッキ用のマイルドな粒子になっている。 白いウォータースポット(白いシミ・白錆)や、くすみの原因になっていた細かなキズは、これですっきり取れて、メッキらしい光沢が取り戻せるはず。 さらに、クリーニングした後に、メッキ専用のコーティングを行うと汚れが付きにくくなるので、こだわる人は試してみるといいだろう。

次の

【あつ森】さびたパーツの入手方法と使い道【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

さびた パーツ

Q 車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、 先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか くすんでしまいました。 この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。 見た限りこの白サビというのは表面の隆起感覚が無いので、中に浸透しているものかと思われますので、ワックスみたいな表面をコンパウンドで磨いて除去するには、くすんだり、まだらになったりして あまり綺麗に仕上がらない気がします。 液状化したもので中まで浸透して除去できる物の方が素人の考え的には良いように感じますが よく分かりませんので、是非使用した人に紹介して欲しい次第です。 できれば、リムのポリッシュ部分の鏡面の光沢などをくすませないように仕上げられるものがあれば ベストなのですが。 仮にやはり表面の研磨が必要な場合は、ピカールだとどうでしょうか? くすんだり、シミになったりしますか?その後クリアを吹けべ光沢は戻るでしょうか? 車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、 先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか くすんでしまいました。 この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。 見た限りこの白サ... A ベストアンサー アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。 メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません 表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。 中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。 腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。 BBSのリム部ポリッシュなど この腐食の問題が 多いです。 金属磨き等は、地肌に対して有効であり クリアー塗装されたうえでは クリアー層まで 磨いて落とさないと 研磨出来ませんし 研磨後 クリアー塗装をする必要が有ります。 ピカールも 同じです。 クリアーポリッシュのアルミは 腐食蜘蛛の巣状が出たら 諦めるか 着色塗装するしかないでしょう。 なので 初めから 選ばない事 また ちょっとした傷からも 腐食の進行が 始まるので クリアーで タッチアップして 地肌が露出しない様に 注意が必要です。 ホイールって 走行中に ゆがみひずみ 戻る の繰り返しで 塗装も見えないひび割れとかも起き 腐食の 入口になるのかな とも 考えています。 リムポリッシュは 綺麗なの2年程度と お考え下さい。 腐食が 少なければ 腐食部分を 耐水ペーパー#1000とかで 削り落とし 研磨剤で磨いて落とせる範囲まで 落とし クリアー塗装を かけてみるしかないでしょう。 アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。 メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません 表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。 中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。 腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。 Q エンジンの錆の除去について教えてください。 アルミ地で銀色のエンジンですが、全体的に白錆と、ところどころ赤錆が出ています。 この錆を除去する上で、その処置後にかえって錆を進行させないようにしたいと思っているのですが 基本的にはどういう方法というか考え方で行えばよいでしょうか。 業者さんへ依頼するのは費用的に無理なので考えてないです。 自分でいくつか考えているのは、 1. 水洗いのみでやめておく 2. ネバダルやピカール等の研磨剤で軽く研磨し残った錆は諦める 3. 金ブラシ、ペーパー等で強力に研磨し錆を落とし、ワックスを塗る エンジンの研磨や錆についてはまったく経験がないのでよろしくお願いします。 A ベストアンサー アルミの錆びは、表面だけでなく内部にまである程度腐食が進行していますので、表面に盛り上がったものと、内部のもので使う道具を変えます。 盛り上がった部分を削り落とすには金属表面を削るための「スクレパー」という道具があります。 ステッカースクレパーなども販売されていますので見たことがあるのではないでしょうか。 DIY店の塗料コーナーに塗料はがしの工具としても売られています。 手に入らない時は、カッターの刃で代用します。 カッターの刃の部分ではなく、折った部分を使ってこそぎ落とします。 押して削るのではなく、引いて削ります。 こうするとカッターの刃がアルミに喰いこみません。 表面のさびを落とした後で、「耐水ペーパー」の240番くらいのもので水をつけながら内部のさびを落とします。 水をつけながら使うのがコツです。 目が詰まりにくく傷がつきにくくなり作業も格段に早くなります。 あまり数字の小さなサンドペーパーは傷が大きくなって目立ちます。 180番以下は避けた方が良いでしょう。 サンドペーパーが使いにくいところは割り箸の先に巻き付けて使ってください。 平面を研磨する時もかまぼこの板のようなものに巻き付けて使うと仕上がりがきれいに平らになります。 錆びの具合によって使い分けてください。 研磨した後は、そのままにしておくとまた錆びてしまいますからスプレータイプの「クリアー塗料」を吹き付けておきましょう。 吹き付けるときには水分とサンドペーパーの削りカスをきれいに布でぬぐってからにしてください。 アルミサッシは表面が「ヘアライン仕上げ」と言って細かなサンドペーパーで一定方向に研磨したような仕上げがしてあります。 そのためサンドペーパーでさびを落とすときもこの仕上げ方向にそってサンドペーパーを動かせば傷が目立ちにくくなります。 ちょっとした気遣いですが、仕上がりは歴然と違ってきます。 だからこそ240番の耐水ペーパーをお薦めしたわけです。 新品同様の仕上がりになると良いですね。 アルミの錆びは、表面だけでなく内部にまである程度腐食が進行していますので、表面に盛り上がったものと、内部のもので使う道具を変えます。 盛り上がった部分を削り落とすには金属表面を削るための「スクレパー」という道具があります。 ステッカースクレパーなども販売されていますので見たことがあるのではないでしょうか。 DIY店の塗料コーナーに塗料はがしの工具としても売られています。 手に入らない時は、カッターの刃で代用します。 カッターの刃の部分ではなく、折った部分を使ってこそぎ落と... A ベストアンサー 金属磨き「ピカール」の良さとは 安い、どこにでも売っている、一応化学錆落とし。 という理由だけです。 ハナサカなんとかとか、 専門家が使うような錆落としもないことはないのですが、 プロ用は皮膚に激しいですし、後処理とかを言い出すと、 とても紹介できないだけのことが、 すなわち「ピカール」という理由なのでは。 小学生にこれで自分の自転車を掃除しとけ、といっても何の不安もないですからね。 味の素は化学調味料と同じ定義?みたいなもので、 関係者にとっては、はなはだ失礼な話なのかもしれません。 そういう理由で、コンパウンドは、万一落ちなかったときのダメ押し というか、促進材なので、1000番以上ではないですかね。 他にいいものがあれば、それでもいいんですよ。 悪いはずがないというか。 50年以上の実績なんじゃないですかね。 後は全て、泡沫候補って感じですね。 しかし化粧品にもありますが、名前だけかっこつけて、 高くてかつ、とんでもない悪質なものもあります。 それなりにというのも大事な要素です、気をつけてください。 A ベストアンサー 純粋なアルミは非常に反応性の高い金属です。 アルミサッシなど腐食されない材料として使用される理由は 傷ができたとき、瞬時に酸化皮膜(酸化アルミ)ができ、 それ以上反応が進まなくなるからです。 酸化アルミは透明な物質なので見かけ上はわかりません。 酸化アルミは非常に安定している物質なので腐食が起こりにくいのです。 ちょうど鉄棒の表面に黒さびをあらかじめつけておくのと同じ原理です。 アルミが腐食する理由としては、油や汚れなどが付着して 酸化皮膜ができる前に他の反応が起こった場合です。 つまり反応性の高いものが近くになく、いつもきれいにして空気に触れていれば ほとんど腐食しないはずです。 A ベストアンサー 工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。 でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。 実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。 今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、 そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。 悪い噂はすぐに広まるからね。 そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。 メカニックはそれが一番頭に来ます。 自分の腕を安く見られるって事ですから。 最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」 と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。 A ベストアンサー アルミ地肌は、メーカーの真似をする必要はないです。 アルミバフがけのクリアはただお客さんの手に渡るときは 光り輝いていて欲しいとうだけのメーカーサイドの目的のものです。 1年の野ざらしでおけば、手に負えません。 最初からむくで売ってくれたほうが、ミミズバレの治療をするより 楽、とおもいませんか?自分で吹いたクリアもいっしょ。 メーカーのクリアよりはましとはいえ、3年は持ちません。 それより、シルバーを塗るか、いっそ塗らないで、月一で適当お掃除のほうが楽。 つまり、ピカピカの少し手前を維持するのです。 フロントフォークは最前線です。 前から石ころがくれば挫折です。 インナーチュウブは毎日拭くでしょ。 同時にアウターも2000から3000番のスポンジタイプのサンダーで軽く拭いてあげましょう。 ウレタン塗装はそれからでも遅くない 一度塗ってしまうと、失敗してはがすのはそれは大変。 お金もすごくかかりますし。 ) 我がフォークの塗料も10年へたらなかったですが、 今回下地をだすのは、グラインダにバフつけて、1時間かからなかったほど劣化していました。 最初はCRCで現状維持を試みたのですが、どうしても雨とかしぶきで、まだら模様と錆が。 そこで軽く拭く はがす)ことにしたのです これが、いいのです。 錆と鏡面の間の地肌が維持できるのです。 しかも楽チン。 2ヶ月ほっちっちの場合どうなるかは経験不足でお答えができないだけです。 アルミ地肌は、メーカーの真似をする必要はないです。 アルミバフがけのクリアはただお客さんの手に渡るときは 光り輝いていて欲しいとうだけのメーカーサイドの目的のものです。 1年の野ざらしでおけば、手に負えません。 最初からむくで売ってくれたほうが、ミミズバレの治療をするより 楽、とおもいませんか?自分で吹いたクリアもいっしょ。 メーカーのクリアよりはましとはいえ、3年は持ちません。 それより、シルバーを塗るか、いっそ塗らないで、月一で適当お掃除のほうが楽。 つまり、ピカピカの... A ベストアンサー もうペーパーがけはしちゃってるんですね。 では、私のやってる方法を試してみてください。 1)磨き 充電ドリルドライバーにバフ・ビットをつけて、 ネバダル NEVR-DULL またはピカールを薄く塗って磨く。 整備に遣うぐらいなら、1万円以下の安いもので十分です。 2)水洗い 丁寧に水洗いしてください。 薬剤が残ってると腐食することもあります。 3)ガラス・コーティング 水気を残さずにきれいに拭き取ったら、すぐにガラス・コーティングします。 ガラス・コーティング・キットで検索すると色々出てきますので、安いのでかまいません。 コーティング剤にもよりますが、半年ぐらいは大丈夫です。 4)ガラス・コーティング高過ぎ…という場合には アルミ・ホイールワックス(数百円~1500円程度)を塗りましょう。 この場合は、最低でも2-3週間おきにワックスがけすることをおすすめします。

次の

サビてしまったギターのメッキパーツをピカピカにしたい・・・

さびた パーツ

エレキギターの金属パーツの手入れについて ギターの金属パーツに錆が目立ってきたので 錆落としや手入れをしようと考えています。 錆落とし自体はCRC KURE5-56で行うつもりです。 フレットやペグのくすみ取りにはコンパウンドを使うつもりなのですが、 99工房のコンパウンド(極細)を使っても問題ないでしょうか? また、防錆も兼ねて金属パーツのコーティングもしようと思っているのですが、 これは車用のワックスを使っても良いでしょうか? FERNANDESのSURFACE PROTECTOR 956と言うコーティング剤の説明に 「フッ素被膜で保護」とあり、同じ働きのワックスで良いのではと思うのですが……。 適当な金属用のコーティング剤を買った方が良いでしょうか? 教えて下さい。 補足作業自体は終わりましたけど一応補足します。 今回CRCを使ったのはブリッジとネジ類です。 部品をCRCに漬け、錆が酷い所は真鍮ブラシで磨きました。 コンパウンドで磨いたのはフレットとペグのツマミです。 (今回の作業ではペグの内部は特に手をつけていません) 防錆は見送りました。 上記の方法で問題が有ればご指摘下さい。 それと、CRCを使うと金属パーツが終わる理由を教えて頂きたいです。 お願いします。 私はホームセンターなどで売っている市販のサビ落としをつかいました。 トイレ洗剤のサンポールでサビを落としている人もいるようです。 こんな商品です。 手順を以下に記述します。 (長文ごめんなさい) 1.ブリッジを取り外す。 2.ブリッジのパーツを分解する。 3.タッパとかの容器にサビ落しを入れ、パーツを何個か入れます。 (軽く漬かる位サビ落しを入れる) 4.容器のふたを閉め、シャカシャカ振る。 5.1~2時間置くと液体がサビ色になってます。 サビがひどい場合は3~5を繰り返します。 6.サビが落ちたなと思ったら、パーツを取出して水洗いします。 排水口に注意です(笑 7.水気をふき取って、さらにはドライヤーで強制乾燥します。 8.稼動部分にCRC(クレの556とか)をちょっと吹きかけてぐりぐり動かして、はみ出た分をふき取ります。 9.あとはパーツを組み立ててギターに付けます。 サビの程度によりますが、かなり綺麗になります。 メッキや色なども落ちるかもしれませんが、サビよりはましと思います。 組み立て方が判るように、元の形を写真などで取っておくことをお勧めします。 フレットはマスキングをしっかり行って、プラスチッククリーナーを使っています。 商品名は失念しましたが、かなり極細のコンパウンドのようなものです。 あと、レモンオイルやオレンジオイルでも軽いくすみなら取れます。 防錆も兼ねて金属パーツのコーティングとありますが、手汗対策は、弾いたら必ず拭く。 デコボコは使い捨て歯ブラシを使います。 そのほか私は手汗かきなので、もっぱら手袋(100円ショップで購入)の指部分を切り落として使ってます。 5年使ってますが金属パーツはまったくさびていません。 欠点はカッコ悪いのとマメに洗わないと臭くなる(笑 補足 なんか、ほかの方がいろいろ指摘されているみたいなので補足しますね。 上記を行ったのは、ロック式のブリッジです。 CRCをつかうのも最小限です。 このやり方でペグとかはNG。 グリスとかあるので。 質問者さまの金属パーツとはどの部分のこと? 私と同じであれば、こんな人もいるんだと思えばよいかと。 さらに補足 補足ありがとうございます。 >上記の方法で問題が有ればご指摘下さい。 >CRCを使うと金属パーツが終わる理由を教えて頂きたいです。 あとはCRC漬けの場合、ちゃんと拭かないとベトベト以外に埃がつきやすくなると思います。 昔中古ショップでフロイドブリッジを購入した際にCRC漬けでベトベトになって興ざめしました。 で、結局市販のサビ落としでやっつけたわけなんですが、メッキ部ははがれずとてもきれいになりました。 希少価値のあるビンテージやレリックしているギターなんかは、確かに味わいというか風格?を損なわないように、そのままがイイという人もいますが、そのようなギターではない場合は割り切って綺麗に・・・という人もいますので、結局は人それぞれですね。 長文失礼しました。 それに安いパーツはメッキも安い上に薄いので、下手に磨くとはがれます。 コートというけど、手に触れる場所にコートは無駄ですよ。 錆と言うけど、くすみの間違いではないですか?青錆浮いてますか? ギターの世界ではメッキのくすみはかっこよさや味わいとして大事にされてます。 どうせピカピカには戻らないので、パーツごと変えるか演奏上支障がないなら何もしない方がいいですよ。 CRE使ったら金属パーツは終わり。 誰を信じるかどうかは質問者が決めるもんだし、後のことまで興味ないので他の回答者さんを貶めないようにしてるけど、いくらなんでも…って人はたまにいるんだよね。

次の