藤井 聡太 速報 形勢。 和服姿で藤井聡太七段「棋聖戦」連勝 フジテレビ【直撃LIVEグッディ!】|JCCテレビすべて

将棋棋譜速報 : 将棋王将戦棋譜速報(午後4時現在) 広瀬章人竜王対藤井聡太七段 先手有利でしょ?

藤井 聡太 速報 形勢

本日(3月5日)は第77期順位戦C級1組最終戦が行われている。 杉本昌隆八段(50)と藤井聡太七段(16)の師弟昇級なるか、という点でも注目が集まっている。 最終戦を迎えた状況の整理 全体で2位までがB級2組へ昇級する。 その可能性があるのは、8勝1敗の4名と7勝2敗で順位上位の1名([4]高崎一生六段(32))。 同星の場合は前期成績による順位によって決まる。 8勝1敗の4名とその対戦相手([]内は順位、()内は今期順位戦の成績) [6]近藤誠也五段(8勝1敗)ー[33]増田康宏六段(5勝4敗) [7]杉本昌隆八段(8勝1敗)ー[9]千葉幸生七段(5勝4敗) [14]船江恒平六段(8勝1敗)ー[13]金井恒太六段(5勝4敗) [31]藤井聡太七段(8勝1敗)ー[32]都成竜馬五段(5勝4敗) 順位が上の杉本八段と近藤誠也五段(22)は、勝つと2位以内が確定して昇級が決まる。 藤井(聡)七段と船江恒平六段(31)は、自身が勝っても順位が上の棋士が負けないと2位までに入れない。 藤井(聡)七段は前局まで順位戦で18連勝していたのだが、たった一つの黒星で昇級が厳しい状況に追い込まれている。 最終戦を徹底分析! ここから、8勝1敗の4名の対戦相手を順位上位の棋士から分析していく。 先に述べると、全員難敵を迎えており、波乱の余地は十分にありそうだ。 近藤(誠)五段の対戦相手は増田康宏六段(21)。 増田(康)六段は昨年の第31期竜王戦決勝トーナメントでは藤井(聡)七段に勝つなど実力はよく知られている。 今期はやや目立たないが、それでも勝率は6割を超えている。 この二人は同世代でライバル的存在なだけに、増田(康)六段は目の前で近藤(誠)五段に昇級を決められるのは嫌だろう。 全力で負かしにくることは間違いない。 近藤(誠)五段は前局で藤井(聡)七段に勝ったのだが、一難去ってまた一難だ。 杉本八段の対戦相手は千葉幸生七段(40)。 毎年6割前後の高勝率をあげており、長考派で順位戦のような持ち時間が長い将棋に力を発揮する。 千葉七段の今期順位戦は5勝4敗と昇級にも降級点にも絡まない成績だが、同世代の筆者が知る中学生の頃から全力投球が流儀なので、この一番も全力で臨むことは間違いない。 杉本八段としては非常に嫌な相手だ。 長考派同士の対局で、4局中もっとも遅い終局が予想される。 船江六段の対戦相手は金井恒太六段(32)。 前期叡王戦ではタイトルを決める七番勝負に進出した実力者だ。 同世代の二人だが、実績ではその点で金井六段が一歩リードしている。 また金井六段も千葉七段同様、全力投球が持ち味で順位戦はいつも最後まで激戦を繰り広げている。 最後の最後まで気の抜けない相手といえよう。 藤井(聡)七段の対戦相手は都成竜馬五段(29)。 前年度に続いて今年度も7割近い高勝率をあげている強敵だ。 都成五段は藤井(聡)七段に一度も勝っていない(0勝4敗)が、非公式戦では都成五段が勝利したこともある。 誰よりも藤井(聡)七段と公式戦で対戦を重ねて手の内をよく知っており、ここ一番に秘策を持って来る可能性もある。 藤井(聡)七段としては相手にペースを掴ませずに戦いを進めたい。 藤井(聡)七段の昇級は? 藤井(聡)七段は自身が勝って8勝1敗の3名中2名が負けないと昇級できない。 しかし上記のとおり競争相手が全員難敵を迎えているだけに逆転昇級の可能性は十分にある。 とはいえ杉本八段と藤井(聡)七段の師弟昇級は、この2名が勝ったうえで競争相手の2名がともに負けるというケースのみなので、可能性はかなり低い。 仮に杉本八段のみの昇級となっても、平成以降Cクラスに陥落してからBクラスに復帰した前例は無いようで快挙と言えよう。 藤井(聡)七段が三段リーグを勝ち抜いたときの成績(13勝5敗、順位27位)は、通常であればプロ入りは難しい成績だったが、競争相手が負けたことで幸運が転がり込んだ。 その時筆者は藤井(聡)七段の持って生まれた強運を感じたものだ。 明るいデータもある。 52年前、順位戦デビュー18連勝を達成した中原誠十五世名人は、連勝が止まった後に勝ち星を重ねて昇級を果たしている。 上位陣が勝って昇級を決めるのか、それとも波乱が起きて藤井(聡)七段の逆転昇級なるのか。 ドラマが起きるムードも漂っている。 全てが決着するのは23時頃の予定だ。 最後まで見逃せない戦いが続くだろう。 ぜひ下記メディアでご観戦いただきたい。

次の

藤井聡太七段なるか最新中継&結果速報!戦型・形勢はどうなっているかvs船江恒平戦まとめ!

藤井 聡太 速報 形勢

<スポンサードリンク> 藤井聡太 忖度なしですごい!1局目のtwitterまとめ。 翌日からは宣言通り、和服姿となります。 <スポンサードリンク> 藤井聡太 忖度なしですごい!2局目のtwitterまとめ。 「2局目以降は和服で」と本人が宣言している通り、第2局ではタイトル戦初の和服姿を披露することになる藤井だが、地元で開幕する王位戦の挑戦も決めており、封印の可能性も。 朝の様子が注目される — 7mitsubachi7 mitsubachi2019 第91期 棋聖戦 2局目 渡辺棋聖 対藤井聡太七段の 対局です。 和服もなかなか 似合いますね。 藤井聡太七段。 今日勝って 初タイトルに王手をかけるか、 最近 少し不調の 渡辺棋聖 振り出しに戻すか? 興味深々の対局です。 今シリーズ2連勝とし、最年少タイトル獲得の偉業に王手をかけた。 第3局は7月9日に行われる。 — ライブドアニュース livedoornews <スポンサードリンク> 藤井聡太 忖度なしですごい!と思えた、3月24日の稲葉八段との形勢大逆転劇について。 この日の稲葉八段との一局が、 すさまじい大逆転劇と絶賛されました。 中盤で1時間半の熟考へ。 対局の中盤頃、稲葉八段から指された後、しばらく藤井七段は熟考し続けます。 お昼休みに入っても、ササっと戻ってきて今後の流れについてひたすら熟考します。 その時間は約1時間半ほど。 ようやく次の一手が決まりました。 その後もまた熟考するシーンが増えます。 藤井七段の特徴として、大事な場面ではたった1手、されど1手。 この瞬間に対して思い切って時間を費やすことが多いと言われています。 それだけターニングポイントとなる大切な場面には、 あらゆるパターンを計算し尽くし、その上で最良の一手を見出す。 将棋の持ち時間は4時間。 その中で一手に1時間半もかけるのは、 それだけ重要だとにらんでのことでしょう。 その分析力と思い切った時間の使い方が藤井七段の強さの秘訣なのかもしれません。 持ち時間は藤井7段「10分」、稲葉八段「3時間」の圧倒的不利。 終盤になると持ち時間が稲葉八段が3時間以上あるのに対し、 藤井七段はたった10分ほど。 思考の余裕度合いから見れば、圧倒的に不利な状況です。 難しい場面でトイレのために席を立ちますが、 将棋では指しての番の場合、トイレでも時間が削られてしまいます。 残す時間はわずか・・。 大ピンチです。 まさかの藤井七段による渾身の一撃!大逆転へ!! 終盤、稲葉八段の有利な状況でありましたが、 たった一手の藤井七段の渾身の一撃が戦局を一変させます。 稲葉八段のあれだけ余裕のあった時間もどんどん削られていき、 次第に残り時間も30分くらいに。 対する藤井七段は持ち時間も終わり、一分将棋。 しかし最後には王手を出され、 「負けました・・」と稲葉八段の負けが決まりました。 この大逆転劇には、その他のプロ棋士達も全く予想も出来なかった、 あり得ない大逆転劇だったようです。 史上初の3年連続勝率8割を達成。 しかし藤井七段はあまり記録は意識せず、ただただ最善を尽くすのみとコメント。 伝説の大逆転劇と共に、3年連続勝率8割という偉業も達成した藤井七段。 しかし当の本人は、 藤井「そのことはまったく意識してなかったですけど、今年度も一局一局全力を尽くしてきた結果、そういう結果を残せたことはよかったかなと思います」 とのこと。 こういった経緯から、 忖度なしですでに棋聖、タイトルにふさわしい器なのではないか? と思えてなりませんでした。 今後の藤井七段の活躍にこうご期待です!!.

次の

藤井聡太七段の6月の対局予定と中継は?今後の成績にも注目!

藤井 聡太 速報 形勢

藤井聡太七段の6月の対局予定と中継2020 藤井聡太七段の2020年6月の対局予定は大きい対局が続きます。 まず、棋聖戦では新型コロナウイルスの影響により消えかけていたタイトル挑戦最年少記録がかかり、王位戦でもタイトル挑戦権がかかります。 ともにタイトル挑戦まであと2勝と迫っており、大注目の対局になります。 一方、6月下旬にはいよいよ順位戦B級2組の対局が始まります。 こちらも連続昇級のスタートとして重要な対局となるのは間違いないところです。 藤井聡太七段の2020年6月の対局予定は、以下のようになっています。 また、囲碁・将棋チャンネルの視聴にはスカパー!との契約が必要です。 1つは6月から始まるC級1組順位戦で、初戦で名人戦挑戦者の経験のある森下卓九段との対局です。 最年少での名人位獲得には、いいスタートを切りたいところです。 もう1つは、まだ日程は未定ですが王座戦挑戦者決定トーナメントの深浦康市九段戦です。 藤井聡太七段のタイトル挑戦に最も近いのがこの王座戦でこの対局が準々決勝です。 藤井聡太七段の2019年6月の対局予定で、すでに日程が決定しているのは以下の通りです。 2019年6月1日 金 10:00 VS 中村亮介六段(棋王戦予選決勝) 2019年6月5日 火 10:00 VS 石田直裕五段(竜王戦5組ランキング戦決勝) 2019年6月17日 日 20:00 VS 近藤誠也五段(AbemaTVトーナメント予選・非公式戦) 2019年6月19日 火 10:00 VS 森下卓九段(順位戦C級1組1回戦) 2019年6月24日 日 20:00 VS 三枚堂or橋本or近藤(AbemaTVトーナメント予選・非公式戦) 藤井聡太七段の6月の対局中継予定2019 現時点でわかっている中継は以下の通りですが、AbemaTVやニコ生がさらに追加で中継する可能性があります。 2019年6月1日 金 中村亮介六段戦 AbemaTV、ニコ生、日本将棋連盟携帯アプリ 2019年6月5日 火 石田直裕五段戦 AbemaTV、日本将棋連盟携帯アプリ、囲碁・将棋チャンネル、囲碁・将棋プレミアム 2019年6月19日 火 森下卓九段戦 日本将棋連盟携帯アプリ 2019年6月17日 日 近藤誠也五段戦 2019年6月24日 日 三枚堂or橋本or近藤戦 AbemaTV 藤井聡太七段の今後の成績にも注目! ここまで順調に白星を積み重ねて昇段を続けている藤井聡太七段ですが、上に上がってくるにつれ、対戦相手も上位の棋士が多くなってきます。 また勝てば勝つほど対局数が増えて日程も過密になってきます。 まだ高校生なので学業との両立や愛知県に住んでいるため将棋会館までの移動時間など将棋以外の問題が出てくるかもしれません。 現に羽生竜王は高校時代に将棋の対局で多忙になり、普通科から定時制に変わったほどです。 これらの障害をうまくクリアーすればこれまで通り順調に勝ち上がっていくのではないでしょうか。 藤井聡太七段の今後の成績に大注目ですね。 藤井聡太七段、2019年に入って3度目の昇段 藤井聡太七段が加藤一二三九段が17歳3ヵ月で達成した最年少記録より18か月早い15歳9か月での七段昇段を決めました。 2月に第76期順位戦C級2組全勝昇級により五段昇段、そこからわずか16日後の第11回朝日杯将棋オープン戦優勝で六段昇段、そして5月には第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝船江恒平六段との対局に勝ち、竜王戦4組に昇級し、七段に昇段しました。 七段昇段は竜王ランキング戦連続昇級の規定によるものです。 なんと 今年に入って3度目の昇段となりました。 師匠・杉本昌隆七段など関係者のコメント この七段昇段には師匠の杉本昌隆七段をはじめ、将棋界のレジェンドや第一人者たちから称賛のコメントが寄せられています。 主なコメントは以下の通りです。 師匠・杉本昌隆七段 今年に入って3回目の昇段には感服します。 結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表します。 弟子に自分と同じ段位に追いつかれることは、師匠として大きな喜び。 複雑な気持ちなど微塵もありません。 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段 最年少七段昇段、誠におめでとうございます。 まだ年の初めは四段だったことを考えますと、過去に例を見ないスピードで、ただ驚くばかりです。 内容も申し分なく見事の一言に尽きます。 さらなる飛躍を祈念いたします。 羽生善治竜王 2月の六段昇段から3カ月あまりで七段昇段を達成されてそのスピードに驚愕させられています。 将棋の内容も積極的な動きが特徴で磨きがかかっていると思います。 今後の更なる活躍を期待します。 加藤一二三九段 快進撃の末の史上最年少、史上最速での七段昇段、心より御祝い申し上げます。 15歳にして早くも高段者の域に達したことは見事の一字に尽きます。 これからも、その類稀なる才能と豊かな探究心、絶えざる情熱を以て、いまだ誰もみたことのない景色を我々にみせてくれることを楽しみにしております。 日本将棋連盟より引用 藤井聡太七段の6月の対局予定~まとめ 今回は、藤井聡太七段の6月の対局予定と中継と今後の成績などについてまとめてみました。 6月の対局予定を見ると大きな対局もあり、タイトル挑戦の日も刻一刻と近づいているように思えます。 現在 高校生で超多忙な日々を送る藤井聡太七段としては、学業との両立がかかるこの3年間をうまく乗り切れるかが大きな課題ともいえるでしょう。 対局があれば中継が入ることが多い藤井聡太七段の活躍から目が離せません。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の