ちやほや 意味。 ちやほやされる女性の特徴10選|職場でちやほやされたい人の心理や行動も

【言葉の雑学】「ちやほや」の語源

ちやほや 意味

2016. 07 学校や職場などで異性からちやほやされている人はいませんか?この「ちやほや」という言葉。 実は間違った使われ方をしています。 今回の雑学では「ちやほや」の言葉の語源についてご紹介します。 ちやほやの意味 事典などでは「相手を甘やかしたり機嫌をとったりして、大切に扱うさま。 」と出典されています。 しかしこの言葉のルーツを探ることで、使い方が若干変わっている事がわかります。 ちやほやの語源 ちやほやの語源となる言葉が使われだしたのは平安時代。 今もなおその言葉を聞くことはありますが、滅多に使われなくなりました。 例えば大事な娘を大切に育ててきたことに対して「あの娘は蝶よ花よと育てられて」と言います。 そうです、「ちやほや」とは「蝶よ花よ」が略されて出来た言葉なのです。 「蝶よ花よ」とは大人が子どもをあやす際に使われる言葉なのです。 現代ではこれが広義になっていき、異性からもてはやされる事を「ちやほや」されるなどという使われ方に変わってしまいました。

次の

ちやほやされたい自分を治したい

ちやほや 意味

私たちは普段何気なしにちやほやという言葉を使っていますが、ちやほやという言葉の正しい意味や語源は一体なんなのでしょうか。 まずはちや子やの意味ですが、辞書的な意味では「相手を甘やかす様子や、機嫌を取るさま、大切に扱う様子」などがあります。 しかし、現代の「ちやほや」というと、あまり良いイメージの言葉ではありませんよね。 しかし、語源を探ってみると、今とは全然違う意味でちやほやが用いられてきたことがわかります。 ちやほやという言葉は平安時代からありました。 この当時のちやほやという言葉は「蝶よ花よ」という言葉が略されたものでした。 「蝶よ花よ」という言葉は今でも大切に育てられてきたさまのことを表すときに使いますよね。 今では主に異性からもてはやされることをちやほやと呼ぶ傾向がありますが、元々はこのような意味があったのです。 ちやほやされたい女性の心理の1つめは人から褒められたいと考えているということです。 ちやほやされている女性は何かと人に褒められたりすることが多いですよね。 そのようなちやほやされている女性の姿を見て、自分も同じように褒められたいという心理になります。 そしてどうしてその女性が褒められるのかを考えた時にちやほやされているからだと感じ、自分もちやほやされたいというう心理になるのです。 褒められたい心理は心理学的には自己承認欲求の一つに分類されます。 自己承認欲求は誰もが持っている欲求なので決して悪いわけではありません。 人から褒められたい、というのは誰しもが心の中で必ず持っているものなので、人から褒められたいからちやほやされたいというのは決して悪いことでも、隠す必要のあることでもないので自信を持ってくださいね。 ちやほやされたい女性の心理の2つめは自分の思い通りに物事が進んでほしいという欲求です。 普通、男性、女性に関わらず物事が自分の思い通りに全て通るということはあり得ないということを知っていますよね。 だからこそ、自分の思い通りに物事を進めたいと思ったら周りと交渉し、時には説得したりと努力を必要とします。 しかし、自分の思い通りに物事が進んでほしいからという理由でちやほやされたいという心理の人は、誰かと交渉したり、説得したりすることを嫌う傾向があります。 むしろ、自分の思い通りに物事が進まなかった時にどうして自分のいうことを聞いてくれないのかと感情的になってしまったりするケースもあります。 たとえちやほやされる女性になれたとしても、自分の思い通りに物事が進むかとなれば、決してそうではありません。 むしろ、周りからちやほやされるからといって、自分自身の分を超えたような行いをしてしまった場合は、周りからはもう二度とちやほやされなくなりますよ。 ちやほやされたい女性の心理の4つめは、周りよりも優越感を感じたいということです。 確かに、ちやほやされている女性は他の人から見ると優越感があるのだろうなと受け取る人もいるでしょう。 しかし、実際は周の人達からの評価があるからちやほやされているのであって、そう簡単にちやほやされる訳ではありません。 周りよりも優越感を感じたいと考えているからちやほやされたいと思っている人は、ちやほやされるような努力をする覚悟はありますか? ちやほやされる女性は、容姿の他にも性格の良さが大切です。 小さなことにも日々感謝できるからこそちやほやされるのです。 周りよりも優越感を感じたいというのは、実際ちやほやされたらそのような感謝の心を持ち続けることができるでしょうか。 ちやほやされていて周りよりも優越していると思うのは第三者の側だけであって、実際はそのように甘いものではありません。 ちやほやされるためのポイントの1つめは他人の悪口を言わないことです。 悪口は信頼できる誰かに言っていたとしても広まってしまう可能性や、周りにいた人に偶然聞こえている可能性がありますよね。 悪口を言う女性を男性はちやほやしたいと考えるでしょうか。 日々生活している中でどうしても「苦手だな」と思ったり、「この人はちょっと無理だな」と思うことは出てきます。 その時に、それを悪口にするのか、こういう人がいるのかと考えるのでは大きな差が出てきます。 可能ならば悪口を言う前にその人とは距離を取れば良いでしょう。 もしそれが不可能な場合は、職場の同僚や上司に相談という形で「この人のこういうところが困っている」というのを具体的に伝えるようにしましょう。 友達の場合でも同じです。 その「苦手だな」という感情を悪口に変えてしまっては、ちやほやされることはあまりないということをしっかり覚えておきましょう。 ちやほやされるためのポイントの2つめは人を大切にするということです。 人を大切にできない人はちやほやされることなないと言い切っていいくらい、人を大切にすることはちやほやされる以前に人として大切なことです。 人を大切にするとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。 例えば、何かしてもらったら小さなことでもお礼を欠かさずに言ったりすることがまず挙げられます。 お礼をきちんと言える人はとても素敵ですよね。 さらに自分よりも年下だったり、何かができなかったりするような相手でもその相手を見下したりせずに対等な関係で接したりすることです。 自分より立場が弱い人に対して多くの人はぞんざいに扱ったりしてしまったりするものですが、そこで丁寧に心を込めた対応をすることで、周りからの評価も必然的に上がります。 ちやほやされるためのポイントの4つめは、出来るだけ明るく相手に接することです。 明るく接する人と暗く接する人のどちらがちやほやされやすいかを考えると、もちろん前者ですよね。 しかし、明るくしなければいけないとはいいながらも、しんどい時に無理して明るく振舞ったりする必要はありません。 自分が普段通りの調子の時は出来るだけにこやかに穏やかに周りに接することを心がけましょう。 では明るく接するとはどのようなことをすれば良いのでしょうか。 例えば、自分から積極的にみんなに挨拶をしたり、何か話しかける時に絵が青を心がけるなどが挙げられます。 この時に注意するべきポイントは、男性、女性に関わらず平等に接するようにしましょう。 ハイテンションにならないように気をつけるのも、一つポイントになるので気をつけるようにしましょう。 ちやほやされるデメリットの3つめは、仕事のプロジェクトで成功したり、職場の上司に高い評価をもらったり、昇進したりした場合、それは実力じゃなくてちやほやされているからだと言われるという点です。 ちやほやされている女性は上記で十分に説明したように相応の努力をしています。 それにも関わらず心無い人は「その成功は実力じゃなくてちやほやされているからだ」というようなことを言ってくる場合があります。 さらに、「周りが甘いから君が成功したかのように見せかけている」などということを言ってくる場合も多いです。 本当は自分の実力なのにも関わらずそのようなことを言ってくるのはちやほやされる女性は我慢ならないことです。 しかし、そこで逆上してしまっては相手の思う壺になるのでグッと控えている、我慢しているというケースもあります。 ちやほやされるデメリットの4つめは同性に悪口を言われるという点です。 嫉妬の末の悪口なのか、単に誰かの悪口を言いたいだけの人なのか、悪口を言う人はどちらかに大きく分類できますが、そのどちらにも悪口を言われるようなことが起こり得ます。 悪口を言われていい気分になる人もいませんよね。 自分の知らないところでコソコソと自分の悪口を言われたり、堂々と悪口を言われたり、悪口の言われ方は様々ですが、このようにづ性に悪口を言われているような状態だと余計に同性と関われなくなります。 その結果男性に悪口を言われていることを相談すると、それが余計に攻撃の対象になってしまったりもします。 このような悪意ある同性の行動で心の病気になってしまって休職するという人も少なくはありません。 同性からの悪意ある悪口は、その人の将来まで変えてしまうものになる可能性があることを忘れてはいけません。

次の

姫プレイ…ネトゲ内で女キャラになってお姫様のようにちやほや

ちやほや 意味

ちやほやされたい、と 思うことは自然なこと そういう意味では、ちやほやされたいという思いは、根源的な欲求である生存欲求に根ざしている。 だから、ちやほやされたいと思うことは、実に自然なことだ。 なぜ、ちやほやされたい気持ちを治したいのか、理由・原因を考えてみよう。 先に説明したように、ちやほやされたいと思うことは、悪いことではない。 ある意味、自然なことだ。 でも、ちやほやされたい気持ちを治したいという思いがある人には、どんな想いが背景にあるか。 実は、 ちやほやされなかったときに強い不快感を持ち、その不快感を感じたくないから、常にちやほやされていたい!と強く思う、という背景がある。 ちやほやされたいと思う原因が明確になったのだから、対応は明確だ。 ちやほやされたい自分を認める まずは、 ちやほやされたい自分を認めよう。 恥ずかしいことではない。 隠すこともない。 自然な欲求だから。 ちやほやされたいと思う自分が恥ずかしい、という引っ込み思案な思いを手放そう。 これが、最初の一歩。 ちやほやされないと不快な自分を認める 次に、 ちやほやされないと不快感を覚える自分を認めよう。 実は、ここが難しい。 ちやほやされないと不愉快という、ある種ワガママな自分を認めることは、案外難しい。 そんなことない!と認めたくなければ、認めなくてもいいよ。 でも、ちやほやされなかったときの不快感が嫌いだから、ちやほやされたい自分を治したいんだよね。 じゃあ、思い切って 諦めて、そんな自分を認めよう。 すると、とたんに心が楽になる。 楽になってくると、ちやほやされなくてもいいじゃん、 と思えるようになる。 この思いが深まれば、ちやほやされない不快感を覚えなくなる。 そうすると、以下のような好循環に入る。 ちやほやされなくなったらどうしよう、という 悩みがなくなる• ちやほやされなくてもオッケー、と 腹落ちする• すると、ちやほやされると 素直に喜べるようになる• 素直に喜ぶことが出来るようになると、 ちやほやされやすい体質(性格・姿勢)になる• すると、 さらにちやほやされる こっちの方がいいよね。 このような心境に達すると、ちやほやされなくても気にならない。 また、以前よりちやほやされる楽しい人生が送れるようになる。 このような、ちやほやされたい、という思いは、生存欲求に近いので、 自然な欲求だ。 ただ、このような自然な欲求である、ちやほやされたい気持ちを治したいと思う背景には、ちやほやされなかったときの不快感を避けたいという思いがある。 このような背景に気づいて、 不要な思いを手放すと、ちやほやされたい気持ちが薄らぎ、 ちやほやされるようになる。 こんなことを、説明した。 この記事で紹介した対応を活用して思い込みを手放すと、ちやほやされたい、されなきゃ嫌だ!という思いがなくなり、今より、ちやほやされるようになる。 ぜひ、一度試してみてほしい。 ちやほやされてもされなくても、楽しく生きていけるといいよね。 ルーク野村のメルマガの購読登録すると、 ルーク野村オリジナル曲のライブ動画を2曲フルコーラスでプレゼントします。 上記のYouTube動画は、プレゼントするライブ動画のダイジェスト版(5分弱の動画)で、プレゼント動画は、以下のオリジナル曲です。 永遠の29歳• 汝の敵を愛せよ オリジナル曲「汝の敵を愛せよ」の歌詞を、以下に紹介します。 あなたが 嫌いな人は 誰ですか 会社の上司ですか やつですか あなたが 嫌いな人は 誰ですか わがままばかりを言う あいつですか 嫌いな人は あなたの心の 奥底にある ゆがみを教えてくれる 心のゆがみを 取り去ると あなたのココロに やすらぎが訪れる 嫌いな人を 愛そう 汝の敵を 愛せよ 嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。 だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しましょう。 こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「 汝の敵を愛せよ」。

次の