ラミエル。 第6の使徒 (だいろくのしと)とは【ピクシブ百科事典】

登場ポケモン/ラミエル

ラミエル

本記事ではの「第6の使徒」を解説する。 の第6使徒についてはを参照。 概要 に登場する使徒。 TV版の第5使徒に相当する。 TV版では下部からドリルを伸ばす以外に殆ど変化や動作を見せない使徒だったが、劇場版では「四次元立体を三次元空間に投影した」というコンセプトに基づき、様々な形に変形し攻撃・防御を行う。 また、一定距離内に侵入した敵目標を攻撃するタイプと考察されており、出撃したエヴァ初号機を感知した途端攻撃態勢に入り初号機を大破させている。 初号機の陽電子砲による1回目の狙撃が命中するも、致命傷とはならず星型正二十面体のような形となって反撃するが、零号機の盾に阻まれ、2射目で殲滅される。 陽電子砲による攻撃を受けた際には、大きなトゲを無数にもつウニのような形(正確に言うと完全二十面体)となり、人の叫び声のような奇声を発する。 殲滅された後はジオフロントまで到達したドリル部も形象崩壊し、NERV本部に血の雨を降らせた。 客演など 5月31日から6月13日まで開催されたエヴァンゲリオンコラボの限定レジャー「使徒襲来」に登場。 名称は「第6使徒」。 最初は 生身で使徒に立ち向かうことになり、第6使徒の攻撃を避けつつ射撃でダメージを与えていく。 使徒への与ダメージが多いと初号機に、被ダメージが多いと零号機に搭乗できる可能性が高くなる。 初号機に搭乗するとポジトロンスナイパーライフルで使徒に攻撃可能となる。 2019年11月下旬から12月上旬に開催されたエヴァンゲリオンコラボのコラボボスエネミーとして登場。 緊急クエスト「第6使徒殲滅作戦」で戦う事が可能。 こちらも名称は「第6使徒」。 地球のアニメ作品である「」に興味を持ち始めたアークス達が具現化させてしまったとしてアークスシップに出現。 本物同様にATフィールドを展開し、加粒子砲も放つことが可能。 さらに原作通りボーリングマシンでジオフロント…ではなくアークスシップの動力部分を目指していた。 なお、この緊急クエストのBGMは原作の戦闘曲である「DECISIVE BATTLE」 作曲: を使用している。 イベント「エヴァンゲリオンラッシュ」でボス敵および報酬カードとして登場。 カードの方は育成が出来ず、ほぼコレクション用。 こちらでも名称は「第6使徒」。 「」シリーズ 同様、基本的に再現用のイベントキャラとして登場。 では自力で撃破も可能。 でも自力で撃破可能。 ポイント獲得のためには自力で撃破する必要がある。 天獄篇では再生使徒として再登場。 シークレットシナリオで復活登場するが、「など恐るるに足らずだ」と、実際あまり強くない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

第5使徒ラミエル

ラミエル

天使としての概要 神に謁見することを許されるいわばエリート天使集団、通称「七大天使」の一人であり、レミエルとも呼ばれる。 その名は「神の高揚」を意味する。 ユダヤ教の伝承とキリスト教の伝承とでは少し立ち位置が違う天使で、ユダヤ・イスラム・キリスト教の伝承では最後の審判によって復活した善なる魂を見守り神の助手として審判に参加する仕事を持つ天使である。 しかし、キリスト教だけの観点だけから見ると違う解釈がなされており、彼は雷と幻視を司る天使である。 この幻視というのは、神のお告げを人間の夢に天使が入り込み、その神のお告げを夢の中で告げるというものである。 また、ジョン・ミルトンの「失楽園」ではどういうわけか、凶暴な堕天使として描かれている。 使徒としての概要 の第5・6話に登場した、第5使徒。 見た目は青いをしており「ホー…ホー…」との声の様な音を一定間隔で発しながら浮遊移動する。 本体下部から掘削シールド 巨大・ブレード を伸ばし、本部・ジオフロントへ進入しようとした。 他の使徒と同様に強固なで通常兵器を無効化するうえ、周囲に接近した物体を察知し、高威力の加粒子砲で迎撃するという能力を持つ。 こののような性質によってを出撃した瞬間に撃退。 「が白兵戦を挑み、A. フィールドを中和しつつコアの破壊を試みる」という従来の戦術を完封してしまう。 やむなく作戦部長のは、戦略自衛隊が開発していた陽電子砲と日本全国の電力を徴用し、初号機に改造陽電子砲( )を携行させ、超長距離からラミエルをする作戦、通称『 』を実行した。 作戦を察知したラミエルは初号機の第一射を加粒子砲で妨害したものの、追撃はの構えた耐熱光波防御盾によって阻まれてしまう。 その直後に初号機が再度発射したポジトロンスナイパーライフルがコアを直撃したことで致命傷を負い、撃破された。 ラミエル出現からヤシマ作戦決行に至る展開は序盤の山場でもあり、本作を代表する名シーンのひとつとして知られている。 では として登場。 詳細はそちらを参照。 攻撃方法 加粒子砲 強力なを発射して長距離攻撃を行う。 初戦ではEVA初号機を出撃直後に中破させ、その圧倒的な威力と狙撃精度を見せつけた。 最大出力では、山を半分吹き飛ばすほどの威力がある。 ボーリング・マシン 身体下部から、直径17. 5Mの巨大ドリル・ブレードを伸ばし、穴を掘る。 これによってジオフロントの装甲板を突破し、NERV本部への直接侵攻を試みた。 その他 モデルは「」に登場する怪獣・。 ラミエルの登場時の効果音は、プリズ魔と同じものである。 「」では、ステージボスののデザインが同様の正八面体である他、ラミエルに酷似した雑魚敵「ラミ」が登場している。 コピー能力は、ラミエルが「雷」を司る天使の為か、スパークである。 オンラインゲーム「」に登場する大型の敵に似た形状の「フラクタリス」というのがいるが、こちらはビームの雨を降らしたり、雷を落したり、極太の即死レーザーで薙ぎ払ったり、終いにはプレイヤーから「の雷」と呼ばれている下方向への超広範囲即死攻撃までするなど形もさることながらラミエルを意識した敵である。 バンプレストの「」シリーズにも何度か登場している。 基本的に再現用のイベントキャラであり、防御力や加粒子砲の射程・威力が非常に高く設定されているので自力で倒すことは難しい。 のように「イベントを起こさなければ絶対に倒せない」作品もある。 また、ゲーム終盤もしくは続編で再登場した際には、イベント無しで普通に戦う事を強いられる。 のエヴァバッドエンドルートや追加ルートではイベント時そのままステータス(特に後者は加粒子砲の攻撃力が9999)で登場するため、再生使徒の中でも特に危険な存在となる。 ただし、「」はシリーズをまたいでることもありあまり強くない。 関連タグ :おそらくこれの形が基になっている。 :形が完全にそっくり。 関連記事 親記事.

次の

ラミエルとは (ラミエルとは) [単語記事]

ラミエル

< : : :. 二二二ヽ. : :.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. 5倍)する。 『砲兵の雷砲』… 「充電」状態の時、自身の「でんき」技が相手の身を守る特性を無視する。 『砲兵の散砲』… 「充電」状態の時、自身の「でんき」技を二分割して放つ。 『神に等しき者』… 低確率で相手からの攻撃を無効化する。 『AT.F』… 威力40以下の「攻撃技」を無効化する。 『後手必殺』…. 相手の「すばやさ」の種族値が自身より高い時、低確率で相手より先に行動する。

次の