丸山 穂高 ツイッター。 東国原英夫 おまゆう丸山穂高がヤバい!ツイッターでののしり合い?

丸山穂高議員厳重注意もツイッターで橋下徹が激怒!理由や原因は?

丸山 穂高 ツイッター

「丸山への中傷は理不尽でも耐えて来たが、応援下さった支持者の皆さんに対する中傷は流石に受け入れがたく。 また、お金で公認を得た覚えもないし、万一その指摘であれば、いつどなたからなのか。 それは幹部の誰かが売り、内部で知っているのに今まで確認糾弾せずということでもある。 あまりに酷い内容。 」 と反論しました。 この書き込みが10月28日の午前2時44分です。 丸山氏の記者会見について 10月31日に、丸山氏は記者会見をしましたが、10月30日にすでに離党届を出していることを明らかにしました。 この会見の場では、橋下氏が、丸山氏に対して『ボケ』などと発言したことには甘受できる。 しかし、彼に投票してくれた有権者や支援者まで悪いとののしられたこと、事実無根である政治資金の話まで公言された。 ことを問題視して、もはやこのような状況に耐えることができないとして、離党届けを党に出したとのことです。 ちなみに金で公認、と書いたことについて橋下氏はツイッターで、 「支持者も悪い」、「こんな丸山を支持する有権者がいる限り、日本維新の会は衰退する」などと投票くださった有権者や応援くださった支持者まで悪いと罵り、「金で公認を得ている」など根も葉もない政治資金の話や、「地方議員の信頼0」で「地方議員を1人も増やしたことのない」などと事実でないことまで公言されることには我慢なりませんでしたし、事実でないと自ら考えることは政治家としてきちんと公に反論しなければならないと考えます。 と提示し、長文でブログで各々の点に関して反論しております。 これが、今回の丸山議員の維新の会離党の理由でした。 まとめ 維新の会の丸山議員が10月30日に離党届を出しました。 これは、10月24日自身のツイッター、そして25日からの橋下氏の丸山議員や有権者への罵り、それに対しての反論の会見をするためというのが本人の説明です。 今回の騒動で見えたこと、そして、今後のこの若手議員の離党が及ぼす影響を観察していきたいと思います。

次の

丸山穂高議員「バイキング」に激怒「誹謗中傷を毎日公共電波でやってる番組」

丸山 穂高 ツイッター

N国党の副党首、丸山穂高衆院議員がツイッターで義委員の給料明細を公開して話題となっています。 議員給与2割削減後の初歳費が出たので比較用に先月分とともにUP。 手取りは人によって前後あるが大体-17万ぐらいか。 ただ前に述べた様に、これとは別に月100万の文通費、政党交付金の分配、維新も含めた幹部が使いたい放題の政策活動費など。 いやーこのご時世にほんと政治家こそ税金アジャースでしょ? — 丸山 穂高 maruyamahodaka 4月の手取りは、94万3430円。 5月の手取りは、77万1830円。 これとは別に100万円の文書交通費、政党交付金の分配、維新も含めた幹部が使いたい放題の政策活動費が入ってくるそうだ。 分かっている金額だけでも、177万円以上のお金を手にしているそうです。 丸山穂高議員の経歴は? 衆議院議員3期目の国会議員。 2006年、東京大学経済学部卒業後、経済産業省へ入省。 2009年、経済産業省を退官後、松下政経塾へ入塾。 2012年、第46回衆議院議員総選挙にて大阪19区から、日本維新の会公認候補として出馬し、初当選。 2014年、第47回衆議院議員総選挙にて、維新の党公認で大阪19区から立候補し、再選。 2017年、第48回衆議院議員総選挙にて、3選。 2019年、5月国後島訪問時の発言によって同月14日に日本維新の会を除名される。 6月6日に衆議院で糾弾決議を受ける。 7月にNHKから国民を守る党に入党し、8月15日に副党首に就任。 それによると4月分は「歳費129万40000円」で「税引き後94万3430円」。 5月分は「歳費103万5200円」で「税引き後77万1830円」とある。 丸山氏は「手取りは人によって前後あるが大体マイナス17万ぐらいか」と解説。 しかし「ただ前に述べた様に、これとは別に月100万の文通費、政党交付金の分配、維新も含めた幹部が使いたい放題の政策活動費など」が別に入ってくるとし、「いやーこのご時世にほんと政治家こそ税金アジャースでしょ?」と感謝を述べている。 だから丸山穂高は希少価値なんだよ。 69 ID:aHCZPsc00 キチガイを演じる常識人。 バレてきたな。 美味しすぎるわ。 非課税だから実質2400万円に相当する。 即時廃止しろよ。 57 ID:heYlRBnj0 この人こそ必要な存在。 なんとかこのスタイルで生き残って欲しい。 一度死んだ身だからって、さまざまなタブーに切り込んでくれてる。 めちゃくちゃ貴重な人材だよ。 毎月170万円以上の給料が発生しているそうで、ネットでは様々な声が上がってきています。 殆どが、丸山議員を応援する声ですが、今までの言動に嫌悪感を抱いている人もおり、「ポイント稼ぎだ」「騙されるな」という声も多少なりともありました。 個人的には、今までどんな事をしていたとしても、まともな事を言っているのであれば、その事自体は評価されるべきだと思います。 丸山議員以外、誰も公開していない事ですし、どんどん公開してもらって、透明化を目指していって欲しいです。 今後どの様な動きをされていくのか、とても楽しみです。 続報が有り次第、アップしていきます。

次の

丸山穂高さん、議員歳費の2割削減に怒り 「遅せーし、少ねーよ!!」

丸山 穂高 ツイッター

丸山穂高衆議院議員が6月23日のツイッターで、立憲民主党副代表の蓮舫参議院議員を再び皮肉った。 丸山議員はスーパーコンピューターの「富岳」が世界一になったのを受けて、「文部科学省も理化学研究所も、前向きな改革に取り組んで来られた努力に敬意を表する」と蓮舫議員のコメントを報じた共同通信の記事に対して、「んー、そこ聞くか」と疑問を呈した。 蓮舫議員は旧民主党時代に「事業仕分け」で、スーパーコンピューターの開発に関して、「2位じゃ駄目なんでしょうか」と問いかけ話題に。 共同通信の記事はこれを踏まえてのものだと思われるが、丸山議員はツイッターで、「蓮舫議員は国籍がクラウド疑惑の方の説明をして欲しいですね。 マルチリージョンなのか、議員なってから国内サーバーに変更したのか、ずっと国内鯖なのかの説明こそ必要で。 この2位じゃダメなんですか? の件からのはもう政権にもいない蓮舫議員の意見はどうでもよいですね」と持論を述べた。 』とかいっているし」と皮肉っていた。 クラウドに保存されるデーターも、どこかしらのサーバーに保存されているわけで、国会議員のIT関係の知識や情報の弱さに苦言を呈していた。 今回の丸山議員の発言は、IT関係の発言とともに、蓮舫議員の二重国籍問題を盛り込んだ皮肉の効いたものだった。 これを受け、ネット上では「『国籍がクラウド』はなかなかうまい表現」「これは個人的には流行語大賞入りかも」「イジり方がさすがお上手」といった肯定的な声が聞かれた。 時に舌禍発言が物議を醸し出すこともあるが、丸山議員の「モノを言う」批判精神が、ネットユーザーたちから一定の評価を得ているのは確かなようだ。

次の