豆腐 ステーキ。 この旨さ、肉以上。【豆腐のガーリックステーキ】

飛騨高山の国八食堂の豆腐ステーキの作り方!簡単で美味しい豆腐ステーキの再現

豆腐 ステーキ

飛騨高山の国八食堂の豆腐ステーキの作り方(レシピ) 材料は、3~4人前ぐらいで 木綿豆腐:2丁 醤油 :50cc みりん :25cc めんつゆ:25cc ねぎ :1本の半分 だけです。 材料も少なく、簡単に作れるのが良いですね。 まずはもめん豆腐1丁を8等分に切り分けます。 (2丁分) キッチンペーパーでしっかりと水分を取りましょう。 次に、醤油、みりん、めんつゆを混ぜ合わせます。 もめん豆腐を大きめのタッパなどに入れて、その上から先ほどの調味料をぶっかけます。 ここで、豆腐に調味料を染み込ませる必要があるので、30分ほど漬け込みます。 15分ぐらい経ったら、豆腐を裏返した方が、より味が染み込みます。 フライパンに油を入れて、先ほど調味料を染み込ませたもめん豆腐を投入します。 この時、調味料はタッパに残しておいてください。 表面が焼けてきたら豆腐をひっくり返し、豆腐にしっかりと焦げ目ができるまで焼きます。 しっかりと焦げ目がついたら、残っていた調味料をフライパンに投入して、グツグツ煮込みます。 1分ほど煮込んだら、お皿に移し変えましょう。 最後にネギをのせたら完了です。 どうですか? なかなか再現できていると思いませんか?.

次の

この旨さ、肉以上。【豆腐のガーリックステーキ】

豆腐 ステーキ

飛騨高山の国八食堂の豆腐ステーキの作り方(レシピ) 材料は、3~4人前ぐらいで 木綿豆腐:2丁 醤油 :50cc みりん :25cc めんつゆ:25cc ねぎ :1本の半分 だけです。 材料も少なく、簡単に作れるのが良いですね。 まずはもめん豆腐1丁を8等分に切り分けます。 (2丁分) キッチンペーパーでしっかりと水分を取りましょう。 次に、醤油、みりん、めんつゆを混ぜ合わせます。 もめん豆腐を大きめのタッパなどに入れて、その上から先ほどの調味料をぶっかけます。 ここで、豆腐に調味料を染み込ませる必要があるので、30分ほど漬け込みます。 15分ぐらい経ったら、豆腐を裏返した方が、より味が染み込みます。 フライパンに油を入れて、先ほど調味料を染み込ませたもめん豆腐を投入します。 この時、調味料はタッパに残しておいてください。 表面が焼けてきたら豆腐をひっくり返し、豆腐にしっかりと焦げ目ができるまで焼きます。 しっかりと焦げ目がついたら、残っていた調味料をフライパンに投入して、グツグツ煮込みます。 1分ほど煮込んだら、お皿に移し変えましょう。 最後にネギをのせたら完了です。 どうですか? なかなか再現できていると思いませんか?.

次の

この旨さ、肉以上。【豆腐のガーリックステーキ】

豆腐 ステーキ

基本的な豆腐ステーキの作り方 まずは基本となる豆腐ステーキの作り方からご紹介していきましょう。 スライスした豆腐をそのまま焼くため、型崩れ防止のためにも 水切りは必須のポイントとなります。 また使う豆腐も絹ごし豆腐ではなく木綿豆腐をおすすめします。 木綿豆腐は水分が少なく固めの豆腐となっているため、 型崩れしにくいのが特徴です。 さらに肉と同程度のタンパク質が凝縮されているので、ステーキにしたときの味わいは木綿豆腐の方が似てくるのです。 豆腐ステーキの材料 それでは早速 豆腐ステーキの材料を見ていきましょう。 調味料なども含めると以下の通りになります。 木綿豆腐:1丁• 小麦粉:適量• サラダ油:大さじ1• 醤油:大さじ1• みりん:大さじ1• 青ネギ 小口切り :6本• 工程は以下の 6ステップになります。 豆腐は厚みを半分に切ってから4等分し、キッチンペーパーに挟んでしっかり水気を切る• 水気を切った豆腐に小麦粉を薄くはたきつける• 青ネギといりごまをボールの中で混ぜる• フライパンに油を敷いて中火で熱し、小麦粉をはたきつけた豆腐を入れ両面焼く• 醤油とみりんを加えて豆腐に絡ませ、器に盛りつける• 青ネギといりごまを混ぜたものを上に乗せる ポイントとしては先述したように水切りをして水気をしっかりとっておくことです。 これにより型崩れせず両面焼くことができます。 また 醤油とみりんの味がしっかり染みて美味しいステーキに生まれ変わります。 豆腐ステーキのおすすめレシピ10選 基本の作り方が分かったところで、豆腐ステーキの アレンジなどされたおすすめのレシピをご紹介していきましょう。 一口にステーキと言っても様々なアレンジが出来るので、是非ともここで知って日常の献立の参考にしていただければ幸いです。 簡単!節約!豆腐ステーキ! 出典: 材料• 木綿豆腐:5丁• 鰹節:適量• ネギ:適量• 焼き肉のたれ:適量 まずは材料も少なく簡単に作れる豆腐ステーキのご紹介です。 工程としては水切りをした木綿豆腐を両面焼き、焼き肉のたれなどで味付けをするだけです。 シンプルですが侮るなかれ、非常に美味しかったです。 ステーキとお好み焼きを一緒に食べているような感覚でした。 鉄板がある場合はフライパンよりもそちらで焼いた方が見栄えが良くなるそうです。 木綿豆腐:1丁半• 片栗粉:豆腐につける分 和風ソース• めんつゆ:200ml• 人参:少々• ちくわ:1本• しそ:3枚• 生姜:1かけら チューブなら7cm程度• 片栗粉:小さじ2• 水:40ml• 卵:1個• 塩:少々 材料は少々多いですが、タイトルにもあるように時短料理でさくっと作れます。 豆腐が元々和食によく使われる材料なので、 和風ソースに合わないわけがないです。 作ってみると人参のほのかな甘みと茸の食感が何とも嬉しい一品になりました。 オクラ:4本• 長いも:8cm 細い部分• なめ茸:適量• うずらの卵:2個• バター:適量• 塩こしょう:適量 今話題の ネバネバ成分たっぷりのソースがかかった豆腐ステーキです。 長いもを荒くたたいてあるのでその食感が良いアクセントになっています。 味付けもさっぱりとなっているので、何でも合う一品です。 美容や健康の効果も期待できそうな料理でした。 レシピ: 豆腐ステーキ甘酢あんかけ 出典: 材料• 絹ごし豆腐:1丁• 片栗粉:適量• 長ネギ:5cm• 大葉:2枚• おろし生姜:お好みで• サラダ油:適量 あんかけ• 砂糖:大さじ1• 醤油:大さじ1• 水:大さじ3• ごま油:適量 甘酢あんかけが香ばしく焼かれた豆腐ステーキによく合います。 表面はカリッと焼かれているのに、 甘酢あんかけのおかげでどこかしっとりとした食感になっています。 個人的には、おろし生姜は甘酢にピリッとした風味を与えるので、是非入れてほしいところです。 レシピ: 簡単安いな甘辛な豆腐ステーキ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• ごま油:大さじ2• ポン酢:100ml• 砂糖:大さじ1 ポン酢と砂糖で甘辛く表面を焼いた豆腐ステーキです。 大葉が巻いてあるので、その爽やかな風味もまた美味しさを際立たせていました。 材料も少なく、工程も非常に簡単になっているので、豆腐が余っているときにでも手軽に出来る一品です。 木綿豆腐:1丁• 長ネギ:1本 白い部分• ニンニク:2片• 青ネギ:適量• ちりめんじゃこ:適量• 砂糖:大さじ2• 醤油:大さじ1• オイスターソース:大さじ1• 酒:大さじ1• 小麦粉:適量 普通のステーキのようにこってりした味わいのものを食べたいのであればこれです。 ニンニクを使い、濃い目の味付けをすることで こってり感をしっかり出した豆腐ステーキとなっています。 上に乗ったネギとちりめんじゃこがちょうどいいアクセントになって美味しさを引き立たせています。 塩こしょう:少々• 小麦粉:適量• 椎茸 スライス :小サイズ2個• バター:大さじ1• ニンニク スライス :1片• 醤油:大さじ1• みりん:大さじ1• 酒:大さじ1• 砂糖:小さじ1• 青ネギ;適量• いりごま:適量 こちらもニンニクを使ってこってりした味に仕上がっています。 バターで焼くことで 香ばしい風味を引き立たせているのもポイントです。 味は少し甘味がある仕上がりになっていますが、それがまた美味しい料理となっています。 レシピ: 簡単!!ベーコン巻き豆腐ステーキ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• ベーコン:5枚• 粗挽き黒こしょう:適量• 小麦粉:適量• わさびチューブ:適量• サラダ油:適量• 塩:少々 豆腐ステーキをベーコンで巻いた一品です。 味付けが全て適量となっていますが、これはほんと お好みになります。 黒こしょうを少し多めに引いてピリ辛にするも良し、わさびチューブを多めに出してわさびの鼻に抜ける爽やかさを味わいつつ、豆腐の甘みを感じるなど 自分好みの味付けに出来るのがポイントの料理となっています。 レシピ: 豆腐ステーキ〜梅肉ポン酢ダレ〜 出典: 材料• 大葉:2枚• 梅干し:1個 調味料• ポン酢:大さじ1 見た目がなんとなく揚げ出し豆腐のような豆腐ステーキです。 これを梅肉ポン酢ダレでさっぱりといただけます。 表面はカリッと焼けた豆腐ステーキにこのタレが非常によく合います。 夏バテで食欲がない時にもおすすめの一品です。 木綿豆腐:1丁• 鶏ミンチ:150g• しめじ:1株• ニンニク:1片• ネギ:2本 甘辛ダレ• 醤油:大さじ1• 酒:大さじ1• 油:適量• 片栗粉:小さじ1 最後にご紹介するのは、きのこでヘルシーなのにニンニクが入った甘辛いタレで がっつりいきたい方向けの豆腐ステーキです。 きのこの歯ごたえに鶏ミンチの食感が加わり、さらにニンニクの香ばしい匂いが何とも食欲をそそる一品となっていました。 レシピ:.

次の