レアチーズケーキ 容器。 手作りレアチーズケーキをおいしいまま冷凍保存する方法

レアチーズケーキの型はどんなものを使えばいい?型の外し方も解説!

レアチーズケーキ 容器

家庭で気軽に手作りできるスイーツとして人気のレアチーズケーキ。 子供でも作れる簡単デザートなので、休校期間中にお子さんと一緒に作ってみたというご家庭も多いのではないでしょうか? 手作りスイーツは大きなサイズで作ったり、切り分けて食べたりした場合、残りを冷凍保存しておきたいというときもありますよね。 せっかく上手にレアチーズケーキを作れたなら、作り立てのおいしい状態で保存したいもの。 解凍したあともおいしく食べるには、保存する際のポイントをきちんと押さえておくのが重要です。 今回は、手作りレアチーズケーキのおいしさをキープしたまま冷凍保存する方法をご紹介します。 手作りレアチーズケーキは冷凍できる? レアチーズケーキもほかのお菓子と同じように、冷凍保存することは可能です。 火を通さないレシピなので冷蔵保存だとあまり日持ちしませんが、凍らせて保存することで日持ちしやすくなるのはうれしいですね。 解凍したときも食感が変わりにくいため、普段のおやつに食べる分をストックしておきたいときにもおすすめ! 完全に解凍していない状態でも食べられるので、ひんやりとしたアイスケーキのような食感を楽しめるのもレアチーズケーキならではの魅力です。 冷凍保存するメリットとデメリットは? 手作りレアチーズケーキを冷凍保存するメリットは、保存できる日数が大幅に伸びる点。 食べるタイミングに合わせてケーキの状態をコントロールしやすくなるので、手作りしたレアチーズケーキをプレゼントや手土産として渡したいときにも適しています。 凍らせて保存するため解凍する手間がかかる点がデメリットとなりますが、レアチーズケーキはオーブンで焼き直すなどの必要がないので、手早く準備することができます。 レアチーズケーキを上手に冷凍保存する方法 ここでは、レアチーズケーキをおいしく安全に冷凍保存するために知っておきたいコツをご紹介します。 乾燥しないようにしっかり密閉! 手作りレアチーズケーキを冷凍保存するときは、 乾燥しないように気を付けるのが重要なポイント。 冷凍庫の中は乾燥しやすいため、しっかり密閉されていないと食感や風味が損なわれてしまいます。 また、食べるときに必要な分だけ解凍できるように、レアチーズケーキをカットしてから冷凍保存するのがおすすめです。 カットしたケーキをラップでしっかりと包み、チャックが付いた袋や密閉容器に入れたら冷凍庫で保存します。 生地内の水分が抜け出さないよう、完成したら早めに冷凍すると、おいしさをキープしたまま保存することが可能です。 安心して食べるには衛生面の配慮も大切 デザートのストックとして保存しておきたいときや小さな子供と一緒に食べるときは、衛生面も気になってくるもの。 冷凍保存するレアチーズケーキをカットする際は手や包丁などをきれいに洗っておき、雑菌が付着しないように注意しましょう。 さらに、冷凍や解凍を何度も繰り返していると生地の劣化が早まるだけでなく、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。 冷凍保存する前にカットするサイズや個数を決めておき、必要以上にケーキを解凍しないように工夫することが大切です。 レアチーズケーキを冷凍保存するときの注意点 レアチーズケーキのおいしさを保ったまま冷凍するためには、冷凍庫に入れる前の段階でさまざまな注意点があります。 金属型で作った場合は、冷凍前に型から外す タルト型やケーキ型など金属の型を使用して作る場合は、 型から外してから冷凍するのがポイント。 プレゼントなどでホールのまま保存する場合でも、型にくっついて離れなくなってしまうトラブルを避けるため、型から外してから冷凍庫に入れます。 トッピングは後乗せがおすすめ 解凍時に水っぽい状態になってしまうので、フルーツソースや生クリームなどのトッピングはせずに冷凍保存するのも大切。 フルーツソースや生クリームなどをかけたいときは、解凍したあと食べる直前にデコレーションするのがおすすめです。 冷凍保存したときの日持ちはどのくらい? 手作りレアチーズケーキを冷凍保存した場合の日持ちは、2週間程度が目安です。 冷凍したレアチーズケーキをおいしく食べるには 冷凍庫で凍らせたレアチーズケーキは、どのようにして解凍するのがよいのでしょうか? 冷蔵庫に移してゆっくり自然解凍しよう 冷凍保存したレアチーズケーキを解凍するときは、電子レンジなどを使わず自然解凍するのが一般的。 結露が付いて水っぽくなってしまうのを防ぐため、室温ではなく 冷蔵庫でゆっくりと低温解凍するのが適しています。 早く食べたいからといって電子レンジやオーブンで温めてしまうと、レアチーズ生地が溶けてきてしまったり、油分がにじみ出てきたりする場合があるのでやめましょう。 解凍には数時間かかるため、食べるタイミングが決まっている場合は時間に余裕を持って冷蔵庫に移しておくのがベストです。 風味が落ちたケーキもアレンジすればおいしく食べられる! 冷凍保存したレアチーズケーキを食べたとき、日にちが経っていると風味が落ちてしまったと感じることも。 そのようなときは、生クリームやフルーツソース、チョコレートソースなどの濃厚な味の食材をプラスして楽しむのがおすすめです。 生クリームを絞った上にフルーツやミントをトッピングすれば、カフェメニューのようなおしゃれなケーキに大変身! カットしたフルーツをグラニュー糖と水で煮詰めたコンポートや、手軽に用意しやすいフルーツジャムも、シンプルなレアチーズケーキとよく合います。 おわりに 今回はおうちで手作りしたレアチーズケーキの冷凍保存について、保存時のコツや解凍方法などをご紹介しました。 手作りレアチーズケーキは冷凍保存すると長持ちしますが、冷凍庫に入れる前に型から外したりカットしたりする必要があるため、意外と大変な作業になりがちです。

次の

【レシピ本掲載レシピ♪】『そのまま牛乳パックレアチーズケーキ』をご紹介します!

レアチーズケーキ 容器

作り方• 台をつくる。 クラッカーは細かく砕く。 耐熱容器に砕いたクラッカーを入れ、上にバターをのせてラップをしないで電子レンジ600W20秒加熱する。 よく混ぜて、容器の底全体に薄く敷きつめ、冷蔵庫に入れておく。 耐熱容器に水大さじ2を入れ、ゼラチンを振りいれる。 耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、ラップをしないで電子レンジ600W30-40秒加熱する。 クリームチーズが柔らかくなったら、泡立て器でなめらかになるまで練り、砂糖を加え、さらによく混ぜる。 生クリームとすりおろしたレモンの皮とレモン汁を加えて混ぜる。 ゼラチンは電子レンジ600W30秒、加熱して溶かす。 溶けたゼラチンを4に加えて、よく混ぜ、5の台に流しいれ、冷蔵庫で固める。 ポイント• クラッカーは、グラハムクラッカーを使うとよいが、市販の他のクラッカーやビスケットなどでもよい。 酸味はお好みでどうぞ。 もう少し多めにレモン汁を加えると、さっぱりとした仕上がりになります。

次の

レアチーズケーキ|レシピ|ゆとりの空間

レアチーズケーキ 容器

手作りチーズケーキの持ち運びの方法はコチラ! 手作りチーズケーキの種類によっても変わってきますよね! レアチーズケーキであれば、冷凍していても問題はありません。 冷凍しても状態は変化することはほとんどありません。 風味が変わることもありません。 レアチーズケーキの場合は、冷凍したまま持ち運んでも問題はありません。 あまりにも気温が高すぎる場合は、溶けるのが早くなってしまいます。 保冷剤などをうまく使ってみてくださいね。 スフレチーズケーキの場合は、冷蔵庫でしっかり冷やしてから持ち運びをするようにしてくださいね。 スフレチーズケーキは、冷凍には向きません。 冷蔵保存でまる1日ぐらい冷やしておくと崩 れにくいですね。 手作りのチーズケーキを持ち運ぶ方法として、デコレーションケーキを運ぶのと同じような方法で運ぶとよいですね。 ケーキカバーなどをかぶせて土台も動かないようにしておくと崩れることなく運ぶことができます。 車に乗せて持ち運ぶ場合はバスタオルを下に敷いて振動が直接的に伝わらない工夫をしてみてください。 手作りのチーズケーキを運ぶための前準備は!? チーズケーキの種類によって保存の仕方等変わることをお伝えしましたが、運び方はいろいろあります。 スフレチーズケーキであれば、ショートケーキと同じように ふわふわのため崩れないように注意しなければなりません。 スフレチーズケーキの場合は、周りにサランラップなどを巻いて 崩れないようにしましょう。 レアチーズケーキであれば、あまり高さがないのでそこまで気にする必要がありません。 レアチーズの場合は、匂いうつりしないようにタッパーなどに入れ密封した状態で保存することをお勧めします。 その状態で運ぶことはできますのでどちらかといえば、 レアチーズケーキのほうが崩れにくく運びやすいですね。 注意点が1つだけあります。 それは崩れてしまうと思い、 チーズケーキをカットしてしまうことです。 チーズケーキだけではないですが、空気に触れることで劣化を招いてしまうことがあります。 もしチーズケーキをカットしても空気に触れにくくする必要があります。 ラップなどをフル活用してみてくださいね。 できるだけ空気に触れない保存をしてください。 [ad co-1-in] 手作りチーズケーキを持ち運ぶときの容器などはどこで準備!? 折角チーズケーキを手作りしたのに、お皿に乗せたまま運ぶというのはできませんよね>< そこで運ぶときの容器などを準備する必要があると思いますが、何処で揃えればいいか悩みませんか!? 色々なものを最近は揃えてある100均で購入はいかがでしょうか。 侮るなかれ、最近の100均は凄いんです! ラッピングやホームメイドで作ったおやつなどを運ぶ容器まで揃えることができるんですよ! 充実していますよね。 冷凍させたもののを運ぶのであれば、発砲剤もいりますよね。 ケーキを入れる用の容器なども必要です。 ケーキを入れる用の容器まであるとは驚きです。 スフレチーズケーキであれば保冷剤が必要になるためその購入も 必要となります。 全てが100均で揃えられるのは嬉しいですね。 保冷も保温も活躍するアルミホイルは冷やしたまま運ぶ時には 必需品となります。 アルミホイルを使うことによって冷気をより逃しにくくなります。 タッパーなどに入れて保存しているチーズケーキは、保冷バッグなどに入れて持ち運びするとよいですね。 大きめのサイズの保冷バッグもあります。 涼しい時期であれば板状の保冷剤をいくつか購入し下側に敷いておき チーズケーキを入れた容器の両サイドなどにも入れれば保冷はばっちりです。 保冷バッグとチーズケーキを入れている間に隙間があるとずれて形が崩れてしまうので隙間がないように注意してくださいね。 作るチーズケーキの種類によっても変わってくることがわかりましたね。 運ぶときに必要なものは、100均で安くそろえてみてください。 せっかく作った手作りのチーズケーキ、美味しく食べられるとよいですね。 そのためには、崩れないような配慮は必要です。 隙間が空かないように運ぶことも重要ですし、品質を損なわないようにすることも 必要です。 是非ご紹介した方法で持ち運ぶようにしてみてください。

次の