エクセル 値 抽出。 エクセルの重複チェックでデータを抽出・削除して仕…|Udemy メディア

エクセルで特定の行を抽出させる方法について。

エクセル 値 抽出

エクセルで上位の名前と数値を抽出する方法 それでは、実際のデータを用いてエクセルでランキング上位の名前と数値を取り出す方法について解説していきます。 このとき、後にVLOOKUP関数を使用することを想定して、左の位置に順位の列を作るようにするといいです。 まずは、上の表のアイスのおいしさの評価点に順位を付けていきます。 このときエクセル関数であるRANK関数を使用していきます。 具体的には、セルに=RANK(数値,数値全体の範囲(絶対参照))と選んでいきます。 このとき、数値全体の範囲は絶対参照としないとオートフィル時に計算がおかしくなるため、絶対参照(F4キー)としましょう。 ENTERで計算を確定させ、ランキングをつけます。 順位づけができたセルを元にオートフィル機能(セルの右下にカーソルを合わせる際に出てくる十字をダブルクリック)によって、一括して順位づけを行っていきましょう。 続いて、上位の順位に応じた名前を抽出していきます。 このとき、エクセル関数のVLOOKUP関数を使用します。 セルに=VLOOKUP 指定順位のセル,データ範囲全般(絶対参照),2,FALSE)と入力します。 3項目の2は範囲の中の2列目のデータ 今回は名前)を出力させることを意味しています。 なお、最後のFALSEとは完全一致の場合のみ、出力を行うことを意味しており、今回の条件と合致します。 計算を確定させます。 こちらも同様にオートフィル機能で一括で上位の順位に応じた名前を表示させましょう。 さらに、トップ3の数値も表示させていきます。 同様にVLOOKUP関数を使用すると良く、セルに=VLOOKUP 指定順位のセル,データ範囲全般(絶対参照),3,FALSE)と入力します。 3項目の3は範囲の中の3列目のデータ 今回は数値)を出力させることを意味しています。 上位の数値の抽出を確定させます。 さらに、こちらもオートフィル機能を活用してトップ3の数値を表示させます。 なお、順位のトップ5やトップ10などであっても対処方法は同じです。 このようにして、ランキング上位の名前と数値を取り出すことができるのです。 関数をいくつか組み合わせて複雑であるため、一つ一つ理解していきましょう。 まとめ ここでは、エクセルでランキング上位の名前と数値を表示させる方法について解説しました。 順位トップ3の名前と数値を表示させるためには、RANK関数での順位づけ、VLOOK関数での対応データの抽出という流れで対応します。 詳細は上述の数式を確認しましょう。 なお、トップ3でなくても、上位5位や上位10位といった数値や名前の抽出も同様の手順でできるため、活用していきましょう。 あるデータ中の差を考えた際の「差の最大値」を求めるにはどのように計算すればいいのか理解していますか。 ここでは、エクセルにて差の最大値(最大値と最小値の差)を計算する方法について解説していきます。

次の

条件を満たす数値を抽出するには

エクセル 値 抽出

「Excelの便利機能活用術」 INDEX関数とMATCH関数で表からデータを検索して抽出する ITライター 立山秀利 ExcelでINDEX関数を使うと、表から行と列を指定してデータを抽出できる。 さらにMATCH関数を組み合わせると、目的のデータを検索して抽出できるようにできる。 今回は両関数の基本的な使い方を解説する。 行と列を指定してデータを抽出するINDEX関数 INDEX関数は指定した表から、指定した行および列が交差する位置するデータを取得する関数である。 この表の2行目かつ3列目のデータ(C4)をA1セルに抽出するには、A1セルにINDEX関数を次のように入力すればよい。 行番号は3行目を1行目とするので、4行目は2となる。 列番号はA列を1で指定するので、C列は3となる。 すると、表の2行目、3列目に位置する「京都」が抽出される。 (画像をクリックすると拡大表示します) 指定した値を検索するMATCH関数 MATCH関数は指定したセル範囲から、指定した値が先頭から何番目にあるかを検索し、数値を返す関数である。 最大値を検索するなら1、最小値を検索するなら-1を指定する。 省略すると1を指定したとみなされる。 例えば、次の画面のように、A3~A5セルに都道府県名が入力されているとする。 このセル範囲で「千葉」が何番目に位置するかをA1セルに求めるには、A1セルにMATCH関数を次のように入力すればよい。 完全一致で検索するので、引数「照合の種類」には0を指定する。 (画像をクリックすると拡大表示します) INDEX関数とMATCH関数の組み合わせでデータを検索・抽出 INDEX関数とMATCH関数を組み合わせると、データを検索して抽出できる。 まずはMATCH関数を用いて、目的のデータが表の行または列の何番目に位置するのか、検索して数値として取得する。 その数値をINDEX関数の行または列に指定すれば、目的のデータを検索して抽出できる。 例えば、次の画面のように、売上のデータ表がA1~E10セルに、商品の元データの表がG1~I6セルにあるとする。 売上のデータ表のB列に入力した商品コードから、該当する商品名を元データの表から検索し、C列に抽出したいとする。 D列の単価も同様に、B列の商品コードから検索・抽出したいとする。 B~C列のセルにはどのような数式を入力すればよいか、商品名の最初のセルであるC3セルを例に見ていく。 まずはMATCH関数を使い、B3セルの商品コードが商品の元データの表のI列で何行目にあるか検索する。 引数「検査範囲」には見出し行を除いたI3~I6を指定する。 B3セルの「B001」はI3~I6セルの3番目に位置するので、MATCH関数は3を返す。 その数値をINDEX関数の行に指定し、抽出したいデータが格納されている列を指定することで、目的のデータを抽出できる。 INDEX関数の引数「配列」には、商品の元データの表で見出し行を除いたG3~I6セルを指定する。 引数「行」には、先ほどのMATCH関数の数式をそのまま指定する。 商品名は商品の元データの表の1列目にあるので、引数「列」には1を指定する。 以下、同様の仕組みでC4~C10セルに商品名、D3~D10セルに単価を検索・抽出する数式を入力すればよい。 (画像をクリックすると拡大表示します) 表からデータを検索して抽出したい場合、VLOOKUP関数を利用することが多いが、検索対象のデータが表の1列目になければ対応できない。 しかし、今回紹介したINDEX関数とMATCH関数を組み合わせた方法なら、検索対象のデータが表の1列目になくても対応できる。 このように、INDEX関数を使えば、行と列を指定して表からデータを抽出でき、MATCH関数を使えば、表内の位置検索が可能になる。 そして、これら両関数を組み合わせれば、目的のデータを検索して抽出できるようになるのである。 その他の【Excel】を見る•

次の

ExcelのVLOOKUP関数の使い方|指定の列と同じ行にある値を返す|Office Hack

エクセル 値 抽出

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技• 関数で複数データを取り出す• VLOOKUP関数で検索条件と一致したデータを取り出すことができますが、一致するデータが複数あるときには先頭だけしか取り出せません。 などの機能を使えばよいのですが操作が分からない人も使うので、関数で取り出したいというケースがあります。 そのようなケースではどのようにしたら良いか・・・ということについて書いてみます。 スポンサードリンク 作業列を使って複数データを取り出す サンプルデータ• ある条件と合致するデータを 複数 取り出したい・・・という時の考え方の例です。 下表のようなデータで、ある日付のデータをすべて抽出する方法を考えてみます。 コピーして練習に使えるように表を追記しておきます。 日付 商品 販売数 5月1日 みかん 100 5月2日 りんご 120 5月3日 バナナ 110 5月4日 桃 50 5月1日 バナナ 140 5月2日 桃 110 5月3日 みかん 105 5月4日 りんご 150 5月1日 バナナ 120 5月2日 桃 140• Microsoft 365では Filter関数を使うことができます。 Filter関数の使い方は をご覧ください。 次項のように、作業列や配列数式を使う必要がなくなり、関数を使って簡単にデータを抽出できるようになりました。 商品が「バナナ」のデータを抽出し、さらに、日付の昇順に並べ替えてみます。 SORT関数の使い方は をご覧ください。 作業列を使いたくないというケースがあります。 そのようなときは配列数式を利用することができます。 【考え方】条件と一致する行は何行目かを計算します。 計算された行数の小さい方から順番にデータを取り出します。 配列数式にします G5セルをI5セルまでコピーし、更にG5:I5セルを下方向へ必要なだけコピーします。 G2セルの検索値を5月2日に変えた結果の例です。 この部分を配列で処理しています。 SMALL ・・・・・・・,ROW A1 で、小さな値 行位置 から順番に取り出すようにしています。 【考え方】条件と一致しているか否かを調べます 作業列を利用します。 一致しているものについては連番を付けてやります。 この連番順にデータを取り出せばよさそう・・・と考えています。 検索する値はG2セルに入力するものとします。 D列を作業列として使用します。 条件と一致した行に連番を入れます。 A2セルとG2セルが同じなら、同じデータはA2セルから数えて何個目かを表示しています。 作業列の連番順にデータを取り出します。 行番号だけを絶対参照にします• ROW A1 を使うのは下方向へコピーして使うとき、1,2,3 と連番を発生させるためです。 D列の連番よりROW A1 が大きくなると、一致するデータは無いので、エラーとなります。 G5セルに入力した数式を右方向、および下方向へコピーすると完成です。 G5セルを選択し、フィルハンドルを右方向へ、I5セルまでドラッグして数式をコピーします。 G5:I5セルを選択して、フィルハンドルを下方向へドラッグして数式をコピーします。 下方向へは必要なだけコピーします。 一致するデータが表示しきれるだけの行にあらかじめコピーします。 Microsoft 365では XLOOKUP関数やSEQUENCE関数を使うことができます。 XLOOKUP関数の使い方は をご覧ください。 SEQUENCE関数の使い方は をご覧ください。 数式がシンプルなものになります。 しかし、Filter関数が使えるので・・・あくまでも使い方の一例ということです。 SEQUENCE 5 は連続した数値の配列(1,2,3,4,5 を作成しています。 該当するデータが5個程度を想定しています。 多くのデータが該当すると思われる場合はこの値を調整してください。 G5セルの数式を H5セル、I5セルにコピーします。 作業列を使う 2• 作業列をデータリストの左端列に設けることができると、なじみの多いVLOOKUP関数で取り出すことができます。 Filter関数を使うことができない場合は、左端列に作業列を作れるのであれば非常に簡単な数式となります。 データの左端列、A列に作業列を設けます。 この数式を横方向へ I5セルまでコピーし、さらに、G5:I5セルを選択して、下方向へデータが抽出されると想定される行までコピーします。 VLOOKUP関数では検索値が見つからないとエラーになるので、IFERROR関数でエラー処理をしています。 VLOOKUP関数の引数の列番号は数式をコピーするのを前提にCOLUMN関数を使って 連番 2,3,4 を生成するように小細工をしています。 IFERROR関数はExcel2007で追加された関数です。 詳細な使い方は をご覧ください。

次の