筋 トレ 尿酸 値。 健康診断の前日に激しい運動はダメ?尿酸値や尿蛋白が上がる?

認知症予防には「脳トレ」より「筋トレ」!:久野教授の「カラダの強化書」:日経Gooday(グッデイ)

筋 トレ 尿酸 値

Contents• 女性の痛風はなぜおきる? 痛風とは、体内にある尿酸の排出と分泌のバランスが悪くなって尿酸の値が高くなり、関節の中で尿酸が固まっておきる関節炎です。 病名にある字の通り、風が吹くだけでも痛いことから 「痛風」 という病名がついたと言われています。 女性の痛風は食事や更年期、運動不足など、年齢にも関わりがあるようです。 自分は大丈夫かしら?と心配になった方はいませんか? 痛風の治療には、薬物療法と食事療法があります。 今回は、女性の痛風と食事療法について見ていきたいと思います。 女性なら、痛風になる前に食事療法も無理なくできるかもしれませんよ。 スポンサードリンク 女性の痛風の特徴は? まず、食事療法をみる前に女性の痛風について詳しく知りましょう。 女性が痛風になる年齢は、 更年期をむかえた頃からが多いそうです。 女性ホルモンは、尿酸の排出をよくする働きがありますが、更年期になると女性ホルモンのバランスが悪くなり、尿酸の量が増えてきます。 このことから、更年期をむえかえる年齢から女性にも痛風がみられると言われているようです。 また、女性が痛風になる大きな原因として、• 近年の食事による肥満• アルコールの飲みすぎ など、男性にも負けないくらいの理由もあるようですね。 痛風の原因にも!尿酸値を上げてしまう食べ物や食事とは? 痛風は尿酸値が上がってしまうことが原因で発症する病気です。 まず痛風の原因である尿酸値を上げてしまう食べ物をあげてみます。 これらの食べ物を避けることで、痛風の予防につながります。 尿酸値が高くなる原因は プリン体です。 このプリン体は、水に溶けやすい物質ということを頭に入れておきましょう。 尿酸値を上げるプリン体を多く含む食べ物• ・ラーメンのスープ、• ・うどんのだし汁• ・冬に人気の鍋の煮汁や鍋の残り汁で作る雑炊 豚骨や鶏がら、鰹節や煮干しなどを煮込んで作るスープやだし汁には、プリン体が多く溶けだしています。 ラーメンやうどんを食べるときは、スープやだし汁を飲み干さないように気をつけてください。 鍋に入れる食材のなかにプリン体を含むものがあると、その食材からプリン体が鍋の煮汁に溶けだします。 あまり神経質にならない程度にプリン体の多いものは避けるようにしましょう。 痛風の治療には食事療法! それでは、痛風に効果的な食事療法についてご紹介します。 肉や魚の内臓類に多く含まれるプリン体は、体内で尿酸に代謝され、通常は尿中に排泄されます。 しかし、体内の尿酸が増えると、血液中に蓄積されてしまうのです。 そのため、プリン体を多く含む食品を控えることの他に、 尿をアルカリ性にする効果のある食べ物を摂取することが重要です。 尿酸を溶けやすくするには、尿をアルカリ性にする効果がある食べ物を摂るといいようです。 それでは、尿をアルカリ性にする食べ物を紹介します。 ・卵に調味料を混ぜて溶き、にんじんに火が通ったら溶き卵を加え、手早く混ぜながら炒めます。 味噌汁 味噌汁は、痛風の予防としてとても有効な食事です。 味噌汁のだしは、鰹節や煮干し、干し椎茸でとらずに昆布でだしをとりましょう。 まとめ いかがでしょうか? 今回は、女性の痛風について特徴と、予防や治療に最適な食事をご紹介しました。 食事療法と言われると、つい構えてしまいますよね? でも、プリン体が多い食材を避け、アルコールを控えめにするなどを注意していれば問題ありません。 あれはダメ!これはダメ!とあまり神経質に考えすぎないように食事療法をしていきましょう。 食事療法と一緒に適度な運動をするようになると肥満も解消されて更に効果バツグンです! 最後までありがとうございました。 スポンサードリンク.

次の

NHK『ガッテン!』が注目、週2回でも血糖値が下がる「ピンク筋」スクワットとは

筋 トレ 尿酸 値

先日の健康診断で、尿酸値が「10. 1」と基準値7. 0を大幅に超えた数値が出てしまいました。 その他は肝機能のCOTが47で基準値40よりちょっと高かった意外は全て正常です。 ちなみに昨年は全て正常値でした(尿酸はデータが無いのですが)。 体系は普通、BMIは21. 8(平均値)、体脂肪も普通、血圧も低め、資質も高くありません。 むしろ低め(少なめ)です。 そこで、質問なのですが、水泳4kmと10~15km程度のマラソンを合わせて週に2~3日実施しています。 運動後は水分をできるだけ採るようにしてますが、このようなややキツイ運動が原因で「尿酸値だけ」が大幅に上昇することはあるのでしょうか? マラソンは最近はじめたので、筋肉痛がやや慢性的にあります。 また、その場合は、運動後の一時的なもので、水分を取っていれば痛風などの予防はできるのでしょうか? ちなみに、以下の記事は読みましたが、これはあまりにもレベルが高い話と感じました。 できればトレーニングは続けて、体を鍛えたいので、効果的なサプリ(クエン酸が良い?)や、食品、トレーニング前後の摂取するとよい飲食物等のアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。 なぜ尿酸値があがるのかリンク先に~が載っていますが、痛風に関する本を読むとたいてい同じことが載っています。 健康体のスポーツ選手にも痛風の人が多いんだそうです。 しかし、けっしてレベルが高い話ということではなくて、ゴルフとかバーベキューで一日汗をかいた人が次の日発作に襲われたなんていう話もよくあるそうで、~は誰にでも当てはまるものだと自分は考えています。 無酸素運動はどんなに頭で楽しいと感じていても体にはストレスです。 日々の生活のストレスも尿酸値に悪いと言われますが、無酸素運動も同様です。 質問者様は遺伝や体質的に尿酸値が高いわけではないようですので、一度無酸素運動は控えて尿酸値を下げる生活に集中した方が良いと個人的には感じます。 一度下げた状態を保ってから、激しい運動をしていく方が良いのではないでしょうか。 クエン酸はたしかに尿をアルカリ性にするので良いと私も聞きましたが試していません。 無酸素運動をしてしまった後にカバーできるサプリ・食品については、~の理由からもわかるとおり、プリン体の多い食品を取ってしまった後にカバーできるサプリ・食品はないかと聞いているのと一緒です。 それがあれば通風で苦しんでいる人はこんなにもいないわけで…辛いところですよね。 今のままでは、いつ痛風発作が来てもおかしくない状態ですし、水をたくさん飲めば無酸素運動後も取り返せるとは考えずとにかく下げることを優先された方が良いかと思います。 一度でも痛風発作を起こしたことがある人と、尿酸値は高くても一度も起こしたことがない人では、その後の治療・生活すべてが違ってきます。 Q 尿酸値が高めの36歳男です。 尿酸値6、5位あります。 原因はビールとラーメンなどの食べ物にあると思います。 この度、筋トレをジムではじめました。 ジムでは合計30分位で鍛えて、パッと帰ります。 ランニングは週2、一回30分だけです。 筋肉を付け基礎代謝をあげ、体脂肪を落としたいのですが、筋トレは尿酸値があがるとも聞きましたが、これは筋トレのせいで一時的に上がるということでしょうか、恒常的に尿酸値が上がってしまうということでしょうか。 心配です、これ以上あがれば、痛風のキケンもあります。 ビールは毎日2本、禁酒日は週2回です。 筋トレは止めたほうがいいのでしょうか。 このメニューでは強度はさほど強いとは思いませんが、いかがでしょうか。 A ベストアンサー 筋トレで上昇しますので筋トレを止めればそのうち元に戻ります。 筋トレで尿酸値が上がるということを知っておくことは大切なことです。 尿酸値が食べ物だけで左右されるものではないということが分かるからです。 むしろ食べ物以外の原因に左右されることの方が多いのです。 その良い例が筋トレです。 筋トレは無酸素運動で瞬発力のための筋肉を鍛えるわけですが、一方では大変なダメージも筋肉に与えます。 筋肉の組織が壊れて盛んに細胞の置き換えがすすみますが、その時に細胞の核の成分であるプリン体が血中に出てきます。 激しい運動やスポーツが原因で一気に尿酸が増えるということは、長時間労働、重労働などハードな仕事が続くことも重力に逆らうことが長くなり細胞の置き換えが進みますので尿酸は一気に増えるこはありませんが徐々に増えていきます。 単にビールやラーメンが原因ではありません。 尿酸値の上昇は体にかかるストレスが強いことが原因になるのです。 しかし尿酸値が高くなったからといって痛風になるわけではありません。 増えてもきちんと尿から排泄されていればなんの問題もないからです。 強いストレスのために血流が悪くなり体が冷えてくると尿からの排泄も滞って尿酸が次第に結晶化してきます。 それが血流の悪い冷えた関節に溜まり痛風の原因となります。 筋トレは一過性に尿酸値を上げますが仕方ないことです。 やり過ぎないことと、後の軽い有酸素運動や入浴でしっかりケアをして体を温めすばやく血流を回復しておけばそれほど問題にはならないでしょう。 むしろ気をつけなければならないのは慢性的な休養、休息不足、睡眠不足、長時間労働などの働き過ぎによる体を傷めるストレスの方です。 ストレスによる排泄抑制、血流障害、低体温が痛風の原因です。 筋トレで上昇しますので筋トレを止めればそのうち元に戻ります。 筋トレで尿酸値が上がるということを知っておくことは大切なことです。 尿酸値が食べ物だけで左右されるものではないということが分かるからです。 むしろ食べ物以外の原因に左右されることの方が多いのです。 その良い例が筋トレです。 筋トレは無酸素運動で瞬発力のための筋肉を鍛えるわけですが、一方では大変なダメージも筋肉に与えます。 筋肉の組織が壊れて盛んに細胞の置き換えがすすみますが、その時に細胞の核の成分であるプリン体が血中に出... Q 30代後半男性です。 血液検査で他の値は規定内(A判定)ですが、尿酸値が7以上あり、 昨年末に検査したところ、8.2という結果がでました。 医師からはいつ痛風の発作が起きてもおかしくないと言われ、尿酸値を下げる薬を 処方してもらい、現在も服用しています。 幸いにも発作は起きていないのですが、発作だけは絶対に起きてほしくないので 医師から処方された薬の他に、ビタミンC、葉酸、タルトチェリーなどのサプリメントも 服用しています。 ビールもやめました。 ひじきなど尿をアルカリ性にする食品も食べています。 他の値は正常値で、メタボや高血圧でもないのに、尿酸値だけが高い。 医師からは体質 じゃないかと言われましたが、釈然としません。 いろいろと対策を練っていますが、痛風の発作は避けられないのでしょうか? ちなみに、運動が好きでマラソンやジム通いもしています。 ストレスも影響するらしいですが、ストレスを溜めやすい性格だと思います。 アドバイスなどいただけたら嬉しいです。 A ベストアンサー 痛風の方が水分を摂るようにすすめられる理由は、二つあります。 一つは、尿量を増やして、それと共に排泄される尿酸を増やそうとするものです。 ですから、水でもお茶でも、体内に取り込む水分が増えて、尿量を増やすものであればよいのです。 しかし、アルコールは尿酸の生成そのものを増やしますし、水分補給を伴わない尿量増加は血液の濃縮につながります。 すなわち、高尿酸結晶の悪化になります。 ですから、アルコールを飲んで尿量を増やすというのはいけません。 あと、ジュースも余り良くありません。 高尿酸結晶の方は良く糖尿病などの耐糖能異常を持っておられますので、ジュースなどの高カロリーの飲料は控えるべきです。 もう一つの目的は、結石の予防です。 高尿酸血症の方は、大抵、尿中への尿酸排泄も高まります。 特に薬物で尿酸値を下げようとすると、どうしても尿中への排泄が増えます。 このとき、尿量が少ないと、尿中で尿酸が飽和してしまい、尿酸結晶を作ります。 これが尿酸結石です。 高尿酸血症の人は、尿量が少ないと、結石になるのです。 結石は痛風発作よりも痛いものです。 ですから、尿酸結石を予防するために「たくさん尿を出す」ことが必要になるのです。 また、水分補給は、血中尿酸値が過剰に上がることを防ぐことにもつながりますので、痛風発作の予防にもなります。 特に夏場のスポーツ時には、充分な水分補給をしながらでないと、かなりの確率で痛風発作を来します。 痛風の方が水分を摂るようにすすめられる理由は、二つあります。 一つは、尿量を増やして、それと共に排泄される尿酸を増やそうとするものです。 ですから、水でもお茶でも、体内に取り込む水分が増えて、尿量を増やすものであればよいのです。 しかし、アルコールは尿酸の生成そのものを増やしますし、水分補給を伴わない尿量増加は血液の濃縮につながります。 すなわち、高尿酸結晶の悪化になります。 ですから、アルコールを飲んで尿量を増やすというのはいけません。 あと、ジュースも余り良くありません... A ベストアンサー 食事の偏り、過食やアルコールの過飲など肥満があっても痛風にならない人もいますし、通風の人が食事制限をしてもなかなか良くなりません。 問題は必要な体温があるかどうかです。 あなたの体温を計って見て下さい。 低体温による循環障害が痛風を発症させます。 これぐらいの体温ですと、多量の尿酸があっても体液に溶けて結晶化することはありません。 腎臓から尿中に溶け出て排出されます。 低体温になる原因の一つは肥満や運動不足。 人間は筋肉を使って発熱を起こすからです。 筋肉からの発熱低下が原因です。 もう一つは大変問題なのにあまり頓着されません。 過重労働、要するに無理な働き過ぎがストレスとなって交感神経を過度に緊張させ、血管が収縮、抹消血管の血行障害を起こし低体温を誘導してしまうのです。 どちらにしても体を温めることですよ。 あとは、体が冷えるまで働かないようするか、肥満や運動不足の人はそこから脱却の方法を取ればいいわけです。 クスリはあくまで対症療法、原因の治療ではありません。 むしろ尿酸産生阻害剤の使い過ぎは体に必要な尿酸代謝を抑制してしまいますので他の病気を発症させる可能性もあります。 食事の偏り、過食やアルコールの過飲など肥満があっても痛風にならない人もいますし、通風の人が食事制限をしてもなかなか良くなりません。 問題は必要な体温があるかどうかです。 あなたの体温を計って見て下さい。 低体温による循環障害が痛風を発症させます。 これぐらいの体温ですと、多量の尿酸があっても体...

次の

血糖値がみるみる下がる!謎のポーズで体質改善SP

筋 トレ 尿酸 値

検査情報システム クレアチニン クレアチニン ,クレアチニン 臨床的意義 クレアチニンは血中非蛋白性窒素化合物の1つであり、尿素や尿酸のように腎を介して尿中に排泄される。 よって、その血清濃度は腎機能の指標に用いられる。 血清クレアチニン値に最も影響を与える因子は腎の排泄能であり、糸球体濾過値の低下により著名に上昇する。 クレアチニンは糸球体で濾過され、一般的に尿細管で再吸収や分泌をあまり受けずに尿中へ排泄される。 クレアチニンの産生量は筋組織量に比例するため、尿中クレアチニン排泄量は筋萎縮のように筋肉量が減少している疾患では減少する。 また、肉食摂取過多などの場合は増加する。 一般的には尿量の影響を受けず、体重kg当たりほぼ一定であることから、随時尿中の物質濃度に補正に用いられる。 ・成人では女子より男子が高い。 65~1. 46~0. 999 y=1. 009x+0. 995 y=0. 953x+0. 015 (x:従来法) ・時間外検査 測定法はルーチンと同様(H7180.

次の