まぶた の 脂肪 を 減らす。 まぶたの脂肪について!種類や原因、落とす方法を紹介!

厚い一重でもOK♥脂肪を落としてまぶたを痩せる!二重にする方法

まぶた の 脂肪 を 減らす

まぶたの脂肪取りとは まぶたの脂肪取りは まぶたの脂肪を除去する施術のことで、 通常は 二重整形術の埋没法と同時に施されます。 施術方法はまぶたを切開せず、小さな穴をあけて脂肪を取ります。 脂肪を除去することで まぶたの厚みや腫れぼったさがなくなり、すっきりとした二重まぶたになれるのが特徴です。 腫れや内出血が起こりにくいため ダウンタイムもほとんどありません。 また片目5~10分程度と短時間で終わる比較的簡単な施術です。 日本人はもともとまぶたの皮膚が厚く、皮下脂肪が多い傾向があります。 そのため一重や奥二重の方も多く、まぶたの厚みや腫れぼったさに悩む女性は少なくありません。 しかしながら、まぶたの脂肪は身体についた脂肪のようにエクササイズなどをして取れることはないのです。 上まぶたの脂肪を減らして腫れぼったさをなくすためには、脂肪取りをするのが有効です。 脂肪取りのみでも効果はありますが、合わせることでより効果がわかりやすくなることから、埋没法と合わせての施術を薦められることがほとんどです。 元々二重の人が腫れぼったさをなくしたいという場合は、脂肪取りのみを受けることも可能です。 まぶたの脂肪取りが向いている人• まぶたの厚みが気になる人• すっきりした目元にしたい人• 切開をせずまぶたの脂肪を取りたい人• 埋没法をしてもすぐに戻ってしまう人 まぶたの脂肪取りが向いていない人• まぶたに厚みや腫れぼったさのない人• 傷跡(術後数週間)が気になる人• まぶたに穴をあけることに抵抗のある人 メリット• ダウンタイムがない• 腫れが少ない• 術後の痛みがほとんどない デメリット• 体質によっては効果がでにくい• 感染症を起こすリスクがある• まれに傷跡が残る場合もある まぶたの脂肪取りの手順 1. カウンセリング まずは担当医師とカウンセリングを行います。 医師から注意点やリスクについての説明があるでしょう。 また埋没法を合わせて行う場合は、完成イメージについてもじっくり話し合っていくことになります。 疑問や不安は全て伝え、納得した上で手術日当日を迎えられるようにしましょう。 麻酔 まぶたに局部麻酔をします。 ほとんどのクリニックでは 極細針を使用しているため、多少チクッとした感覚はあるものの、 強い痛みはそれほど感じないと言われています。 麻酔のおかげで術中は痛みを感じないものの、まぶたに打つ麻酔は恐怖を感じる方もいるかもしれません。 恐怖感がある場合は、医師に相談をしておきましょう。 クリニックによっては他の麻酔を用意してもらえる場合もあります。 手術 麻酔が効いたら施術へと移ります。 上まぶたに2mm程度の小さな穴を開けて、 軽くまぶたを押すことで出てくる脂肪を調整しながら除去していきます。 埋没法を同時に施す場合はこのタイミングで行います。 まぶたの脂肪取りにかかる時間は 5~10分程度です。 小さい穴のため縫合はできませんのでそのまま終了となります。 傷は1日で閉じるので安心してください。 ダウンタイム まぶたの脂肪取りは ダウンタイムがほぼありません。 傷は1日で閉じ、1~2週間程度で目立たなくなってきます。 術後数日間は赤みが残りますが、メイクで隠せる程度のためそれほど気にならないでしょう。 まぶたの脂肪取りは抜糸もないため、術後通院も不要です。 腫れはほとんど出ませんが、翌朝は若干むくむこともあります。 施術当日はアルコールを控えたほうが良いですね。 シャワーや洗顔も当日から、メイクと入浴は翌日から可能と、日常生活にほとんど支障を与えないのも特長です。 埋没法を同時に行う場合、埋没法のダウンタイムは完全に落ち着くまで2ヶ月程度です。 まぶたの脂肪取りにかかる費用 まぶたの脂肪取りにかかる 費用は50,000~100,000円が相場です。 時間もかからず大がかりな手術ではないため、費用はそれほど高くありません。 埋没法を同時に行った場合でも150,000~300,000円程度です。 まとめ まぶたの厚みや腫れぼったさに悩む女性は少なくありません。 みなさんもまぶたの脂肪取りで、理想のくっきり二重を手に入れてみてはいかがでしょうか。 今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

次の

まぶたの脂肪除去し二重にしたい時に知っておきたいこと

まぶた の 脂肪 を 減らす

まぶたの脂肪に関しては、2種類あります。 元々まぶたにそれなりの脂肪があり、そのしぼうが、見た目腫れぼったく、寝ぼけているような状態にさせています。 また、もう一つの脂肪はまぶたのすぐ下の目に近い部分に、ポチッとゴマ粒ほどの白いできものの場合です。 まぶたに元々ついている脂肪は付いたものは体質というか遺伝的なものであり、すっきりするのには時間もかかります。 一方、ゴマ粒ほどのできものは、ちょうどにきびをつぶすような感じで、中の白い脂肪分を押し出すと直ります。 全般的にまぶたが腫れぼったいのは、どう見ても損をしてしまいます。 目つきも悪く見えます。 人は見た目が9割と言われることがあるぐらい、それだけで損をしてしまうこともあります。 逆に見た目だけはよくて、それだけで得する人もいることを考えると、なんとも気分的に納得いかないことも事実です。 これは、なんとかならないものでしょうか?さて、今回はこのまぶたの脂肪についてお伝えします。 この記事の目次• まぶたに付く脂肪の種類 まぶたに発生する脂肪の種類について紹介します。 むくみ 原因 むくみはよく足などが疲労している時に発症します。 まぶたも同様で、これはリンパ液が影響していると思われます。 リンパ液というのは、身体の中を流れる血液と同じようなもので、無色透明のものです。 これは、疲労物質や老廃物がリンパ液を通して身体中を循環し、排出する役目をしています。 その流れが悪いと、滞ってしまいむくみを生じるわけです。 特に足などは、立ち仕事をしていると流れが悪くなり滞りがちです。 同様にまぶたも、寝ている時には身体がほぼ水平になっているので、流れが悪くなります。 ですから、朝起きた時にまぶたが腫れぼったいのも、自然の摂理なのです。 これは起きてからしばらくすると、通常の状態になるので、問題はないと思います。 ですが、やはり普段のむくみは気になるものです。 解決法 これは、血行を良くすることで解消します。 むくんでいるからと、水分を抑えていませんか?実は多くの人は、むくむから水分を抑える人が多いようです。 実は、水分を控えることにより、逆に血行やリンパの流れが悪くなり、むくみがちになります。 これは意外な盲点だと思います。 ですから、逆にむくまないように、水分を普段より多めに取ることが重要です。 それと、現代はあまり汗をかけない環境になっています。 汗を出せない状況で、さらに血液内やリンパ液内の老廃物などが流れにくく、むくむ原因となるわけです。 水をたくさん飲むことと、汗をなるべく出すようにしてください。 ROOF 原因 ROOFというのはまぶたについている脂肪のことで、まぶたのすぐ上の脂肪です。 一方、眼窩脂肪というのもありまして、これは、目玉の上を覆っている脂肪です。 つまり、ROOFは、眼窩脂肪より手前の浅い部分についているものです。 これが多いと腫れぼったく重く見えるのです。 ある程度は遺伝的な要素が強く、後から増えるものでもありません。 解決法 このROOFの脂肪を取ることは、意外に難しいようです。 ある意味体質ということもあるからです。 まぶたをマッサージして減らした例はあるようです。 また、蒸しタオルや最近出ているホットアイマスクなどで温めると、脂肪も減るようです。 確実にこの脂肪を落とすには、脂肪吸引をすることです。 ただこれも、善し悪しがあり、取りすぎるとしわが目立つようになるようなことも言われていますので、注意が必要です。 特にしわは、若いうちは目立たないかもしれませんが、年をとった時に目立ちます。 なお、この脂肪吸引は美容整形外科で施術できます。 料金は10万円ぐらいを目安と考えていいかと思います。 眼窩脂肪 原因 これは、ROOFよりももっと奥にある脂肪です。 ある意味、眼の玉を守るためにあるもので、減らすことはROOFよりも簡単といわれています。 解決法 これも脂肪吸引での解消が可能です。 また、この部分の脂肪を取るには、マッサージという方法もあります。 即効性はありませんが、ある程度は効果があります。 整形するにはちょっと、という方は気長にマッサージで脂肪を落とし、見栄えをきれいにしてはいかがでしょうか? ただ、こちらの脂肪は年々とまぶたの回りの筋肉が落ち込むことにより、少しづつ垂れ下がってきます。 すると、顔が老けたような、一気に老化が進んだような感じになります。 それが、気になってくるかと思います。 ちょうど眼の下にクマができているような感じです。 これもまぶたの回りの筋肉をマッサージなどで根気よく血行や筋肉の維持に努めますと、若く見えるばかりでなくまぶたの腫れぼったさもなくなること思います。 まぶたにかかわる目の病気について まぶたに関係する病気を紹介します。 汗管腫 汗を出す汗腺が増えるてできるもので、数ミリのサイズで膨れる症状です。 気になる場合は切除する必要がありますが、放っておいても問題はないものです。 ですが、中には大きくなってくるものもあり、その場合には切除が必要になります。 主に若い女性に発症するケースが多いとの報告があります。 稗粒腫 この稗粒腫は体質的な要素が多く、ならない人はまったく出ません。 にきびと同じように白いポチっとしたものができます。 これは毛穴に脂分などがたまってできるものです。 針で突いたり、指で押しつぶすと白いものが飛び出してきて、それで治るケースがほとんどですが、バイ菌が入ると厄介です。 炎症を起こす可能性もありますので、自分で処理せずに眼科で治療するほうがいいでしょう。 眼瞼黄色腫 主に高脂血症で中高年の人にできるもので、眼のまわりが腫れぼったく黄色い状態になることです。 治すには高脂血症の症状を抑える薬を服用します。 何分見た目が黄色く、よくないので気になったらすぐにでも医師の診断を仰ぐことをお勧めします。 放っておいても悪化するだけで、体質改善も行わないと、繰り返すことになります。 高脂血症気味の人に多いという理由から、油分を多く取る傾向にある人がかかりやすいと思われます。 その油を抑えるか、油の質を良い油に変えることがいいと思われます。 特に油は、年齢的に高いと思う時期には質の悪い油は止めたほうがいいと思います。 霧粒腫 まぶたの脂腺がつまって炎症が起き、小さな瘤ができている状態で、痛みはないのですが違和感があります。 その瘤は大きめであれば、切開して取り除きます。 通常は放っておいても問題はないのですが、自然に消えることもあります。 ただ、放っておいてもなくならない、もしくは大きくなってきている場合は、医師の診断により、切開したほうがいいかと思います。 内部の脂肪が固まると厄介ですし、あとあと残ってしまう恐れもあります。 麦粒腫 俗にいう、ものもらいというものです。 まぶたの縁の脂腺という脂肪を分泌するところが、細菌による感染が起きて赤く腫れ、痛みを伴う症状です。 抗生物質の目薬をつければ、割と早く治ります。 風が強く吹いてごみ等が目に入ったときや、疲れて熱が出そうな時によく腫れます。 熱が出そうな時は、おそらく身体の免疫力が落ちているときかと思われます。 これは清潔にしないと悪化します。 特に風が吹いた日など、眼にほこりが入ったからとこすってしまうと、眼の白い部分が充血して結膜炎を起こしたり、角膜に傷がついたりして麦粒腫を普通に治すよりも時間がかかってしまいます。 ほこりが入った時は、目薬をたくさんつけて、ほこりを洗い流したり、水道水で洗い流すようにして、決してこすらないようにすることが望ましいかと思います。 まぶたの脂肪を落とす方法 まぶたの脂肪を落とす方法を紹介します。 運動不足 一般的に運動不足でも、むくみが生じ、まぶたの腫れぼったさも、なくなりません。 特に運動不足で体内を流れるリンパ液が循環しないと、老廃物が淀んでしまいます。 これはむくみだけでなく、身体の他の部分への影響もでます。 まぶたにできた白いぶつぶつや肌荒れなども、ある程度の運動をしていると、自然と出なくなります。 筋肉の減少 顔の中にも筋肉が発達しています。 それに加え、まぶたの回りにも当然、筋肉がありその筋肉が年とともに衰えてくることにより、左右ともたれてくるのが普通です。 つまり、若いころは、眼も少し吊り上っているように、張りもあるのですが、段々と下がってくるのです。 これもある意味ではしかたないことですが、表情筋を鍛えることにより、その進行を遅らせることはできます。 口の端を上にあげるにこやかな表情にするトレーニングを日々行うことで、張りのある表情を保てます。 蒙古ひだについて アジアの人種には多いのが特徴で、生まれつき、腫れぼったい感じになります。 これは、ある程度はやむをえないのですが、これがあると見た目で損をすることが多いようです。 蒙古ひだは眼の中央よりまぶたの部分が、少し垂れるような、多いかぶさる様になっています。 最近流行っている目頭切開はこの蒙古ひだの部分を若干切ることで、眼を大きくすることです。 鼻の根元で目頭を親指と人差し指でつまむようにするマッサージで、ある程度は眼を大きくすることができます。 まとめ いかがでしたか。 自然に出来てしまう脂肪のかたまりは、簡単に取り除くことができますが、もともとの日本人に多い、蒙古ひだのような脂肪には、地道な努力が必要とされると思います。 また、まぶたに脂肪が多い人には、ある意味遺伝的な要素もあるので、簡単にはその脂肪を落とすことも難しいと思われます。 最近は、プチ整形といって割合に簡単に安価でできるものもありますが、これらを試すのも一つの手かと思われます。 それをするには、なかなか度胸も必要かと思いますが、割とその程深刻にならずに施術する方も、増えたと聞きます。 一方、菌などからの影響のできものは、それほど大げさに捕らえなくともよいかと思います。 それぞれで述べた対処法で大丈夫かと思われます。 何分、先にも述べたように人は見た目でかなり得をしたり、損をするものなので、その中のまぶたというパーツを意識的に変えることにより、得をするようにしたいものです。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

まぶたの脂肪取りでくっきり二重に!かかる費用やダウンタイムについて解説

まぶた の 脂肪 を 減らす

このページの目次• まぶたに脂肪がつく原因 太って体重が増えると、顔も大きくなり、まぶたにも脂肪がついてしまいます。 でも、それ以外にもまぶたに脂肪がついてしまう原因はいくつかあります。 加齢によって 年を取るとどうしても筋肉が減少してしまいます。 それは身体だけでなく顔やまぶたも同じで、 筋肉が減ると代謝も落ちるため脂肪が付きやすくなってしまいます。 日頃から顔の筋肉を使用していないと、 筋肉の減少はさらに加速します。 生活習慣 不規則な食生活・睡眠不足・運動不足などの不健康な生活もまぶだに脂肪がつく原因になってしまいます。 生活習慣の改善や、顔やまぶたの筋肉を鍛えることが、まぶたの脂肪を減らすことに繋がります。 また、カップラーメンやケーキやスナック菓子が大好きでついつい食べている人は塩分の取りすぎも原因になっています。 体が水分を貯めようという働きになってしまい、体中でむくんでしまい、ふくらばぎやまぶた、顔回りなどむくみやすい箇所に現れてしまうんです。 むくみによって また、まぶたが腫れぼったくなっていると「脂肪がついた」と思いがちですが、実は脂肪ではなく「むくみ」だったということもよくあります。 たとえば、 お酒の飲み過ぎなどによるものは、脂肪ではなくむくみです。 脂肪とむくみの取り方は違いますから、それぞれに合った対策をしなければいけません。 前日が睡眠不足だったり、ちょっと飲みすぎたかなという時はまずむくみ対策をしてみましょう。 目をこすりがち アイメイクを落とす際についクレンジングを何回もしたり、 目をこする癖があると摩擦によってまぶたがむくむ原因になってしまいます。 まぶたの皮膚はとても薄いので影響が出やすいですので気を付けましょう。 生理中の時 毎月やってくる憂鬱な期間ですが、女性ホルモンの影響により生理前から体がむくみやすくなっているため、顔回りやまぶたがむくんでいることが多々あります。 この時期は甘いものがどうしても食べたくなって更にむくみを加速させてしまいがちです。 我慢するのではなく、その代わりにむくみを解消する食材やサプリなど取り入れましょう。 広告 まぶたの脂肪を落とすには? まぶたは、実はとてもむくみやすい場所です。 朝起きるとまぶたが腫れぼったいという方は、むくみの解消を重点的に行いましょう。 睡眠不足やお酒の飲み過ぎ、塩分の多い食生活などの生活習慣の悪化はすぐにむくみとなって現れます。 飲酒は控えめにして 栄養バランスの良い食事と適度な運動など生活習慣の見直しをしましょう。 早寝早起きを心がけたり、お風呂上りにストレッチをするなど毎日出来ることから生活に少しずつ取り入れて行きましょう。 お酒や塩分を取りすぎたかなと思ったら、 翌日は食事を野菜中心にして食べすぎをセーブするなど、やり過ぎない範囲でやってみる事が大切です。 むくみ対策にはバナナやアボカドなどカリウムを多く含む食品をメニューに入れてあげるといいですね。 やり方が自分に向いていないと感じたら、運動で頑張ってみるなど別の方法を試してみましょう。 また、むくみを取るマッサージも毎日続けることで効果があります。 むくみではなく正真正銘の脂肪がついてしまっている場合には、マッサージはもちろんのこと、 まぶたの周りの筋肉を鍛えて、まぶたの脂肪を落としていきましょう。 むくみや脂肪を取れば、まぶたもすっきりして、中には自然と一重まぶたが二重まぶたになったという方もいらっしゃいます。 蒸しタオル、または電子レンジで温めたタオルを5分間、目の上に乗せます(やけどに注意)• 冷水で冷やしたタオルを1分間目の上に乗せる。 これを2〜3回繰り返します 夜に行う場合はタオルにアロマの香りをプラスするとリラックス効果も合わさって、ぐっすりと寝ることも出来ます。 夜中々寝付けないという方は朝よりも夜に行ったほうが睡眠不足も解消されるのでおススメですよ。 老廃物を流すリンパマッサージ リンパマッサージで目の周りの老廃物を流し、目の周りをスッキリさせます。 マッサージをする際には、眼球に負担をかけないよう力は入れ過ぎず、摩擦を減らすために予め クリームや乳液を塗っておくと良いでしょう。 入浴中や入浴後、温冷交代タオル法のあとなど 血行の良いときに行うとさらに効果的です。 目を閉じて、目の上下を目頭から目尻に向かって指でなぞります• 眉間を円を描くようにマッサージします• 眉間から顎に向かって指でなぞります• これを5回繰り返します ツボ押しで目をスッキリさせよう ツボ押しは、まぶた周りのむくみをスッキリさせる効果があります。 どのツボも痛気持ちいいなというくらいの強さで2秒ほど押して下さい。 やりすぎるとしわや肌を痛める原因になりますので程よい力加減で行いましょう。 最後にこめかみを同じく2秒ほどぐーっと押しましょう。 毎日続けることでまぶた周りがスッキリとしてきますよ。 まぶたのダイエットも同じです。 しっかりと筋肉を意識しながらまぶたを動かしてエクササイズしましょう。 なお、エクササイズをはじめる前には、まぶたを温めて血行を良くしておくとより効果的です。 エクササイズの前に、むくみ取りの温冷交代タオル法をやっておいても良いですね。 まぶたエクササイズは特別な道具もいらずどこででも手軽に取り組めるので、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてください。 指で眉毛を抑えたり、手のひらでおでこを抑えて眉毛が動かないようにします。 目の周りの筋肉が使われていることを意識しながら、ゆっくりと目を閉じます。 目の周りに力を入れて目を閉じ、5秒間キープします。 大きく目を見開いて5秒間キープします。 これを5回繰り返します。 まぶたすっきりオススメアイテム 1. 蒸気でホットアイマスク リンパマッサージやエクササイズの前には、まぶたを温めて血行をよくした方が効果的です。 温冷交代タオル法は血行促進に効果的ですが、タオルを2枚用意し、温めたり冷やしたりする必要があります そんなとき、 「蒸気でホットアイマスク」など目を温めるアイテムが便利です。 もともとは眼精疲労を解消するためのアイテムですが、これを使うことで 手軽に目元を温めて血行を促進することができます。 似たような商品がたくさんありますが、電子レンジで温めて繰り返し使えるアイピローもドラックストア等で1000円弱で手に入りますので、コスパを求める方は是非こちらで試しみましょう。 ドリーミンアイリッチ とは、寝る前にまぶたに塗るだけで、二重まぶたになることができる美容液です。 お肌に優しい粘着成分により、二重を自然とクセづけることができ、さらに、保湿成分や7種類の美容成分により、まぶたのたるみやくすみなども解消してくれます。 全額返金保証制度もあるので、まずはお試しで試されてみると良いでしょう。

次の