怪人 ゾナー。 ゾナー

山寺宏一がリクエスト“うたつなぎ”で森久保祥太郎が『おはスタ』怪人ゾナー「ゾナパラ」披露

怪人 ゾナー

グダグダっぷりが止まらなくなっている絶対GAMEBOY主義。 今日紹介するのはこいつだ! 怪人ゾナー! おはスタで森久保祥太郎がメイクして演じたなぞなぞ怪人をゲーム化したものだ。 発売はなんと任天堂で、 スマブラXの任天堂ソフト一覧とかにもちゃーんと名前が載っている。 企画モノというかキャラモノでターゲット層はかなり狭く、 機種がゲームボーイカラーでついでにパッケージがこれ。 一時期ソフマップで100円未満で新品が叩き売られていたのも納得ではあるが……。 実はこれ任天堂イズムを感じさせる完成度とキレのあるバカさを合わせ持った一品。 いやかなり凄いぞこれ。 出自とパッケージとタイトルからは想像できない内容。 怪人ゾナーは「そんなのあったなぁ」くらいで どんなキャラか覚えていない俺でもかなり楽しく遊べたわ。 ていうか色々とおかしいぞこのゲーム! 四六時中なぞなぞのことを考えているくらいになぞなぞが大好きで いつも母親からそのことで叱られている主人公の元に、 なぞなぞが勉強するための学校「ナンゾウ小学校」の校長から手紙が届く。 ナンゾウ小学校に魅力を感じた主人公がそこに転校するところからゲームが始まる。 お母さんは止めなかったのだろうか? で、実はそこの校長がなぞなぞで人間を洗脳して世界征服をたくらむ悪人で……。 と、まあそんな感じです。 元ネタが元ネタだけに実にコロコロスピリッツに溢れたシナリオ。 怪人ゾナーは第三勢力的な立場なんだけど主人公に協力してくれる。 協力といいつつ足引っ張ってたり、洗脳されて敵に回ったりがほとんどですが。 ていうかタイトルになってるのにここまで活躍しないって凄いよゾナー! 学校の1階からスタートして、イベントをこなしながら 相手をなぞなぞバトルで倒してどんどん上を目指すという流れ。 このなぞなぞバトルが実に秀逸。 相手から出題されたなぞなぞを答えるだけなんだが、 ゲームボーイの操作系統でも快適に入力できるようにかなり工夫がされている。 予測変換機能に辞書機能、さらに高速スクロール機能まで搭載されていて隙ナシ。 スクロールの高速化も可能でこの快適っぷりは素晴らしい。 まったくストレスが無いぜ。 一度解いたなぞなぞは主人公の持っている電子手帳に記録され、 そこから検索機能を使うことで正解の単語を自動で入力してくれるシステムもある。 なぞなぞ自体は小学生レベルでほとんどダジャレみたいなのばかりだが、 油断してると分からない問題が出てきて普通に悩まされたりするし、 後半になってくると普通に難しくなってくる。 回数制限ありのヒント機能やスキップ機能、お助けアイテムがあり、 電子手帳でゾナーにヒントを教えてもらったりも出来る。 バトルではHPの代わりにプライドポイントという概念が存在。 なぞなぞに答えられないと プライドが傷つけられてポイントが1つずつ減っていき、無くなったら負け。 アイテムを使うか、 保健室で保険の先生に励ましてもらうことでプライドを回復出来る。 逆になぞなぞに正解すれば相手のプライドにダメージを与えられる。 ゼロにすればこっちの勝ちだ。 イヌの写真を眺めて和むことで精神力を回復するダンジョンRPGならあったが、 傷つけられたプライドを保険の先生に癒してもらうなぞなぞゲームは初耳だなぁ…… この保険の先生がまたさりげなくクセモノだったりするんだなこれが。 なぞなぞはただ正解しただけではダメで、 その後「な~ぜだ?」にも答えないといけない。 表示される3つの文章の中から、 「何故その答えになるのか」の説明になっている文章を選択するもので、 これに正解することで完全に正解したことになるんだが、 この文章が妙な小芝居になっていたり文章が滅茶苦茶だったりで なんかもう頭痛が痛くなってくる。 これがまた妙に楽しい。 「なぞなぞ」をちゃんとゲームとして落とし込んでいて、 システム的にも非常に丁寧に作られているのに感心。 ゲームボーイで発売されたなぞなぞゲーの中では最高のデキだな。 いや、なぞなぞゲーってこれしか知らないけど。 なぞなぞバトルだけでなくシナリオもかなりよく出来ている。 バカゲー的な意味で。 シナリオというか登場キャラの濃さとテキストのぶっ飛びっぷりが凄いわ。 何十人もいるキャラがみんな個性的。 怪人ゾナーのヘタレっぷりと憎めないキャラっぷりもいい感じなんだが、 それ以上に出てくるキャラが濃ゆい。 校長が悪人なのは知ってるが妻と娘とマイホームがあるから協力できない! と胸を張って言い、いざ校長が危うくなると次に学校支配するのは私だとか その暁には君を生徒会長にしてあげようとか言い出す このゲーム一番のクズ兼担任の先生とか、 「ボールは友達!」を通り越して、 「僕はボール以外に友達はいらないからなぁ……」とか言い出し、 一人だけいる坊主頭の友達のことを、 「自分で動いて喋る凄いボールなんだ!」と紹介するサッカー部員とか。 小学生の主人公に向かって殺す!とストレートに殺意をぶつけてくる校長とか。 やっぱおかしいよこのゲーム。 細かいことを全部「とりあえず かいけつ したようだ」 で済ませる主人公もかなりどうかと思いますよ! なんていうか任天堂のゲームが時折見せる黒さとか狂気を、 あまり自重せずに出しちゃったようなネジの飛びっぷり。 反面、女の子はどのキャラもかなりかわいい。 ヒロインのみほちゃん。 双葉理保の妹に似ていてとてもかわいい。 名前も双葉理保に似ている。 エンディングの会話や校長室でのはしゃぎっぷりの破壊力は激烈かつ強烈。 安定したメインヒロインっぷりを見せる。 エロさだと一番だと思うあゆみちゃん。 主人公にカンチョーしてくるハレンチな女ですよ! バレー部への入部希望をしているまりちゃん。 実は強キャラ。 放送部のまきちゃん。 かなりゲスな性格。 ていうか割とひでぇぞこの女。 テニス部のちな。 ゴモラヘアーがステキ。 地味に性格がきついちのぞみちゃん。 見た目はかなり好みだ。 ほとんどのキャラに洗脳verの姿があるので 悪堕ちフェチにもたまらない一品となっております。 洗脳verちょっとエロ過ぎだろこれ!とくにあゆみがやべぇぜ! ここで紹介したキャラはほんの一部ですぜ。 マッスル先生とかも好きよ俺。 ネジの飛んだテキストや強烈なキャラで引っ張りつつ、 押さえるとこはちゃんと押さえた展開に綺麗なまとめ方のエンディング。 シナリオはかなり上手いと思う。 児童まんが的であり、かつバカゲー的に見て完成度は高い。 どこか温かみのある音楽と凝ったデモシーンも質が高く、 特にスタッフロール手前で表示される一枚絵は綺麗で凄く好きだわ。 終わったんだなぁって感じがよく出てるよあれは。 OPデモも音楽、カットイン共にカッコ良くてお気に入り。 欠点は展開が単調なトコだな。 基本的にはマップを行ったり来たりのおつかいをこなしてひたすら戦うだけだし、 後半になるとバトルをほとんど連続でこなさなきゃならないのでちょっとダレてくる。 キャラとシナリオが楽しかったんで最後まで楽しく遊べたが、 ここら辺は続編で是非改善して欲しいね。 いや、続編なんか出ねぇよ! ただの企画モノとは思えない丁寧な作りとバカゲー的な魅力に溢れた一品。 俺も気合が入って画像を沢山用意してしまった。 GBASPの画面を携帯電話のカメラで撮影するのは面倒だったぜ…。 中古だと300円以上はしないと思うので、バカゲー好きな人は是非やってみて欲しい。 最後まで読んでくれてありがとう!テンキュウ! 面白いんだけどやってるとちょっと虚しくなったな 多分オレ以外クラスでこれ知ってるヤツすらいないんだろうと子供心に思ってしまった しかも解いたなぞなぞは集めて通信対戦で使えるとかいう無駄機能がもうね・・・ 何でわざわざGBでやらせる?口で出せばいいだろ!? 当時もうゾナー消えかけてたってのもあるな 中古で買った ゲームに登場する度に胸が痛くなった 漫画も打ち切り そのせいか結局グラウンド辺りのステージでつんでしまった まあオレが頭の固いクソガキで校舎の3階くらいの問題で選択肢総当たりしてリアルプライドポイント削られたのもあるけど まさにぞうきんのだったと思う でもこのレビュー読むとまたやりたくなるな なくしたけど 長文スマソ.

次の

怪人ゾナーがめっちゃ久しぶりにおはスタに出演wwwwww : はちま起稿

怪人 ゾナー

山寺は4月12日、元の(23)からバトンを受け取りツイッターを更新。 13日、山寺からバトンを受け取った森久保はツイッターに「山寺宏一さんからのつなぎなので、こうなってしまうゾナよね。 運動不足解消に、お子さんとのコミュニケーションに」というコメントをつけて、1本の動画を投稿。 それは、森久保がパラパラ調の曲『ゾナパラ』に合わせて踊っている動画だった。 森久保が1998年から2004年まで演じていた怪人ゾナーは『おはスタ』のレギュラーキャラクター。 怪人ゾナーは、素顔は謎という設定で番組内でなぞなぞを出し、子どもたちから絶大な人気を誇っていた。 動画のはじめに、森久保は「山ちゃんからのバトンはこの私『怪人ゾナー』が受け取ったゾナ さあ、令和のキッズたち 平成にちょっとバズったこの『ゾナパラ』で一緒に歌って、踊るゾナ〜」と、怪人ゾナーの口調でコメント。 曲が始まると、新たに録り直したと思われる『ゾナパラ』を歌う森久保の姿がワイプで映し出された。 曲の途中では「さあ、そして平成のあの頃キッズだったアナタも 貴方も! そして貴女も! あの頃を思い出してゾナーと一緒に歌って、踊るゾナ〜」と、かつての子どもたちへ向けてメッセージを送った。 森久保の動画を見て、当時テレビで怪人ゾナーを応援していた人たちは懐かしく思ったようだ。 「小学生のときにゾナー大好きだった〜!」「この時期にゾナパラがみれるなんてなんて幸せなんだ ありがとう森久保兄さん」「当時を思い出します」「予想以上のクオリティに感動」「ゾナパラキレッキレですね~!」とのコメントが集まり、多くの人がキレキレでダンスを踊る森久保を見て、明るい気持ちになったようだ。 「当時のおはスタには、豪華なメンバーが揃っていました。 怪人ゾナーのライバルでYES・NOクイズを出す麗人サイガーは同じく声優の斎賀みつきが演じており、2016年に山寺が番組を卒業する際には、10年以上ぶりに2人が衣装に身を包み『おはスタ』に登場し話題となりました」(声優誌ライター) 森久保の粋な計らいで、当時のキッズも令和のキッズも、世代を超えて楽しめそう!.

次の

なぞなぞあと13個お願いします。怪人ゾナーの問題です。何度考えてもわ...

怪人 ゾナー

1998年に登場した。 通称「ゾナー」。 出身地:フランス パリ(設定上) ジャンル:ポップス 担当楽器:歌 活動期間:1998年 - 2004年 レーベル:MCAビクター(1999年) ワーナーミュージック・ジャパン(2000年) 事務所:秘密結社ナーゾ(設定上) 共同作業者: ベッキー、カナ 秘密結社ナーゾの経営難によるリストラの結果行われた、ライバルの麗人サイガー(斎賀みつき)との人気投票に敗れ、ナーゾとの契約を解かれてしまった。 その後は『ゾナーのその後…』と題されたミニコーナーに出演。 しかし数ヶ月後、お笑い芸人のポカスカジャンと『ポカスカジャンZ』と題されたコーナーで歌いながらなぞなぞを出題、ナーゾ様は「面白い」という理由でポカスカジャンZを仮入隊させる。 その後、状況を見かねたサイガーがマントとギターを送り返し、怪人ゾナーとして再復活した。 結果『ポカスカジャンZ』のコーナーは数ヶ月でなくなることとなった。 2004年秋、謎の原始人リュウジを猿にした犯人として再出演。 おはガールと対決した末、おはガールに破れる。 - 意外と「正体は森久保祥太郎」という事を知らない人多数 - ・怪人ゾナーってあれ森久保だったの?!? ・いーまーさーらーおはスタに森久保ゾナー出てたって知ったんですけども大変見たかったですよええ。 ・怪人ゾナーって森久保さんだったのか!! 当時小学生の頃とか知らんかったわ... w ・えっゾナーって森久保さんだったの!!!?うそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそうそwwwwwwめっちゃ目冴えたwwwwww ・今さっき怪人ゾナーの正体が森久保祥太郎って知ってここ最近で一番笑った ちなみにゲームボーイのソフトに正体をばらすカードが封入されていました ゾナーの正体を知らないってことはライバルの麗人サイガーが斎賀みつきさんだったってことも知らないのかな 次はスタジオに来るそうなのでおはスタっ子は必見だな!.

次の