すかいらーく株価 配当。 【優待株】急落した「すかいらーく」は買いか?業績が示す「株主優待廃止の可能性」と「買い時」

【配当金】人気優待株すかいらーくの減配をみて配当金生活には向かない株だと思った

すかいらーく株価 配当

減配発表後のPTSの株価 この減配を受けて、のPTS(夜間市場)では21時ごろの段階で5. 今日の引けは1807円でしたが、PTSでは1707円と100円の下落です。 SBI証券のPTSは23:59までなので、この後、どこまで下落するか分かりませんが、PTSで下がっても、翌日のマーケットでは元に戻すことも意外と多い印象があります。 PTSは決算を受けた狼狽売りも多いので、明日の日中にどの程度の株価で落ち着くのかに注目したいと思います。 仮に、明日の場中で大きく下落したとしたら、6月の優待権利日に向けて絶好の買い場となるかもしれません。 すかいらーくの場合、個人投資家は配当よりも優待目当ての人がほとんどなので、配当利回りが多少落ちてもあまり気にしないような気もしますが、どうなるでしょう? すかいらーくの今日の予想配当利回りは2. 昨年11月に発表した通期予想(125億円)を下回った。 時給単価の上昇で人件費が増加したほか、株主優待のコスト負担も利益を押し下げた。 「株主優待のコスト負担も利益を押し下げた」ようです。 いつか、優待改悪も来るのでしょうか・・・? 今の飲食店は人件費高騰でどこも厳しいようですね。 さらに、今年10月から消費税増税がありますから、売上が増えても利益は減るという厳しい状況が続きそうです。 でも、今の優待がある限り、すかいらーくの株価はたいして落ちないような気もしています。 すかいらーくは和洋中とレストランの種類が多いので、自宅や職場の近くに店舗があれば、かなり実用的な優待だと思います。 私は500株保有していますが、6月末の優待は9月に、12月末の優待は3月に届きます。 9月に受け取った15,000円の優待カードはもうちょっとで使い終わります。 3月には18,000円分の優待カードを受け取れるので、食費を節約しつつ、すかいらーく系列のレストランでの食事を楽しみたいと思います。 中には夫婦で1000株ずつ、合計2000株を保有して、二人で13万8000円の優待を受け取っている猛者もいるようです。 年間の外食費が13万8000円も浮くのはかなり大きいのではないでしょうか。 すかいらーくの株価はボラティリティ(変動幅)が低いので、はじめての個別株投資に向いているような気がしています。 2018年10月の暴落時も、ほとんど影響を受けませんでした。 今後、米中貿易戦争がマーケットにとって悪い方向に進んでしまったとしても、すかいらーくの株価はあまり影響を受けないような気がしています。 すかいらーくの株価が暴落する時は、優待が改悪する時ではないでしょうか。 おそらく、経営陣もそれを分かっていると思いますが。 追伸)減配発表の翌日の株価 PTSでは-100円(-5. 92)となりました。 今日が絶好の買い場だったのか見極めるために、来週以降の株価の動向にも注目したいと思います。 現在、海外ETFは、日本株と「つみたてNISA」は、iDeCoは、IPOはとを利用しています。 よく読まれている記事• 87件のビュー• 81件のビュー• 62件のビュー• 53件のビュー• 52件のビュー• 33件のビュー• 30件のビュー• 28件のビュー• 27件のビュー• 26件のビュー 今日の人気記事.

次の

すかいらーくの株主優待券と配当金はいつもらえる?

すかいらーく株価 配当

減配発表後のPTSの株価 この減配を受けて、のPTS(夜間市場)では21時ごろの段階で5. 今日の引けは1807円でしたが、PTSでは1707円と100円の下落です。 SBI証券のPTSは23:59までなので、この後、どこまで下落するか分かりませんが、PTSで下がっても、翌日のマーケットでは元に戻すことも意外と多い印象があります。 PTSは決算を受けた狼狽売りも多いので、明日の日中にどの程度の株価で落ち着くのかに注目したいと思います。 仮に、明日の場中で大きく下落したとしたら、6月の優待権利日に向けて絶好の買い場となるかもしれません。 すかいらーくの場合、個人投資家は配当よりも優待目当ての人がほとんどなので、配当利回りが多少落ちてもあまり気にしないような気もしますが、どうなるでしょう? すかいらーくの今日の予想配当利回りは2. 昨年11月に発表した通期予想(125億円)を下回った。 時給単価の上昇で人件費が増加したほか、株主優待のコスト負担も利益を押し下げた。 「株主優待のコスト負担も利益を押し下げた」ようです。 いつか、優待改悪も来るのでしょうか・・・? 今の飲食店は人件費高騰でどこも厳しいようですね。 さらに、今年10月から消費税増税がありますから、売上が増えても利益は減るという厳しい状況が続きそうです。 でも、今の優待がある限り、すかいらーくの株価はたいして落ちないような気もしています。 すかいらーくは和洋中とレストランの種類が多いので、自宅や職場の近くに店舗があれば、かなり実用的な優待だと思います。 私は500株保有していますが、6月末の優待は9月に、12月末の優待は3月に届きます。 9月に受け取った15,000円の優待カードはもうちょっとで使い終わります。 3月には18,000円分の優待カードを受け取れるので、食費を節約しつつ、すかいらーく系列のレストランでの食事を楽しみたいと思います。 中には夫婦で1000株ずつ、合計2000株を保有して、二人で13万8000円の優待を受け取っている猛者もいるようです。 年間の外食費が13万8000円も浮くのはかなり大きいのではないでしょうか。 すかいらーくの株価はボラティリティ(変動幅)が低いので、はじめての個別株投資に向いているような気がしています。 2018年10月の暴落時も、ほとんど影響を受けませんでした。 今後、米中貿易戦争がマーケットにとって悪い方向に進んでしまったとしても、すかいらーくの株価はあまり影響を受けないような気がしています。 すかいらーくの株価が暴落する時は、優待が改悪する時ではないでしょうか。 おそらく、経営陣もそれを分かっていると思いますが。 追伸)減配発表の翌日の株価 PTSでは-100円(-5. 92)となりました。 今日が絶好の買い場だったのか見極めるために、来週以降の株価の動向にも注目したいと思います。 現在、海外ETFは、日本株と「つみたてNISA」は、iDeCoは、IPOはとを利用しています。 よく読まれている記事• 99件のビュー• 84件のビュー• 66件のビュー• 57件のビュー• 50件のビュー• 39件のビュー• 36件のビュー• 35件のビュー• 30件のビュー• 29件のビュー 今日の人気記事.

次の

すかいらーくの株価分析!株主優待を廃止する可能性や今後の配当を考察【3197】

すかいらーく株価 配当

300株以上 6月分 9,000円相当 12月分 11,000円相当 (年間 20,000円相当) 500株以上 6月分 15,000円相当 12月分 18,000円相当 (年間 33,000円相当) 1,000株以上 6月分 33,000円相当 12月分 36,000円相当 (年間 69,000円相当)• 株主優待 「ガスト」「ジョナサン」「バーミヤン」などのファミリーレストランを全国展開するすかいらーくホールディングス。 優待利回りと使い勝手の良さで大人気の株主優待です。 優待券はカードタイプのため持ち歩きやすく、しかも各種クーポンとの併用も可能。 500円単位で使えるなど、利用者のニーズを熟知した内容となっています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の