礼 真琴 ブログ - 【礼真琴】ダンスと歌唱力で魅了するスターの軌跡!ファンの声と振り返る!

ブログ 礼 真琴 【礼真琴】ダンスと歌唱力で魅了するスターの軌跡!ファンの声と振り返る!

星組トップコンビがイマイチ萌えない不思議

ブログ 礼 真琴 『モーツァルト』礼真琴が神がかり!?感想と星組の今後に期待!

ブログ 礼 真琴 宝塚メモ~礼真琴と星組の「ロミオとジュリエット」に足りなかったもの

ブログ 礼 真琴 「阿弖流為

ブログ 礼 真琴 礼真琴の相手役に音波みのりがしっくりくる訳 /

ブログ 礼 真琴 『モーツァルト』礼真琴が神がかり!?感想と星組の今後に期待!

ブログ 礼 真琴 「礼真琴」 ブログ検索

ブログ 礼 真琴 礼真琴の任期は長期なのか短期なのか|ショー「VERDAD!!」について考える|今日も、ヅカのこと。

ブログ 礼 真琴 こりゃスゴい!礼真琴さんモーツァルト♪超絶技巧の歌、極限のダンス

礼真琴・舞空瞳トップコンビの相性・実力・評判を分析!足りないと感じたものとは?

ブログ 礼 真琴 『モーツァルト』礼真琴が神がかり!?感想と星組の今後に期待!

【星組】トップスター礼真琴のたったひとつの課題

例えば、コロナの影響で予算を削減したいとか、オリンピックの影響で会場が舞浜しか押さえられなくて、とか。

  • 特に恋に破れて母を失った1幕のラストのことちゃんの歌とひっとんのダンスが素晴らしく、心に残りました。

  • 舞空さんは、ミニスカートもロングドレスも似合わない服がなく、ダンスの時には、衣装が体の一部のように美しく沿って、扱いが見事。

  • 舞空さんは、宝塚アレンジされた奔放だか可愛らしく純粋なコンスタンツェを好演。

久しぶりの宝塚観劇で礼真琴さん・ロミジュリを観た

上述の通り、下級生の頃から 約束されたトップ街道を歩んできたことちゃんは、貴重な歌上手でもあります! 歌上手トップの望海風斗様が卒業されるので、今後はことちゃんが担う役割が大きくなりそうですね。

  • けれどこのロミジュリが最初の大仕事であることは間違いない。

  • 「小柄な男役」といえば、今回の舞台ではまるでそんなことに気づきませんでした。

  • は残していくスタイル まぁこれから書くものも数年もしたら気持ち悪いって思ってしまうんだろうが、かまわない!!!!っていう姿勢でやっていきたい。

礼真琴さんはスゴイことが普通♪ロックオペラモーツァルト感想

後に弟子の フランツ・ジュースマイヤ 極美慎 によって補完されました。

  • 笑 そんなわけで、今回の開催時期は あくまでも「例外」なんじゃないかとついつい考えてしまうんですよね。

  • ただ、見た目としてのドキドキ感が少し足りなかった気がします。

  • 正直、こんなことってあるんだと驚きを隠せない方も多いと思います。

星組トップコンビがイマイチ萌えない不思議

専科のかちゃは、雪組の壬生義士伝に特出していたとは言え、なぜ専科なのに 雪組のプリンス?という疑問が残ります。

  • 『ANOTHER WORLD』では「おばあさん」と呼ばれ続ける艶冶役を演じました。

  • それだけのことはしてきたので、当たり前のように思ってしまった。

  • 声質や歌い方がバラエティに富んでいるので、合唱したときの声の違いが明らかで、おもしろいようにハモリます。

こりゃスゴい!礼真琴さんモーツァルト♪超絶技巧の歌、極限のダンス

礼さんはスターの宝庫と呼ばれる95期生出身で、中でも常に一目を置かれる存在でした。

  • ひたすらニヤニヤしてしまいました。

  • ただし、これは例外も多いので絶対とは言えませんが…。

  • 「ロックオペラモーツァルト」「ロミオとジュリエット」「エル・アルコン」で彼女がやりたい演目は一通りやり切ってしまっているということも、短期政権を否定できない理由でもあるんですよね。

礼真琴×舞空瞳「ことなこコンビ」を語る

笑 贔屓がトップになった時点で、毎公演これが最後かもしれないという思いでチケットも死にものぐるいで取っていますし、公演もこれ以上ないくらい大切に大切に観ていますが…。

  • あの礼真琴さんが、なりふり構わず、必死な姿を惜しみ無く見せてくれるから。

  • また、音波みのりさんや小桜ほのかちゃんなど娘役さんの歌や活躍の場も多く、衣装も綺麗で華やかな舞台になりました。

  • こうした役は、男性が演じるともっと男臭くて荒々しさが目立ちますが、彼女の阿弖流為はそうした荒々しさの中にも「優しさ」と「まっすぐな性格」を表現していました。

ロミオを好演!星組トップスター 男役 礼真琴の魅力!!

映像ものばかり見てた弊害 一年半ごときでこんなことになるなんて怖……。

  • 実際このレベルまで踊れて歌える人はそうそういないと思うし、この先は経験値が加わることで男役としての深みや味わいや色気も増していくのだと思います。

  • 贔屓目でしかないのかもしれませんが…。

  • 会場には特に意味はない。




2021 cdn.snowboardermag.com