テーブル ヤシ 水 やり。 テーブルヤシの育て方や手入れや増やし方|枯れる原因や風水との関係は?

テーブルヤシの育て方!枯れる原因や植え替えの方法は?

テーブル ヤシ 水 やり

テーブルヤシの育て方!枯れる原因は? テーブルヤシは観葉植物の中でも、比較的育てやすい植物です。 ヤシ系の植物は日当たりが好きな品種が多いのですが、テーブルヤシは 直射日光は好まない植物です。 反対に直射日光に当てると、枯れてしまうことがあるので注意が必要です。 明るめの日陰などの、 柔らかい日差しが当たる場所が最適ですよ。 室内であれば、レースのカーテン越しなどがいいですね。 テーブルヤシは耐陰性があるので、比較的暗めの場所でも育てることができます。 暗めの場所でも生長はしますが、まるっきり光に当たらないと光合成ができずに弱ってしまいます。 暗い場所に置きたい場合には、たまに場所を移動して、柔らかい光に当ててあげるといいでしょう。 水やりは、土がカラカラに乾かない程度におこないます。 土の表面が白っぽく乾いてきたら、水やりをおこなうサインですよ。 また、霧吹きなどを使って葉水をおこなうと、汚れも付きにくく害虫も防ぐことができます。 また、乾燥も防げるので、 葉水は毎日おこないましょう。 テーブルヤシは寒さに弱いので、 冬の寒さには注意が必要です。 寒い時期に水やりをしすぎるのも、根を傷つける恐れがあるので気を付けましょうね。 室内で育てることが多いテーブルヤシは、エアコンの風が直接当たると乾燥しやすくなってしまいます。 直風が当たらないように注意しましょう。 そんな育てやすいテーブルヤシが枯れるのには、どのような原因があるのでしょうか。 枯れる原因として一番多いのは、 日光の当てすぎです。 ヤシ科というと日光に当てなければ、と思い日光に当てすぎて枯れてしまうのです。 テーブルヤシは直射日光には弱いので、直射日光に当てるだけではなく、ポカポカと床が温まるほどの日当たりは避けるようにしましょう。 また、初心者の方に多いのは、 水のやりすぎでしょう。 大切に育てるあまり、土の状態を確認せずに、毎日水やりをしてしまうこともあります。 しかし、毎日水をやると土が常に湿ってしまい根腐れを起こしてしまいます。 根腐れを放っておくことで、枯れる原因となってしまうので注意しましょう。 上記にも挙げた通りテーブルヤシは 寒さに弱い植物です。 室内で育てていても窓際などは朝晩には冷えることがあります。 特に、寒い地域の朝や晩は冷えるので気を付けるようにしましょう。 他にも購入時のまま、 同じ鉢に植え続けていると鉢が小さくなり、根詰まりを起こし枯れてしまうこともあります。 購入後は適正な時期に、なるべく早めに植え替えをしましょうね。 テーブルヤシが枯れそうなときの対処法 テーブルヤシが枯れそうなときは、 少し環境を変えて対処してあげるようにしましょう。 冬に窓際に置いていたりなど寒さが原因の場合は、 窓から離れた場所に置いて管理しましょう。 また、エアコンの風が直接当たらない場所に置きましょうね。 室内などで空気が乾燥していると、ハダニやカイガラムシなどの害虫が付き、枯れてしまうこともあります。 害虫は放っておくと、テーブルヤシが完全に枯れてしまい復活できなくなってしまいます。 害虫を見つけたら、早目に駆除してしまいましょう。 茶色く枯れかけていたら、枯れた部分を剪定ばさみで切りとるといいですよ。 そうすると、内側から新しい芽が出てきます。 この時、枯れていない部分はカットせず、枯れた葉だけを切るようにしましょうね。 水のやりすぎなどで根腐れを起こしてしまった時は、 植え替えをする必要があります。 根腐れを放っておくと、コバエが発生することもあります。 時期を見ながら、早めに植え替えるようにしたいですね。

次の

【楽天市場】【 テーブルヤシ 】水やりは1週間に1回。園芸資材初!水を溜め込む鉢アクアプラントポットでいつも植物が元気♪ 鉢植え 観葉植物 おしゃれ かわいい 誕生日 プレゼント 新築祝 結婚祝 開店祝 引越し祝 観葉 植物 ヤシ チャメドリア お祝い 玉(ギョク)M:アクアプラントポットのお店HACHI

テーブル ヤシ 水 やり

テーブルヤシの病気として目立ったものは無く、病気に強い観葉植物です。 しかし、害虫には気をつけましょう。 日々の管理で防げる害虫もいますので、日頃からよく観察をするようにしましょう。 ・ハダニ 歯の裏側に白い斑点のような物ができたら、ハダニが繁殖していると考えてください。 気温が高く乾燥している場合に増殖しやすい害虫ですが。 水に弱い性質を持っています。 葉水を与えて駆除するようにしましょう。 ・カイガラムシ 白や茶色の丸い殻のような物が葉や茎についているのを見つけたら、カイガラムシの可能性が高いです、駆除方法はひとつひとつピンセット等で取り除く方法がベストですが、大きめの株なら歯ブラシで擦って取る方法もあります。 植え替えをする時は、テーブルヤシを取り出し、古い土をある程度落とします。 同じ大きさの鉢にまた植えたい場合は根を半分ほど減らし、株自体も減らして植えましょう。 鉢底に防虫ネットを置き、鉢底石を敷きます。 鉢底石は通気性や排水性を良くするための物ですので、必ず入れましょう。 土を半分ほど入れたら、テーブルヤシを植え、さらに土を足していきます。 土を入れたら株が倒れないように割り箸で土をざくざくと刺し、しっかりと土を入れ込みます。 最後に水をたっぷりとあげたら、植え替えの完了です。

次の

室内で育てるのに最適、ビギナーさんにも育てやすいテーブルヤシの育て方

テーブル ヤシ 水 やり

まず枯れた部分を切る事だけを考えずに、葉先が枯れる原因は何かを考え ましょう。 枯れた部分を切り続けても、枯れが治まる事はありませんから どうして枯れるのかを先に考える事が必要です。 まず葉先が枯れても本体が枯れる事はありません。 ただ単に見た目が悪い だけですから、出来るだけ切らないようにしましょう。 緑色が少しでも残 っていれば光合成も作れますので、葉だけでなく枝まで切っていたら最後 には丸坊主になり状態を悪くさせますよ。 葉先が枯れる主な原因は根詰まりです。 根詰まりを起こしているかを調べ るには、葉先を見れば分かります。 水遣りの際に与えて直ぐに鉢底から水 が流れ出れば問題ありませんが、なかなか水が浸透しない時は根詰まりを 起こしていると判断しても間違いではありません。 テーブルヤシの植替えが出来るのは5~10月の間だけです。 根詰まりを 防ぐためには年毎に植替えをする必要があります。 鉢から抜いたら土を落とし、痛んだ根や古い根を切って整理をします。 微塵を取り除いた赤玉土(小粒)7;完熟腐葉土2:バーミキューライト 1で良く混ぜ合わせ、全体量の1割のミリオン(根腐れ防止剤)を混ぜて 使用します。 葉先が枯れた程度では枯れる事はありませんので、来年5月 まで植替えをせず、5月に入ったら直に植替えをして下さい。 ヤシと言えば太陽光線が大好きなように思えるでしょうが、テーブルヤシ は直射日光が苦手です。 元気にさせようと屋外に出して太陽光線に当てて しまうと、一発で葉焼けを起こしてしまいます。 真夏は直射日光が強烈ですから、真夏時に屋外に置く時は樹木の陰や軒下 等に置きます。 室内であれば年間を通してレースのカーテン越しで光線に 当てるようにします。 耐陰性はありますが、年中日陰では上手く生育しま せん。 とにかく見た目よりも生育を重視して、気分次第で切られないようにして 下さい。 枯れる原因を作ったのは人間ですから、切ってもテーブルヤシに は得にはならないと覚えて下さい。 Q 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。 別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。 葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。 新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。 どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか? また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。 しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。 ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。 茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか? 説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。 会社にある観葉植物(名前がわからない。 葉は20センチくらいの木の葉型。 9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。 しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。 植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。 同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない... A ベストアンサー たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。 元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか? [2002. 10] A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。 悪い腐った根は取り除きましたか。 用土は半分くらい取り替えましたか。 その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。 またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。 植替え後は日陰で管理しましたか。 水は乾いたら上げるようにしましたか。 葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。 そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。 これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。 あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。 用土になじむのに2週間はかかります。 これはどの植物も同じです。 ときおり液体肥料をあげます。 葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。 スパティは根がすぐに増える植物です。 したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。 年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。 また株わけも必要になってきます。 biglobe. html たびたびすいません。 葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。 下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。 Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。 ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。 置き場所は室内で、日光は当たりません。 水遣りは土が乾いてからあげています。 鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか? それまでは花もよく付いていたのに、今付いている... Q 添付する写真を見ていただければわかりやすいのですが モンステラが横に広がるように成長し続けています・・・ 鉢の右手のように(写真では見えにくいかもしれませんが) 土のない空中にまで根っこが伸びてきてしまいました。 こうなってしまったら、どうすればよいのでしょう。 1年半前にモンステラを買ってきたときはまだ小さく、 写真のように背の高い鉢だったため、土は鉢の上半分にしか入れず、 下半分には軽石のような肥料みたいなものを入れました。 かわいそうだけど、いったん鉢の外に出して、 鉢のもっと奥深くに植えるべきなのか、 それとも今よりもっと大きな鉢を買って植え替えるべきなのか、 ・・・初心者すぎてわかりません。 どうかお知恵をお貸しください!!! A ベストアンサー モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。 plala. htm 切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。 rakuten. sqr. html これがヘゴ棒です。 ホームセンターあたりで売っていると思います。 株が心なしか元気がないようです。 多分もう根詰まりしているのではないかと思われます。 ひと周りかふた周り新しい鉢や新しい土で植え替えてあげた方が良いでしょう。 ヘゴ棒仕立てにされるならば、立てた棒の安定性を考えて深めの鉢にします。 長鉢や懸崖鉢ですね。 rakuten. 軽石等の鉢底石も必ず高さ4cmぐらいは入れるようにします。 今の鉢から抜きにくいようでしたら、鉢底を何か柔らかい物に何度か打ちつけて株元を引っぱってみてましょう。 側の土を幾らかほじくり出しておくのも抜き易くなります。 それでもダメなら、今の鉢はハンマーなどで壊すしかありません。 古い土は半分ぐらいを目安に落とすようにします。 根を傷つけないようにするには、水を張ったバケツに根を浸けて土を落とすやり方もあります。 土は市販の「観葉植物の土」で構いません。 なるべく水はけの良さそうな土を使います。 上記した長鉢はプラ製ですが、似たような陶器鉢でも構いません。 鉢穴の大きさは陶器の8号鉢でしたら、10円玉ぐらいの大きさは欲しいところです。 植え方は深く植えないようにします。 株の表面が新しい土でも、そこが表面となるようにします。 なお5mmぐらい土が被さるのは構いません。 鉢底石を入れた鉢にヘゴ棒を立て、土を入れてゆきます。 株を据え付けたら根に土がよくゆき届くようにします。 途中で土を入れつつ、鉢底を地面に軽くトントンと打ちつけましょう。 これを何度か繰り返し、土を隙間なく詰めてゆきます。 最後にトントンとやって、土を慣らして終了です。 水を鉢底から流れ出るまでタップリと与えます。 あとは株をヘゴ棒にヒモなどで結わえてやります。 なお通常の水遣りもこのように行いましょう。 コップ1杯ではダメです。 水遣りというのは空気の入れ替え作業や老廃物の洗い流しの目的もあります。 置き場所はレースのカーテン越しなどの柔らかい日照のある所。 空中湿度を好みますから時々は、オールシーズン、霧吹きなどで葉、茎、ヘゴ、株元に水スプレー(葉水)してやりましょう。 肥料は置き肥と液肥をメインにします。 (5月~9月まで施肥。 ) 置き肥は緩効性のものならなんでも構いませんが、室内でしたら無臭のものが良いでしょう。 hyponex. sc-engei. html こういったものがお勧めです。 液肥はハイポネックス原液などの1000倍希釈で構いません。 hyponex. html 下の「微粉ハイポネックス」もカリ成分が多くお勧めです。 1~2週に1回施します。 なお植え替え後、2週間経ってから施肥を行います。 通常の水遣りや液肥は、鉢土の表面1cmぐらいが乾いたら行うようにします。 ここらあたりは室内温度と関係がありますが、一度越冬させておられるから大丈夫とは思います。 葉水は時々温かい時分に行いましょう。 モンステラは元々蔓性ですから、放任しておくとどうしても徒長します。 plala. htm 切り戻しというやり方もありますが、ヘゴ棒などを立てて長めのビニタイなどで結わえておくというやり方もあります。 rakuten. sqr. html これがヘゴ棒です。 ホームセンターあたりで売っていると思います。 株が心なしか元気がないようです。... A ベストアンサー 葉が黄色くなったり落ちたりする原因としては、光線不足、肥料不足、 根詰まり、根腐れ、ハダニなどが考えられますね。 職場に置かれているようですが、何処に置かれているのでしょうか。 その場所の日当たりは、どの程度でしょうか。 肥料は時期内に与えられていますか。 パキラも生きていますから、生き ている限りは養分も必要です。 生長期(活動を活発にして生育する時期 を言う)の5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下 さい。 量は袋の裏側に書いてある量を施します。 鉢土は永久的に使用が出来ないので、植物の種類によっては1~3年に 1回は植替えが必要です。 パキラの場合は2年毎の植替えが必要です。 時期的にはギリギリですから、根の状態を調べる意味でも植替えをされ た方がいいかと思います。 根を調べれば根腐れか根詰まりが分かります から、職場の同僚の方と一緒に植替えをされて下さい。 上司の方に事情 を説明されれば、必要な土や材料を購入するための資金を調達して貰え るはずです。 職場なら必要経費で落とせるはずです。 ハダニの場合は、葉裏を虫眼鏡で良く観察して下さい。 もしハダニでな ければ先ほどに書いた事が原因です。 水は切らした事が無いと言われますが、水は与えれば元気に生育すると 言う事はありません。 基本的には9~10月と3~6月は、鉢土(鉢に 入っている土の事)が白っぽく乾いたら与えます。 11~2月は鉢土が 乾いたら与えます。 7~8月は水切れを防ぐため毎日与える事が基本で すが、置き場所や環境や気候の変化で鉢土の乾き具合も変化するので、 この時期は天候に注意して水遣りを行います。 年間を通して同じ方法で水遣りをすると、決まって根腐れを起こし枯れ てしまいます。 置き場所はエアコンを使用していませんか。 エアコンの風が直接当たる 事は絶対に避けるべきで、どうしても避けれない時にはエアコンが効い ていない部屋に移動させます。 冷風に当たるだけで葉が黄色くなります し、落葉だって起こします。 水遣りの他に霧吹きで葉水をしていますか。 湿度が低めで乾燥している 部屋では、どうしても湿度不足になり葉が乾燥してしまいます。 そのよ うな時には、定期的に葉水をして湿度を高める工夫が必要です。 これは 夏場と冬場に行います。 葉が黄色くなったり落ちたりする原因としては、光線不足、肥料不足、 根詰まり、根腐れ、ハダニなどが考えられますね。 職場に置かれているようですが、何処に置かれているのでしょうか。 その場所の日当たりは、どの程度でしょうか。 肥料は時期内に与えられていますか。 パキラも生きていますから、生き ている限りは養分も必要です。 生長期(活動を活発にして生育する時期 を言う)の5~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料を与えて下 さい。 量は袋の裏側に書いてある量を施します。 A ベストアンサー サンスベリアを他の観葉植物のように栽培すると、必ずと言っていいほど 腐敗して枯れます。 他の観葉植物と植替え時期が同じでも、水遣りや越冬 の方法を間違うと必ず失敗します。 失礼ですが、あなたが行われた方法は全て間違いだらけでした。 まず植替えが出来るのは4~9月で、それ以外の時期は絶対に植替えては 駄目です。 植替えた時に水遣りをしたのが原因ではなく、時期外に植替え をした事が主な原因です。 また夏場の水遣りも適当でしたから、現在まで に徐々に根を痛めていたのも原因に繋がっています。 根腐れをしたら根は生き返りませんので、再生させるためには葉挿しをす る以外に方法はありません。 ただ葉挿しも年間を通して出来ませんから、 先程に書いた4~9月の間だけしか出来ません。 葉挿しをしたら発根をし ないと生長は望めませんから、発根しないまま越冬させる事になります。 春になれば発根するかと言えば、切り口から水分が蒸散して発根すら出来 ないでしょうね。 既にフニャフニャになっているようですから、葉挿しをしようにも出来な くなっています。 葉挿しをするためには、元気な部分しか使えません。 まず置き場所ですが、年間を通して日当たりの良い場所に置きます。 ただ し真夏は日差しが強過ぎるので、真夏だけは日差しが弱くなる場所に置き ます。 日差しが強い場所に置くと、一発で葉焼けを起こしてしまいます。 年間を通して日当たりの悪い場所では、上手く育ちません。 次に水遣りですが、これが一番重要で難しいんです。 サンスベリアは葉が肉厚ですから、この葉の部分に水分が蓄えられる機能 を持っています。 サボテンとは違いますが、自生地では長い間雨が降らな い事があり、自分が蓄えた水を少しづつ使い、雨が降るまで生き延びよう とします。 このような機能を持った植物を多肉質の植物と言います。 雨が少ない地域で自生していた植物ですから、自生地と同じような環境で 管理をしないと、決まって腐敗してしまいます。 つまり自生つでは夏場は 雨が少ないのですから、夏場は土が完全に乾いたら与えるようにします。 この水遣り方法を4~9月の間に行います。 水遣りを完全に停止させる事で、強制的に休眠させる事 になります。 フニャフニャになったのは、必要とする時に与えなかったり、必要もない 時に与えたり、また基本通りの水遣りをしなかったため、根が通常よりも 痛んでしまい弱弱しくなっていたからです。 今からの時期はシワシワになる事はありますが、フニャフニャになる事は ありません。 今からの時期は完全断水をして、強制的に休眠させて越冬させるようにし ます。 鉢土が乾いているからと言って、その事を知らない人が可哀想だと 思って水遣りをしたら、その時点で腐敗が始まって枯れてしまいます。 これを防ぐには11月に入ったら鉢から抜いて、新聞紙に根の部分だけを 出した状態で包んで、室内に保管します。 新聞紙の表面に「現在越冬中。 このまま春まで触るな。 」の貼り紙をして、捨てられないようにします。 4月に入ったら植替えをすれば、次第に元気を取り戻して元の姿に戻りま す。 コップ1杯の水や、自分が決めた日に水遣りをする事を「機械的水遣り」 と言います。 これは植物を栽培する上で、絶対に行ってはいけない方法に なります。 あなたが行っている方法が、まさに機械的水遣りなんです。 与える時は鉢底穴から十分に水が流れ出るまで与え、水が滴り落ちなくな ってから鉢皿に乗せます。 後は土が完全に乾くまで待って、先ほどの方法 を繰り返します。 フニャフニャになっては回復させるのは無理です。 残念ですが腐敗するの を待つしかありません。 上記に書いた事で原因は何かが理解して貰えたはずです。 今回は失敗しま したが、誰でも失敗しない人は居ませんから、これを教訓として来年の春 に新たにサンスベリアを買われ、再び挑戦されるようにして下さい。 サンスベリアを他の観葉植物のように栽培すると、必ずと言っていいほど 腐敗して枯れます。 他の観葉植物と植替え時期が同じでも、水遣りや越冬 の方法を間違うと必ず失敗します。 失礼ですが、あなたが行われた方法は全て間違いだらけでした。 まず植替えが出来るのは4~9月で、それ以外の時期は絶対に植替えては 駄目です。 植替えた時に水遣りをしたのが原因ではなく、時期外に植替え をした事が主な原因です。 また夏場の水遣りも適当でしたから、現在まで に徐々に根を痛めていたのも原因に繋がっています。 A ベストアンサー パキラを切らずに、根元を太くなるのは実生苗(種から発芽してそのまま育ったもの)ですね。 挿し木だと寸胴に育ちます。 どちらにしても、パキラの幹を早く太くするには、上の方を切ってしまえば良いんです。 棒だけになってしまうように上の葉っぱごとスパッっと、思い気って切れば新しい葉っぱが出てきて幹も太くなります。 これを繰り返す毎にどんどん幹が太くなりますよ。 上の方の切り離した枝葉は、枝にある程度のサイズがあれば、葉っぱを半分ぐらいに切って、赤玉土などに挿し木しておくと、根が出てきますよ。 ホームセンター等では結構太く短いパキラが200円以下ぐらいで販売されているでしょう。 あれの上の断面は明らかに鋸で切った後がありますよね。 挿し木で簡単に増えるのであんなに安いんですね。 大きくて手に負えなくなったパキラは、スパッと切って短くしてしまえば、簡単に運べるようになりますし、最近流行りのセラミス(培養土)に植えると、恐ろしいほど軽くできますよ。 ただこれからは寒くなるので、今度の春まではそのまま育てて、春になってからやった方が良いと思います。 暖かくなれば、切っても切っても新しい枝葉が出てきます。 パキラを切らずに、根元を太くなるのは実生苗(種から発芽してそのまま育ったもの)ですね。 挿し木だと寸胴に育ちます。 どちらにしても、パキラの幹を早く太くするには、上の方を切ってしまえば良いんです。 棒だけになってしまうように上の葉っぱごとスパッっと、思い気って切れば新しい葉っぱが出てきて幹も太くなります。 これを繰り返す毎にどんどん幹が太くなりますよ。 上の方の切り離した枝葉は、枝にある程度のサイズがあれば、葉っぱを半分ぐらいに切って、赤玉土などに挿し木しておくと、根... A ベストアンサー インテリア=飾りですから、このような考え方で管理をすると必ず失敗 して枯らせてしまいます。 要は植物をインテリアの一つとして考えない 事です。 自分は植物を育てているんだと言う認識を持つ事です。 さて葉が黒くなった原因ですが、天気が良い日にベランダに出した事が 原因ではないと思います。 栽培をされて何年か分かりませんが、冬場に 室内に置かれエアコンを頻繁に使用されていませんでしたか。 葉が黒ずむ原因は、ほとんどがエアコンによるものです。 エアコンには 冷房と暖房がありますが、冷房でも暖房でも植物を吹き出し口付近に置 かない事が第一条件で、直接に冷房や暖房がモンステラの葉に当たって しまうと葉が黒ずんで最後には枯れてしまいます。 現在の状態だと軽症の上と言った感じですから、黒ずんだ葉の部分だけ を切るようにして、葉の付け根から切るような事はしないで下さい。 例えば1枚の葉の半分が黒ずんでいるとすれば、その黒ずんでいる部分 だけ切り、緑の部分を少しでも残すようにして下さい。 重症の場合は挿し木による再生しか方法はありません。 直射日光に当てる事は避けるべきですが、それでも光線は必要ですから 春と秋にはレースのカーテン越しの弱い光線に当て、夏場は光線が強い ので明るい日陰に置きます。 夏場だけはレースのカーテン越しよりも、 更に室内寄りに位置を変えてやります。 冬場は春から秋までの光線より 弱いので、ガラス越しの窓辺で光線に当ててやります。 とにかくエアコン使用中は注意をし、絶対に直に冷風や温風が当たらな いようにする事です。 台所用ハサミしか無いと言われますが、あまり好ましいとは言えません ね。 葉の茎を切るのではなく葉を切る訳ですから、台所用ハサミだと切 口が汚くなります。 100円ショップに行けば工作用のハサミがありま すから、使用前に洗剤で油分を綺麗に落とし良く水分を拭き取ってから 使用して下さい。 インテリア=飾りですから、このような考え方で管理をすると必ず失敗 して枯らせてしまいます。 要は植物をインテリアの一つとして考えない 事です。 自分は植物を育てているんだと言う認識を持つ事です。 さて葉が黒くなった原因ですが、天気が良い日にベランダに出した事が 原因ではないと思います。 栽培をされて何年か分かりませんが、冬場に 室内に置かれエアコンを頻繁に使用されていませんでしたか。 葉が黒ずむ原因は、ほとんどがエアコンによるものです。 エアコンには 冷房と暖房がありますが、冷... A ベストアンサー トビムシ類でしょう。 植木鉢に湧く小さい白い虫はその多くが「ツチトビムシ」をはじめとしたトビムシ類です。 日本だけでも400種近くいるとされています。 体色は白色が多く、体長は0. 5mm以下~2mm程度まで。 植物の害虫ではなく堆肥や腐植土に発生し、腐植土の有機物質を食べています。 ですので害はないです。 とは言っても気になりますので、当面はオルトランの水和剤か、不快害虫用のエアゾール殺虫剤がいいでしょう。 殺虫剤は何度も使用すると悪影響がありますから少量にとどめて下さい。 bekkoame. wildsky. sakura. tym. fresheye. jpg <恒久対策> (1)湿気が多いと発生しやすいです。 日光に弱いですから日中の日差しの強い時間帯を除いて、風通しの良い場所に置き日光に当てる。 水を与える間隔は少し空け、土の表面がが乾いたらタップリ。 常に湿らせていると発生しやすいです。 今よりは与える間隔を少し長めにするといいでしょう。 (2)排水性・通気性が悪く、腐葉土成分が多いと発生し易くなります。 観葉植物でない普通の植物なら、来年春先に植え替える時には少し排水性・通気性を良くするために、「硬質赤玉土(小粒)5、腐葉土4、バーライト1」の割合の土に変えてみて下さい。 上記2つの対策でそのうち虫はいなくなりますよ。 類似の質問も有ります。 参考に。 bloom-s. html トビムシ類でしょう。 植木鉢に湧く小さい白い虫はその多くが「ツチトビムシ」をはじめとしたトビムシ類です。 日本だけでも400種近くいるとされています。 体色は白色が多く、体長は0. 5mm以下~2mm程度まで。 植物の害虫ではなく堆肥や腐植土に発生し、腐植土の有機物質を食べています。 ですので害はないです。 とは言っても気になりますので、当面はオルトランの水和剤か、不快害虫用のエアゾール殺虫剤がいいでしょう。 殺虫剤は何度も使用すると悪影響がありますから少量にとどめて下さい。 A ベストアンサー 置き場所に関しては、どうにかして探して下さい。 窓辺でなくても明るい場所なら状態は悪くなりませんが、年間を通して では少し都合が悪いです。 春から秋までは屋外に置くようにして、冬場 だけは明るい場所に置かれてはどうでしょうか。 例えばS型金具をカーテンレールに掛け、空の吊り鉢に鉢を入れても構 いません。 置き場所が見つからない時は、吊るす事で場所を作る事が出 来ます。 冬場の水遣りは大変です。 冬場は鉢土も乾きにくいので、表面は乾いて いても鉢内は十分に湿っている事もあるので、時には水の与え過ぎにて 根腐れを起こす事もあります。 誰にでも出来て身近な物を利用して土の 乾き具合を知る方法があります。 それを説明します。 用意する物は15~18センチの竹串だけです。 この竹串を鉢の内側の側面に這わすように鉢底まで突き刺します。 定期的に抜いて見て、自分の乾いた指先で竹串を触り、どの程度湿って 居るのかを確かめます。 完全に乾いていれば水遣りをし、湿りっ気があ るようなら更に数日待ちます。 再び竹串を刺す時は、別の完全に乾いている竹串を使い、一度でも使用 した竹串は完全に乾くまで使いません。 僕はこの方法を「水分量竹串確認法」と勝手にネーミングしています。 植替えをした時に、以前の土と種類が変わった時は土の乾きも変わりま すよね。 以前と同じように水遣りをしたら、何故か枯れてしまったと言 う事もあります。 土が変われば乾きも変わりますから、その土の乾きを 知るためにも水分量竹串確認法が適していると僕は考えています。 この方法は年間を通して使えます。 竹串は色が変わったりしたら交換を して下さい。 置き場所に関しては、どうにかして探して下さい。 窓辺でなくても明るい場所なら状態は悪くなりませんが、年間を通して では少し都合が悪いです。 春から秋までは屋外に置くようにして、冬場 だけは明るい場所に置かれてはどうでしょうか。 例えばS型金具をカーテンレールに掛け、空の吊り鉢に鉢を入れても構 いません。 置き場所が見つからない時は、吊るす事で場所を作る事が出 来ます。 冬場の水遣りは大変です。 冬場は鉢土も乾きにくいので、表面は乾いて いても鉢内は十分に湿っている事もあるので、時には水...

次の