木下優樹菜裏インスタグラム。 木下優樹菜批判の裏に…坂上忍が経験していた“縦読み疑惑”

木下優樹菜さんに「ベタボレ」?第4の男性「IT社長」の存在か

木下優樹菜裏インスタグラム

木下優樹菜 木下優樹菜が7月6日、芸能界引退を電撃発表した。 芸能活動の再開を発表してからわずか5日で突如引退を発表したことで、その背景について様々な憶測が広がっている。 所属事務所のプラチナムプロダクションは6日、公式サイト上で「木下優樹菜引退のご報告」というタイトルの文章を発表し、「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております」と説明している。 「信頼関係を維持することが著しく困難」という不穏な一文に加え、木下本人からは一言も説明がない。 ある週刊誌記者も、「当人のコメントもなく芸能界引退まで発表するのは前代未聞」と首を傾げる。 そんなタイミングでの復帰は不可解だったのですが、まさかその直後に電撃引退するとは誰も思っていなかった。 事務所のコメントを読ればわかるように、木下とマネジメント側に修復不可能な亀裂が入ったであろうと伺えます」(週刊誌記者) 木下にいったい何があったのか。 「木下は事務所の功労者ですし、これまで育ててきた関係性もある。 事務所としては当初、芸能界復帰を総出でバックアップするつもりで、タピオカ店とも事務所の顧問弁護士を交えてしっかりと話し合い、示談交渉をまとめるつもりで動く体制だったとか。 事務所サイドが木下に確認をしても、ハッキリとした答えは返ってこなかった。 不信感を持った事務所が、もう面倒を見きれないと匙を投げてしまったという話もあります」(民放関係者) そんな事務所に対して、木下は不義理をするような行動を起こし始めているという。 「事務所が管理していた公式インスタグラムには520万人以上のフォロワーがいましたが、すでに閉鎖されました。 ですが、木下は、自分の知名度があればインフルエンサーでもYouTuberでもいくらでもやり直せると周囲の人間に話しているようなんです。 元夫のフジモンこと藤本敏史は、『今後も子供たちを含めて(木下を)支えてまいります』という殊勝なコメントを発表をしましたが、木下本人には反省の色は見えないようです」(同) 木下にいったい何があったのだろうか。

次の

木下優樹菜さんに「ベタボレ」?第4の男性「IT社長」の存在か

木下優樹菜裏インスタグラム

木下優樹菜の裏アカ 木下優樹菜の裏アカは非公開になっており、10月27日頃に削除されています。 後も裏アカでは毎日更新している事が確認されています。 恫喝おばたん裏垢。 三日ぐらい前に見たときは1401件の投稿だったのが今見たら1405件に増えてる。 インスタ中毒ばばあウケる。 反省なんかしてなそう。 木下優樹菜が黒髪にイメチェンした様子を投稿しました。 引用元:NAVERまとめ これを見たファンと木下優樹菜は以下のようなやりとりがありました。 naver. 芸能人は誰しもが裏アカなるものを持っている可能性がありそうですね。 SNSはルールを守って正しく利用しましょう!.

次の

木下優樹菜批判の裏に…坂上忍が経験していた“縦読み疑惑”

木下優樹菜裏インスタグラム

世間の注目を集めたの引退劇。 これほどまでの反響を呼んだ背景に「日本社会におけるハラスメントの構造および潜在的な不満が噴出した一面もある」と指摘するのは 『屁理屈に負けない!——悪意ある言葉から身を守る方法』 (扶桑社)などの著書がある「慶應丸の内シティキャンパス」シニアコンサルタントの桑畑幸博氏だ。 そんな彼女でも、この一言で風向きががらりと変わってしまいました。 嫌悪感を覚える理由 では、なぜそれほどまでに私たちはこの言葉に嫌悪感を覚えるのか? 「事務所総出」の5文字には、私たちが仕事や生活のなかでしばしば直面する「脅迫論証」と「権威論証」という2つの言葉の暴力が使われているからです。 「脅迫論証」とは、パワハラ上司の決め台詞である「俺の言うことが聞けないんだったら辞めてもらうしかない」といった発言です。 この台詞のどこが卑劣かというと、冷静に考えれば指示に従わなくても社内規定に照らし合わせて辞める必要などないのに、あたかも「従うか辞めるかの2つしか選択肢がない」ように錯覚させ、相手を服従させようとする点にあります。 「ここで土下座しなかったら社長にクレームをつけるぞ」とか「私の診断に異論があるなら退院してもらって結構」といった発言も同様。 前者はカスハラ(カスタマーハラスメント)、後者はドクハラ(ドクターハラスメント)と呼ばれるものです。 この脅迫論証は、各種ハラスメントやヘイトスピーチと親和性が高く、とにかくマウンティングをしたがる人が頻繁に使用する傾向があります。 部下からの疑問や意見を「上がそう言っているのだから従え」と突っぱねる上司や「大学教授がこう言っていた」とデマに近い風説を拡散してしまう人などがよく使用します。 自分の考えや主張に根拠や自信がないから、誰かの権威を頼る。 強気に見えて、実は非常に姑息で卑怯なやり方です。 この権威論証は非常に危険で、例えば東日本大震災とそれに伴う福島第一原発の事故のとき、ある大学教授が「福島産の農作物を勧めるのは殺人と同じだ」とTwitterでつぶやき、瞬く間にそれが拡散しました。 はっきり言って、それは単なるデマです。 しかし、多くの人が大学教授という肩書にだまされ、非科学的な主張をリツイートし、福島県の農業は甚大な風評被害を受けることになりました。 裏を返せば、私たちの周りにそうした「言葉の暴力=屁理屈」が蔓延しており、潜在的な不満が溜まっていたことの証ともいえます。 そして、このように脅迫論証や権威論証といった屁理屈が蔓延する社会では、健全な議論ができなくなり、生産性が劇的に低下することになります。 なぜなら「その指示や意見が正しいのか?」「もっと有効な方法があるのではないか?」などの本来あるべき議論のプロセスが行われなくなり、その場の参加者のモチベーションも失われ、新しいアイディアが枯渇するからです。 ちっぽけなプライドと地位を守るためだけの論法 しかし悲しいかな、日本的な年功序列の組織では、生産性が低く自信のない上司が、ちっぽけなプライドと地位を守るために脅迫論証や権威論証を駆使し、マウンティングに励む光景が日常化しています。 その結局、ただただマウンティングをしたい当事者が満足するだけで、誰も幸せにならない。 「これが我が社の方針だから」「部長がそう言っているんだから」 そんな言葉はもう聞き飽きた。 あなたの意見は何なんだ、あなたの仕事は何なんだ? こうした「問いかけ」が今後、このコロナ禍に負けないためにも必要になります。 そして、これは自分自身への問いかけでもあります。 今回の騒動でヒートアップし、本来の論点から逸脱して木下さんへの単なる人格攻撃に走っている人などは、世間の風潮にただ乗りして悪意の言葉でマウンティングしているだけだと自覚すべきです。 批判しているつもりが、そのまま同じ過ちを犯していることになる。 「みんなそう言っている!」という数の論理で主張を押し通そうとする「多数論証」も、日本の創造性や生産性を阻害する悪しき屁理屈のひとつなのですから。 (桑畑 幸博).

次の