西成 あいりん 地区。 大阪B級グルメ食べ歩き!西成のオススメ厳選20店! [食べログまとめ]

20代女が1人でドヤ街の聖地、西成・あいりん地区に1泊してみたった│MUSICRAZY

西成 あいりん 地区

『薬味堂』さんはオープンして2年のまだ新しいお店ですがこの界隈では人気のカレー専門店です。 お店のキャッチコピーは「日本一ディープな場所にあるカレー専門店」です。 お店の場所はあいりん地区にあり西成警察署や東萩町公園 通称:三角公園 がほど近くにあります。 お店はカウンター5席のこじんまりしたお店ですが小洒落た感じで清潔感があります。 メニューをは西成名物のどて焼きを連想させる「どてカリー」と、動物系の脂は一切使用していないヘルシーな「ベジカリー」とその両方が食べられる「あいがけカリー」の3種類とシンプルな構成です。 こちらの店主はこの西成で育った方でとても西成への愛着が強く、多くの人に西成の良さを知ってもらいたいそうです。 難波や梅田,天満,天王寺に系列店があり天下茶屋が本店になります。 こちらの焼きとんはどれも柔らかくジューシーで塩加減が絶妙で絶品です! 飲み放題には生ビールをはじめ,ハイボール,チューハイ,焼酎,梅酒,日本酒とお酒好きな人でも安心して楽しめ断然お得です! 『新富士本店』さんは地下鉄四ツ橋線岸里駅と玉出駅のちょうど中間にある人気洋食店です。 お店の外観は洋食店というよりは下町のお蕎麦屋さんといった店構えです。 メニューはステーキやハンバーグ,ポークチャップなどの鉄板焼き料理からコロッケ,トンカツ,エビフライなどのフライ物にカレーやオムライス等のご飯物などメニューは豊富です。 全体的に値段設定はやや高目ですがどの料理も結構ボリュームがありレベルも高いです。

次の

大阪西成区あいりん地区出身者の芸能人や有名人を紹介!

西成 あいりん 地区

概要 [ ] 大まかには北をJR西日本・、西を・、東を旧跡に囲まれた三角形の地域で、西成区・などに該当する。 あいりん地区という名称は、5月に国や自治体などの行政機関と報道機関が使用の取り決めを行った名称である。 あいりん地区にはが多く居住している(大阪市内の路上生活者は、2019年1月時点で確認されただけでも1,002人 )。 この地域はのが多いため、統計はでも明確に把握できていない可能性がある。 団体やなどがなどを頻繁に行っており、実施の際は公園に人が列を作って並ぶことがある。 また、この地域の物価(料金体系)は隣接している他地区と比べ、総じて低いのが特徴となっている。 一帯は事務所が多数ある。 情勢 [ ] 日雇い労働者のが進んでおり、日雇いの仕事も2,000件程度との時期に比べて3分の1にまで減少している。 これら無保険の日雇い労働者は生活保護予備軍であるとの指摘があり、改善の必要性を指摘されている。 学校 [ ] 保育園 [ ]• わかくさ保育園 - 萩之茶屋二丁目 小学校 [ ]• - 花園北一丁目 中学校 [ ]• - 花園北一丁目 大学 [ ]• 米国ユニオン神学大学日本連絡所 - 萩之茶屋三丁目 主な施設 [ ] あいりん労働公共職業安定所、大阪社会医療センター付属病院• - 萩之茶屋二丁目• 海道出張所 - 萩之茶屋三丁目• - 萩之茶屋一丁目• あいりん労働公共職業安定所 - 萩之茶屋一丁目• 大阪社会医療センター付属病院 - 萩之茶屋一丁目• 西成市民館 - 萩之茶屋二丁目• 太子会館・老人憩の家 - 太子一丁目• 愛隣会館 - 太子一丁目 主な団体 [ ]• NPO 釜ヶ崎支援機構 - 萩之茶屋一丁目• 釜ヶ崎キリスト教協友会 - 萩之茶屋二丁目• こどもの里 - 萩之茶屋二丁目• 社会福祉法人釜ヶ崎ストロームの家のぞみ作業所 - 萩之茶屋二丁目• 釜ヶ崎地域合同労組 - 萩之茶屋二丁目• 21世紀イエスキリスト釜ヶ崎福音教会 - 萩之茶屋三丁目• 西成小隊 - 天下茶屋一丁目• 釜ヶ崎炊き出しの会 - 萩之茶屋二丁目• 釜ヶ崎勝ちとる会 - 天下茶屋北二丁目• NPO 釜ヶ崎のまち再生フォーラム - 太子二丁目• 釜ヶ崎講座• - 太子一丁目 地域をめぐる問題 [ ] 住民登録問題 [ ] あいりん地区にあるなどにをしていた労働者の相当数が実際には登録場所に居住の実態が無い状態が発覚したため、2007年以降に大阪市が実態調査をすすめており居住実態のない住民登録を順次抹消している。 これに対し労働者や支持者は、などが剥奪されるため反対運動を続けている。 これまでに市は市内全域で調査を進めており、同年3月下旬からこれまでに約3,290人の住民登録が抹消された。 あいりん地区がある西成区の場合、西成区役所がからまでに調査を実施。 同一住所・同一建物で10人以上が住民登録している簡易宿泊所など151施設を抽出し1部屋に数人が登録されているなど不自然な点があった117施設には実際に職員が出向いて実態調査を行い、4,591人分の居住実態を聞き取った。 住民登録されていた人のうち817人は実際に居住、66人は死亡、413人は調査日までに住所変更を届け出ていた。 西成区役所では今後とも毎年調査を行うほか、住民登録が抹消された人も居住実態が確認できれば改めて登録を行うとしている。 経緯 [ ]• 失跡中の福岡県警の元警察官がインターネットを通じて入手した西成区の無職男性名義のなどを示し、男性になりすまして転居届を京都市に提出していたことが発覚。 逮捕された男の前住所を調べる中で釜ヶ崎解放会館の住所に約3,300人もの住民登録がなされていることが判明した。 2006年 釜ヶ崎支援機構に129人、ふるさとの家に27人が架空登録していたことが新たに判明。 27日、両者は市に対し、慎重な対処を求める要望書を提出した。 市は居住実態のない住民登録を職権で削除することを正式に決め、釜ヶ崎解放会館に立ち入り調査しようとしたが労働者らの抗議で阻止された。 2007年 労働者と支援者ら約40人が4月の統一地方選挙での選挙権がなくなるなどとして住民登録の削除に反対する約600人分の署名を提出しようと市役所を訪れたが、1階市民ロビーで市長室へ行くのを阻もうとする市側の警備職員との間でもみあいになり一時騒然となった。 同日、釜ヶ崎合同労働組合などが(住民基本台帳の担当官庁)と((白手帳)やの担当官庁)に出向き、本件について質問。 総務省は「住民登録を削除するかどうかは市町村が決めること。 大阪市の住民登録抹消の件は、報道を通じて初めて知った。 大阪市からは何の相談も受けてない」と回答。 一方、厚生労働省は「住民登録抹消について大阪労働局(国の機関)と大阪市が何回か会合を持った」と回答した。 2007年 市は住民登録が継続している2,648人に対し、住民登録を抹消することを通知する「住民票消除予告書」を発送。 これに対し、労働者や支援者らは抗議の行進を行い、前での抗議の座り込みを夕方まで続けた。 2007年 市と労働者側との協議が行われた。 この中で、当月中の登録抹消方針を繰り返す市側に対し労働者側は「従来認めていた登録や選挙権を無くすな」などと反発、話し合いは平行線に終わった。 、市長は定例記者会見で住民登録削除については以降に対応を決めることを明らかにした。 2007年 市が設定した3週間の登録抹消延期期間が終了。 この間に正規の住所地に住民票を異動させたのは約200人だけで、なお約2,200人が施設に住民登録していることが判明した。 2007年 市選挙管理委員会は、市長關あてに早急に住民登録の適正化を図るよう求める依頼書を提出した。 同日、市が住民登録を抹消するのは違法だとして労働者の男性が抹消の差し止めを大阪地裁に提訴(判決が確定するまで抹消を差し止める仮処分も併せて提訴)。 2007年 市は、に基づき登録の抹消手続きを行った。 この結果、2,088人が選挙権などのを剥奪された。 一方、の大阪市議・大阪府議選挙で投票所を訪れた44人のうち9人の投票が認められた(投票所の特設ブースで選挙区内での居住実態が確認され住民登録を回復したため。 残る35人については「路上や公園に住んでおり確認できない」などとして投票できなかった)。 2007年 市は区役所で窓口業務を担当した職員が居住実態がないことを知りながら登録を認めたケースが多かったとして、現職を含む歴代の区長4人を(戒告)処分とした。 2007年 居住実態がないとして住民登録を抹消され、4月の大阪市議選で投票できなかった日雇い労働者の男性が経済的事情で一定の住居に住めないことを理由に選挙権を侵害したのは憲法違反として市と大阪府、国の三者に慰謝料5,000円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を大阪地裁に提訴。 2007年 市選挙管理委員会は、の参議院選挙での投票は可能とする見解を示した。 2007年 居住実態がないと判断された日雇い労働者ら計2,016人の住民登録が抹消された釜ヶ崎解放会館に、参議院選挙の選挙はがき120通が届いていたことが分かった。 西成区が3月に削除した際、住所欄に釜ヶ崎解放会館の名前を書かず、地番のみしかなかった住民票を除外したのが原因とみられる。 市は調査の結果、120人分の登録を居住実態がないとして抹消したと発表。 住所に建物名が入っていなかったため、「全員の居住実態を確認する時間がない」として放置していたという。 2007年 市は同地区内で新たに777人の登録を抹消したと発表。 2007年11月18日 市長選挙の西成区投票所に、住民登録を抹消された日雇い労働者や支援者ら十数人が詰め掛け「投票させろ」「住民票はなくても投票権はあるはずだ」と抗議した。 暴動 [ ] 詳細は「」を参照 あいりん地区では、たびたびが発生している。 第1次暴動 に釜ヶ崎の日雇労働者の老人が交通事故に遭った際、通報で現場に駆けつけた西成署員が即死と断定 、派出所前の歩道に遺体を放置したまま20分も現場検証を続けたのちに近くの病院へ収容したことに対し、周りの労働者が抗議し暴動に発展、負傷者を多く出した事件。 労働者は西成警察署を包囲し、パトカーや付近に駐車していた車を横倒しにしたりアパートに放火したりするなどと現場は騒然となった。 これに対しは警官隊を6,000人に増員し応戦。 暴徒をと警備車によって鎮圧した際、負傷者を出す事態となった。 2,000人に上る労働者らの暴動は2日間続き、28人を逮捕したほか、労働者数十人、警察官約100人が負傷した。 この事件は当時のや大阪府議会、大阪市議会でも取り上げられ、それに基づき医療費を自治体が負担するなど対策が実施されたが、その後も暴動は幾度となく続いた。 そのため、地域のイメージ向上のため1966年5月、大阪市・大阪府・大阪府警による「三者連絡協議会」において釜ヶ崎地区の名称を「あいりん地区」とすることが決められ、以後、国や自治体などの行政機関と報道機関では同名称が用いられている。 ただし近年、市や府の行政用語としては「地区」という語句を用いず、「あいりん」または「あいりん地域」として表記されていることが多い。 またこのとき、を出発した行き電車は、暴徒化した群衆の投げる石つぶてによりガラスを割られるなどの被害(ただし、乗客乗員は無事)を受けたため、のちに今池停留場から恵美須町停留場までの軌道敷にアスファルトをかぶせるようになった。 南霞町停留場(2014年12月1日に新今宮駅前停留場に改称)• 第22次暴動 の第21次暴動より約17年間の空白期があったが、からおよそ5日間、大規模な暴動が発生した。 暴動の発端は西成警察署刑事課のがからを受けていたことが発覚しされたというによる。 事件そのものは労働者と直接の関連はないが、労働者が西成署員に対して普段から快く思っていなかった事や自分達の日当をにされ、その暴力団から賄賂を受け取っていたことから、日頃の不満や怒りが爆発したもの。 事件報道を受けて西成警察署前に集まり始め謝罪と説明を要求ののち、警察とにらみ合いの末に暴動に発展した。 これを契機として、あいりん地区の各地に暴動が飛び火する事態となる。 さらには報道で暴動騒ぎを知った区内外の若者達(主として)も便乗して参加、の使用や投石、店舗からの略奪などを行って暴動をエスカレートさせたが、これはそれまでの西成暴動には見られない出来事であった。 西成署はを配備(のち、各署にも応援を要請)し、放水車を使って暴動に対処。 逮捕者は数十名に上った。 暴動自体は発生から6日後に自然に鎮静化したものの、が放火されて全焼(後に仮設停留場で営業を再開するが、元の位置には戻ることはなかった)した他、近隣店舗が破壊されるなど傷跡は深く残った。 暴動空白期 10月の第23次暴動以降、16年間は大規模な暴動が発生しなかった。 この期間は後の景気低迷期とほぼ一致する。 ただし暴動ではないが、夕方、あいりん地区にある「釜ヶ崎地域合同労働組合」が西成警察署前で「警官が労働者に暴行を加えた」として抗議した際に同署前に約250人の労働者が詰め掛け、100人以上の警察官らが付近の警戒に当たるなど騒然となったことがある。 機動隊と対峙する日雇労働者• 第24次暴動 に約200人、とには約300人の小規模暴動が西成警察署前にて発生し、続く16日、17日まで5夜連続で起きている。 大阪府警は、18人を逮捕、18人の警察官が負傷したと公表している。 暴動の原因は、飲食店にて店員とトラブルになった労働者が大阪府警西成署に連行され、事情聴取された事件である。 労働者(失業中)の主張によれば、飲食店にお好み焼きの取り置きを頼んで700円を先払いしたが、店員は「わかった、わかった」とつっけんどんな態度を取った。 そこでお好み焼きを取りに行った時に苦情を言ったが、「営業妨害だ」と通報され、そのまま連行されてしまった(なお700円は返されたという)。 事情聴取の際に署員に殴る蹴るの暴行を受け、首を絞められ、顔にスプレー噴射され、二度と飲食店に立ち入らないと約束しなければ生活保護を取り消すと脅されたと主張。 釜ヶ崎地域合同労働組合が「労働者が警官に暴行を受けた」とするビラを配布、謝罪を求める抗議行動の呼びかけに呼応して労働者が集まったとされている。 大阪府警は、事情聴取の際に暴力などはなかったとして「事実無根」と反論している。 投石などに対し警察は機動隊の放水などで対処した。 は、事件の報道の少なさを主張している。 年中行事 [ ] 越冬祭り 以降、釜ヶ崎のホームレスやその支援者達が越冬闘争と呼ばれる取り組みを行うようになり、1971年に行政への要求活動として萩之茶屋南公園(三角公園)において決起集会が開かれたが、越年対策実行委員会が決起集会の余興で始めた相撲大会が決起集会そのものよりも盛り上がり、その後の決起集会でも余興は恒例となりさらなる盛り上がりを見せた。 さらに夏祭りも行うようになり、地場の暴力団組織の介入(は暴力団の資金源である)も共闘して廃し、その後越年対策実行委員会がさまざまな変遷を経ても、ホームレスや日雇い労働者、日雇い労働者の支援組織、労働運動団体による地域恒例のイベントとして続いている。 釜ヶ崎前夜祭 ()• 釜ヶ崎メーデー ()• 釜ヶ崎夏祭り前夜祭 ()• 釜ヶ崎夏祭り (〜、萩之茶屋南公園) に第1回目が開催され、プロの歌手のライブステージ、スイカ割り大会、盆踊りなどが催される。 また、亡くなった日雇労働者らを慰霊する祭壇も用意され、追悼も行われている。 たそがれコンサート• げんきまつり• 演芸会の夕べ• スイカ割り、つなひき、相撲大会、盆踊り• 釜ヶ崎SONIC 10月第一週前後の土日の2日間。 2012年10月に第一回を開催した『』の有志が運営している音楽イベント。 釜ヶ崎越冬闘争(〜萩之茶屋南公園) 1970年の年末より毎年行われている [ ]。 各種団体のアピール、プロの歌手やバンドのステージ、餅つき大会などが催される。 のど自慢、卓球大会、餅つき、ソフトボール大会 その他 [ ] 簡易宿所 [ ] 地区および周辺には、(ドヤ)と呼ばれる労働者向けの宿泊施設が多く立地している。 最近はの普及によって知られたこともあり、周辺の簡易宿所やがその割安感(1泊800円位)からなどの若い旅行者()に人気がある。 これは、徒歩圏内にある(・)と(・)などから大阪や関西の各地(、、、、、、、、、など)への鉄道アクセスが充実していることや、同じく徒歩圏内にある日本橋電気街()の存在が背景にある。 また、日雇い労働者の減少に悩む宿泊施設側も、居住性向上など設備の改修を行うほか、英語のポスター、ホームページなどで広告し、外国人旅行者の誘致を図っている。 ただし、一般向けではなく従来の顧客(日雇い労働者)を対象とした純然たる"ドヤ"として機能している施設も、やの周辺など南側の地区を中心にまだまだ多い。 この中には、路上生活者が生活保護の受給に必要 な住所を得るため、(福祉アパート)に衣替えするケースが増えている。 釜ヶ崎用語 [ ]• あいりん - 「釜ヶ崎」とおおむね同一地域を指す。 なお、労働者はこの語を使わない。 あおかん - (青空簡易宿泊所)- 野宿。 あぶれ - その日の仕事が得られないこと。 あんこ - のこと。 語源は普段は眠っているが目の前に美味しいエサが現れるとパクッと食らいつく魚のに由来すると言われている(労働者は普段ゴロゴロしているが仕事があるとパクッと行くことから)。 いんし - 手帳に貼る雇用保険相当の。 印紙代は、1級176円・2級146円・3級96円。 かま - 釜ヶ崎の略で、「釜」と表記することもある。 「われわれ釜の労働者は - 」などと言う。 かまきょう - 暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議。 解散した。 けいやく - 10日とか20日というように一定の期間を区切って飯場に入り働くこと。 かまやん - (漫画家)の描く釜ヶ崎日雇い労働者のイメージキャラクター「カマやん」のこと。 けたおち - ひどい。 (日当が)安い。 げんきん - 現金日払いの仕事。 しけはり - のの見張り役。 手入れ(捜査)の警察官など「ヤバい人間」が歩いてくると「しけーしけー」と仲間に注意をうながす。 なお、安全ならば「てんてん」である。 しのぎ - 他人の収入の強奪。 しのぎや - 路上。 しょしき - 発生した賃金の範囲で、意思表示をしてやなど作業道具およびなど類をで買うこと。 せんたー - のこと。 を指すこともある• そーめんだい - 夏季一時金のこと。 あいりん労働公共職業安定所では、日雇労働被保険者手帳を持つ人のうち一定資格の人に支給していたが、2004年度をもって廃止された。 てちょう - 日雇労働被保険者手帳(日雇雇用保険の手帳)のこと。 てはいし - 手配師。 事業所に労働者の世話をして紹介料(手配料)をとる者。 どや - 宿(やど)の逆読み。 、簡易旅館とも。 とんこ - 工事現場やなどから逃げること。 無断退職。 にしなり - 「あいりん地区」や「釜ヶ崎」を指す。 現地の労働者が使う。 にっとう - 日当。 にんてい - 日雇労働雇用保険で給付される給付金。 もちだい - 冬季一時金のこと。 あいりん公共職業安定所では、日雇労働被保険者手帳を持つ人のうち一定資格の人に支給していたが、2004年度をもって廃止された。 450(汚れ) - 西成警察署による日雇い労働者を指す。 TVタウン 指名手配犯の潜伏 [ ] 2009年11月、の適用で1千万円の報奨金が掛けられたの・市橋達也がされた際、市橋受刑者が潜伏先としてあいりん地区を選び、更には仕事先もあいりん地区で探していたことが逮捕後ので明らかとなり、大きく報じられた。 街頭テレビ [ ] 1969年より萩之茶屋南公園(三角公園)にはが設置された。 野球や相撲観戦などで地元住民から重宝されることとなり、以後、5回機種更新されながらも使用されてきたが、2018年3月に器物損壊が原因と思われる故障が発生して以来、使用がされていない状態にある。 関連作品 [ ]• () - 公開。 (映画)• () - 作・演出。 『創作劇場』枠にて1961年9月9日放送。 釜ヶ崎住民の男が国会議事堂に入って爆死する話。 1960年に放送中止され、改めて制作・放送された。 (テレビドラマ) - 作。 (ABC)の制作により、『』枠にて1961年11月5日放送。 第16回(現在の大賞)受賞作品。 第1次暴動をモチーフに、日雇い労働者の姿を描く。 背徳のメス() - 著。 1961年の直木賞受賞作品。 - 監督。 主演による作品の一つ。 釜ヶ崎の地で逞しく生きるの姿を描く。 『カマやん』シリーズ(漫画) - 著。 青年誌や新聞にて当地区を舞台に日雇い労働者の姿を描いた作品を連載。 (写文集) - 著、発行。 釜ヶ崎を主題としている。 未来世紀ニシナリ(映画) - 監督。 釜ヶ崎を中心とした野宿者の自立支援など、西成の都市問題や街づくりを追う長編ドキュメンタリー映画(山本ケイ 著)• この女(小説) - 著。 釜ヶ崎人情(歌謡曲) - 作詞:、作曲:、歌:。 1967年発表。 60万枚を売り上げるヒットとなった。 () - 公開。 ()- Vシネ版 47は(飛田新地)が舞台。 脚注 [ ] []• 地域福祉課 生活困窮者自立支援室 2019-04-26 , , 2020年1月17日閲覧。 産経新聞2008年7月6日• ペーパーブックス 吉富有治「大阪破産 第2章 貧困都市への転落」p56 - 58• 「」2010年2月3日放送• 読売新聞• 「大阪市の保護費増」毎日jp 毎日新聞 2010年5月5日東京朝刊• 「」2010年5月7日放送(5月10日再放送)。 番組では、から転入した生活保護の新規申請者の模様、やの担当課長、大阪市長のインタビュー、「やから片道切符を渡された」と言う人物が集まるの模様が放送された。 毎日放送「VOICE」• 生田武志 「ルポ最底辺-不安定就労と野宿」には、から「『大阪へ行け』との声が聞こえた」という女性の一例を掲載している• 『』2010年10月号 p. 255-256。 「2009年12月の大阪市の調査では、半年以内に31都府県からの転入者が確認された」とも記述されている。 毎日新聞2007年11月5日大阪夕刊• 「大阪行き片道切符〜生活保護急増の裏側で何が〜」NHK大阪放送局「かんさい熱視線」• 本来は、首がもげているなど明らかに死んでいる場合以外は、医師しか死亡を確認出来ない。 「阪堺百年」阪堺電気軌道株式会社 刊(2001年5月再版)p. (イタリア語)• 原口 剛 他 編著『釜ケ崎のススメ』洛北出版、2011年、pp. 239. 249-251、• 法律上住所があることは生活保護を受けるための必要条件ではないが、が住所のないことを理由として生活保護の申請を拒否することがある 違法行為 ことが報道されている。 、、2010年3月1日14時28分。 参考文献 [ ]• 加藤政洋、2002『大阪のスラムと盛り場—近代都市と場所の系譜学』創元社• soul in釜ヶ崎、2008『貧魂社会ニッポンへ—釜ヶ崎からの発信』アットワークス• 西本裕隆、2010『現代ホームレス事情—大阪西成・あいりん地区に暮らす人々を見つめて』鹿砦社 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 歴史的な記述はこちらを参照。

次の

西成〝あいりん地区〟の夜を久しぶりに散策!新型コロナの影響は?

西成 あいりん 地区

いつもは駅弁屋で弁当を購入するのですが、東京駅には様々なお店があります。 駅弁といっても種類が豊富です。 ちょっと贅沢して鉄火巻を購入しました。 本マグロです。 そして寿司ざんまいです。 弁当如きに1000円以上かけるのは解せないのですが、高いものはしっかりとしています。 見た目にやられてしまい手に取ってしまいました。 わざわざ新幹線で食べる必要は無いのですがやっぱり旅の醍醐味ってやつを味わいたいものです。 本日の大阪入りは仕事も兼ねてですが、せっかくなんで色々なところを見て回ろうかと思います。 前回は大阪の松島新地界隈を散策しました。 初めて行った松島ですが、あの場所もいろんな意味で風情があってよかったです。 治安などはどうなのか分かりませんが、中心地にも出やすい場所なんで住みやすいところなのでしょう。 本日は少しばかり住みづらそうな場所に行きました。 西成に来ております。 西成という言葉だけでパワーワードになっております。 大阪市西成区。 政令指定都市である大阪市の一つの区です。 しかしその名前はあまりにもイメージが悪いものとなり独り歩きをしております。 治安が悪い、事件が多い、そんなイメージがありますが、本日はそのイメージを払拭するつもりで西成に来ました。 当方は以前何度かこの地域を訪れております。 初めて西成に行ったのは15年ほど前だったでしょうか。 大阪には日本一治安の悪いスラム街がある。 そんな一文を目にし、実際に見ておかなければということで西成の通称あいりん地区、俗称釜ヶ崎に行きました。 しかもそれだけの目的のために新幹線でわざわざ大阪まで。 日雇い労働者の街、西成釜ヶ崎。 いわゆるドヤ街と呼ばれる場所です。 ドヤとは「宿(ヤド)」の倒語、隠語でヤドを反対から読んでるだけです。 つまりは宿場町という扱いですが、一般的な宿場町とは違います。 木賃宿といわれる簡易宿泊所のことで、木賃とは薪などの燃料代程度の金額で泊れる宿というところです。 日雇い労働者の街は関東にもあります。 日本三大ドヤ街はこの西成と東京の山谷、横浜の寿町です。 ドヤ街が形成された理由は仕事がありつけるため。 この街に来れば日銭が稼げたわけです。 働きたい労働者、雇いたい雇用主。 需要と供給がマッチしたため街は発展したのでしょう。 このようなドヤ街のことを寄せ場とも言い、簡易宿泊所に泊まり、日雇いの仕事をして、そしてその日稼いだ銭はその日のうちに賭博や酒に消える。 このような形で街は発展したものの、労働法規問題や雇う側である企業のコンプライアンスの問題などがありドヤ街での需要と供給のバランスが崩れ、寿町も山谷もドヤ街としての機能は失われつつあります。 ここ西成釜ヶ崎も同じようにドヤ街ではなくなりつつあります。 当方が初めて訪れた時はまだその名残はありましたが、ドヤ街というよりはホームレスの街になっておりました。 仕事がなければ宿に泊まれない。 そうなると路上で生活をするしかない。 仕事にありつけることができればその日は泊まれるが、次の日仕事があるかどうかはわからない。 年を取れば雇ってもらえず。 かといってこの場から離れることができない。 貧困スパイラルってやつです。 結果的に高齢者の方は路上生活者となり、何とかこの付近で生きているという状態のようです。 以前は路上で商売をしている人も多くいました。 違法DVDや処方箋がなければ買えない薬、片っぽの靴など、どこかしらから拾ってきたものを販売する「西成闇市(泥棒市)」というのがありました。 明らかに盗品であり、違法な物品を扱っていたのでしょう。 またその当時は「ドライブスルーで覚せい剤が買える」なんていう話もあったくらいです。 そんな街だから治安もわるかったのでしょう。 海外の日本の旅行雑誌には「母国ほどではないが治安が悪い」と書かれていました。 こんな感じで平和な日本とは少し違うような雰囲気が味わえる場所でしたが、今は大分変ってしまったようです。 まず闇市の規模が縮小していました。 以前は南海本線のガード下にずらりと露店が並んでおりましたが、その場所は整備されていました。 当然その当時は不当に路上を占有して商売をしていたのでしょう。 それが現在は撤去されて駐車場に変わっております。 街中にはこんな看板も。 電動工具の中古買取専門店が成り立つのは西成ならではといったところでしょうか。 日雇い労働は建設業などの仕事も多いので電気工具を持っている人も多いのでしょう。 その電気工具はいったいどこから入手したものなんでしょうか。 ぜんぜん笑えないかもしれませんね。 酒と書かれた店に入るも、中は酒の自販機だけ。 免許証がなければ買うことができません。 身分を証明できる人が少ない街で成り立つのでしょうか。 売っているものがチューハイが多いです。 ビールといった高級なものはなく発泡酒です。 最近自販機でお酒を買うことも少なくなってきました。 ビジネスホテルの自販機で買うくらいでしょうか。 それ以外であまり見なくなりましたからね。 コンビニに行けば買えるので普通は不要なのでしょう。 しかしコンビニに行けない人もいるわけです。 釜ヶ崎にはそのような人が多いのでしょう。 それとコンビニ自体が付近に少ないというのもあるのかもしれません。 駅前には数軒見かけましたが、この中にはそのような店舗が見当たりませんでした。 防犯上の関係など色々と理由があるのでしょう。 しかし治安が悪いのに自販機がほかの地域よりも多く置いてあるというのは日本が安全だという証拠なのかもしれません。 また釜ヶ崎の象徴であった「あいりん総合センター」も閉鎖。 建替えるため今後取り壊すようです。 建て替えの理由は老朽化によるもの。 たしかに見た目は大分古い感じです。 一部は付近の場所に移転しておりました。 地元住民、いや住民ではなくそこに居ついている人は建て替えを良しとしない人がいるようです。 反対の理由を調べるもとくにわかりません。 慣れ親しんだ場所がなくなるというのが嫌という感じなのでしょうか。 個人的には新しくなるのは良いことだと思うんですけどね。 当然建て替えるために税金が投入されるわけで、そこに対して無駄遣いっていうのはわかるところもありますが、反対の理由はそういうのじゃない感じのようです。 あいりん総合センターは閉鎖されるものの、付近にはまだ路上に住んでいる人がたくさんいますがこれらも縮小傾向です。 反対の理由は恐らくこれなんでしょう。 以前は段ボールハウスが所狭しと軒を連ねてました。 しかし建設工事のため強制退去させられたのでしょう。 それがあったから反対運動があったんだと思います。 これが縮小した理由でもあるのでしょう。 現在は公園に一部家らしき建物があるくらい。 ほとんどが再開発により撤去されたようです。 そのためホームレスの数も減りつつあるのでしょう。 しかし実際のところは数は減っていないのだと思います。 このあたりの路上生活が厳しくなっただけであり、貧困は変わらず残っています。 ネットカフェなどに寝泊まりをしたり、ここじゃない別の場所に移っただけなのでしょう。 貧困を救ったわけではなく、ただ追い出しただけという状態なんだと思います。 当然付近に住んでいる人からすれば、ホームレスの街と揶揄されるのは不快でしょう。 西成という地名だけで治安が悪いというイメージが先行するわけですからね。 地元住民は再開発を望み、地元住民ではない住民は今のままを望む。 どちらを優先するか考えれば当然の形なんだと思います。 とくに2025年に大阪万博があります。 海外から色々な人が来るわけです。 釜ヶ崎や飛田新地が大阪のイメージの一つになるのは印象も悪いでしょう。 見えないものには蓋をする。 日本人的な考え方ではないでしょうか。 現在、釜ヶ崎は再開発中で、マンションを建てています。 このマンションがどのような使われ方をするのかは不明です。 ただこういう建物が出来てくれば、ホームレスもいづらくなるのでしょう。 新宿にも以前ドヤ街がありました。 場所はタカシマヤなどがある新宿四丁目あたりです。 現在は数件の宿泊所があるのと場外馬券場があるくらいでその名残はほとんどありません。 古くは明治通りあたりは日雇い労働者が一杯いたそうです。 うちの親が子供のころはその地域は旭町と呼ばれており「あのあたりに行けば血を買ってくれる」ところだったそうです。 現在は売血は禁止されていますが、当時は職にありつけなければ血を売る生活をしていた人もいたのでしょう。 しかし今はそのような面影はありません。 現在の新宿のホームレスの行先は都庁前です。 恐らく釜ヶ崎もこんな感じで街が変わるのでしょう。 実際に釜ヶ崎は寄せ場の簡易宿泊所のある街から外国人のバックパッカー向けの街に少しずつ変わってきているようです。 治安は悪いがそこまで悪いというわけではない。 それでいて格安で泊れる施設があるわけです。 バックパッカーからしてみれば安くとまれて大阪を観光できるということで重宝されているみたいです。 特に関西は大阪だけでなく京都や神戸などの観光スポットが多いです。 しかし観光地だけど宿泊施設がないという問題点があります。 民泊なども増えているようですが、それでも外国人観光客を収容できるほどの数はありません。 西成なら繁華街も近くにあり、京都に出るとしてもそこまで不便な場所でもない。 関西国際空港にも近い。 そんなわけで外国人観光客も多くなっているのでしょう。 実際に宿泊料金は800円~という格安料金です。 新幹線で食べた弁当でおつりがくるわけです。 800円でどんなところに泊まれるのかは不明ですがネットの情報では一応部屋のような感じの所みたいです。 光熱費も含まれwifiも無料。 風呂は共同だが入れる。 それが一泊800円なんです。 一カ月泊っても25000円以下です。 普通にアパートとかマンションとか借りて生活をすれば水道代が月に1200円、電気代が月に3000円、ネット代が5000円。 これらを合わせると9200円になるわけです。 宿泊代が25000円なのであれば、実質16000円で寝泊まりできるというわけです。 これであれば生活保護受給者でも生活できそうな感じがします。 実際に西成では4人に1人が生活保護受給者のようです。 日本の生活保護受給率は1. 67%、つまり1000人のうち17人が受給しているのに対し、西成区では23. 7%、つまり1000人のうち237人が生活保護受給者ということです。 貧困地区か富裕地区かで考えれば明らかに貧困地区なんでしょう。 でも、それでも生活が出来る環境があるわけです。 国民年金の満額が65000円ですので4万円でやりくりすることもできるってわけですね。 携帯代などを差っ引いても一日1200円くらいの余力が残せます。 自炊は難しそうなので買い食いになりますが物価も安いので不自由なく生活できそうです。 年間30万円で住まいも光熱費も用意できる。 いいシステムではないでしょうか。 釜ヶ崎こそセーフティーネットなんでしょう。 土地買って小屋建てて最低限の生活をするよりも釜ヶ崎の簡易宿泊所で長期滞在をするほうが当方は性に合っているような感じがします。 物価も安いし食べ物もおいしいですからね。 今のアフィリエイトの収益だとギリギリ簡易宿泊所に泊まれる程度。 もう少し収益が上がれば、ホテル暮らしも夢ではないということです。 悪くないですね。 西成も。 もちろん治安が悪いという点は否めないんだと思います。 身元不明の人も多く、指名手配されている人もいるなんてこともあります。 またその手の組織の事務所も多く存在します。 ただこの部分は川崎でも同じです。 結局はどの町だとしても治安が悪いところは存在します。 西成が特別というわけではないんです。 ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ不安要素がある程度なんでしょう。 個人的には以前の「日本じゃない感」があるところが好きでしたが、新しい釜ヶ崎もいい感じです。 ただ半日いた程度では釜ヶ崎の一部分しかわかりません。 やはりここは長期滞在してみるのが一番なんでしょう。 一週間いても6000円でおつりがくるわけですからね。 今度試してみたいと思います。 さて、今いるのは西成の釜ヶ崎。 釜ヶ崎はどちらかというと男の労働者の街。 せっかくここまで来たんだから行かなきゃ損です。 そのお話はまた明日にでも。

次の