神奈川 県 横浜 市 青葉 区 荏田 西 2 3 2。 神奈川県横浜市青葉区のホームセンター一覧

【ホームズ】セゾンコリーヌ荏田2の建物情報|神奈川県横浜市青葉区荏田北3丁目16

神奈川 県 横浜 市 青葉 区 荏田 西 2 3 2

年表 [ ]• (41年) - 田園都市線 - 間延伸時に開業。 (昭和46年)4月1日 - 上り待避線使用開始。 (昭和56年)4月1日 - 改良工事が完成、下り待避線使用開始。 (20年)2月 - 既設3. 2両分の改修と6. 8両分のホーム上家新設(全車両10両分が膜構造となった)。 (平成30年) - 2・4番線での使用を開始。 駅構造 [ ] 2面4線を有するである。 1・3番線にはが設けられ・通過専用線となっており、は2・4番線に入線する。 平日朝は当駅で各駅停車が急行・準急を待避する。 日中は電車が待避することがある。 柵が設けられるまでは、通過待ちのない各駅停車は内側の2・3番線に停車し、通過待ちの各駅停車は外側の1・4番線に停車、急行・快速は内側の2・3番線を通過していた。 下り通過線を2番線から1番線に変更する際、下りホームを側に延長し線路配線を変更した。 これにより通過電車の進入速度低下を抑えた。 ホーム延長により側には未使用部が存在する。 上下ホームと改札階を連絡するが設置されている。 上下ホーム双方にがある。 は1階内にあり、トイレも設置されている。 このほか東口の改札外に横浜市管理のがある。 施設の老朽化により2014年頃から改修工事を行っていたが、長津田寄りの階段を改良し上下エスカレーターを各ホームに設置することになり、2017年6月~2020年3月の期間に設置工事を行う。 まずは改札内にあるトイレを渋谷方階段近くの壁に移設し、空いたスペースと駅事務室の改良で生まれるスペースを活用しエスカレーターを設置する予定となっている。 は従来上下とも車両3. 2両分しかなかったが、2007年から2008年にかけての工事で車両6. 8両分のホーム上屋の新設を行った。 この時、全車両10両分のホーム上屋がとなった。 なお、田園都市線でホーム上屋が膜屋根なのは、当駅の他にとのみである。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1 田園都市線 下り (通過列車のみのため閉鎖) 2 田園都市線 下り ・方面 3 田園都市線 上り (通過列車のみのため閉鎖) 4 田園都市線 上り ・・・方面• 1日あたり乗車人員の推移• 2018年度の1日平均は 38,024人である。 が開通する以前のへのアクセスは江田から( - 江田駅)に乗車するのが一般的だった。 そのため地下鉄が開通したに利用者数が減少した。 地下鉄の開通後も港北ニュータウン荏田南地区の場合、当駅にで行く人が多い。 また、駅の東口付近に広いがあるためで駅に通う者もいる。 近年の1日平均 乗降・乗車人員推移は下記の通り。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1980年(昭和55年) 5,252 1981年(昭和56年) 5,926 1982年(昭和57年) 6,584 1983年(昭和58年) 7,552 1984年(昭和59年) 8,704 1985年(昭和60年) 9,940 1986年(昭和61年) 11,145 1987年(昭和62年) 11,967 1988年(昭和63年) 13,249 1989年(平成元年) 14,416 1990年(平成 02年) 15,192 1991年(平成 03年) 16,454 1992年(平成 04年) 17,009 1993年(平成 05年) 14,388 1994年(平成 06年) 13,616 1995年(平成 07年) 13,430 1996年(平成 08年) 13,040 1997年(平成 09年) 13,408 1998年(平成10年) 14,505 1999年(平成11年) 14,817 2000年(平成12年) 15,089 2001年(平成13年) 15,651 2002年(平成14年) 32,996 16,320 2003年(平成15年) 34,172 16,935 2004年(平成16年) 34,594 17,495 2005年(平成17年) 36,355 18,304 2006年(平成18年) 37,582 18,906 2007年(平成19年) 38,001 19,155 2008年(平成20年) 35,827 18,169 2009年(平成21年) 35,305 17,753 2010年(平成22年) 35,248 17,723 2011年(平成23年) 35,376 17,778 2012年(平成24年) 35,542 17,865 2013年(平成25年) 36,525 18,351 2014年(平成26年) 36,699 18,412 2015年(平成27年) 37,556 18,849 2016年(平成28年) 37,922 19,044 2017年(平成29年) 38,331 2018年(平成30年) 38,024 駅周辺 [ ]• 江田店• ハーモス荏田()• 技術研究所• 荏田店• 江田店• 横浜江田店• 江田駅北口• 江田記念病院• 横浜新都市脳神経外科病院• 赤田谷戸・赤田隧道 [ ] 1980年代まであざみ野駅 - 江田駅の間にはが広がる未開発地区が残っていた。 では「」と呼ばれる地区である。 この地区は「赤田」と呼ばれ荏田町に含まれていた。 沿線の他の地区が軒並み開発されて住宅地化されていく中、ここだけは多摩田園都市の開発以前の光景がそのまま残っていた。 のも生息していたという。 赤田地区の存続運動も行われたが、1980年代後半に東急により谷戸の開発・埋立てが進み、跡形もなくなった。 この開発に伴いホームのあざみ野寄りに存在し東急最短のであった赤田隧道は崩され、代わりにが架けられた。 なお、赤田谷戸から流れて出ていた赤田川は暗渠となり、布川へ流入している。 付近の史跡 [ ]• 赤田古墳群 - 赤田谷戸を中心に点在する。 隣接するの、のと併せてにあった古代首長一族の関連が指摘されている。 - 古代(足柄路)に置かれた都筑郡跡。 - 古、大山街道を見下ろす中世から戦国にかけての要砦。 バス路線 [ ] と()の路線が発着する。 乗り場は、東口と西口に分かれている。 駅東口から1キロメートル程の所に、東名高速道路 が設置されている。 駅名の由来 [ ] にされた際の仮称駅名は「(えだ)」であった。 これは駅設置予定地の地名である荏田町から採ったものだが、9月の会で「江田」に正式決定した。 「荏田」の由来、ならびに「荏」が「江」に変わった理由は次項参照。 表記 [ ] 駅名は「江田」と表記するが、周辺の町名は「荏田」と表記する。 これは年間にこの土地にというがいて、これが後に「荏田」に変化したといわれている。 駅名を付けるにあたり、当時の(現在の)表にない「荏」の字を避けて「江田」とした。 なお、「荏田」の地名は、隣のにも存在する。 これは当駅が所在する青葉区と都筑区が元々との一部から分区したことによる。 元来の荏田町はの町であり、荏田村がに合併して大字荏田となり、に横浜市への編入で港北区荏田町となったが、緑区を分区した際に緑区に編入された。 しかし後年港北ニュータウンの整備に伴い該当地域の一部が再度港北区に編入されたため、2区に跨ることとなり、結局を中心とする青葉区と港北ニュータウンを中心とする都筑区に再編された際も、荏田はそのまま2区に跨って存在することとなった。 - 25ページ• 平成12年 - 222ページ• - 222ページ• - 222ページ• - 222ページ• - 224ページ• - 224ページ• - 226ページ• - 230ページ• - 240ページ• - 238ページ• - 238ページ• - 234ページ• - 236ページ• - 238ページ• - 238ページ• - 246ページ• - 238ページ 参考文献 [ ]• 宮田道一『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (各駅情報) - 東急電鉄.

次の

神奈川県横浜市青葉区のホームセンター一覧

神奈川 県 横浜 市 青葉 区 荏田 西 2 3 2

コンフォートガーデンあざみ野の特徴は、「生涯ずっと住み続けられる住まいであること」、そして「介護が必要なった場合でも尊厳を保ちながら自然なケアサービスを受けられること」という大きな"安心"があることです。 ・具体的には、「カレア コンフォートエイジングエリア 」という空間をご利用いただきながら、出来るだけ一般居室でご生活できるようサポートさせていただいたり、また集中的なケアが必要となり、生活の拠点が介護居室に移ったとしても、追加費用なしで、一般居室、介護居室ともにご利用頂くことができます。 横浜市の調査によると2017年5月1日現在で青葉区内に立地する公共および民間の老人ホームをはじめとする高齢者福祉保健施設は以下の計85施設があります。 ・特別養護老人ホーム(従来型):4施設 ・特別養護老人ホーム(ユニット型):8施設 ・養護老人ホーム:0施設 ・軽費老人ホーム:1施設 ・ケアハウス:0施設 ・ショートステイセンター:2施設 ・介護老人保健施設(従来型):4施設 ・介護老人保健施設(ユニット型):2施設 ・介護療養型医療施設:0施設 ・認知症高齢者グループホーム:19施設 ・介護付有料老人ホームなど(特定施設入居者生活介護):31施設 ・住宅型有料老人ホーム:8施設 ・小規模多機能型居宅介護:4施設 ・複合型サービス施設:2施設 主要な駅別では、最寄り駅が青葉台駅の施設が約20箇所、藤が丘駅と市が尾駅が約15箇所、あざみ野駅が約10箇所です。 都筑区内には、2017年に5月現在で養護老人ホーム、ケアハウス、介護療養型医療施設が存在していません。 その他の高齢者福祉施設は大手企業から地元に密着した企業が運営する施設や、また大規模から小規模な施設まで多種多様な施設があります。 多くの施設が主に商業エリアや駅へのアクセスが比較的容易な閑静な場所に立地しています。 多種多様な老人ホームが立地する神奈川県横浜市青葉区は、横浜市の最北部に位置し、区の東部は川崎市、西部は町田市、北部は川崎市、南部は横浜市緑区、都筑区に接しているエリアです。 区の南部には北東から南西にかけて東急電鉄田園都市線が走行し区内には北からたまプラーザ駅、あざみ野駅、江田駅、市が尾駅、藤が丘駅、青葉台駅、田奈駅と7駅も立地してます。 あざみ野駅には横浜市営地下鉄ブルーラインのターミナル駅あざみ野駅が隣接しています。 また、区の西部には、南北に東急電鉄こどもの国線が走り、ターミナル駅のこども国駅と恩田駅があります。 東京都心へのアクセスは田園都市線の東京に近いたまプラーザ駅からだと東京の渋谷駅まで約20分強、最も遠い田奈駅からでも約40分の距離です。 横浜方面へはあざみ野駅から横浜駅まで約30分と、東京都心、横浜中心部の両方へのアクセスがともに便利な区です。 道路は、田園都市線にほぼ沿うように東名高速道路が走行し区内に横浜青葉インターチェンジがあります。 東名高速道の北側には国道246号線(厚木街道)がほぼ並行して走行しています。 区の人口は横浜市の18区ある中で港北区に次いで2番目に多く、2017年4月1日現在で約31万人です。 区役所や警察署などの行政の中心は市が尾駅周辺で、青葉区の商業エリアは主に青葉台駅やあざみ野駅、たまプラーザ駅を中心に大型商業施設から小規模な店舗まで多彩に広がっています。 青葉区は「丘の横浜」と呼ばれ商業地の周りの丘陵地に閑静で緑豊かな自然の風景と美しい街並みが広がる街です。 区内の公園の数は大小含めて2014年度のデータで230箇所あり横浜市18区の中で一番多い数です。 このような環境のためか、区の男性の平均寿命は2014年のデータ81. 9歳、横浜市の区で2位(全国で8位)、女性の平均寿命は88. 0歳、同1位(同20位)です。 2017年6月1日現在の区の人口は横浜市18区の中では港北に次いで2番目に多い約31万人です。 2017年1月1日現在の65歳以上の高齢者は約6. 4万人(構成比20. 5%)、75歳以上は2. 9万人(同9. 5%)です。 青葉区では、自治体が行なう一般的な高齢者対策である「介護予防・自立支援サービス」「自宅での生活サポート」「高齢者の住まい支援サービス」などのほかに、青葉区として以下の高齢者対策に力を注いでいます。 ・地域包括ケアシステム「あおばモデル」の実施 青葉区は区の高齢者対策として、地域包括ケアシステム「あおばモデル」の仕組みづくりを2017年末までに基本的な枠組み整備と構築するために進めています。 「あおばモデル」は、団塊世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に向けて高齢者の療養生活や看取りが病院や介護施設ではなく自宅中心になっていくときの生じる「病院完結型医療」から「地域完結型医療」へ進むための問題点を解消するための仕組みづくりです。 区内の医療・介護の各団体の代表者や行政担当者によって構成される「横浜市青葉区医療・介護連携の地域包括ケアシステム推進部会」が組織化されています。 そして、典型的な首都圏近郊ベッドタウンの青葉区の実情に沿った地域包括ケアシステムのモデル構築が進められ高齢者が安心して住める街を目指しています。 ・介護者サポート「ほっと青葉」「介護者のつどい」の運営と実施 高齢者対策は、高齢者を介護して支援する介護者へのサポートも重要です。 「ほっと青葉」は、青葉区の介護者・介護経験者・介護に関心のある方が一緒になって、よりよい介護について考えていくボランテイア団体で、介護に追われる毎日のなかで、介護者が「ほっとしてもらえ、心もあったまる」場が提供できたら目的で運営されています。 介護について地域の問題として話し合い、取り組んでいくために区役所保健師・区社協・介護者有志の人で運営・実施されています。 介護に関心がある、主旨に賛同できれば誰でも参加できます。 「介護者のつどい」は、介護者が日常の行なっている介護で困っていることを、同様な悩みを持つ人同士で交流して1人で悩むことなく解決できる場を提供しています。

次の

【ホームズ】エル・クラウディア青葉の建物情報|神奈川県横浜市青葉区荏田西2丁目1

神奈川 県 横浜 市 青葉 区 荏田 西 2 3 2

青葉区の神社|横浜市青葉区の地区別神社一覧 青葉区の神社• (旧村社) 横浜市青葉区新石川1-24-9• (-) 横浜市青葉区新石川2-11-7• (-) 横浜市青葉区あざみ野1-30-4• (-) 横浜市青葉区美しが丘4-48-1• (-) 横浜市青葉区元石川町3769• (-) 横浜市青葉区元石川町3776• (-) 横浜市青葉区美しが丘西2-7-3• (-) 横浜市青葉区荏子田1-11-6• (-) 横浜市青葉区柿の木台28-2• (-) 横浜市青葉区鴨志田町296• (-) 横浜市青葉区寺家町880• (-) 横浜市青葉区鉄町1553• (-) 横浜市青葉区しらとり台61-12• (-) 横浜市青葉区恩田町3321• (旧村社) 横浜市青葉区市ヶ尾町641• (-) 横浜市青葉区市ヶ尾町1725• (旧村社) 横浜市青葉区千草台17-2• (旧村社) 横浜市青葉区みたけ台26-1• (-) 横浜市青葉区あかね台1-1-6• (-) 横浜市青葉区奈良町833• (-) 横浜市青葉区大場町921• (旧村社) 横浜市青葉区荏田町822• (非法人) 横浜市青葉区荏田町914• (成合村鎮守) 横浜市青葉区たちばな台2-22-1• (-) 横浜市青葉区すすき野1-7-2• (非法人) 横浜市青葉区恩田町1813  •

次の