アイス ボーン ヒドゥン ブレイズ。 [ゲーム日記] MHW:アイスボーン その1 [PS4]

モンハンワールド アイスボーンに関して質問です。

アイス ボーン ヒドゥン ブレイズ

MH歴約4ヶ月、アクション下手、ソロ専のおっさんのモンハン日記。 ストーリー内容のネタバレはなし。 装備名やモンスター名はネタバレあり。 MH歴 モンハン日記の第一回ということで、簡単にMH歴的なものを紹介。 MHシリーズは全くやったことがなく、MHWが初• 大剣縛りでストーリークリア。 しかし、真溜めがろくに当たらず挫折• ヘビィボウガンで最初からやり直し、再びストーリークリア• その後は、武器縛りを解禁し、歴戦王の装備や宝珠集め (メインの武器はヘビィボウガンとライトボウガン、大剣。 それ以外は、ハンマーと双剣を軽くプレイ)• ベヒーモスは鎧のためにがんばって数回クリア。 極べヒ、エンシェントレーシェンは無理だった……• 歴戦王マムタロトも何度か狩ったが、ソロだときつかったので一旦終了• 歴戦古龍あたりからは、拡散ヘビィだとか、睡眠ボマーといった戦法でなんとか倒して装備を作って先へ進むという青息吐息状態(笑) そんな訳で、アイスボーンもできれば使ったことのない武器で最初からストーリークリアぐらいまでと思っていた。 ただ、新キャラとなると、珠集めをやり直しになってしまうのが一番の問題。 攻撃珠は計3個(うち2個はクエストやイベントの報酬) この秋はやりたいゲームが多いこともあって、とりあえず、既存のキャラでプレイすることにした。 ライトボウガンでストーリー開始 装備がそれなりに揃っているのはヘビィボウガンとライトボウガン。 歴戦王マムタロトのソロ周回のためにライトボウガン装備も揃えたのだが、肝心のガイラアサルト・賊は手に入らず、代わりにガイラブリッツ・援撃をゲットという結果に終わった。 そこでアイスボーンはライトボウガンで行くことにした。 最初の装備は超耐久型。 ちなみに私のモンハンのプレイスタイルは、装備についての情報はがっつり調べるけれど、モンスターについてはできるだけ何も見ずに初見感を楽しむというご都合主義。 片っ端からモンスターを狩りまくっていろいろな装備を作り、その組み合わせを試行錯誤しながら楽しむというのが理想だと思うのだが、アクション下手&ソロ専の私には、レア素材集めが正直大変すぎ。 なので、ある程度調べ、オススメ装備の素材を落とすモンスターを集中的に狩り、それ以外は必要最低限にとどめて先に進むという感じでやっている(装備が良くなってから、フリークエスト等を消化)。 まぁ、いわゆるひとつの効率プレイ。 もちろん、エンドコンテンツまで到達して、その後も長くプレイすることになれば、いろいろ防具や武器も作ると思う。 なお、ライトボウガン装備については、配信でも有名な「はおー」さんのサイトを大いに参考にさせてもらっている。 徹甲榴弾速射ライトボウガンがお手軽すぎてヤバイ 通常弾や散弾は、適正距離を保つのがけっこう難しい。 ガイラブリッツ・援撃メインは早めに切り上げ、属性弾武器を2本ぐらい作ろうと考えていた。 まず最初に作ったのは、ジュラトドス系のブランシューター。 氷結弾と水冷弾の速射が可能で、散弾Lv2も使える。 これにライトニングブリッツIV(電撃弾速射)や、レウスバスターIII(火炎弾速射)あたりを作って、使い分けというプラン。 しかし、しばらくプレイしていたところ、アイスボーンでは徹甲榴弾Lv2速射や、徹甲榴弾Lv2の単発自動装填が可能な銃があると知り、急遽予定を変更。 序盤で作れるのは、• バフバロ系なら巨牛の大弩シリーズ このあたり。 一応紹介しておくと、以下のような構成()。 アイスボーン序盤で何か防具一式を作っても良かったのだが、結局ナルガグルカあたりまでは旧防具で乗り切った。 その後、 ブラキディオスを撃破し、徹甲弾Lv2速射デビュー。 あまりの強さに笑ってしまう。 「こんなんでいいのか俺!」と自問自答しつつも、ストーリー中盤からはサクサク進めていく。 まもりの大盾は徹甲ライトと相性が非常に良く、敵に狙われずにガンガン撃てる 今後作りたい装備 ライトボウガンの強化だけでなく、他の武器も使いたいということで、配信者の動画を見たり、ブログを読みつつ、ストーリー後半を進めている。 exゾラマグナで砲術5• マスター級のイビルジョーを倒して武器更新 ライトボウガンについてはこれが当面の目標。 ただ、exゾラマグナはエンドコンテンツ入りしてからのようだ。 「ガイラアサルト・賊」を超える散弾ヘビィ(ジンオウガ武器)があるそうなので、まずはこれが目標になりそう(これもかなり先のようだ)。 ガード系スキルと武器の回復カスタムを積んで、ガード散弾ヘビィというパターン。 特殊射撃の狙撃や貫通弾も気持ちいいので、そっち系もできれば作ってみたい。 イヴェルカーナの防具など(?)につくセットボーナスの「冰気錬成」があれば、溜め斬りの1段階目が大ダメージなるという。 真溜め斬りに挫折したとはいえ、「納刀状態で敵の攻撃を避けまくり、スキあらば斬って、またすぐに納刀して逃げる」という抜刀大剣はプレイしやすかった。 これが大ダメージになるなら、ぜひ再挑戦してみたい。 イヴェルカーナまでは進んでいるので、防具は頑張って狩れば作れる状態。 とりあえずなら、ヒドゥンブレイズIIか、すぐに作れそうなジャグラスデスクロウIIだろうか。 それとティガレックスから作れるEXレックスシリーズが面白い。 全体としては、徹甲速射ライトボウガンでストーリーを進めていき、難易度の低いサブクエストなどを抜刀大剣で遊ぶ(リハビリ)というプランになりそう。

次の

【MHWアイスボーン】大剣のヒドゥンブレイズって強いの?ハイブリッド型に採用できそうか【モンハンワールドアイスボーン】

アイス ボーン ヒドゥン ブレイズ

MH歴約4ヶ月、アクション下手、ソロ専のおっさんのモンハン日記。 ストーリー内容のネタバレはなし。 装備名やモンスター名はネタバレあり。 MH歴 モンハン日記の第一回ということで、簡単にMH歴的なものを紹介。 MHシリーズは全くやったことがなく、MHWが初• 大剣縛りでストーリークリア。 しかし、真溜めがろくに当たらず挫折• ヘビィボウガンで最初からやり直し、再びストーリークリア• その後は、武器縛りを解禁し、歴戦王の装備や宝珠集め (メインの武器はヘビィボウガンとライトボウガン、大剣。 それ以外は、ハンマーと双剣を軽くプレイ)• ベヒーモスは鎧のためにがんばって数回クリア。 極べヒ、エンシェントレーシェンは無理だった……• 歴戦王マムタロトも何度か狩ったが、ソロだときつかったので一旦終了• 歴戦古龍あたりからは、拡散ヘビィだとか、睡眠ボマーといった戦法でなんとか倒して装備を作って先へ進むという青息吐息状態(笑) そんな訳で、アイスボーンもできれば使ったことのない武器で最初からストーリークリアぐらいまでと思っていた。 ただ、新キャラとなると、珠集めをやり直しになってしまうのが一番の問題。 攻撃珠は計3個(うち2個はクエストやイベントの報酬) この秋はやりたいゲームが多いこともあって、とりあえず、既存のキャラでプレイすることにした。 ライトボウガンでストーリー開始 装備がそれなりに揃っているのはヘビィボウガンとライトボウガン。 歴戦王マムタロトのソロ周回のためにライトボウガン装備も揃えたのだが、肝心のガイラアサルト・賊は手に入らず、代わりにガイラブリッツ・援撃をゲットという結果に終わった。 そこでアイスボーンはライトボウガンで行くことにした。 最初の装備は超耐久型。 ちなみに私のモンハンのプレイスタイルは、装備についての情報はがっつり調べるけれど、モンスターについてはできるだけ何も見ずに初見感を楽しむというご都合主義。 片っ端からモンスターを狩りまくっていろいろな装備を作り、その組み合わせを試行錯誤しながら楽しむというのが理想だと思うのだが、アクション下手&ソロ専の私には、レア素材集めが正直大変すぎ。 なので、ある程度調べ、オススメ装備の素材を落とすモンスターを集中的に狩り、それ以外は必要最低限にとどめて先に進むという感じでやっている(装備が良くなってから、フリークエスト等を消化)。 まぁ、いわゆるひとつの効率プレイ。 もちろん、エンドコンテンツまで到達して、その後も長くプレイすることになれば、いろいろ防具や武器も作ると思う。 なお、ライトボウガン装備については、配信でも有名な「はおー」さんのサイトを大いに参考にさせてもらっている。 徹甲榴弾速射ライトボウガンがお手軽すぎてヤバイ 通常弾や散弾は、適正距離を保つのがけっこう難しい。 ガイラブリッツ・援撃メインは早めに切り上げ、属性弾武器を2本ぐらい作ろうと考えていた。 まず最初に作ったのは、ジュラトドス系のブランシューター。 氷結弾と水冷弾の速射が可能で、散弾Lv2も使える。 これにライトニングブリッツIV(電撃弾速射)や、レウスバスターIII(火炎弾速射)あたりを作って、使い分けというプラン。 しかし、しばらくプレイしていたところ、アイスボーンでは徹甲榴弾Lv2速射や、徹甲榴弾Lv2の単発自動装填が可能な銃があると知り、急遽予定を変更。 序盤で作れるのは、• バフバロ系なら巨牛の大弩シリーズ このあたり。 一応紹介しておくと、以下のような構成()。 アイスボーン序盤で何か防具一式を作っても良かったのだが、結局ナルガグルカあたりまでは旧防具で乗り切った。 その後、 ブラキディオスを撃破し、徹甲弾Lv2速射デビュー。 あまりの強さに笑ってしまう。 「こんなんでいいのか俺!」と自問自答しつつも、ストーリー中盤からはサクサク進めていく。 まもりの大盾は徹甲ライトと相性が非常に良く、敵に狙われずにガンガン撃てる 今後作りたい装備 ライトボウガンの強化だけでなく、他の武器も使いたいということで、配信者の動画を見たり、ブログを読みつつ、ストーリー後半を進めている。 exゾラマグナで砲術5• マスター級のイビルジョーを倒して武器更新 ライトボウガンについてはこれが当面の目標。 ただ、exゾラマグナはエンドコンテンツ入りしてからのようだ。 「ガイラアサルト・賊」を超える散弾ヘビィ(ジンオウガ武器)があるそうなので、まずはこれが目標になりそう(これもかなり先のようだ)。 ガード系スキルと武器の回復カスタムを積んで、ガード散弾ヘビィというパターン。 特殊射撃の狙撃や貫通弾も気持ちいいので、そっち系もできれば作ってみたい。 イヴェルカーナの防具など(?)につくセットボーナスの「冰気錬成」があれば、溜め斬りの1段階目が大ダメージなるという。 真溜め斬りに挫折したとはいえ、「納刀状態で敵の攻撃を避けまくり、スキあらば斬って、またすぐに納刀して逃げる」という抜刀大剣はプレイしやすかった。 これが大ダメージになるなら、ぜひ再挑戦してみたい。 イヴェルカーナまでは進んでいるので、防具は頑張って狩れば作れる状態。 とりあえずなら、ヒドゥンブレイズIIか、すぐに作れそうなジャグラスデスクロウIIだろうか。 それとティガレックスから作れるEXレックスシリーズが面白い。 全体としては、徹甲速射ライトボウガンでストーリーを進めていき、難易度の低いサブクエストなどを抜刀大剣で遊ぶ(リハビリ)というプランになりそう。

次の

【MHWアイスボーン】ヒドゥンブレイズの派生と強化素材【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン ヒドゥン ブレイズ

カスタム枠にどのように入れているか分からないですが、例えばの話ですが、ナルガ大剣に攻撃カスタムを4回、ラスボスに攻撃カスタム2回行ったとします。 また、ナルガ大剣の場合、パーツ強化も可能で最大6回分全て攻撃パーツを付与させたとします。 ここで、2つの武器倍率を見ると…。 ナルガ大剣:攻撃力240 ラスボス大剣:攻撃力280です。 ここに、先程の基礎攻撃力を付与させると...。 ナルガ大剣:攻撃力271 ラスボス大剣:攻撃力290です。 武器単体だけで見ると、初めは40の攻撃力差ですが、カスタム強化にすると18の攻撃力差までに縮まります。 また、冒頭の方でラスボス大剣だと匠スキルを盛らないと紫ゲージが出ない為、スキル幅が狭まります。 結果として、ナルガ大剣がラスボス大剣より強いってことです。 長々と失礼します。

次の