ウイイレ 2020 マスター リーグ。 ウイイレ2020の評価は正直どう?プレイした感想とみんなの評価

9/12発売!『ウイイレ2020』の生まれ変わった「マスターリーグ」、もう見た?

ウイイレ 2020 マスター リーグ

アーセナル• シャルケ 04• ミラン• インテル• モナコ• セルティック• マジョルカ• レンジャーズ• コリンチャンス• フラメンゴ• パルメイラス• サン パウロ• ヴァスコ ダ ガマ• アトレチコ ミネイロ• ウニベルシダ デ チレ• コロ コロ• リーベル プレート• ボカ ジュニオルス• アリアンサ リマ• スポルティング クリスタル• ウニベルシタリオ• スポーツ ボーイズ• クラブチーム Jupiler Pro League• アンデルレヒト• アントワープ• セルクレ ブルッヘ• クラブ ブルッヘ• ヘンク• ヘント• KASオイペン• コルトレイク• KV オーステンデ• メヒェレン• ロイヤル エクセル ムスクロン• シント トロイデン• スポルティング シャルルロワ• スタンダール リエージュ• ワースラント ベフェレン• ズルテ ワレヘム 3F Superliga• オールボー• AGF• ブレンビー• エスビャウ• ホブロー• ホーセンス• コペンハーゲン• リーンビー• ミッティラン• ノアシェラン• ラナース• シルケボー• セナーリュースク イングランドリーグ• アーセナル• マンチェスター ユナイテッド• アミアン• アンジェ• ボルドー• ブレスト• ディジョン• リール• モナコ• モンペリエ• ナント• ニース• ニーム• オリンピック リヨン• オリンピック マルセイユ• パリ サンジェルマン• レンヌ• サン テティエンヌ• スタッド ドゥ ランス• ストラスブール• トゥールーズ Domino's Ligue 2• アジャクシオ• オセール• カーン• シャンブリ• シャトールー• クレルモン• グルノーブル フット38• ギャンガン• ル アーブル• ル マン• ロリアン• ナンシー• ニオール• オルレアン• RC ランス• ロデーズ• ソショー• トロワ• ヴァランシエンヌ Serie A TIM• アタランタ• ボローニャ• カリアリ• フィオレンティーナ• ジェノア• エラス ヴェローナ• インテル• ユヴェントス• ラツィオ• レッチェ• ミラン• ナポリ• パルマ• ローマ• サンプドリア• サッスオーロ• SPAL• トリノ• ウディネーゼ Serie BKT• アスコリ• ベネヴェント• キエーヴォ• チッタデッラ• コゼンツァ• クレモネーゼ• クロトーネ• エンポリ• フロジノーネ• ユーヴェ スタビア• リヴォルノ• ペルージャ• ペスカーラ• ポルデノーネ• サレルニターナ• スペツィア• トラパーニ• ヴェネツィア• ヴィルトゥス エンテッラ Eredivisie• ADO デン ハーグ• アヤックス• エメン• フェイエノールト• フォルトゥナ シッタート• フローニンゲン• ヘーレンフェーン• ヘラクレス• PEC ズウォレ• PSV• RKCワールワイク• スパルタ ロッテルダム• トゥエンテ• ユトレヒト• フィテッセ• VVV• ウィレム II Liga NOS• アヴェス• ベレネンセス• ベンフィカ• ボアヴィスタ• ファマリソン• ジル ヴィセンテ• マリティモ• モレイレンセ• パッソス デ フェレイラ• ポルティモネンセ• ポルト• リオ アヴェ• サンタ クララ• スポルティング ブラガ• スポルティング CP• トンデラ• ヴィトーリア ギマランイス• ヴィトーリア セトゥーバル Russian Premier Liga• アフマト グロズヌイ• アルセナル トゥラ• CSKA モスクワ• ディナモ モスクワ• クラスノダル• クリリヤ ソヴェトフ• ロコモティフ モスクワ• オレンブルク• ロストフ• ルビン カザン• スパルタク モスクワ• タンボフ• ウファ• ウラル• ゼニト Ladbrokes Premiership• アバディーン• セルティック• ハミルトン アカデミカル• ハーツ• ハイバーニアン• キルマーノック• リヴィングストン• マザーウェル• レンジャーズ• ロス カウンティ• セント ジョンストン• セント ミレン スペインリーグ• FC バルセロナ• マジョルカ• バーゼル• ルガーノ• ルツェルン• ヌーシャテル ザマックス• セルヴェッテ• シオン• ザンクト ガレン• トゥーン• ヤングボーイズ• アランヤスポル• アンカラギュジュ• アンタルヤスポル• ベシクタシュ• デニズリスポル• フェネルバフチェ• ガラタサライ• ガジシェヒル ガジアンテプ• ゲンチレルビルリイ• ギョズテペ• カスムパシャ• カイセリスポル• コンヤスポル• リゼスポル• シヴァススポル• トラブゾンスポル• イェニ マラトヤスポル• イスタンブル バシャクシェヒル その他 ヨーロッパ• AEKアテネ• バイヤー レヴァークーゼン• ディナモ ザグレブ• ディナモ キエフ• FC バイエルン ミュンヘン• オリンピアコス ピレウス• パナシナイコス• PAOK• シャルケ 04• シャフタール ドネツク• スラヴィア プラハ• スパルタ プラハ• アルドシビ• アルヘンティノス ジュニオルス• アルセナル• アトレティコ トゥクマン• バンフィエルド• ボカ ジュニオルス• セントラル コルドバ SDE• コロン• デフェンサ イ フスティシア• エストゥディアンテス• ヒムナシア ラ プラタ• ゴドイ クルス• ウラカン• インデペンディエンテ• ラヌース• ニューウェルス オールド ボーイズ• パトロナート• ラシン クラブ• リーベル プレート• ロサリオ セントラル• サン ロレンソ• タジェレス デ コルドバ• ウニオン• アトレチコ パラナエンセ• アトレチコ ゴイアニエンセ• アトレチコ ミネイロ• バイーア• ボタフォゴ• ブラガンチーノ• セアラー• コリンチャンス• コリチーバ• フラメンゴ• フルミネンセ• フォルタレーザ• ゴイアス• グレミオ• インテルナシオナウ• パルメイラス• サントス• スポルチ レシフェ• サン パウロ• アメリカ ミネイロ• アヴァイ• ボタフォゴ SP• ブラジウ デ ペロタス• シャペコエンセ• コンフィアンサ• CRB• クルゼイロ• CSA• クイアバ• フィゲイレンセ• グアラニ• ジュヴェントゥージ• ナウチコ• オエステ• オペラリオ PR• パラナ• ポンチ プレッタ• サンパイオ コヘイア• ヴィトーリア Campeonato AFP Planvital• アウダックス イタリアーノ• コブレサル• コロ コロ• コキンボ ウニド• クリコ ウニド• デポルテス アントファガスタ• デポルテス イキケ• エベルトン• ワチパト• オイギンス• パレスティーノ• ウニベルシダ カトリカ• ウニベルシダ コンセプシオン• ウニベルシダ デ チレ• ウニオン エスパニョーラ• ウニオン ラ カレーラ その他 南米• アリアンサ リマ• クリシューマ• ロンドリナ• スポーツ ボーイズ• スポルティング クリスタル• サン ベント• ウニベルシタリオ• ヴィラ ノヴァ• 北京国安• 北京人和• 重慶当代力帆• 大連一方• 広州恒大• 広州富力• 河北華夏幸福• 河南建業• 江蘇蘇寧• 山東魯能• 上海申花• 上海上港集団• 深セン佳兆業• 天津泰達• 天津天海• 武漢卓爾 TOYOTA Thai League• BG パトゥム ユナイテッド• ブリーラム ユナイテッド• チョンブリー• ナコーンラーチャシーマ マツダ• ポリス テロ• ポート• PTプラチュワップ• ラーチャブリー ミトルポル• ラヨーンFC• サムット プラカーン シティ• SCGムアントン ユナイテッド• シンガ チェンライ ユナイテッド• スコータイ• スパンブリー• トラート• トゥルー バンコク ユナイテッド AFC Champions League• アル アリ• アル アイン• アル ドゥハイル• アル ヒラル• アル イテハド• アル ナスル• アル ラーヤン• アル サッド• アル ワフダ• アル ワスル• アル ザウラー• 北京国安• ブリーラム ユナイテッド• エステグラル• 広州恒大• 全北現代モータース• ジョホール ダルル タクジム• 鹿島アントラーズ• 川崎フロンターレ• ロコモティフ• メルボルン ヴィクトリー• パフタコール• ペルセポリス• サンフレッチェ広島• 山東魯能• 上海上港集団• シドニー• 蔚山現代• 浦和レッズ• 上記搭載リストは、データパック5. 0によるアップデート後のリストとなります。 ナショナルチーム ヨーロッパ• アルバニア• アンドラ• アルメニア• オーストリア• アゼルバイジャン• ベラルーシ• ベルギー• ボスニア・ヘルツェゴビナ• ブルガリア• クロアチア• キプロス• チェコ• デンマーク• イングランド• エストニア• フェロー諸島• フィンランド• フランス• ジョージア• ドイツ• ジブラルタル• ギリシャ• ハンガリー• アイスランド• アイルランド• イスラエル• イタリア• カザフスタン• コソボ• ラトビア• リヒテンシュタイン• リトアニア• ルクセンブルク• マルタ• モルドバ• モンテネグロ• オランダ• 北マケドニア• 北アイルランド• ノルウェー• ポーランド• ポルトガル• ルーマニア• ロシア• サンマリノ• スコットランド• セルビア• スロバキア• スロベニア• スペイン• スウェーデン• スイス• トルコ• ウクライナ• ウェールズ アフリカ• アルゼンチン• ブラジル• ペルー• 上記搭載リストは、データパック5. 0によるアップデート後のリストとなります。 搭載スタジアム• アリアンツ・アレナ• アリアンツ・パルケ• アリアンツ・スタジアム• アレーナ・コリンチャンス• カンプ・ノウ• セルティック・パーク• デ・カイプ• エル・モヌメンタル• エミレーツ・スタジアム• エスタディオ・アルベルト・J・アルマンド• エスタディオ・アレハンドロ・ビジャヌエバ• エスタディオ・モヌメンタル・デ・コロコロ• エスタジオ・ベイラ=リオ• エスタジオ・シーセロ・ポンペウ・ヂ・トレド• エスタディオ・ド・マラカナン• エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ• エスタディオ・ミネイロン• エスタジオ・パレストラ・イタリア• エスタディオ・サン・ジャヌアリオ• エスタディオ・ウルバーノ・カルデイラ• ジュゼッペ・メアッツァ• アイブロックス・スタジアム• ヨハン・クライフ・アレナ• オールド・トラフォード• 埼玉スタジアム2002• サン・シーロ• ザンクト・ヤコブ・パルク• スタッド・ルイ・ドゥ• ローマ・オリンピコ• フェルティンス・アレーナ• シュクリュ・サラジオウル・スタジアム オリジナルスタジアム• ブルク・スタディオン• コロッセオ・デ・ロス・デポルス• eFootball スタジアム• eFootball. Pro アレーナ• エスタディオ・カンペオン• エスタディオ・デル・マルタンガル• エスタディオ・ヌエボ・トリウンフォ• エスタディオ・タウロ• エスタディオ・エスコルピオ• ホーフドスタッドゥ・スタディオン• コナミ・スタジアム• メトロポール・アレナ• ノイ・ゾネ・アレナ• ローズ・パーク・スタジアム• スポーツ・パーク• スタッド・ド・サジテール• ナショナル・スタジアム• スタジオ・オリオン• ヴィレッジ・ロード.

次の

【ウイイレ2019】マスターリーグの錬金術、年俸予算を増やす方法

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ウイイレ2020は買うべき?結論を書きます ウイイレ2020を買うべきか迷っている方に向けてまず結論を書きます。 買いで問題ないでしょう! 一番気になるのが操作感の部分だと思いますが、多少の変更はあるとはいえ ベースはウイイレ2019と変わっていません。 細かいことを言うと、フィネスドリブルが追加されたり、選手の動きが重たくなったりはあるんですが、大体は今までの感覚で操作できます。 また、ここ最近のウイイレの定番として、「始めは操作感がすこしもっさりしているが、アップデートにより丁度いいくらいになっていく」というのがあります。 ウイイレ2020をプレイした感想!操作感やグラフィックなど ウイイレ2020が発売されて、さっそく50試合ほどプレイしました。 思うことがかなりあるので、ウイイレヤーの方に共有していきたいと思います。 ウイイレ2020全体の感想をざっくりと解説 まず、ウイイレ2020全体の感想として、 選手の動きが重いです。 ウイイレ2019を始めにプレイしたときも、「選手の動き重たくなったなー」と感じましたが、ウイイレ2020ではさらに動きが重たくなりました。 最近のウイイレの傾向としては、 リアル路線に寄ってきている感がありますね。 少し前までのウイイレは「選手の体重」という概念は無視され、超人的な動きができましたが、今作では急な方向転換などをすると、「前に体重が持っていかれる感じ」になります。 「リアルサッカーがしたい!」という方には改善かもですが、「ウイイレらしい爽快感を味わいたい!」という方には改悪かもしれませんね。 各操作についての所感 ドリブル これもリアル路線なんですが、ドリブルは 初速が遅くなった印象があります。 ウイイレ2019よりも、トップスピードになるまでに時間がかかるようになりました。 ですが、逆にトップスピードに到達したときのスピードがより早くなったように感じます。 また、今作の目玉といえばフィネスドリブルですね。 「右スティック」で細かいタッチのドリブルができるようになりました。 「で、実際使えるの?」という話ですが、まあまあ使えますね! 特にCOM戦は、フィネスドリブルを始めるとCOMディフェンダーが距離を取ってくれるので、現実さながらの間合いを意識した攻防ができます。 ・基本的に前作と変わらない ・ミドルシュートが入りやすくなった ・コンカ入りやすくなった パス パスは結構変わりましたね。 まず、 ロングパスの弾道リアルになりました。 正直はじめに見た時は割と感動しましたね(笑) 次に、 スルーパス(ゴロ)のモーションがかなり追加されています。 これも結構リアルに寄っていて、「おお、現実っぽい!」となることが多々あります。 パスの軌道やモーションは個人的にかなり改善されたんじゃないかなーと思いますね。 ただ、実用的な部分を上げるとしたら、 ウイイレ2020はパスがかなりずれやすくなっています。 「え?それとれへんの???」とつい口に出してしまうほどパスがずれる頻度が多いです。 この辺はアプデで改善が来ると思うので、早くお願いしたいですね。 インテンショナルファールは、カウンターのピンチの時などにわざと相手にファールして時間を遅らせるファールのことです。 今までははデススラとか平気でしてくるユーザーもいましたが、今作は合法的ファールができます。 またディフェンダーの、 目の前のボールに対する反応が鈍くなったように感じます。 これはディフェンス時以外にも言えることですが、「選手がマイボールだと認識する範囲」が狭くなりました。 これが、パスのずれにも影響してきてるんだと思います。。 リアルな声が多い、ツイッターと2chからみんなの声を引用しています。 ツイッターの評価まとめ いい評価、悪い評価に分けました。 それぞれ見ていきましょう。 — りっぷん ripun77 不満はあるけど、それ以外は神ゲーという評価です! 言及されている部分は明らかに修正が必要な部分ですし、アプデで修正されるかと思います。 対策とかも見つかるよ。 小さな不具合が気になる方と気にならない方でウイイレ2020の評価が分かれそうです。 オフライン専の方にはかなりありがたいですね。 50試合消化しての感想だが、過去最低の作品に。 守備時の事故率が半端なく銀河系の攻撃陣がいなくても3点は取れる仕様に、残念だね。 点がたくさん取れても面白くないし、守備時には事故で失点しストレスがたまる。 アプデで改善されないと辞める人が増えそうだな。 — 剛 gsasaki0322 守備に関しては僕も同意見で、 ディフェンダーのボールへの反応率が悪く事故が多いです。 ここはマジで早く修正願いたい部分です。 選手の体重が重たい、ゆえにボールの反応率が悪いです。 あと、 オンラインでスパキャンが発動しない不具合があります。 かなり致命的なので、ここはすぐに修正はいると思いますが早くお願いしますKONAMIさん。 トラップ現実の選手よりも大きすぎるしまじ下手くそ。 パスも繋がらなさすぎ。 ほんとキモすぎクソゲーになった。 KONAMIはFIFAに対抗しようとしてるのか知らんけど2018みたいなゲームでのサッカーがしたいんだよ。 ほんとまじ勘弁してくれ。 金の無駄だ。 — かたあなさはや EiQi0iBIRY2Kxw6 トラップが大きくなるというのもありますねー。 特にスピードに乗っているときのトラップがかなり足元から離れやすいです。 リアルでは「サッカーはミスが前提のスポーツ」といわれている通りなんですが、ゲームでそれが発動しちゃうとどうしてもストレスになってしまいます。。 本当の意味でリアルを追求するなら、AIの動きなども併せてリアルになってほしいものです。 2chの評価まとめ 2chは中立的な評価が多かったので、いい評価悪い評価という分け方をせずに紹介します。 まだ細かい所やUIの不便さはあるけれど、以前よりは大幅に成長してる。 後は監督の容姿を自由にエディットさせて欲しいなあ。 マスターリーグに関しては、ツイッターの意見でもありましたが好評のようですね。 ただ、僕も同じく「監督の要旨をエディットさせてくれよ…」とは思いました。 61ID:XEQJQgXi0 前回強かった技やパターンが軒並み弱体化されてて 今作何が強いのかな?って思ったけど フィネスドリブル?にフォーカス当たってるから それくらいなんかな?MLやってると2019CPUがやたらサイドからグランダークロスを中のやつがヒールして次のやつがズドンをひたすら狙ってくるだけだったけど今回はチーム毎にロングボール多用してきたりとか色々してくるね でも結局ボールプロテクトしてコネるばっかな気はするけど CPUの戦術が多様化したという意見ですね。 82ID:cEJMyUf80 まあ、サッカーしたいなら2020なんだろうな。 ただ、サッカーゲームしたいなら2019より前だな。 かなり的を得た意見だと思います。 ここ最近のウイイレのトレンドとしては、リアルによってきつつあり、リアルサッカーをしたい人にとってはうれしい限りです。 しかし、 昔のウイイレみたいな爽快感を得たい方にはちょっと微妙かもしれません。 21ID:tn9DNPy90 シュートフェイントクソ弱くなったな切り返してもひっかかる。 前作は強すぎたけど今作はCPUがやってる身体入れてプロテクトするのが強すぎるな。 CPUもそれしかやってこないし。 シュートフェイント弱体化は僕も感じますねー。 というより、 ドリブル全体の切れがなくなっています。 その代わり、体を入れた時のキープ力が上がっているので(ディフェンダーに刈り取られない)そこをうまく使っていくしかないですね。 引用元: まとめ いかがでしたか? ウイイレ2020をプレイした感想と、みんなの評価をまとめてきましが、なんとなくウイイレ2020のイメージをつかめたかと思います。 この記事を読んで、「ウイイレ2020買ってみてもいいかも!」という方が少しでも増えれば個人的にはうれしいですね!.

次の

【ウイニングイレブン 2020】生まれ変わったMaster Leagueの新情報まとめ!日々の事象をよりリアルに体感

ウイイレ 2020 マスター リーグ

ウイイレ2020おすすめ若手の選考基準 ・ウイイレ2020に収録される10代の若手選手(19歳以下)から選考する ・2019-20シーズンの成績 ・海外サイト「transfermarkt」の市場価値 ・僕の主観 今回は若手選手の紹介ということなので 10代の選手から選出していきます。 また、 2019-20シーズン途中までの成績であったり、 移籍情報や選手の市場価値をまとめた海外サイト「transfermarkt」をもとに選んでいます。 最終的には僕の主観で選考していますが、その点ご了承ください。 ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手 それではここからウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手を紹介していきます。 まずはゴールキーパーからです。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ゴールキーパー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) イラン メリエ(19) フランス GK 75 リーズ W(イングランド2部リーグ) べケル エゼル(19) トルコ GK 73 未所属 フリスティアン フリュートル(19) ドイツ GK 68 バイエルン ミュンヘン(その他ヨーロッパ) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ゴールキーパーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 まず1人目はリーズ Wに所属するイラン メリエです。 2018-19シーズンまではフランス2部リーグのFCロリアンでプレーしていました。 各年代のフランス代表でプレー経験がある十分な実績を持つ若手選手になります。 また、移籍情報サイト「transfermarkt」では10代のゴールキーパーでNo. 1の市場価値をマークしています(2020年1月時点)。 2人目は未所属のべケル エゼルです。 現実世界ではフェネルバフチェからベルギー2部リーグのKVCウェステルローというクラブにレンタル在籍中です(記事執筆時点)。 各年代のトルコ代表でプレーしており、A代表に招集されたこともあります。 3人目はバイエルン ミュンヘンに所属するフリスティアン フリュートルです。 実際はドイツ3部リーグにあるバイエルン ミュンヘンのリザーブチームでプレーしています。 年代別のドイツ代表でもプレーしており、将来が楽しみな若手選手です。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ディフェンダー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) ウィリアム サリバ(18) フランス CB 75 サン テティエンヌ(Ligue 1 Conforama) ベノワ ベディアシレ(18) フランス CB 74 モナコ(Ligue 1 Conforama) マックス アーロンス(19) イングランド RSB 74 ノリッジ YG(イングランドリーグ) イーサン アンパドゥ(19) ウェールズ CB 73 未所属 ライアン アイト ヌーリ(18) フランス LSB 63 アンジェ(Ligue 1 Conforama) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ディフェンダーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン ティティエンヌに所属するウィリアム サリバです。 2019年夏にはアーセナルやトッテナムといったビッククラブが争奪戦を繰り広げた注目の若手有望株です。 結局サリバはアーセナルが獲得し、2019-20シーズンはサン ティティエンヌにレンタル中です。 2人目はモナコに所属するベノワ ベディアシレです。 各年代のフランス代表でプレーする注目の若手選手で、現在はU-19フランス代表でプレーしています。 チェルシーやレアル・マドリードといったビッククラブが関心を示すフランス期待の若手選手です。 3人目はノリッジ YGに所属するマックス アーロンスです。 ノリッジユースからトップチームのレギュラーまで駆け上がったノリッジ期待の若手選手になります。 チェルシー、アーセナル、トッテナムといったプレミアリーグの強豪が獲得に興味を示す逸材です。 4人目は未所属のイーサン アンパドゥです。 現実ではチェルシーが保有権を持っていて、2019-20シーズンはドイツ1部リーグのRBライプツィヒにレンタルで在籍しています。 すでにウェールズ代表にも召集され、数試合プレーしている注目の若手選手です。 5人目はアンジェに所属するライアン アイト ヌーリです。 「総合値めちゃくちゃ低いじゃねーか!」と思った方もいるでしょうが、現実では10代の左サイドバックの中で世界最高額になります(2020年1月時点:1200万ユーロ)。 ウイイレ2020での初期総合値は低いためみなさんのマスターリーグで育ててあげてください。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はPSVに所属するモハメド イハターレンです。 PSVの生え抜き選手で、2019-20シーズンのオランダリーグで輝きを放っている1人になります。 各年代のオランダ代表でもプレーしている注目の逸材です。 2人目はべレス サルスフィエルドに所属するトリスタン アルマダです。 U-20アルゼンチン代表の選手です。 現実ではマンチェスター・シティが獲得を狙っているようでNEXTメッシとも言われています。 3人目はフラメンゴに所属するヘイニエル カルヴァーリョです。 2019シーズンにフラメンゴでトップチームデビューを果たしたブラジル期待の新星になります。 FCバルセロナ、マンチェスター・シティなどビッククラブが注目する逸材で、レアル・マドリードが獲得間近とされています。 4人目はレンヌに所属するエドゥアルド カマヴィンガです。 今季、リーグ・アンで輝きを放っている注目の若手です。 移籍情報サイト「transfermarkt」によると10代のセントラルミットフィルダーの中ではNo. 1の市場価値(2020年1月時点:3500万ユーロ)になります。 5人目はマヨルカ RNに所属する久保 建英です。 日本人としては日本人選手を獲得してマスターリーグで活躍させたいのではないでしょうか。 そこで当ブログでは2019年夏、レアル・マドリードに加入した日本期待の若手選手、久保建英の獲得をおすすめします。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン パウロに所属するアントニです。 サンパウロの下部組織で育ち、今やトップチームの中心選手として欠かせない存在となりました。 アーセナルやミランといった複数の欧州クラブが獲得に興味を示すほどの逸材です。 2人目はラヌースに所属するペドロ デ ラ ベガです。 ラヌースの下部組織で順調に成長したデ ラ ベガは2018年9月にトップチームデビューを果たしました。 U-20アルゼンチン代表でもプレーしていて今後が楽しみな期待の逸材です。 3人目はバルセロナに所属するアンスマネ ファティです。 バルセロナの下部組織で育ったアンスマネ ファティは16歳という若さでトップチームデビューを飾りました。 その後、出場機会を与えられた試合では結果を残し、ここ数ヵ月で市場価値が爆上げしている若手選手です。 4人目はAZに所属するマイロン ボアドゥです。 AZの下部組織で育ったマイロン ボアドゥはAZ史上最高の逸材とも言われています。 各年代のオランダ代表でもプレーしていて、2019年11月にはすでにA代表デビューも飾っています。 5人目はマンチェスター ユナイテッドに所属するメイソン グリーンウッドです。 マンチェスター ユナイテッドの下部組織で育ち、現在はトップチームでプレーするまでに成長しました。 ウイイレ2020では初期総合値が低い気がしますが、今後の成長が楽しみな注目の若手です。 まとめ 今回はウイイレ2020のマスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめということでいろいろな若手選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 現実世界で活躍していたり、注目されている若手選手をまとめたので、ウイイレ2020の総合値については低い選手もたくさんいます。 その点お許しください。 今後、ウイイレ2020のマスターリーグをテーマに取り扱った記事をどんどん書いていくつもりなので興味がある方は当ブログを是非チェックしてみてください。 また、もやっていますので心優しい方はぜひともフォローしてあげてください。

次の