中曽根 葬儀 - 中曽根元総理の合同葬はなぜこの日に行われたのか(田中良紹)

葬儀 中曽根 故中曽根元首相の合同葬儀 営まれる(日本テレビ系(NNN))

中曽根葬儀

葬儀 中曽根 中曽根元総理の合同葬はなぜこの日に行われたのか(田中良紹)

葬儀 中曽根 故中曽根元首相の合同葬儀 営まれる(日本テレビ系(NNN))

葬儀 中曽根 中曽根元首相3度目の葬儀

【中曽根康弘】中曽根元首相の合同葬「なぜ神嘗祭に」神社関係者から異論|日刊ゲンダイDIGITAL

葬儀 中曽根 元総理の中曽根康弘の合同葬儀について考察!

【一体誰の葬儀だ?】中曽根康弘内閣・自民党合同葬 1年程前死去のN葬を今やるか? そこでネット巷では国際軍事裁判で処刑されたN、K、Aの合同葬、いや天○さんのだとの憶測も: 今この時&あの日あの時

葬儀 中曽根 自衛隊員が、故中曽根康弘 内閣

葬儀 中曽根 中曽根元総理の合同葬はなぜこの日に行われたのか(田中良紹)

葬儀 中曽根 自衛隊員が、故中曽根康弘 内閣

葬儀 中曽根 中曽根元首相3度目の葬儀

天皇祝祭神嘗祭と中曽根合同葬 祝祭に葬祭をぶつけた17日 赤かぶ

葬儀 中曽根 元総理の中曽根康弘の合同葬儀について考察!

【中曽根康弘】中曽根元首相の合同葬「なぜ神嘗祭に」神社関係者から異論|日刊ゲンダイDIGITAL

彼は「安倍首相は死んだ」ということをすでに知っていて、思わず口走ってしまわれたのでしょう。

  • フーテンが最初に中曽根元総理と関わったのは、社会部記者として担当したロッキード事件である。

  • 権力者を取材すればするほど同時進行で書けるのは「よいしょ」の記事になりやすい。

  • 中曽根康弘は日航機墜落事故に関与していた可能性が高い件について。

【中曽根合同葬の裏真相】中曽根元首相葬儀は表向き 実際は直前にロンメル処刑死した四極悪人の葬儀だった!?: 今この時&あの日あの時

もし皆が手ぶらで来るも葬儀だけなら、質素な割にはどなたかのコメにも有ったように公金が無駄に浪費された印象だ。

  • あれ、確か11月の死の直後に葬儀やってなかったっけ?と思いましたが・・・。

  • この構図は日本学術会議の任命拒否問題と似ている。

  • という衝撃的な内容を紹介する。

【中曽根康弘】中曽根元首相の合同葬「なぜ神嘗祭に」神社関係者から異論|日刊ゲンダイDIGITAL

それもそのはず、以前にも福田赳夫、小渕恵三、橋本龍太郎などの元首相の国葬が行われましたが、こんな通達は出されていません。

  • とりあえず本文のコピーを引用しておきます。

  • 出たのは一番最近で、昭和天皇の葬儀ですね。

  • それを潰したのがこの合同葬日程である。

【中曽根康弘】中曽根元首相の合同葬「なぜ神嘗祭に」神社関係者から異論|日刊ゲンダイDIGITAL

かなり不気味であると僕は感じます。

  • 左右のパネルの勲章は特に多い。

  • その終了の合図となったのが、2020年10月17日に行われた、中曽根康弘元首相の葬儀です。

  • というわけで、中曽根康弘元首相は、2回死亡し、その葬儀は3回にわたって行われたというわけです。

故中曽根元首相の合同葬儀 営まれる(日本テレビ系(NNN))

キリスト教とは無縁の、伝統的な日本民族の統治理念をとり戻すべきだと思う。

  • 彼は「安倍首相は死んだ」ということをすでに知っていて、思わず口走ってしまったのです。

  • 政治屋・官僚など公の上は殆ど朝鮮カルト繋がりか特権繋がり。

  • ツイッターでは「どこの軍事国家かと思った」とか「これが日本! 中曽根元首相3度目の葬儀 というわけで、さっそくネットで調べていましたが、やっぱり私の記憶は間違ってはいませんでした。

天皇祝祭神嘗祭と中曽根合同葬 祝祭に葬祭をぶつけた17日 赤かぶ

全て繋がっている茶番劇。

  • 式の後は宴ということにでもならない限り、二億円の経費は納得が行かない。

  • 自衛隊法施行規則 (と列) 第14条の2 と列は、栄誉礼受礼資格者であつて防衛大臣が定めるものが自衛隊を公式に訪問し又は視察する場合その他防衛大臣が定める場合に際し、当該受礼資格者を途上において送迎し、及びこれに敬意を表するため行う。

  • しかも政府は、この直前に、防衛省令を改正し、わざわざこの葬儀だけに限って、儀仗兵を使える法律を作ってまで、儀仗兵を参列させています。

中曽根葬儀

ホテルにつながる私道で警察から、10分間ほど止められ、誰何されたが、とりあえず玄関まで行けた。

  • このことが実は葬式に関係してくるということが考えられます。

  • 神嘗祭の最中に、不浄な葬儀などもってのほかと差し止める宮中側近不在の危機なんだろうかね。

  • それをなぜわざわざ宮中祭祀のひとつである神嘗祭の日に行うのかという疑問である。




2021 cdn.snowboardermag.com