レオン アート 125 - 【レオンアート】車種・価格・販売店一覧まとめ【125ccラインナップ】

125 レオン アート レオンアート パイルダー125試乗インプレッション【エンジンも操縦安定性も超個性的】│WEBヤングマシン|最新バイク情報

125 レオン アート ウイングフット株式会社がスペインのバイクメーカー「LEONART SA」の車両を7月中旬より販売開始

125 レオン アート 魅力的な「レオンアート」のバイクは125ccで誰にでも手が届く!|はじめてバイク

125 レオン アート ウイングフット株式会社がスペインのバイクメーカー「LEONART SA」の車両を7月中旬より販売開始

125 レオン アート スペイン発祥のモーターサイクルブランド”LEONART(レオンアート)” を磨いてきたよ!<あみーごの突撃ゼロフィニッシュ>

125 レオン アート レオンアート(LEONART) パイルダー125

水冷2気筒エンジンで38万円から! 原付二種カスタムバイク、スペイン「レオンアート」日本上陸

125 レオン アート HERITAGE 125

125 レオン アート HERITAGE 125

125 レオン アート マニアック過ぎるかもしれないが、好きな125ccバイクを勝手に紹介する話。~レオンアート デイトナ編~

125 レオン アート 【レオンアート】車種・価格・販売店一覧まとめ【125ccラインナップ】

レオンアート「トラッカー125」インプレ・解説 面白い原付二種を探している人、注目! 小気味よく走れる街乗りロードスター (1/2)

マニアック過ぎるかもしれないが、好きな125ccバイクを勝手に紹介する話。~レオンアート デイトナ編~

1速がローギヤード気味ということを差し引いても、180kgの巨体を難なく走らせてしまうことに驚く。

  • 小排気量であり、安価で購入できるからこそこだわりたい!• 試乗車のエンジンを始動すると大人しい印象のツインエンジンは、1,500rpmで安定したアイドリングを示す。

  • 価格は同ブランド最高の594,000円。

  • 吸排気系が異なる等の違いがあるとは思うが、これも詳細データは不明。

HERITAGE 125

もっとも安いヘリテージは、なんと税抜き価格で38万円となっており、税込価格でも41万8000円と、欧州からの輸入車としては破格といっていい。

  • タンクデザインやタックロールが入れられたロングダブルシート、そして空冷エンジンの搭載やアナログ式シングルメーターの装備はもはや珍しい部類だが、それらの集合体はかえって新しくも感じられたわけだ。

  • 同ブランド内の他のバリエーションモデルにも見られないデザイン手法の採用は、特別に上質な雰囲気を醸し出す事にも貢献している。

  • 黒いシリンダー内にスプリングを持つショックユニットは、後輪が沈むとショック軸が伸びる方向に動くが、シリンダー内のスプリングは縮むシステム。

レオンアート(LEONART) パイルダー125

そうした第一印象から低回転域のトルクが薄いかと思いきや、2000rpmからでもスルスルと発進できてしまう。

  • 操舵も含めた取りまわしにはそれなりにズッシリとした重さが伴う。

  • またROCKET16は最大負荷40kgと記載があるので、こちらもジュニア用ですね。

  • 実際クラッチミートした直後から、その吹け上がりは十分にパワフル。

leonart motors

ヴィンテージスタイルを演出するマットな質感 様々な車種を展開するレオンアートのモーターサイクルは、マット塗装を多く使用するヴィンテージスタイルが魅力。

  • ラインアート・TRACKER 125. 」と、かつてない頻度で話しかけられたのは確かだ。

  • カラーラインナップは黒と銀の 2色のようです。

  • 004年にスペインのバルセロナにて立ち上げられたLEONARTブランド。

魅力的な「レオンアート」のバイクは125ccで誰にでも手が届く!|はじめてバイク

大きくゆっくりと歩むイメージの中にカフェレーサーを融合した様な斬新なものとし、若いユーザーへの訴求を狙って作られたようだ。

  • レオンアートの製品ラインアップは5つの基本モデル、Daytona(デイトナ)、Pilder(パイルダー)、Heritage(ヘリテージ)、Tracker(トラッカー)、Vessel(ベッセル)を揃えております。

  • フロントフェンダーもくりぬいたような加工がされており、これまたオシャレにキマっていますね! 燃料タンクの滑らかな見た目やガンファイターシートなどなど色々な部分でバイクとしてエロさを感じます。

  • 大人しい出力特性だったHELITAGE 125と比較すると重い車重をカバーしてなお余る高性能ぶりを発揮。

排気量125ccの原付二種なのに車重は180kg。|ガチムチ系本格クルーザー、レオンアート・PILDER 125試乗|Motor

レオンアートの車両に、ゼロフィニッシュはピッタリなんですよ!と、語ってくれました。

  • このギャップを堂々と実現したところに愉快なインパクトが感じられてしまうのである。

  • ピボットと後輪の間にボトムリンク機構を設け、赤いコイルスプリングのモノショックが装備されている。

  • 気が付けば約束した訳でも無いのに、何故か友人たちがワラワラと集まってくる場所。




2021 cdn.snowboardermag.com